111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2010年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

あわただしい週末

NHK杯2日目のチケット、先行予約で連戦連敗。土曜日の一般発売は、10:04に「つながった!」と思ったら、すでに完売。とほほ…気持ちのまま、11:00ごろから夜遅くまで、仕事で外出。予約録画していた1つを除いてスポーツニュースを見逃し、さらにがっくり。

…という残念な土曜日でしたが、親切な方がいてくださるおかげで、ひとまずスポーツニュースはまとめて見ることができました。NHK杯2日目もまだまだあきらめていないですが、万が一の場合に備え、新SPを披露するというFOIにも急遽、行くことに。金・土は予定が入っているため、日曜日の昼公演に行ってまいります。おかげで、今度の週末もかなりあわただしくなってしまいそうですが、こういう忙しさなら、なんのその。楽しんできますね~。
[PR]
by noma-igarashi | 2010-08-23 08:05 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

和訳:五輪、男子シングルの概要(後半)

和訳「五輪、男子シングルの概要」、文章量が多くなりすぎ、1つの記事としてUPすることができなくなりました。というわけで、前半と後半に分割。こちらが後半です。日本チームのところで分けました。

-----------------------------
原文サイト
前半の訳
---------------------------
JO : Aperçu de la compétition messieurs
オリンピック:男子シングルの概要

Dernière modification le 16/02/2010.
最終更新:2010年2月16日

Le Japon disposera, comme les Etats-Unis, de plusieurs candidats au podium. Daisuke Takahashi a montré récemment qu’il était proche de son meilleur niveau, alors qu’il revient d’une grave blessure qui lui a coûté une saison blanche. Impressionnant sur ses programmes courts, il devra tout de même montrer sa capacité à tenir la durée d’un libre, ce qu’il n’a pas pu faire jusqu’à présent cette saison. S’il parvient à franchir ce cap, il pourra viser la victoire. L’explosivité de son patinage et la fluidité de sa présentation sont toujours remarquables.
日本もアメリカと同様、何人かの表彰台の候補を持っている。高橋大輔は、空白の1年をもたらした深刻なケガから復帰したところだが、最近になって、自身の最高水準の近くにいることを示した。ショートプログラムでは強い印象を与えているが、フリーを滑りきるだけの持続力を示さなければならないだろう。しかし、今シーズンは現在に至るまで、それができていない。もし彼がこの危機を乗り越えることができたら、勝利に照準を定めることができるだろう。彼のスケートは爆発力があり、プレゼンテーションの滑らかさは常に注目に値する。

Nobunari Oda a effectué une belle campagne de Grand Prix, avec deux succès et une seconde place à la finale. Il doit pourtant encore montrer sa capacité à briller lors des grands évènements. Son potentiel technique est immense (il réussit à l’entraînement les combinaisons les plus redoutables), mais il a souvent tendance à se montrer fragile sur les éléments clefs lorsqu’il est rattrapé par la pression. Disposant désormais d’un programme libre mettant en valeur ses qualités d’expression, il doit dépasser ses appréhensions.
織田信成は素晴らしいGPシーズンを実現した。二度の優勝、そしてGPファイナルでは2位になった。しかし、彼は主要な大会においてもなお、輝きを示す必要がある。彼の技術面での潜在能力は途方もなく大きなものだが(彼は練習で最も恐るべきコンビネーションに成功した)、彼はプレッシャーにとらえられたとき、鍵となるエレメンツでしばしば不安定なところを見せる傾向がある。今後は表現力の質を高め、フリープログラムを自在に滑ることで、漠然とした不安を乗り切らなければならない。

Les objectifs seront sans doute moins élevés pour Takahiko Kozuka, qui reste sur une première partie de saison décevante. Très régulier l’an passé (deuxième de la finale du Grand Prix, troisième aux Quatre Continents, sixième aux Mondiaux), sa progression n’a pas été confirmée. Manquant de confiance sur le plan technique (en échec sur le quad, fragile sur le triple Axel), il n’a pu montrer complètement le potentiel de ses programmes. Relancé par un championnat national où il a pu sauvegarder l’essentiel, il patinera sans pression et visera une belle place d’honneur, en espérant retrouver une constance.
小塚崇彦の場合、目標はそれほど高くないだろう。シーズン序盤、彼の成績は期待はずれなものにとどまった。昨年は非常に安定していたが(GPファイナル2位、四大陸3位、世界選手権6位)、その進歩は確かなものではなかった。技術面での信頼は損なわれ(4回転の失敗、不安定なトリプルアクセル)、彼はプログラムの潜在的な力を示しきれなかった。全日本選手権では基本的な部分を取り戻すことができたので、五輪ではプレッシャーなく滑ることができるだろうし、それによって推進力を得て、立派な成績をおさめることができるだろう。

Le deuxième représentant français sera Florent Amodio, vainqueur du championnat national à Marseille en décembre. Comme pour d’autres jeunes patineurs (le Tchèque Michal Brezina, l’Espagnol Javier Fernandez, ou le Kazakh Denis Ten), il s’agira pour lui de profiter d’une expérience inoubliable, et de marquer les esprits en vue du prochain cycle olympique. A condition de patiner à son meilleur niveau, il peut espérer se rapprocher du top 10.
フランスの2人目の代表は、12月にマルセイユで開かれた国内選手権の勝利者フロラン・アモーディオになるだろう。他の若いスケーターたち(チェコのミハル・ブレジナ、スペインのハビエル・フェルナンデス、カザフのデニス・テン)と同様に、彼は忘れられない経験を活かさなければならない。そして、4年後のオリンピックをめざして、精神力を高めなければならない。最高レベルのコンディションならば、彼は上位10位入りを果たすこともできる。

par Tommy Albright
[PR]
by noma-igarashi | 2010-08-21 00:39 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(2)

和訳:五輪、男子シングルの概要(前半)

引き続き、「Passion-Patinage」の記事の和訳です。さかのぼって、今度はバンクーバー五輪について書かれたものを訳していきます。①試合前の展望記事、②男子SP終了時の記事、③男子フリー終了時の記事--の順に取り上げますね。というわけで、今回は「①試合前の展望記事」です。けっこう長いので、目標は来週の金曜日(20日)にしてみます。

それとは別に、目下、「Passion-Patinage」のサイト内を探索中。相変わらず正体がよくわからないですが、それはともかく、写真のページなどもあったので、面白そうなものは順次、ご紹介していきますね。20日までは、この記事の下にUPされることになりますので、たまにチェックしてみてくださいませ。また、「Passion-Patinage」の記事には署名が入っているので、今後は署名も付記することにします。

------------------------------------------------
【訳しながらのあれこれ】
・なんか、個々の選手の話題に入った途端、すごくややこしくて難しいです(滝汗)。おかげで、ちっとも進みません。訳に間違いがありましたら、ご指摘ください。日本語がわかりにくかったら、ご質問ください。先が思いやられる…。
・アボット選手についての記述で、「Il a choisi cette saison de se remettre en question en changeant d’entraîneur 」がうまく訳せませんでした。こういうニュアンスかなということで、「コーチを変更するという賭けに出た」としてみました。
・さらに、アボット選手についての記述の最後の文章に出てくる「même s’il devra se montrer se capable」の「se capabl」は間違いで、単に「capabl」だと解釈して訳しました。
・ライサチェックに関する記述、大苦戦! なんでこんなにややこしい言い回しをするんだか…(涙)。なんとか日本語にし(てもらい)ましたが、間違いがありましたらご指摘ください。
・そして、ジョニーに関する記述は、文法的にはわりと訳しやすかったのですが、内容が…。けっこう手厳しいです。もう1回チェックしてから、明日(8/17)にでもアップします。
・やっとダイスケに到達。訳してしまうと、あっけない…。
・文章量が多くなりすぎ、1つの記事としてUPすることができなくなりました。前半と後半に分けることにします。

------------------------------------------------

原文サイト

JO : Aperçu de la compétition messieurs
オリンピック:男子シングルの概要

Dernière modification le 16/02/2010.
最終更新:2010年2月16日

A Turin, le podium était occupé par Evgeni Plushenko, Stéphane Lambiel et Jeffrey Buttle. Quatre ans plus tard, les deux premiers sont de retour pour conquérir ou reconquérir le titre suprême et avec eux leurs concurrents principaux de l’époque (Evan Lysacek, Johnny Weir, Brian Joubert, Daisuke Takahashi …). Mais la situation n’est plus tout à fait la même. Plus le temps passe, plus les patineurs apprivoisent le code de pointage (COP) inauguré en 2004 et ceux qui le maitrisent bien arrivent désormais à devancer les meilleurs "jumpeurs" qui n’ont pas toujours fait l’effort de s’y adapter. C’est donc un duel "jumpeurs" / "patineurs COP" qui s’annonce pour ces Jeux Olympiques, en attendant un probable harmonisation entre les deux tendances dans les années qui viennent, avec l’arrivée de la jeune génération. Petit tour d’horizon des forces en présence.

トリノ五輪では、エフゲニー・プルシェンコ、ステファン・ランビエール、ジェフリー・バトルが表彰台を埋めた。4年後、そのうちの最初の2人が、当時の主だったライバルたち(エヴァン・ライサチェック、ジョニー・ウィアー、ブライアン・ジュベール、高橋大輔…)とともに、最高のタイトルを勝ち取ったり、連覇したりするために戻ってきた。しかし、状況は当時と完全に同じではない。時が経過し、多くのスケーターたちが2004年にスタートした新採点システムを手なずけた。新採点に熟達した者たちは、今や、新採点に適合する努力をしない最高の「ジャンパーたち」を追い抜くところまで到達した。今回のオリンピックは、「ジャンパー」と「新採点スケーター」という2つの勢力の戦いになると予想される。数年のうちに若い世代が登場して、この2つの傾向を融合させるのが待たれるところだ。では、選手たちの実力を見てみよう(訳注:これ以下に続く文章の前置き)。

Le moins que l’on puisse dire, c’est que la compétition promet d’être disputée. Il s’agit certainement de la catégorie où les prétendants au podium sont les plus nombreux. Dans ces conditions, on peut rêver de vivre de grands moments de suspense, histoire également d’oublier le souvenir des Jeux de Turin, lorsque Evgeni Plushenko s’était déjà débarrassé de la concurrence après le programme court.

最低限いえるのは、伯仲した試合が予想されるということだ。男子シングルは確実に、表彰台の候補者が最も大勢いるカテゴリーだ。このような状況では、手に汗握るサスペンスの瞬間を体験するのを夢見ることができる。さらに、ショートプログラムが終わった段階でエフゲニー・プルシェンコがすでに試合を片づけていた、トリノ五輪の記憶をしばし忘れさせてくれる。

Une certitude cependant, le Russe sera un candidat sérieux à sa propre succession. Si l’annonce de son retour pouvait laisser perplexe après trois années hors du circuit, il a montré toute son ambition au cours de la première partie de saison, remportant son unique Grand Prix, son championnat national ainsi que les Championnats d’Europe. Si les limites de Plushenko sont de plus en plus évidentes (composition de programme inexistante, transitions absentes, des séquences de pas laborieuses), il a conservé une marge technique nécessaire pour prétendre à la victoire. Doté d’une combinaison quad-triple toujours aussi fiable et régulier sur l’axel, il peut faire la différence à chaque entame de programme, même s’il a désormais plus de mal à tenir la durée. Il se présente donc en favori, mais il est loin d’être inaccessible. Il garde tout de même en sa faveur une expérience, une confiance, qui lui permet de gérer la pression à merveille.
しかしながら確かなことは、ロシア人は自らの後継の有力な候補者であるだろうということだ(訳注:プルシェンコは二連覇する可能性が高い)。現役を離れて3年後の復帰宣言は当惑させられるものだったが、彼はシーズン前半戦のうちに、唯一出場したGPSの試合、ロシアの国内選手権、さらにはヨーロッパ選手権でも勝利することで、やる気十分なところを見せつけた。プルシェンコの限界が次第に明らかになってきているにしても(取るに足りないプログラム構成、つなぎの欠如、ぎこちないステップシークエンス)、彼は優勝を狙うに十分なテクニックの余裕をいまだに維持している。4-3のコンビネーションもトリプルアクセルも、信頼性が高く安定している。それによって、2つのプログラムのどちらでも、出だしでは断トツのトップに立つことができる。たとえそれ以降は持続力を保つのが困難であるにしても。それゆえに彼は本命として名乗りを上げているのだが、実際にもそれは近づけないほど遠くではない(訳注:優勝の可能性はかなり高い)。ともあれ、彼にはプレッシャーを見事に抑えられるだけの経験と自信があり、その点において有利なのである。

La concurrence sera relevée et ambitieuse, à l’image de Stéphane Lambiel et Brian Joubert, ses dauphins au niveau européen. Lambiel reprenait également la compétition après une année de recul, alors qu’il était touché par une lassitude, pénalisé par des douleurs récurrentes aux adducteurs. Si le Suisse n’a pu se débarrasser complètement de ses soucis physiques, il sait qu’il est à nouveau porté par l’envie de patiner et de donner de soi. Il nous proposera certainement deux grands moments d’aisance expressive. Quant à ses espoirs de podium ou de victoire, ils seront probablement liés à sa fiabilité sur le quadruple saut. En effet, il n’a pas tenté de triple Axel aux championnats d’Europe et sa capacité à passer ce saut reste complètement floue. Lambiel n’aura pas droit à l’erreur sur le programme court, et devra réfléchir à d’éventuelles prises de risque.
彼(訳注:プルシェンコ)のヨーロッパレベルでの後継者であるステファン・ランビエールとブライアン・ジュベールのおかげで、試合は香辛料が効いて覇気に満ちたものになるだろう(訳注:熱い戦いが予想される)。ランビエールもやはり1年間休んだ後で、内転筋の反回神経の痛みによる不利な条件にもかかわらず、競技を再開した。肉体的な心配から解放されていないとはいえ、彼はスケートをしたいという欲求、それに打ち込みたいという欲求にとらえられていると感じている。彼はわれわれに、表現力豊かで優雅なひとときをきっと提供するだろう。彼の表彰台と勝利への願いは、おそらく4回転ジャンプの信頼性に関係づけられる(訳注:4回転ジャンプの成功率にかかっている)。というのも、彼はヨーロッパ選手権でトリプルアクセルを試みず、このジャンプを跳べるかどうかの能力をはっきりさせないままだったからだ。ランビエールはショートプログラムで失敗する権利がなく、危険を冒す可能性について熟慮しなければならない。

Au niveau du potentiel technique, Brian Joubert peut évidemment envisager la plus haute marche du podium. Patineur le plus régulier de ces quatre dernières années, il possède toutes les armes pour briller à Vancouver. Malheureusement, les championnats d’Europe n’ont fait que renforcer un doute, et Brian va à nouveau entamer des Jeux dans l’expectative. Pour réussir, il doit se montrer capable de gérer l’attente liée à l’évènement, et de proposer le meilleur de lui-même, sans arrière-pensée. Si son programme court, qu’il maîtrise largement, peut lui permettre de se placer en position favorable, il devra surtout proposer un libre abouti, planifié à l’avance sur le plan des sauts, assuré dans la composition. C’est sur ce plan qu’il a déçu ses derniers mois.
技術面での潜在能力の水準においては、ブライアン・ジュベールは当然、表彰台のいちばん高いところを見据えることができる。彼は過去4年間で最も安定していたスケーターであり、バンクーバーで輝くためのすべての武器を備えている。不幸にも、ヨーロッパ選手権では疑いが増しただけであり、オリンピックではまた改めて慎重に始めることになるだろう。成功のために、彼はイベントに向けての待ち時間(訳注:たぶんオリンピックでの試合中の待ち時間のこと)を管理する能力があることを示さなければならない。そして、下手に策を弄さず、ありのままのいちばんいい自分を見せなければならない。十分にコントロールされたショートプログラムで有利な位置につけたとしても、フリーでは、ジャンプの面で優位に立つことができ、構成の面でも確実な、あらかじめ組織化された演技を見せなければならない。ここ数か月、彼を失望させたのはそのジャンプの面でのことだったのだから。

Pour poursuivre ce tour d’horizon du "Vieux Continent", il faut logiquement citer le Tchèque Tomas Verner. Patineur doué mais irrégulier, et souvent incapable d’enchaîner les programmes, il reste sur un championnat d’Europe médiocre, achevé à la dixième place. Encore une fois, ce sera sans doute tout ou rien pour ces Jeux Olympiques. Mais s’il parvient à se transcender, un podium est largement accessible. Il maîtrise l’ensemble des difficultés techniques et dispose d’une excellente qualité de glisse. Il doit réaliser ses programmes sans faiblir, ce qu’il n’a jamais réussi jusqu’à présent.
「旧大陸」に関するさまざまな角度からの検討を続けるためには、当然の成り行きとして、チェコのトマシュ・ヴェルネルについても言及する必要がある。才能に恵まれたスケーターだが、不安定で、しばしばプログラムをつなぎ合わせることができない。彼はヨーロッパ選手権で10位という平凡な結果で終わるにとどまっている。おそらくオリンピックでは再び、すべてか無かになるだろう。しかし、もし自分の限界を乗り越えることができたら、表彰台に十分近づける。彼は難しい技術のすべてを制御し、質もいい滑りを自在に操れる。現在まで決して成功していないことだが、彼は弱気にならずにプログラムを実行しなければならない。

Les Etats-Unis vont présenter une équipe redoutable, avec trois candidats aux premières places. A commencer par Jeremy Abbott, large vainqueur de son championnat national. Brillant sur le plan technique, très convaincant dans sa présentation, il a le profil du patineur complet, disposant d’une très belle sensibilité musicale. Longtemps cantonné à un second rôle, car inégal dans ses prestations et manquant de confiance en lui, il s’est révélé au plus haut niveau l’an dernier avec un succès à la finale du Grand Prix. Au sommet de sa forme trop tôt dans la saison, il avait cependant déçu aux Mondiaux de Los Angeles. Il a choisi cette saison de se remettre en question en changeant d’entraîneur puisqu’il est désormais suivi par Yuka Sato. Décision qui se révèle payante, puisqu’il semble avoir acquis davantage de certitudes et d’assurance. Il se présente donc à Vancouver avec une belle ambition, même s’il devra se montrer se capable de résister à la pression pour ses premiers Jeux Olympiques.
アメリカは3人の有力選手からなる恐るべき選手団を送り出してくるだろう。まず1人目は、国内選手権の勝利者であるジェレミー・アボットだ。技術の面で素晴らしく、プレゼンテーションに非常に説得力があり、彼はすべてを備えたスケーターというプロフィールを持っている。そして、非常に美しい音楽的な感性を持っている。長い間、彼は2番手の立場に押し込められていた。というのも、彼の演技にはむらがあり、自信を欠いていたからだ。彼は昨シーズンのGPファイナルで成功することによって、最高レベルの選手たちの仲間入りを果たした。しかしながら、そのシーズン、彼は最高のコンディションに達するのが早すぎた。ロサンゼルスの世界選手権は失望させるものだった。今シーズン、彼はコーチを変更するという賭けに出た。というのも、それからは佐藤有香に師事しているからだ。甲斐のある決断だったようだ。というのも、彼は確実性や安定感を増したように見えるからだ。そんなわけで、初めてのオリンピックでプレッシャーに打ち勝つ能力があることを示さなければならないとはいえ、彼は大きな野望を持ってバンクーバーに姿を見せた。

Vice-champion des Etats-Unis, Evan Lysacek tentera de défendre son statut de champion du monde en titre, succès provoqué par un sans faute sur les sauts. Valeur sûre au plus haut niveau depuis déjà quelques années, très régulier dans ses performances, il ne dispose cependant que d’une faible marge d’erreurs. Très générique dans sa présentation, doté d’une technique parfois fébrile (notamment sur le triple Axel), il devra également faire un choix stratégique. En effet, son unique quadruple saut cette saison, au championnat national, fut un échec. Il avait abandonné ce saut ces deux dernières années et sa confiance sur cette difficulté semble entamée.
アメリカの準チャンピオンであるエヴァン・ライサチェックは、正式な世界チャンピオンという地位を守ろうとするだろう。その地位は、失敗のないジャンプによってもたらされた成功だ。すでに数年前から、彼のパフォーマンスは非常に規則正しく、しかしそれゆえに、非常に小さな誤差の範囲しか許されていない。彼のプレゼンテーションにはさまざまな技が詰め込まれ、テクニックの面でも素晴らしい(とりわけトリプルアクセルは)。しかし同時に彼は、戦略上の駆け引きの選択をしなければならない。というのは、今シーズン、ただ一度だけ全米選手権で試みた4回転に失敗したからだ。この2年間、彼はこのジャンプを放棄した。この難度の高いジャンプに関する彼の自信は損なわれたように見える。

Johnny Weir a reculé dans la hiérarchie depuis sa troisième place aux Mondiaux 2008. Il a traversé une période délicate l’an passé où il fut bouté hors du podium national. Il s’est cependant ressaisi cette saison pour assurer l’essentiel, même si désormais, un podium olympique semble un objectif difficile. Assez loin des meilleurs sur la note technique (sans quad, il a également des difficultés à enchaîner ses combinaisons), il ne s’est pas remis en question sur le plan artistique. Si sa glisse conserve une aisance indéniable, la composition de ses programmes et ses choix musicaux ne sont pas l’expression d’un renouvellement. D’où l’expression d’une certaine lassitude. Attention tout de même à lui, il pourrait profiter des erreurs de ses adversaires s’il parvient à dépasser la tension ambiante.
ジョニー・ウィアーは、2008年の世界選手権で3位になって以降、序列が後退した。昨年、国内選手権の表彰台に立てなかったことで、彼は難しい時期を過ごした。しかしながら今シーズンは、基本的なことを確実にこなせる程度には立ち直った。とはいえ、今後、オリンピックの表彰台は難しい目標のように思われる。技術点においてはトップ選手たちに差をつけられているが(4回転がなく、コンビネーションジャンプのつなぎ目にも困難を抱えている)、芸術面については問題がない。彼の滑りは優美さを保っているが、プログラム構成と音楽の選択には目新しさがない。そのせいで、彼の表現力にはある種の退屈さが生じてしまうのだ。それでも、ともかく彼には注目しよう。周囲の張りつめた雰囲気に吞まれずにいれば、彼はライバルたちのミスを利用できるかもしれない。

Le Canada sera tout entier derrière Patrick Chan, deuxième des Mondiaux 2009. L’attente sera cependant lourde à gérer pour le jeune patineur. Pari d’autant plus délicat que sa saison a jusqu’à présent été fragilisée par les blessures. Hors de forme lors du Skate Canada, il a sauvé les apparences lors de son championnat national, mais ses prestations étaient encore bien insuffisantes sur le plan technique pour espérer briller à Vancouver. Ses ambitions dépendront en tout cas de sa condition physique : sans quadruple saut, il devra montrer sa fiabilité sur le triple Axel, saut qu’il a eu des difficultés à maîtriser l’an dernier. Si l’aisance de sa gestuelle et la qualité de ses pas sont des atouts évidents, cela ne pourra pas suffire.
カナダは、2009年世界選手権2位のパトリック・チャンにすべてを託すだろう。しかし、若いスケーターにとって、期待にこたえるのは重荷に違いない。今シーズンはここまで、ケガのせいで調子がよくなかっただけに、難しい賭けになる。スケートカナダではコンディションがまったく駄目だった。国内選手権では体面を保ったが、彼のプレゼンテーションはバンクーバーで輝くという願いをかなえるには、技術面でなお不十分だ。いずれにせよ、彼の肉体的なコンディション次第だろう。4回転がない以上、彼はトリプルアクセルの確実性を示さなければならないが、昨年はそのジャンプをコントロールするのが難しかった。身振りの余裕やステップの質が彼の明らかな切り札だとしても、それだけでは十分でないだろう。

(後半に続く)
[PR]
by noma-igarashi | 2010-08-20 23:59 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)

「SANKEI EXPRESS」の記事

というわけで、夏休みだというのに早起きして、駅まで「SANKEI EXPRESS」を買いに行きました。いつもならもっとたくさん残っているのに(通りがかりに売り場をチラ見することが多い今日このごろ)、今朝は私が買ったら残り1部に。とにかく1部買えばコピーすることもできるし…と思って、1部にとどめました。

不定期連載2回目のタイトルは、「オフシーズンにしかできないこと」。まずは、岡山のご両親が彼の家を訪ねてきたときの話。この4年間のうちに、ご両親が周囲の方から頼まれていたサインをしまくっていたら、ものすごい量で夜になっても終わらず、ご両親が彼の家に泊まっていったのだとか。「僕の家にはゲストルームがあるわけではないので、一つの部屋に両親と3人で寝ることに。これは変な感じだった! 両親と同じ空間に寝るなんて何年ぶりやろか!」 なんだか素敵なエピソードで、出だしからグッと気持ちを引き付けられました。記事をまとめた記者さん、うまい!

オフシーズンなので、あまり自分を追い込まずに練習しているそうです。食生活もほとんど気にせず、好きなものを食べているので、体重が重くなってしまうこともあるのだとか。そういうとき、以前なら歌子コーチからチェックが入ったのだけど、今は自己責任になっているので、「逆にコワイ」そうです。ただ、オフはオフということで、試合のシーズンと区別することも必要かなと考えているそう。髪も、オフシーズンだから伸ばしているのだけど、「振り付け練習で髪が長い方が首を振る感覚がつかみやすい」んですって。へえ~。これは初めて知りました。

新プログラムの話もしてくれていましたよ。デトロイトとトロントに行って、フリーはカメさん、SPはシェイリーンに振付してもらったとのこと。今年は去年とは違ったイメージで、なるべく去年の印象を消すように意識したのだとか。「あえて言うなら…SPとフリー、同じジャンルだけど陰と陽という表現になるだろうか」ですって。楽しみですね~。

写真も見てね
[PR]
by noma-igarashi | 2010-08-16 12:30 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

3大テノールが歌う「歌手」の歌

たまにはオペラの話題を。昨日の夜は、DVDで「ばらの騎士」を見て過ごしました。クライバー指揮、ウィーン国立歌劇場の1994年の舞台。デアゴのシリーズに組み込まれたおかげで、安く買えるようになりました。ビジュアルの面では、指揮者も含めて、やはりこの「ばらの騎士」がいちばんでは。アンネ・ゾフィー・フォン・オッターの男装の素敵なことといったら。わかって見ていてもドキドキしますね。

それはそうと、「ばらの騎士」というオペラには、「歌手」という役柄が登場します。第1幕で、元帥夫人の朝の寝室に、髪結いだの公証人だのゴシップ屋だの、さまざま者たちが謁見にやってきますが、歌手はその中の1人。元帥夫人の前で歌い、顔や名前を売り込んで、目をかけてもらおうというわけです。

ただ1曲歌うだけの役につき、この役は、将来有望な若手テノールがあてがわれたり、すでに名のある歌手が余興的に出演したりするそうで、「ばらの騎士」を見るときは、誰が歌手役で登場するのかも楽しみです。昨日見たDVDの歌手はよく知らない人でしたが、同じクライバー指揮によるバイエルン国立歌劇場のDVDでは、フランシスコ・アライサが歌っていました。噂で聞いたところによると、パヴァロッティが余興で歌ったこともあるのだとか。そういう、すでに有名な人がお遊び的に歌うパターンもぜひ聴いてみたいものです。

今回、そんな例が見つからないものかしらとYou Tubeを探してみたところ、ありました! まず、上記のパヴァロッティの映像。さらに、残念ながら歌だけですが、ドミンゴ、カレーラスがこの歌を歌っているものも見つかりました。以下にご紹介してみます。誰の歌がいちばん好みに合うかとか、聴き比べてみるのも楽しいです。

ルチアーノ・パヴァロッティ


プラシド・ドミンゴ


ホセ・カレーラス

[PR]
by noma-igarashi | 2010-08-15 20:58 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

067:匿名(五十嵐きよみ)

ややこしい書類にサインするときに匿名希望で済ませられたら

Guglielmo
[PR]
by noma-igarashi | 2010-08-14 09:50 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

066:雛(五十嵐きよみ)

見目のよい囃子のひとりを競い合い雌雛も官女も髪ふりみだす

Despina
[PR]
by noma-igarashi | 2010-08-14 09:48 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

065:骨(五十嵐きよみ)

あっけなく吹き飛ばされる安物の傘の骨ほどもろい決心

Don Alfonso
[PR]
by noma-igarashi | 2010-08-14 09:47 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

和訳:世界選手権フリー終了後の記者会見

「Passion-Patinage」のサイトに、世界選手権フリー終了後の記者会見の内容が掲載されていました(こちら。写真入り)。メダリスト3人(高橋大輔、パトリック・チャン、ブライアン・ジュベール)のほかに、ケビン・ヴァン・デル・ペレン、ジェレミー・アボットが出席しています。目下、展望記事のほうで苦戦しておりまして、そっちで手一杯なので、記者会見のほうはかなり大雑把な訳にとどめました(というか、ダイスケ以外はチョー手抜き!)。

高橋大輔選手
スケートをすることで、今夜は多くの喜びを感じました。大きなミスをすることなく演技ができて、とてもうれしい!
この世界選手権にはオリンピック金メダルのライサチェック、銀メダルのプルシェンコが欠場し、マスコミがそのことを取りざたしていましたが、そのことで銅メダルの自分がプレッシャーを感じることはありませんでした。僕は4回転を成功させたかった。それが世界選手権に参加した主な動機です。
この会場には日本のファンが大勢来てくれていて、心強く思いました。ただ、プログラムにイタリアの音楽を使用していたこともあり、それ以上にイタリアの観客が僕を後押ししてくれました。
4回転フリップに挑んだ理由ですか? 僕はケガをする前には4回転を跳んでいて、フリーに2回入れたこともあります。そのレベルまで戻りたいんです。トゥループがあまり確実ではないので、フリップを選びました。

パトリック・チャン選手
今回の銀メダルには満足している。僕にとっては金メダルの価値がある!
4回転には一歩ずつ取り組むつもりだ。まずフリーに入れたい。来年はもしかしたらGPSで入れられるかもしれない。さらに次のシーズンにはSPにも…。でも、すぐにできることではないよ。すごく集中力が求められることだからね。
(ダイスケの訳文と語調が違いすぎ? でも、実際にもチャンは、けっこうくだけた喋り方をしているのではないかという印象です)

ブライアン・ジュベール選手
世界選手権での自分の演技に、SPにもフリーにも満足している。
この結果を誇りたい。オリンピックのあとは大変だったからね。
僕は今、24歳だ。今後についてはひとつひとつ考えていく。
4回転フリップ? ダイスケが4回転フリップに挑むなら、僕は4回転ルッツに挑戦するよ。
(ジュベの語調はよくわかりませんが、ジュベに「です・ます調」は似合わないので)

ケビン・ヴァン・デル・ペレン選手
今回の結果をとてもうれしく思っている。今回の試合は僕にとって特別なものだった。というのも、祖父が心臓発作を起こして集中治療室に入り、SPの日に亡くなったからだ。今夜、僕は祖父のために滑った。
(知らなかった。そうだったんですね。このあと、4-3-3のコンビネーションのこととか、かなり長く喋っていますが、ややこしそうなのでパスしてしまいました)
[PR]
by noma-igarashi | 2010-08-12 19:34 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)

「Passion-Patinage」について

どういうサイトなのか今ひとつわからないままに記事を和訳している「Passion-Patinage」ですが、トップページにあるメニューの中の「Pass-Pat’」に、スタッフの紹介やサイトの開設・運営趣旨などが書かれていました。私の能力では訳すのにかなり時間がかかってしまうので、興味のある方は、自動翻訳を使って訳してみてくださいませ。おおよそのところはおわかりいただけると思います(私もひとまずそのレベルでの理解です)。

念のため、以下に各ページをリンクしておきますね。

サイトの運営スタッフ紹介

サイトの設立・運営趣旨

スタッフへの謝意

サイトマップ
[PR]
by noma-igarashi | 2010-08-08 18:18 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧