111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2006年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

昨夜のエキシビション

昨日は仕事の付き合いで遅くなってしまい、帰宅したのが深夜12時前。テレビをつけてみたら、ちょうどアイスダンス2位の演技を放送していました。そして、次に始まったのが、ペア1位の井上・ボールドウィン組。これを見て、「わ、1位の演技に間に合った。よかった~。じゃあ、このまま見ちゃお」と思ったのが、大きな間違いでした。男子シングル1位の織田選手が終わり、女子シングル1位の安藤選手。そうなったら、残るはアイスダンス1位だと思うじゃないですか。

もちろん、安藤選手の演技の前に、フリーのリプレイがあった段階で、いや~な予感はしたんです。予感どおり、安藤選手の演技が終わったら、たちまちカメラがスタジオに。なんでアイスダンス1位だけ飛ばすんだあああ~。と叫びまくりましたが、放送してはいたんですね。2位より先に1位を放送するって、どういう順番なのさ。デンスタの演技がもう終わったとわかっていれば、早いところお風呂に入って寝たのに。あの時間に帰宅して、30分ロスするのは痛かったです。織田選手の演技中、「NHK杯の悔し涙」などというヘンなアナウンスを聞かされるし。まったく民放は油断できません。

そういえば、1つ下の記事に、デンスタのODの動画をリンクしました。見てみて~。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-10-31 20:16 | フィギュアスケート | Trackback(1) | Comments(4)

GPSアメリカ大会(女子フリー)

続いて、女子シングルのフリーも見ました。すみません、ここは簡単にいきます。

浅田真央選手、朝のうちに結果を知っていたので、そのつもりで見ましたが、う~ん、あそこまで点が出ないのかあ…。採点にはあまりくわしくないので、もっと、見るからにぼろぼろ、という感じだったのかと思っていました。素人目には、もうちょっと点が出てもよかったんじゃないかという気も。スタジオの荒川静香さんが「スピンのとき、3回転きちんと回りきれていない」とコメントしていましたが、そういうところでの点の取りこぼしも多いのかな。あと、キャンベル国際のときにも思いましたけど、最初のジャンプの入り方(ステップから3アクセルを跳ぶ)は、そこまで難しくしなくちゃいけないんでしょうかね。決まればすごいとは思うし、難しい技に挑戦するのもいいことだと思いますけど、どうなんでしょう。3アクセルを跳ぶだけでも評価は高いわけですから、3アクセルを確実に決められる演技内容に切り替えてもいいのでは。

一方、安藤美姫選手の演技はよかったですねえ。あの滑走順で、あそこまで力を出せることもすごいし、きりっとした表情で、無心に滑るようすに「じわん」ときちゃいました。2位のマイズナーとは15点ほどの大差…というより、自己ベストを20点も上回ったんですね! 試しにフィギュアスケート資料室で調べてみたら、192.59というのは、もしかして歴代3位では?(1位スルツカヤ 198.06、2位コーエン 197.60、そしてこれまでの3位がトリノの荒川選手191.34)。いや~、すごいすごい。すごいだけじゃなくて、なんていうのか、やっぱりうれしいです。よかった。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-10-29 22:02 | フィギュアスケート | Trackback(1) | Comments(2)

GPSアメリカ大会(アイスダンスFD、ペア・フリー)

例によって、あとでまたくわしく書きますが、アメリカ大会のアイスダンスFD、ペア・フリーを見ました。放送時間は16:30~18:00で、1時間半。これまでより30分短いし、昨日のアイスダンスODでは上位カップルがごっそりカットされてしまったので、今日も見られないカップルが多いだろうと覚悟していたのですが、意外にも、ワタシ的には満足のできる内容でした。ヨカッタです(アイス男子に限っては、という意味ですが)。時間配分としては、アイスダンス50分、ペア40分というところでした。

アイスダンスで放送されたのは、渡辺・木戸組、デンコワ・スタビスキー組、ペシャラ・ブルザ組、グレゴリー・ペチュコフ組、カー・カー組。どの組も独創的なリフトや技が多く組み込まれ、見ごたえがありました。上位カップル中心の放送だったせいか、去年みたいに「どの組も同じことをやっている」という感じはあまりなかったです。うれしい。

一方、ペアのほうは、どの組もミスがあり(ソロジャンプで一方が転倒、スロージャンプのお手つき、ソロスピンが合わない等)、少し不満の残る大会でした。井上・ボルドウィン組が逃げ切って優勝しましたけど、他の大会だったら、これで1位になるのは厳しかったかも。でも、もちろん彼らの優勝はウレシイです。

More
[PR]
by noma-igarashi | 2006-10-29 18:05 | フィギュアスケート | Trackback(1) | Comments(0)

GPSアメリカ大会(男子フリー、女子SP)

うわ~ん。フィギュアの放送が終わったと思ったら、11時からはハイビジョンで「マイスタージンガー」の放送があるし、忙しすぎ。どうせ~っちゅうのよ(汗)。男子フリーは、夕飯の支度をしながら地上波でちらちらと見て、その後、夕飯を食べながら女子SPをきちんと見ました。さらに、夕飯後にBS朝日で改めて男子SPを見ましたが、地上波とまったく同じ内容だったみたいですね。もうちょっと違いがほしかったですが、立て続けの放送だったから、やむを得ないのかしらん。

男子フリー、女子SPの順に簡単に感想を書いてみます。とはいえ、夕飯がてらの観戦だったのでメモを取れなかったし、同居人ジョルジュ(仮名、日本人)がそばにいたので、何かとうるさかったです。演技の感想というよりは、ほとんどわが家の日記かも。

More
[PR]
by noma-igarashi | 2006-10-28 22:26 | フィギュアスケート | Trackback(3) | Comments(0)

GPSアメリカ大会(ペアSP、アイスダンスOD)

BS朝日で、アメリカ大会のペアSP、アイスダンスODを観戦。16:00~18:00の放送で、前半1時間がペア、後半1時間がアイスダンス。途中から、「これじゃ時間が足りないよ~」と思っていたら、案の定、アイスダンスはだいぶすっ飛ばされました(涙)。カットされた中には、カー・カー組の演技も。ぐわ~ん。

しか~し、デンコワ・スタビスキー組はめっちゃカッコよかったです! デンコワさんは女っぽく、スタビスキーはワイルドに。いやもう、滑走順もあるにしても、2人が滑り出したとたん、それまでの組とは格が違うのがはっきりわかりました。カッコいいったら。

くわしくはまた後で!(といいつつ、夜の放送も見なくっちゃいけないのよねえ。嬉しい悲鳴)

More
[PR]
by noma-igarashi | 2006-10-28 18:00 | フィギュアスケート | Trackback(3) | Comments(0)

GPSアメリカ大会(男子SP、アイスダンスCD)

BS朝日で観戦中。
  ↓
というわけで、見ました。くわしくはまた後で書きますが、織田選手、危なげなかったですねえ。すばらしい! ライサチェック選手はイマイチで3位、予想外にプロベール選手(フランス)が健闘して2位。でも、プロベール選手は確か、世界選手権でも最初(予選グループ)はけっこうよかったですよね?

アイスダンスCDは、デンコワ・スタビスキーが余裕の1位。わ~い! スタジオトークで「この大会の本命」と紹介されていて、「よしよし」と思ったことでした。カー姉弟組がやや出遅れた感じかな?
 ↓

More
[PR]
by noma-igarashi | 2006-10-27 19:48 | フィギュアスケート | Trackback(5) | Comments(2)

こんなところにアライサが…

今日は別の話題を書くつもりでいたのですが、ついさっき、思いがけないことに気がつき、びっくりしたのでそっちを書くことにします。

以前、このブログで「この人がこんな役もあんな役も」シリーズという話題を書いていたとき、フランシスコ・アライサを取り上げたことがありました。こちらの記事です。そのとき、手持ちのDVDでアライサが出演しているものとして、バイエルン国立歌劇場「魔笛」、メトロポリタン歌劇場「魔笛」、ミラノ・スカラ座「ドン・ジョヴァンニ」をリストアップしました。アライサが出演しているものは、それですべてだと思っていたのですが…。

e0073856_22575827.jpgなんと、もう1枚ありました。ぜんっぜん気がついていませんでした。このDVDです(→)。バイエルン国立歌劇場「ばらの騎士」。メゾソプラノが男役をつとめるこのオペラにあって、テノールがいったいどこに登場するかというと…。

そうです、その名も「歌手」という役柄。第1幕で、元帥夫人が身づくろいをするときに、いろんな人が接見にやってきたり、無聊を慰めにきたりしますよね。「歌手」もその1人で、元帥夫人に歌を聴かせる役どころです。時代がかったアリアを1曲歌い上げるだけで、話の筋とはまったく無関係。そのため、役柄名は単に「歌手」で、固有名詞はありません。

このDVDは、1979年の収録。ということは、アライサ、29歳ですね。まだこういう端役をやっている時代だったんでしょうか。なんにしても、29歳ということは、他のDVD以上に見栄えのよいお年頃でなのでは。…と期待して、改めて、アライサの場面だけ見てみました。が、うーん。髪型がちょっと…。時代がかりすぎていて、残念ながらイマイチでした(汗)。

それはそうと、「この人がこんな役もあんな役も」シリーズ、なんとなく中断したままになっていますが、いずれ再開したいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-10-26 23:00 | オペラ・音楽 | Trackback(1) | Comments(11)

ドミンゴの動画リンクを張り終えました

やっとのことで、『プラシド・ドミンゴ オペラ62役を語る』の動画リンクを張り終えました。動画が見つかったのは、62作品中35作品。半分強ですね。「こんなオペラの動画はないだろう」と思うものも、探してみるとけっこう見つかったので、もっとリンク率が高いような気もしていましたが、62作品中35作品なら「まあ、そんなものかな」という感じでしょうか。

舞台じゃないものもあります。「トゥーランドット」などは、あえてステージで歌っているものをリンクしてみました。ドミンゴ、パヴァロッティ、カレーラスが3人で「誰も寝てはならぬ」を歌っています。そうかと思えば、「ローエングリン」「イドメネオ」などは、ドミンゴが自分でピアノを弾きながら歌っています。

歌っているのは同じドミンゴなのに、この動画とあの動画では、声がずいぶん違うなと感じることもありました。役によって声を軽くした、というようなことが本に書いてあって、なるほど、こういうことを指しているんだなとよくわかりました。

それにしても、62作品もあると、知らないオペラもかなり多かったです。見たことがないものはもちろん、題名すら知らなかったものもいくつか。そういうオペラでも、いざ検索してみると、名だたる歌手の動画がずらずらーっと出てくることもあって、日本ではあまり知られていないオペラでも、欧米では普通に上演されているんでしょうね。

62作品すべての原題が本に書いてあったので、それで検索したのですが、「神の言葉」「預言者」などは、オペラとは関係なさそうな、ちょっとアヤシイ感じの動画がヒットしました(汗)。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-10-23 23:08 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

な~んだ

キャンベル国際、結局、地上波で見られなかった部分は、BS-iで放送したのですね。風邪で寝込んでいたので、情報収集ができず、さっき、たまたまテレビをつけて知りました。

事前にチェックしていなかったので、見逃した部分もありますが、ペアが見られたから、ひとまず満足。ジョンは相変わらず、ジャンプの回転が足りなかったですね(汗)。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-10-22 21:11 | フィギュアスケート | Trackback(1) | Comments(0)

朝日新聞に浅田真央選手の記事が

というわけで、水曜日のコンサートの直後から風邪を引いておりましたが、そろそろ復帰できそうです。
今日の朝日新聞のスポーツ面に、浅田真央選手の記事が載っていました。今回のはネットでも読めるようになっていたので、リンクしてみますね(こちら)。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-10-22 18:49 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧