111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2010年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

高橋大輔、勇敢にして大胆

今年の世界選手権、男子シングル終了時点での「LeParisien」記事の和訳です。どうしてもアヤシイところは相方のジョルジュ(仮名、日本人)に助言を求めることにしたので、内容はほぼ合っていると思いますが、日本語がところどころヘンかも(汗)。
例によって少しずつ訳していきます。この週末はDOIにも行くので、目標は来週の水曜日。訳せていない分は、「続きを読む」に原文が表示してあります。

-----------------------------

・せっかくフランス語のタイトルが韻を踏んでいるので、日本語もそれに合わせてみました。(6/25)
・なんか、フランス語、すごく熱くて泣けるんですけど…。「それがいったい何だというのだ(そんなことは重要ではない)」ですって。(6/27)
・「à la coupe aérienne」の訳し方をすごく迷いましたが、最終的に「空気を切り裂く」=「滑る、演技する」という意味ではないかと解釈しました。
・彼が専攻する「身体運動文化」とやらは、スポーツの歴史と心理学についての学問なんでしょうか?(6/28)
・「もう十分だと思うことを自らに禁じている」は「うぬぼれることを自らに禁じている」と訳すのも悪くないかも。
・前に訳した部分ですが、「n'a rien perdu de sa vivacité 」は「敏捷さを失わなかった」というよりも、やや意訳して「生き生きとした表現力を失わなかった」のほうがいいかも。(6/29)→そのように変更しました
・世界選手権についての記述で、自分の価値を認めさせる」と訳した箇所について。意味がつかみきれなくて無視した文末の「avec classe」が、「高級ホテル」などというときに使う「クラス」=「風格がある」というような意味だと判明したため、「風格をもって力を見せつける、価値を認めさせる」→「王者の力を見せつける」と修正してみました。
----------------------------

http://www.leparisien.fr/flash-actualite-sports/mondiaux-de-patinage-daisuke-takahashi-courageux-et-audacieux-26-03-2010-864439.php

Mondiaux de patinage: Daisuke Takahashi, courageux et audacieux
フィギュアスケート世界選手権:高橋大輔、勇敢にして大胆

26.03.2010, 15h41
Daisuke Takahashi est un virtuose de la glace qui a fait preuve de courage et d'audace pour devenir, jeudi à Turin, le premier homme japonais sacré champion du monde de patinage artistique.

高橋大輔はスケートの名手である。日本人男子として初めての神聖なフィギュアスケートの世界チャンピオンになるために、木曜日にトリノで、彼は勇敢さと大胆さを発揮した。

Il a 24 ans, du talent et aucune arrogance. Pourtant, ce qu'il a accompli cette année, aux jeux Olympiques en février à Vancouver (3e) puis, un mois plus tard, aux Mondiaux-2010 relève de l'exploit.
彼は24歳で、才能がありながらもまったく尊大ではない。しかしながら、今年2月のバンクーバー五輪(3位)で、そして1ヵ月後に世界選手権で彼が成し遂げたことは偉業というに値する。

Champion du monde juniors en 2002, il a porté tous les espoirs de son pays pour devenir l'un des tout meilleurs, si ce n'est le meilleur. Le garçon n'a cessé de travailler pour progresser et s'améliorer, allant jusqu'à prendre des cours de hip-hop pendant trois mois à New York.
2002年の世界ジュニア選手権で優勝し、彼は最高の選手(単数形)になるか、さもなければ最高の選手(複数形)の1人になるという日本の期待を背負うことになった。少年は上達するための努力を怠らず、ついにはニューヨークで3ヵ月間、ヒップホップの教室に通うことまでするに至った。

En 2007, il décroche sa première "grande" médaille, l'argent aux Championnats du monde, devant son public, à Tokyo. Il est alors aux portes de la consécration. Mais un an plus tard, il termine au pied du podium et en octobre 2008, c'est le coup d'arrêt.
2007年に、彼は最初の「大きな」メダルを獲得する。東京の世界選手権で、自国の観客の前で銀メダルに輝いた。彼はチャンピオンとしての地位を確立する寸前まで行っていた。しかし、やがて2008年10月になると、表彰台に上ることなく、その歩みを止めることになる。

Victime d'une rupture des ligaments du genou droit, il est opéré et fait une croix sur la saison. A un an et demi des Jeux, la situation est critique.
右膝の前十字靭帯断裂により、彼は手術を受け、そのシーズンをあきらめた。オリンピックまで1年半、状況は危機的だった。

Pourtant, il revient sur la glace en avril 2009 pour effectuer ses premiers sauts, avec l'envie de passer à nouveau des "quadruples", la plus grande difficulté technique pour un patineur. Avant sa blessure, il était l'un des rares à en placer deux lors d'un même programme.
しかしながら、2009年4月、彼は氷上に戻ってくる。スケーターにとって非常に難しいテクニックを必要とする「4回転」をもう一度跳ぶという希望を持って、手術後初めてのジャンプを実行するために。ケガをする前、彼は1つのプログラムに2回の4回転ジャンプを入れる数少ないスケーターの1人だった。

Le Japonais participe avec détermination aux Jeux de Vancouver, où il entend passer le +quad+ malgré son genou fragilisé.
この日本人は、十分とはいえない膝の状態にもかかわらず4回転を跳びたいと願い、毅然とした態度でバンクーバー五輪に出場する。

Le jeune homme, à la coupe aérienne, n'a rien perdu de sa vivacité ni de ses qualités de danseur. Il tente le quad, qui... ne passe pas. Qu'importe, il reste l'audace, qui lui vaudra de décrocher le bronze, la première médaille d'un Japonais aux Jeux.
滑りながら、若者は生き生きとした表現力も、ダンサーとしてのクオリティも決して失わなかった。彼は4回転に挑み、成功しなかったが…。それがいったい何だというのだ。彼はメダルに値するだけの勇気を持ち続け、日本人男子として初めてとなる五輪の銅メダルを獲得した。

Un mois plus tard, il fait fi de la pression et s'impose aux Mondiaux avec classe. L'audacieux tente, lors du programme libre, un quadruple flip, encore jamais réalisé en compétition. Ce ne sera pas pour cette fois.
1ヵ月後、彼はプレッシャーなどものともせず、世界選手権で王者の力を見せつける。大胆にもフリープログラムで、まだ誰も試合で跳んだことのない4回転フリップに挑戦する。ただ、今回は成功しなかったが。

"Je passe le quad flip à l'entraînement. C'était plus un défi personnel sur cette compétition et j'ai adoré le relever. Le quad est très important pour moi parce qu'avant ma blessure, je le faisais et je veux retrouver mon niveau d'avant", explique cet étudiant en histoire et psychologie du sport.
「僕は練習で4回転フリップを跳んでいます。今回は試合のためだけじゃなく、個人的な挑戦でした。ぜひ成功させたかったんです。僕にとって4回転はとても重要で、ケガをする前は跳べていたので、その水準に戻りたいのです」 スポーツの歴史と心理学を学ぶ学生はそう説明した。

"Dai", comme il est surnommé, est le seul de la famille Takahashi à patiner alors que ses trois frères ont préféré le karaté. Lui n'a pas voulu pratiquer ce sport, qui "fait trop mal"!
「ダイ」という愛称で呼ばれる彼は、3人の兄弟が空手を選んだのに対して、家族の中でただ1人、スケートをする人間だ。空手は「痛すぎる」のでやりたくなかった!

Le nouveau champion du monde estime qu'il a encore beaucoup de choses à accomplir et s'interdit d'être suffisant.
新しい世界チャンピオンは、やり遂げるべきことがまだたくさんあると考え、もう十分だと思うことを自らに禁じている。

"Je ne vais pas me la jouer avec ce que j'ai accompli (à Turin). Je dois continuer à progresser. Je ne peux pas me satisfaire d'être arrivé là où je suis et je me sentirai toujours menacé par la jeune génération de patineurs qui est déjà là", dit ce fan de karaoké, comme tout bon Japonais
「僕はトリノでやり遂げたのと同じ演技をするつもりはありません。僕は進歩し続けなければいけないんです。自分が到達した地点に満足できていないし、すでに台頭してきている若い世代のスケーターに脅かされていると感じています」と、すべての良き日本人と同じようにカラオケ好きの彼は言った。
[PR]
by noma-igarashi | 2010-06-30 23:59 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)

ランビ写真

e0073856_0245247.jpg

これ、アップして大丈夫かな? 差し障りがあるようなら削除しますが、ショーの前にスタバで遭遇したランビエールです。なぜ、いちばん会いたいダイスケには会えない? 似たような状況でダイスケに偶然会ったという人もいたのに。無欲だと幸運に恵まれるのかもねえ。
[PR]
by noma-igarashi | 2010-06-27 00:24 | Trackback | Comments(0)

DOI、本日のダイスケ

DOI、ろくにレポできなくて申し訳ない。取り急ぎ、ダイスケの演技についてだけ簡単にご報告しますね。行く前には、「もしかして公演ごとに違うプログラムを披露する可能性も?」などと思ったりもしましたが、今日の昼公演も「アメリ」でした。写真で見た通りの、練習着っぽい黒の衣装です。

いかにもランビが好みそうな振付で、彼自身が演じても素敵なプログラムになりそうだなと思いました。それをダイスケが演じているところに、このプログラムのいちばんの妙味があるのでしょうね。今後、彼が自分なりにこのプログラムを消化していくことで、その面白さがさらに磨かれていくのだろうと思います。うわっと盛り上がる曲調ではないので、たとえば2年前のDOIで初めて「eye」を見たときのような興奮ではなく、思わず見入ってしまう種類の魅力を感じるプログラムでした。

ジャンプは確か3つ跳び、2つ跳び(放送を見たら2つでした。最後のほうで、もう1回跳ぶのかと思ったら、スピンに入ったのでした)、すべて成功していました。アクセルは軸が斜めになってひやっとしましたが、着氷は決めていました。第1部で見たタッキーの演技も素晴らしかったし、ゆづもジャンプが決まればすごいことになりそうだし、ダイスケもうかうかしていられないぞ、という気持ちも頭をよぎりましたが、技術面での安定感(調子のよしあしにかかわらず、ある一定の水準はクリアできるベテランの力といいましょうか)は、やはり一枚も二枚も上手だなと思いました。とはいえ、今シーズンの日本、絶対に男子が熱いです!
[PR]
by noma-igarashi | 2010-06-26 22:38 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(3)

お茶してました

もちろんショーはとうに終わってます。お茶のあと、これからビールです。くわしくは帰宅後に。
[PR]
by noma-igarashi | 2010-06-26 16:53 | Trackback | Comments(0)

第1部終了

個人的に萌えたのは、ゆづの「白鳥の湖」エキシバージョン。ジャンプのミスが残念でしたが、すごく雰囲気があって楽しみです!
いちばん素晴らしかったのは町田君。ノーミスで思わずスタオベ。これは兄ちゃんたちもうかうかしていられない!
[PR]
by noma-igarashi | 2010-06-26 13:47 | Trackback | Comments(4)

スタバにランビエール!

みんな、ケータイで激写!
[PR]
by noma-igarashi | 2010-06-26 11:43 | Trackback | Comments(0)

「ル・パリジャン」記事の和訳に挑戦

「ル・マタン」の和訳作業が意外に楽しかったので、これに味をしめて、フランスの新聞「ル・パリジャン」のダイスケ記事(世界選手権の頃のもの)も訳してみよっかな~という気になったのですが、なんてこったい、前に一度、挫折しただけのことはありました。フランスの新聞のフランス語、スイスの新聞のフランス語とは大違い! 表現が回りくどいし、とにかく1つの文章の長さが「ル・マタン」の3、4倍はあります。関係代名詞や接続詞でじゃらじゃらとつながっていく文章。「失われた時を求めて」じゃあるまいし、まったくもう~。

そんなわけで、気長にいきます。DOIまでに訳し終わっていればいいな~ということで、投稿の日付を土曜日にしてみました(土曜日の公演に行くので)。 訳し終えた日付に合わせました。 日本語として意味が通じやすいことを最優先に、適度に意訳したり、1つの文章を2つ以上に分割したりしながら訳しています。90%ぐらいは合っていると思いますが、10%ぐらいは自信がありませんので、そのつもりでお読みください。まずは、世界選手権直前の男子シングルの展望記事です。

続きを読む(訳し終わりました)
[PR]
by noma-igarashi | 2010-06-23 23:00 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(2)

045:群(五十嵐きよみ)

よどみなく鉄道マニアが諳んじる駅名たちまち群馬を抜けて

Guglielmo
[PR]
by noma-igarashi | 2010-06-22 00:11 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

044:ペット(五十嵐きよみ)

ため息で倒れかねない空っぽのペットボトルのような心境

Fiordiligi
[PR]
by noma-igarashi | 2010-06-22 00:08 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

043:剥(五十嵐きよみ)

付け髭が剥がれかけても慌てずに何もなかった顔で押し切れ

Ferrando
[PR]
by noma-igarashi | 2010-06-22 00:07 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧