111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

カテゴリ:震災日記( 270 )

安保法制反対リンク集

自分用にリンク集をつくりました。随時更新。
引き続き、上から2番目に置いておきます。

Wordの履歴機能で、自民党が変えた憲法を見てみる
※現行憲法と自民草案を比較するサイトはいろいろありましたが、
自民党草案礼賛サイトはリンクしたくなかったので、こちら(↑)を選びました。


安保法制反対リンク集
[PR]
by noma-igarashi | 2017-01-18 06:29 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

9月の電力使用量&5年ぶりの炊飯器

東京電力→東京ガスに切り替えて5ヵ月。わが家の9月分の電気料金+ガス料金は、5ヵ月連続で昨年を下回りました。

今年 電気+ガス代=8,4657円(内、電気料金=4,782円)
去年 電気代+ガス代=9,149円(電気代=5,295円、ガス代=3,854円)


というわけで、去年より約692円安くなっています。ちなみに、使用電力は、去年が8月7日~9月4日までの29日間で181kwh、今年が8月24日~9月27日までの35日間で204kwh。1日当たりの使用電力としては、昨年が6.24kwh、今年が5.83kwhでした。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2016-10-13 21:57 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

8月の電気使用量

東京電力→東京ガスに切り替えて4ヵ月。わが家の8月分の電気料金+ガス料金は、またもや昨年を下回りました。

今年 電気+ガス代=7,987円(内、電気料金=4,874円)
去年 電気代+ガス代=8,550円(電気代=5,090円、ガス代=3,460円)


というわけで、去年より約563円安くなっています。ちなみに、使用電力は、去年が7月7日~8月5日の30日間で191kwh、今年が7月22~8月23日の33日間で206kwh。使用電力は多くなっているのに、またも電気代は安くなりました。

さらに、これは東電→東京ガスの切り替えとは無関係だけど、1日当たりの使用電力を割り出してみると、去年が「191 kwh÷30日=6.37 kwh」であるのに対して、今年は「206kwh÷33日=6.24 kwh」。久々に使用電力が前年を下回りました。この夏、東京はそれほど猛暑日が多くないから、そのせいでしょうか。ちょっとウレシイ。
[PR]
by noma-igarashi | 2016-08-25 23:03 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

「生前退位」に憲法改正は必要ない件

迷いましたが、やはりきちんと話題にしておくことにします。
おととい(8月8日)、天皇陛下のビデオメッセージが公開されました。それに関して、マスコミ各社が世論調査を行いましたが(コチラを参照)、その中で、産経・FNNの調査結果にはこんな内容が含まれていました(該当記事はコチラ)。 

また、「生前退位」が可能となるように「憲法を改正してもよい」と思う人は84・7%に達した。「思わない」と答えた人は11・0%にとどまった。

何でしょう、これ。どういう意図でこんな質問をしたわけ? 「生前退位」が可能となるようにするには、憲法を改正する必要はないと思います。天皇について定めた憲法の条文は、第1条から8条まで(条文を読みたい方はコチラ)。そのうち、第2条に以下のように定められていますから、皇室典範を改正すればいいだけの話。

第二条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

皇室典範の改正で対応できるのに、憲法改正を持ち出すとは、どさくさに紛れて別の条文も改正しようという狙いなんでしょうか。それとも、この件で憲法を改正できれば、憲法改正に対する抵抗感が薄れるだろうという意図? 「生前退位」を可能にするには憲法改正が必要だなどというような、間違った先入観を国民に植えつけるような質問はしないでいただきたいです。

参考までに、こちらの記事もどうぞ。
ついでに皇室典範もリンクしておきます。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2016-08-10 23:38 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

日本国憲法と私

大きく出ました、「日本国憲法と私」。たいしたことは書けそうにないですが、現行の憲法について、思うところを書いてみたいと思います。

ごくごく単純に、私は現行の憲法が大好きです。といっても、全文と全103条をそらで言えるようなマニアではないですが(9条ぐらいなら暗唱できるかなと思いましたが、ぼやんとした印象が浮かぶだけで、全然ダメでした)。

どうして現行憲法が好きかというと、そんなにご大層な理由によるものではありません。20代前半の一時期、自分の生き方について悩むところがあり、拠りどころのようなものを探していました。宗教関係の本を読んでみたり、哲学書に手を広げてみたり。

ちょうどそんなとき、神田の古本屋街を歩いていて、写楽編集部刊の『日本国憲法』が売られているのを見つけました。しばらく前に話題になっていた本でもあり、法律のことも知りたいなと思い、即座に購入。写真の多い本だったので、そう身構えずにページを開きました。

その時期の私が探していたものは、まさにそこにありました。具体的には、第11条から14条までぐらいの条文だったと思います。

第11条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
②華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
③栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。


この力強い肯定感! どんな人間であっても基本的人権は保障されるんだ、生きていていいんだと、そう言われていることがぐいぐいと伝わってきました。

私は、大好きな現行の日本国憲法を失いたくない。お門違いの汚い言葉で愚弄してほしくない。心からそう願っています。


(本当にたいしたことが書けなかったので、そのうちまた書くかもです)
[PR]
by noma-igarashi | 2016-08-06 00:54 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

虹が出ていました

とりたてて不幸せではないけれどもう何年も虹を見ぬまま

e0073856_752323.jpg


題詠のイベントで、上記のような歌を詠んだのが2010年のこと(調べました)。震災やら原発事故やらを経験する前ですね。その時点で何年も見ていなくて、それ以降もずっと見る機会がなく、今朝、やっと見ました。ということは、10年ぶりぐらいになるのかな?

隣の市の防災無線で目が覚めたのが6時ごろ(川が増水しているとか、そんな内容だったと思う)。仕方なくそのまま起きて、お湯を沸かしたり、顔を洗ったり…で、ふっと窓の外を見たら、出ていました。慌ててスマホでパチリ。

空がどんよりしていて、あまりきれいじゃないのが残念ですが、今の状況にはこのぐらいがふさわしいのかもしれません。今は、虹を見る・見ないにかかわらず、「とりたてて不幸せではない」と言い切るだけの自信がないので。個人的にどうというより、今のこの日本に生きていること自体があまり幸せな状態ではないように思えます。
[PR]
by noma-igarashi | 2016-08-02 07:53 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

鳥越俊太郎さんリンク集

都知事選が終わるまで、上から3番目に置いておきますね。

東京都知事候補 鳥越俊太郎公式サイト

鳥越 俊太郎(東京都知事候補) ※twitter

鳥越 俊太郎(東京都知事候補)  ※facebook

                                                                   
[PR]
by noma-igarashi | 2016-07-31 20:00 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

7月の電気代(また安くなりました!)

都知事選が終わったら、もっと楽しいことをブログに書きたい!
書きますとも。もうしばらくお待ちください。

とはいえ、この記事も、少しは楽しい話題かもしれません。
4月の電力自由化で、東電→東京ガスに切り替えて3ヵ月。わが家の7月分の電気料金+ガス料金は、またもや昨年を下回りました。

今年 電気+ガス代=7,829円(内、電気料金=4,894円)
去年 電気代+ガス代=8,808円(電気代=5,066円、ガス代=3,742円)


というわけで、約1,000円安くなっています。ちなみに、使用電力はというと、去年は6月8日~7月7日の29日間で185kwh、今年は6月24~7月21日の28日間で205 kwh。またもや、使用電力は多くなっているのに、電気代は安くなるという結果になりました。

昨日のニュースによると、原発事故の賠償や廃炉費用が見込みより膨らんでいるとして、東電が政府に追加支援を要請したそうですが(ふざけた話です)、その記事の中の記述によると、電力自由化で東電から他の電力会社に切り替えた人は6月末時点で3.32%なのだとか、たった3.32%!? 絶対安くなるのに、もったいない。切り替え、簡単ですよ。東京ガスのホームページから申し込むだけ。あとは何もしなくていいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2016-07-30 09:00 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

都知事選まであと3日

都知事選の投票日まで、あと3日。
昨日、twitterでこんな記事を教えてもらいました。題して「<<これが現状だ>> 小池と鳥越が激しく競り合う。増田は苦戦」。書いたのは白川勝彦さんといって、第2次橋本内閣のときに自治大臣、国家公安委員長を務めた方だそうです。

白川氏によると、今週の日曜から月曜にかけて新聞各紙が発表した都知事選の情勢調査では「1位が小池、2位が増田、3位が鳥越」とされていたけれど、実際には「小池と鳥越が激しく競り合い、増田は苦戦」であるはずだ、とのこと。では、新聞各紙がなぜ実際と違うことを報じているかといえば、“鳥越候補はもう当選圏内にはいない”と印象付けたいから。それが政府与党の思惑だから」。くわしくは上記リンクから、ぜひ全文を読んでみてください。東京に暮らし、日常生活の中で選挙戦に接していると、納得することが多いです。増田さんの選挙カーやチラシ配布なんて、出会ったことがないですから(小池さんも)

それで思い出したのですが、日曜から月曜にかけての情勢調査は、最初に発表されたのが読売と東京新聞の2紙でした。その2紙の調査結果を比べると、読売は「1位:小池、2位:増田、3位:鳥越」だったけれど、東京新聞は「1位:小池、2位:鳥越、3位:増田」で、順位が異なっていました。これもtwitterで教えてもらったことによると、調査結果から全体の支持率を割り出すときに使う数値が、読売と東京新聞で違っていて、それで順位にも逆転現象が生じたとのことでした(しっかりした裏づけの示されたツイートだったのに、TLで流れてゆくに任せて、ちゃんと保存しておかなかったのが悔やまれます)。

白川氏の書かれていることは、個人的にはありそうな話だと思いますが、ただ、仮に白川氏の見立てのとおりなのだとしても、小池候補が優勢に立っているのは事実なわけで。私、鳥越さんが立候補を表明したとき、圧勝できるかと思ったんですよ。でも、前にもリンクしたJX通信社の調査によると、告示日には確かに鳥越さんがトップに立ったものの、序盤で小池候補にリードを許してしまっています。なぜ告示日の勢いのままでぶっちぎれなかったのか。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2016-07-28 23:35 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

日本国憲法 前文

目下、twitterで、日本国憲法を1条ずつつぶやいています(現在、第22条)。
前文は1回でツイートするには長すぎるし、かといって分割したくなかったので、ブログにアップしました。

--------------------------

【日本国憲法】
前文

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

第1~22条も再掲
[PR]
by noma-igarashi | 2016-07-26 23:36 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧