111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2009年 04月 ( 34 )   > この月の画像一覧

私が選ぶ「ドン・ジョヴァンニ」ベスト3(前半)

サントリーホールで「ドン・ジョヴァンニ」を見たあと、この話題を書いてみたいなと思いつつ、フィギュアの国別対抗などもあって、遅くなってしまいました。タイトルの通り、これまでに見た「ドン・ジョヴァンニ」の中から、自分なりのベスト3を選んでみようじゃないか、というわけです。実際の舞台だけではなく、DVDやTVで見たものも含みます。以下にリストアップしてみたら、ちょうど10種類でした。あまり多くないですが、まあよしとしましょう。

私の場合、いちばんたくさん見ているのは、たぶん「カルメン」。最初にお気に入りになったオペラだったので、DVDも集めたし、実際の舞台もいろいろ見ました。「カルメン」で同じようなリストをつくったら、たぶん倍以上になると思います。ただ、それだけたくさんの「カルメン」を見てきたにもかかわらず、「カルメン」の場合は、なかなか「これ」というものがないんですよね。カルメン本人もそうだし、ドン・ホセにしても、エスカミーリョにしても、ピンとくる配役が意外に少ないです。

でも、やっぱりいちばんはカルメンですね。「これぞカルメン」というようなカルメンには、まだお目にかかったことがありません。唯一、映画「永遠のマリア・カラス」の中で、マリア・カラス役の女優が部分的に演じていたカルメンが、さすが女優だけあって、年齢的に無理はあってもカッコよかったですが。

これに対して、「ドン・ジョヴァンニ」の場合は、誰がドン・ジョヴァンニを演じても、けっこう見られてしまうんですよね。少なくとも私はそうです。「こんなドン・ジョヴァンニはヤだ~!」と叫びたくなったことはありません(カルメンは何度もある)。この差はどこに? うーむ。30代、40代の歌手が演じるカルメンは、いくら歌がうまくても、DVDでアップにされるとツライものがあるのに対して、30代、40代の歌手が演じるドン・ジョヴァンニは、むしろ若者が演じるドン・ジョヴァンニよりカッコよかったりするからでしょうか。

というわけで、これまで見てきた「ドン・ジョヴァンニ」は、すべてそれほど不満がないので、エントリーが10種類でもよしとしましょう、という話です(くどくどと話が長い?)。エントリーは以下の通り。ベスト3の発表は、「後半」の記事で改めて行います。どうぞお楽しみに~。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2009-04-30 23:14 | オペラ・音楽 | Trackback(1) | Comments(0)

カテゴリー「Markus Werba情報」新設

ついに「Markus Werba情報」というカテゴリーを新設してしまいました(汗)。「Markus Werba」=「マルクス・ヴェルバ」=近ごろ私がファンと化しつつあるバリトン歌手です。勝手に「マルちゃん」と命名。「高橋大輔」というカテゴリーですらつくっていないのに、本当にいいのか? …と思わないではないですが、高橋選手に関しては、ほかの方のブログのほうがずーっとくわしいから、何も私が情報収集に励まなくても、というところがあるわけで。

これに対して、マルちゃんについてくわしく書かれているブログは、日本にはまだ見当たらないので(たぶん)、それならば私がやってみようかなと思いついたような次第です。今月に入って「マルクス・ヴェルバ」で検索して来てくださる方が徐々に増えているし、昨日、HMVの「にせの女庭師」のページを見てみたところ、「ユーザー同時購入商品」に「ハンス・ハイリング」「チャールダーシュの女王」が入っていて、もしかしたら前にこのブログに書いた「マルクス・ヴェルバのDVD情報」を参考にしてくださった方がいらっしゃるのかな、と思うと(違うかもしれませんが)うれしくなってしまったし。

もっとも、「Markus Werba情報」などといっても、海外まで観劇に行くわけでもなく(間違ってザルツブルクに1回行っただけ)、ろくに英語も読めない身の上につき、どれだけのことができるかわかりませんが。こまめにネットをうろついて、できる範囲で情報収集してみたいと思います。今日の収穫はこちら――。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2009-04-27 23:06 | Markus Werba情報 | Trackback | Comments(8)

フィギュアスケート今季のベスト演技

フィギュアスケートもシーズンオフを迎えましたね。シーズンの締めくくりとして、私にとっての「今シーズンのベスト演技」をカテゴリー別に選んでみることにしました。プログラムじゃなくて、演技です。プログラムだと、「絶対にこれ!」と思えたのはアイスダンスだけでだけで(メリチャリの「サムソンとデリラ」です~!)、ほかはイマイチ選びきれなかったので。誰を応援しているかで、ベスト演技と感じるのは人それぞれだと思いますけど、個人ブログのお遊び記事として、気軽にお読みいただけたらうれしいです。
では、「今シーズンのベスト演技」の発表、いってみま~す!

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2009-04-26 12:24 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

マルちゃんの「ドン・ジョヴァンニ」

マルクス・ヴェルバの新しい動画発見! 「ドン・ジョヴァンニ」を歌っています。「お手をどうぞ」のシーン。サレルノのジョゼッペ・ヴェルディ劇場のようです。2009年4月19日って、ちょっと前ですね? 日本公演の1週間後。音楽をやる人って、移動が大変だなあ…。それにしても、この動画、もしかして客席から撮ってます?(汗)


[PR]
by noma-igarashi | 2009-04-23 23:34 | Markus Werba情報 | Trackback | Comments(2)

マルちゃんの写真写りについて

今回はオペラの話題を――。近ごろファンと化しつつあるバリトン歌手マルちゃんことマルクス・ヴェルバについて、また少し書いてみたいと思います。といっても、たいして情報がないので、手持ちのネタに頼ったバカバカしい話題になってしまいますが。

彼がタイトルロールをつとめた先日の「ドン・ジョヴァンニ」、感想や評の書かれているブログを求めてネットをさまよったところ、「オダギリジョーみたいにカッコよかった」とか「バツグンの容姿」とか「イケメンでうっとり」とか、書き手が女性であれ男性であれ(最後のはさすがに女性でしたけど)、容姿に関してはベタ褒め状態! そりゃまあ、「オペラ歌手なんだから、もっと歌を褒めてあげなきゃ」と思うには思いますけど、やはり悪い気はしないわけで、よしよし、などと頷いてしまうのでありました。

ただ、ですね。このように、外見に対する評価の高いマルちゃんなんですが、そのわりに、なぜか写真写りがイケてないんです~(汗)。以下に、その証拠を並べ立ててみたいと思います。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2009-04-23 00:20 | Markus Werba情報 | Trackback | Comments(6)

037:藤(五十嵐きよみ)

色の名の豊かなることあかるきを藤色濃きをむらさきと呼ぶ

Anne
[PR]
by noma-igarashi | 2009-04-20 23:36 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

038:→(五十嵐きよみ)

大袈裟にしたくないから文末に書き足しておく顔文字ひとつ(→_←)

Cécile
[PR]
by noma-igarashi | 2009-04-20 23:36 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(2)

036:意図(訂正)(五十嵐きよみ)

要注意図に乗りすぎると冗談のつもりがケンカで終わってしまう

Elsa
[PR]
by noma-igarashi | 2009-04-19 23:18 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

035:ロンドン(五十嵐きよみ)

バカンスの最中でさえロンドンの市況を絶えず気にかける人

Elsa
[PR]
by noma-igarashi | 2009-04-19 23:14 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

国別対抗 3日目

滑走順/結果

国別対抗3日目。午後3時ごろから家にいたので、ISUのオンラインリザルトで経過を追いかけていました。まずはペアの結果を確認したところ、高橋・トラン組はフリーだけだと5位。えらい! 引き続き女子を追いかけていたところ、SP上位3人のうち、美姫ちゃんが暫定3位に。ええ~!? うまくいけばロシェットを逆転できるかと思っていたのに、ジャン、フラットよりも下だなんて。4回転に失敗したのかな。でも、それだけでここまでTESが低くなるかな…と、点数から演技内容をあれこれ想像しては、やきもき。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2009-04-19 12:51 | フィギュアスケート | Trackback(1) | Comments(2)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧