111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
ちなみに、総括記事は男子..
by noma-igarashi at 23:20
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2007年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

私家版「カルメン・オン・アイス」PART2

私家版「カルメン・オン・アイス」の話題、長くなりそうだったので、動画のパートごとに分けることにしました。よろしくおつき合いくださいませ。動画がPart 10まであったので、10回の連載ということにします。

こういう遊び、中学生の頃によくやったな~。自分でお話を考えて、その配役に芸能人を当てはめてみたり、お気に入りの少女漫画がドラマ化されるとしたら、誰にどの役をやってほしいかを考えたり…。それからン十年も経つのに、同じことをやっているとは(汗)。成長していないんでしょうか。ままま、深く考えるのはやめにして、Part2を見てみることにします。このパートは、群舞が多いですね。

Part2はこちらでどうぞ
[PR]
by noma-igarashi | 2007-04-13 00:06 | オペラ・オン・アイス | Trackback | Comments(6)

私家版「カルメン・オン・アイス」をつくるなら PART1

4月も半ばになろうというのに、なかなかオペラの話題に移行できないので、オペラとフィギュア、両方いける話題を考え出しました。件名の通り、“私家版「カルメン・オン・アイス」をつくるなら(どんな配役がいいか)”というものです。

そもそも「カルメン・オン・アイス」というのは、オペラ「カルメン」の音楽に乗って、フィギュアスケーターたちが「カルメン」を演じた映画のタイトルです。主演のカルメンは、かのカタリナ・ビット。そうです、サラエボとカルガリー、二度のオリンピックで金メダルを獲得した、フィギュアスケート界の女王さま。そして、カルガリー・オリンピックのフリーで彼女が演じたのが「カルメン」でした(動画はこちら)。たぶん、「主役にカタリナ・ビットありき」で誕生した映画だろうと思います。ウィキペディアによると、1990年のエミー賞を受賞したのだとか。数年前、クラシック専門チャンネルのクラシカ・ジャパンで見る機会があったのですが、作品としてはちょっと中途半端だったものの、映像はとてもきれいでした。このサイトに写真がたくさんUPされているので、ぜひご覧くださいませ。さすが、美人スケーターだけあって、1つ1つのポーズが女優のようにさまになっていますね。

“私家版「カルメン・オン・アイス」をつくるとしたら”というのは、このような映画を自分でつくれるとしたら、どんな配役にしてみたいか、あれこれ空想して遊んでみようじゃないか、という趣向です。「カルメン」の配役にお気に入りの選手たちを当てはめて、ミーハーに楽しんでみたいと思います(あくまでも私個人の好みで書かせていただきますので、ちょっと読んでみて気に入らない方は、どうぞ深入りしないでくださいませ)。

配役&PART1
[PR]
by noma-igarashi | 2007-04-10 20:19 | オペラ・オン・アイス | Trackback | Comments(6)

2種類の映像

ネタ切れしたときに取っておこうかとも思ったのですが、この際、書いてしまいます。
2、3日前に気がついたこと。フィギュアの試合の映像って、1種類だけかと思っていたのですが、先日の世界フィギュアの映像をYouTubeで見ていたところ、高橋選手のフリー演技に2種類の映像があることを発見しました。

続きはこちら
[PR]
by noma-igarashi | 2007-04-10 00:21 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(10)

パシフィックコロシアム

e0073856_17311846.jpgバンクーバー五輪のフィギュアスケートの会場、見つけました。英語もろくにできないのに、無謀にも英語サイトをうろついている状況につき、だいぶ不安な面もありますが、たぶん、おそらく、きっと、この施設だと思います。(→)
(もしも間違いにお気づきの際は、遠慮なくご指摘ください)

このフィギュア会場ってば、なんと、収容人数1万6000人ですよ! トリノ五輪の会場だったパラヴェーラが約6600人ですから、実に1万人ほど多いです。カナダの会場は大きいらしいと聞いてはいましたが、いやはや、すごいです。チケット確保の可能性が高まるのは、素直にうれしいですが、ちと不安な面も…。後ろのほう(上のほう)の席になった場合、ちゃんと見えるのかしら? さらに、そんな大観衆に囲まれて、選手のハートは大丈夫なのかしら? 野球やサッカーのスタジアムはもっと入りますけど、あれはチームプレイだしねえ。

ともかくは、詳細です
[PR]
by noma-igarashi | 2007-04-09 19:30 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)

新国の愛称決定

少し前に、この記事のコメント欄でも話題に出ましたが、新国立劇場の愛称が決定したようですね。副賞であるオペラ公演のチケット目当てに、わが家でも応募しておりました。グランプリはともかく、審査員特別賞とやらにありつけるといいな~などと思っていたのですが、大ハズレ(とほほ…)。仕方ないので、公演には自前で行くことにします。

最優秀グランプリ(つまり決定した愛称)は、「オペラパレス」(日本語表記)「OPERA PALACE Tokyo」(アルファベット表記)だそうです(発表ページはこちら)。以下の審査員特別賞の4案に比べると、わりと普通っぽいですかね。そこがいいのかな? ただ、略して呼びにくいのが難点かも。2文字ずつ取って「オペパレ」とか、新国方式で、前4文字を取って「オペラバ」とか考えてみましたが、どっちも舌を噛みそうです。(^^;

続きはこちら
[PR]
by noma-igarashi | 2007-04-08 14:49 | オペラハウス、ホール | Trackback | Comments(0)

バンクーバー五輪の公式サイト

2つ下の記事のコメント欄でニルギリさんに教えていただき、バンクーバー五輪の公式サイトを探索中です。はたと思いついて、ついでに調べてみたら、気の早いことに、ウィキペディアにも「バンクーバーオリンピック」という項目がすでにできていましたよ。

ニュースに疎くて知らなかったのですが、バンクーバーは、韓国の平昌と大接戦だったんですね(ウィキペディアによる)。韓国に決まっていたら近くてよかったのに~とも思いますけど、そうなっていたらそうなっていたで、行きたいと思う日本人続出だった可能性も。それに、女子のフィギュアのことを思うと、優勝候補の誰とも無関係な国(ジョアニー、ミラちゃん、ゴメンね)で開催されるのは、余計なプレシャーがかからなくてよかったような気もします。

さて、バンクーバー五輪の公式サイトで、チケットに関する情報をあさってみました。

続きはこちら
[PR]
by noma-igarashi | 2007-04-06 21:09 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(21)

7月に行くオペラ

「AERA」も買ったし、今年のNHK杯や3年後のバンクーバー五輪のことも気になりますが、それはそれとして、いい加減、オペラの話題も再開しなくては…(汗)。
以前、「3月中にチケットを取りたいオペラ」という記事を書きました。そこに挙げていた3つの演目のうち2つまで、世界選手権の合い間を縫ってチケットを確保しました。どちらも7月の公演です。

続きはこちら
[PR]
by noma-igarashi | 2007-04-05 23:11 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(2)

2010年バンクーバー五輪の旅(その2)

4月だというのに、いつになったらオペラの話を再開できるのでしょう(汗)。東京は今日、思いがけず雪が降ったことだし(びっくりしましたよ~)、まだ冬だということにして、フィギュアのネタを続行します。「2010年、バンクーバー五輪の旅」について、さらに調べてみました(というか、調べたのはトリノ五輪のときの例ですけど)。

今回の調査では、フィギュアスケートの試合を専門に観戦するツアーの案内を見つけました。さらに、チケットぴあで競技チケットを発売したときの詳細がわかるページも、JOCのサイト内で発見しました。どちらも、「うううう~む」という感じです。

続きはこちら
[PR]
by noma-igarashi | 2007-04-04 22:50 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)

2010年バンクーバー五輪の旅

2つ下の記事を書いたおかげで、すっかりその気になってしまった「2010年バンクーバー五輪の旅」。めちゃ単純です。(^^;;; 次回の冬季五輪は現地に飛んで、男子シングルの試合を生観戦しようじゃないか、われらがダイスケの金メダルをこの目で見届けようじゃないかというわけです。

なんといっても3年後の話ですから、実際にどうなるかはわからないですけど、盛り上がった勢いで、トリノのときの例を調べてみました。私は海外でスポーツイベントを観戦した経験がないし(イベント関係の海外旅行は、このブログ開設のきっかけになった2005年ザルツブルグ音楽祭だけ)、とにかくまだ調べ始めたばかりなので、内容的にはまったく不十分ですけど、気長に情報を集めていけたらと思います。経験談や情報がありしたら、いつでも大歓迎ですので、ぜひお聞かせくださいませ。

続きはこちら
[PR]
by noma-igarashi | 2007-04-02 00:09 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(4)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧