111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2008年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

カナダ大会男子フリーTV観戦レポ 

カナダ大会 結果サイト
男子(総合順位) (フリー順位) (プロトコル)

今日はショックなニュースが飛び込んできて、観戦レポも書く気をなくしていたんですが、すばやく気持ちを立て直し、やっぱり書いてみることにしました。そもそもこのブログは、別の分野で暗~い気持ちになっていたときに、少しでも楽しくなりたいと思って始めたものなので、今回も落ち込み回避でいってみます。

それにしても、2つ下の記事に少し書きましたけど、今シーズンのGPファイナルは、マジに若手ばかりになってしまう可能性も? あるいは「ジュベールと5人の弟たち」とか、そんな感じ? いやはや。2つ下の記事を書いたときは、半ば冗談のつもりだったんですけどねー。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2008-11-04 23:22 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)

ソーヤー選手のFSの曲構成

ISUの結果ページ、開かないままですね。
女子の結果は「つぶろぐ」でつぶやきましたが、男子の結果も記憶しているところまで書いておくと、以下の通りです(総合順位)。

1位 パトリック・チャン(カナダ)
2位 ライアン・ブラッドリー(アメリカ)
3位 エヴァン・ライサチェック(アメリカ)
4位 ヤニック・ポンセロ(フランス)
5位 ショーン・ソーヤー(カナダ)


ショーン・ソーヤー選手はフリーだけなら1位! 今シーズン、オペラの曲を使ったプログラムが少ないかなと思っていたら、彼のプログラムが映画「アマデウス」のサントラ(というか、ほとんどモーツァルト・メドレー)で、オペラの曲も組み込まれていました。動画をUPしてみますね。暇を見つけて、曲の構成を解き明かしていきたいです。たぶん、そう難しくはないと思うんだけど、わかった部分があったら、皆さまもコメント欄までお知らせくださいませ。



続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2008-11-02 14:46 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(9)

今さらですが、東京ブロック残りの観戦レポ

気がつけば、GPSスケートカナダと並行して、西日本選手権、東日本選手権が開催されているじゃありませんか。東京ブロックのレポ、まだ書き上げていないのに~。仕方ないので、苦肉の策! 書き残していたレポのうち、シニア女子の第2グループのみアップすることにします。最終グループは、直後に大勢の方がレポートされていたし、この時期になってしまえば、今さらでしょう。

それはそうと、西日本・東日本が終われば、全日本ジュニア、全日本が待っています。そして、その間にGPファイナルも。ファイナルか全日本か、どちらかにはぜひ行きたいと思っている私ですが(両方は無理)、いろいろな状況を考え合わせると、ファイナルに行くことになりそうだな、という感触になってきました。

そうすると、行く気になりかけていた全日本ジュニアは、パスかなあ…。行って行けないわけではないですが、全日本ジュニア→NHK杯→ファイナルと、比較的短い期間に全部行くのは、体力的にも予算的にも、ちとツライ。全日本ジュニアの翌日には、ベルリンフィルのコンサートだってあるし…。

ファイナルに行けるなら、全日本ジュニアは諦めがつくかも! という心境になってきていたのですが、ここにきて、新たな問題が…。あのですね、ちょっと差しさわりがある書き方かもしれないですが、今日のスケカナSPの結果を見て、ふと考えてしまったわけですよ。

つまり、スケアメでは小塚選手が優勝したし、スケカナではポンセロ選手がSP1位、パトリック・チャン選手が2位。まだ2戦目の途中とはいえ、活躍しているのは若い選手ばかり。ファイナルの出場メンバーとして、本命視していなかった…というより、予想していなかった顔ぶればかりじゃないですか。

たとえば、ですよ。もしも、万が一、ファイナルの男子シングル出場者が「小塚崇彦、ヤニック・ポンセロ、パトリック・チャン、スティーブン・キャリエール…」な~んていう顔ぶれになったら、どーします? もちろん、どの選手も見たくないわけじゃないけど、それはあくまでも、本命の選手が出場していたうえでのこと。お兄さん方が総崩れで、弟たちばかりになったら、それはちょっとねえ…。わざわざ休みを取って韓国まで行くかとなると、やっぱ、考えてしまいます。

というわけで、ダイスケ、ジュベ、トマシュ、頼むよ~! もちろん、ライサもまだ十分可能性がありますから、頑張れ~!

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2008-11-01 16:25 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(3)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧