111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
ちなみに、総括記事は男子..
by noma-igarashi at 23:20
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

カテゴリ:映画・TV・本など( 135 )

浅田選手の30数年前に国民の視線を集めた19歳

今日、本を読んでいたら、こんな文章が出てきました。

「次に、この国で十九歳の女の子が全国民の視線を集めるのは三十数年後、バンクーバー・オリンピックでの浅田真央まで待たねばならない。」

この本の著者は、浅田真央選手以外の「誰か」の話を延々としていて、ここで突如、浅田真央選手を引き合いに出したわけなんですが、さて、「誰か」とは誰のことでしょうか? 浅田選手がバンクーバー・オリンピックに出場する三十数年前、全国民の視線を集めた十九歳の女の子とは? 当ててみて~。

正解はこちら!
[PR]
by noma-igarashi | 2015-05-26 23:56 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

4月中に読んだ本

評価:★★
ほとんど登場しないからいいんだけど、やっぱり奥さんがイマイチ(前回よりはマシだったけど)。たぶん、「マイペースでずけずけものを言う、銀行員の妻らしくない妻(そこが魅力)」という設定をめざしているんだろうけど、私にはまったく魅力的に思えないのでした。

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

池井戸 潤 / 文藝春秋



評価:★★★
まったく何の前知識もなく、たまたまブックオフの100円均一コーナーで見かけて購入したのですが、すごくよかったです。拾いものでした。

あの日、パナマホテルで (集英社文庫)

ジェイミー フォード / 集英社



評価:★★★

カラマーゾフの兄弟 4 (光文社古典新訳文庫)

ドストエフスキー / 光文社



評価:★★

抱擁、あるいはライスには塩を 上 (集英社文庫)

江國 香織 / 集英社



評価:★★

抱擁、あるいはライスには塩を 下 (集英社文庫)

江國 香織 / 集英社


[PR]
by noma-igarashi | 2015-05-01 22:31 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

3月中に読んだ本

評価:★★

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

ドストエフスキー / 光文社



評価:★★

カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫)

ドストエフスキー / 光文社



評価:★★
ほとんど登場しないから、いいといえばいんだけど、もうちょっと奥さんを魅力的に描いてくれるといいのに。

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

池井戸 潤 / 文藝春秋



評価:★★★
3巻目に突入して、面白くなってきました。が、4巻目は未購入。文庫とはいえ結構高いので。近いうちに買いたいです。

カラマーゾフの兄弟3 (光文社古典新訳文庫)

ドストエフスキー / 光文社



評価:★★

誕生日の子どもたち (文春文庫)

トルーマン カポーティ / 文藝春秋


[PR]
by noma-igarashi | 2015-04-01 21:48 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

2月中に読んだ本

2月はあと1日ありますが、今読んでいる本は明日中に読み終わらないことが確実なので、今日のうちにアップすることにしました。今月も感想はパス。今後とも、感想を書いておきたい本があったときだけ、別記事で書くことにします。

代わりに、今月から評価を付け加えることにしました。「★★★」「★★」「」の3段階で、それぞれ、次のような評価に該当します。

★★★ 面白かった
★★   読んでよかった
★    読んでも読まなくてもよかった


「“面白かった”と“読んでよかった”の違いがよくわからない」「“読んでよかった”と“読んでも読まなくてもよかった”の違いもピンとこない」とツッコミを入れられそうですが、ともかくは、が多いほうが評価が高いということで。あくまでも私の個人的な評価にすぎないので、その点はご了承くださいませ。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2015-02-27 22:31 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

1月中に読んだ本

少しくらいは感想を添えたかったのですが、今夜は時間が取れないので、ひとまずパス。後から書くかもしれません。1月はお正月休みもあることだし、もっと読めるかなと思っていたのに、休み中はフィギュアの録画を見るのに追われて、読書らしい読書ができず。通勤電車に乗らない日が多かった分だけ、ふだんより少なめの読書量になりました。

東京自叙伝

奥泉 光 / 集英社


帰郷者 (新潮クレスト・ブックス)

ベルンハルト シュリンク / 新潮社


阪急電車 (幻冬舎文庫)

有川 浩 / 幻冬舎


(↓)最初の文庫化が1984年、改めてこの文庫になったのが1997年とのことですが、今ごろ読みました。ブックオフで売っていたもので。

海峡を越えたホームラン―祖国という名の異文化 (双葉文庫―POCHE FUTABA)

関川 夏央 / 双葉社


[PR]
by noma-igarashi | 2015-02-03 23:36 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

木村友祐『聖地Cs』

1つ前の記事に、今年は読んだ本のタイトルをブログにアップしていきたいと書きましたが、その第1弾というわけではなくて、これは年末に読んだ本になります。新聞の書評欄で、原発事故を材にした小説だと紹介されていたため、興味を持って手に取りました。池澤夏樹の『アトミック・ボックス』といい(感想はこちら)、“3.11後の文学”とでもいうような作品が徐々に出てきているんだなと思いました。

聖地Cs

木村 友祐 / 新潮社



続きを読む(少し手直ししました)
[PR]
by noma-igarashi | 2015-01-03 00:33 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

映画「マダム・マロリーと魔法のスパイス」

先週の水曜日、「マダム・マロリーと魔法のスパイス」という映画を見てきました(公式サイトはこちら)。割引デーにちょうど時間があったので、何か見てみようという気になり、前に予告編を見て面白そうだなと思ったこの映画を選んだような次第。期待通り、楽しくてほんわか幸せな気分になれる映画でした。

ざっとストーリーを説明すると――。舞台は南フランス。格式あるフレンチレストラン「ル・ソール・プリョルール」の真向かいに、賑やかな音楽とスパイスたっぷりの料理を提供するド派手なインドレストラン「メゾン・ムンバイ」が開業。まったく異なる価値観の2つの店は、道を隔てて対立するが、「メゾン・ムンバイ」店主の息子ハッサンが亡き母から譲り受けたという「魔法のスパイス」とハッサンの持つ天才的な料理のセンスが、次第に両店主の頑なな心を溶かしていく、というようなお話。予告編の動画がYouTubeにあったので、埋め込んでおきますね(映画の公式サイトで見られるものと同じ)。



「マダム・マロリーと魔法のスパイス」という邦題、悪くはないんだけど、マダム・マロリーが主人公なのかとなると、やっぱりちょっと違うような…。そこで、今回も原題を調べてみたところ(「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」を見たときも調べた)、「The Hundred-foot Journey(100フィートの旅)」というものでした。

100フィートは約30メートルらしいので、これはマダム・マロリーのフレンチレストラン「ル・ソール・プリョルール」とハッサンの一家のインドレストラン「メゾン・ムンバイ」の距離のことですね。2つの店を隔てる道路の幅。映画の内容から考えると、「100フィートの旅」のほうがしっくりきますが、映画を見てみたいという気にさせるには、やっぱり「マダム・マロリーと魔法のスパイス」のほうがいいんだろうなあ。
[PR]
by noma-igarashi | 2014-12-04 00:58 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

映画「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」

公式サイト

映画「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」を見てきました。相方ジョルジュ(仮名、日本人)が見に行くというので、それに便乗した格好です。

ピアニストのマルタ・アルゲリッチを取り上げたドキュメンタリー映画で、監督はアルゲリッチの娘であるステファニー・アルゲリッチ。アルゲリッチには3人の娘がおり、それぞれ父親が違うそうですが、ステファニーはピアニストであるスティーヴン・コヴァセヴィチとの間に生まれた娘。

実の娘が監督ということで、そういう立場ならではの切り口が随所に見られたし、身内にしか撮れないような映像も多数混じっていました。そもそも、マスコミ嫌いとされるアルゲリッチだから、娘が監督でなければ、ドキュメンタリー映画の作成に応じなかったかもしれないですね(アルゲリッチについて詳しいわけではないので、すでに別のドキュメンタリー映画があったりしたらゴメンナサイ)。

この映画の主人公はもちろんアルゲリッチだし、「アルゲリッチの素顔に迫る」「生身の母親の姿を捉えた」といった映画紹介の言葉通りの内容だとも思いました。ただ、監督自身の立場からのナレーションで構成され、彼女と父親のエピソードも比較的多く含まれていたことから、主人公のアルゲリッチよりも、娘である監督のほうに思いを馳せながら観賞しました。

ああいう有名人、つまり天才的なピアニストで、それが故に私生活も一般人とは大きく異なるような人物が自分の母親だというのは、いったいどんな気持ちがするものなのか。どんな苦労、あるいは喜びがあるものなのか。具体的には想像がつかないのだけれど、漠然としか想像できないその苦労やら喜びやらがもやもやした形のまま身に迫ってくる――そんな映画でした。

余談ながら、少し前に「パガニーニ」を見て、映画としてやや物足りなさを感じたのですが、それというのは、常人とはかけ離れた天才のすごさが今ひとつ身に迫って感じられなかったからだなと、アルゲリッチのドキュメンタリーを見て思いました。それはもちろん、パガニーニが天才じゃなかったとか、パガニーニを演じたデイヴィッド・ギャレットが天才じゃないという意味ではないですよ。映画として、天才のすごさを伝えるというよりも、シャーロットとのラブロマンスに重点を置いたつくりになっていたように思います。

「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」の話に戻ると、この映画の原題は「Martha Argerich - Bloody Daughter (Documentary)」。そうなんですよ、「私こそ、音楽!」じゃなくて「Bloody Daughter (Documentary)」。このほうがずっと内容に即していると思います。

試しにこの原題で検索してみたところ、こんな映画紹介サイトが見つかりました。そこに書かれている紹介文は、「娘、ステファニーから見たマルタ・アルゲリッチ」「マルタ・アルゲリッチとスティーヴン・コヴァセヴィチの娘、ステファニー・アルゲリッチ・ブラゴイェヴィッチ監督による、母の人生と仕事に関する個人的で親密なドキュメンタリー」というもので、日本の映画サイトの紹介の仕方よりもずっとわかりやすく感じました。


[PR]
by noma-igarashi | 2014-10-03 13:38 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

『エデンの東』を読みました

近くの図書館にハヤカワ文庫の『エデンの東』全4巻が置いてあったので、いい機会かもしれないなと思い、読んでみました。面白かったです。すごーく久しぶりに、「小説を読む楽しみ」に浸りきりました。いや、ふだん読んでいる小説だって面白いのですが、何ていうんだろう、10代のころ、世界文学全集に納められている小説を夢中で読んだときの感覚を思い出した、という感じかな。小説を読む楽しみに満ち溢れた作品でした。それと、文章がすごくきれい。シンプルで読みやすく、作者の表現しようとするものがすっと伝わってくる文章でした。

『エデンの東』は映画も見たことがなくて、3巻まで読み終えたところで、「そういえば、ジェームス・ディーンが演じたのはキャル? それともアロン?」と気になり、映画の紹介サイトを覗いてしまいました。そのとき、映画のストーリーもつい読んでしまいまして、「しまった! ストーリーは知らないほうがよかったな」と思ったのですが、「でも、ストーリーを知っていても楽しめる小説だから」と気持ちを切り替えて読み進めました。ただ、読み終えてみると、映画のすじがきとはかなり違っていて、心配する必要は全然なかったです。映画は映画で楽しめるのでしょうけど、小説は小説で面白かったです。

町田樹センセイの説かれる「ティムシェル」は……。確かに、この小説の核となる言葉だと思うのですが、わかったような、わからないような。というか、一回読んだだけであっさりわかってしまうような言葉ではないんだろうな、と思いました。

アメリカの歴史も改めてわかって、その点でも興味深かったです。
あともう1つ。第42章の冒頭の一節が、今の時世にも当てはまるようで、心に残りました。こんな文章です。

戦争は、いつも他人事で始まる。



[PR]
by noma-igarashi | 2014-08-11 00:24 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

映画を見て思った、映画とは関係のない話

たまたまレンタルショップで見かけ、借りてしまいました。フランス・スイス合作のフランス語による「アルジャーノンに花束を」。映画事情に疎いので、こんな映画がつくられていたとは知りませんでした。

舞台はジュネーブ。細かな設定が原作と違っている部分もありますが、大筋は同じ。原作を読んだのが大昔で、印象が薄れているせいもあるかもしれませんが、「それは違うやろ」とか「それはやめて~」と思うことなく楽しめました。


なので、本筋とは関係のない感想を書いてしまいます。フランス語版「アルジャーノンに花束を」では、主人公シャルルは、知的障害のために母親に疎んじられ、施設で育てられたという設定になっています。シャルルはIQが高くなった段階で、母親に会いに行くのですが…。

母親は認知症になり、今はホームに入所しているという設定。シャルルは35歳ということだったので、母親の年齢は…どうでしょう、30歳で出産していれば65歳。25歳ならば60歳。認知症は病気ですから、何歳であっても発病するのかもしれませんが(高齢になるほど発生率が高まるということはあるそうです:参考)、6065歳で認知症かあ…と思うと同時に、カミュの小説『異邦人』のことを思い出してしまいました。



続きを読む(追記あり)
[PR]
by noma-igarashi | 2014-07-14 10:51 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧