111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

カテゴリ:フィギュアスケート( 1477 )

第23回マスターズチャレンジカップ観戦記(2)

Fクラス男子(60代)
クラス分け(↑)、パンフレットに書いてある通り「60代」としましたが、「以上」が抜けているような気が…。60代以上とはいえ、男性の演技はやはり迫力があるなと思いました。
このグループで印象に残ったのは、まず、1番滑走の山本兼郎さん。この方もちゃんとしたジャンプを跳んでおられました。特に冒頭のジャンプ、お見事でした! 2回転ぐらいしたんじゃないかしら。どうだろう? 一言コメントに「だんだん出来る技が無くなってきますが、頑張って滑ります」などと書かれていますが、まだまだ行けますよ~! 点数は、技術点が4.3点、芸術点が4.0点ぐらい。優勝の常連さんのようでした。
次に、中村光則さん。黒の衣装で、堂に入った演技でした。それもそのはず、この方も何度も優勝されているようでした。
それから、折原誠さん。アイスダンスにも出場されていた83歳の男性ですよ~。すごい! 長渕剛の「乾杯」に乗せて滑ってくださいました。

Gクラス男子(50代)
男子の演技が続きます。このグループは楽しいプログラムを見せてくださる方が多かったです。その中でも、2番手に登場した佐浦ひろゆきさんは、なんと! 「ユーリ!!! on ICE」のJJを演じてくださいました! 曲はもちろん「Thema of KING JJ」。衣装もJJスタイル。後で動画を見たら、お顔も眉を貼り付けたりして、JJふうに工夫されていたんですね。ごめんなさい、遠目にはそこまでわからなかったです。演技の最後には、JJのポーズをバッチリ決めておられました。客席からも「JJ!」と熱い声援が飛んでいましたよ! マスターズではこういうのが見たかったので、見られてうれしかったです。
山本巌さんは衣装が面白かったです。前から見ると男の子(男子高生?)、後ろから見るとスカート姿の女子高生。曲が「前前前世」というの。よく知らなかったので調べたら、アニメ映画「君の名は。」の挿入歌なんですね。つまり、映画の登場人物を1人2役で演じておられたわけなんですね。そういう知識なしで見ても楽しかったです。
衣装といえば、最終滑走の岡田和生さんは、衣装を脱ぐかに見せて・・・脱ぎませんでした。な~んだ。岡田さん初め、このグループは「へ」をやってくれる人が多かったです。あと、岡田さんの使用曲はクイーンの「Somebody To Love」だったのですが、ほかにもクイーンやフレディ・マーキュリーで滑る方がいて、懐かしかったです。そういう年代なんだなあ。

今年は男子を2クラスしか見られませんでした。もうちょっと頑張って、40代のクラスも見ればよかったかな。でも、楽しいひとときでした。出場スケーターの皆さん、ありがとう!
[PR]
by noma-igarashi | 2017-05-23 23:31 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

第23回マスターズチャレンジカップ観戦記(1)

twitterで情報を得て、今年もマスターズを見てきました。去年に続き、これが2回目の観戦です。試合自体は、午前9時から午後10時15分まで、実に半日以上にわたって行われていたようですが、私が見てきたのは午前11時前から午後4時過ぎまで。アイスダンスの最終組に間に合うように出かけ、夕飯の支度に間に合う時間までに帰ってきました。以下、簡単ですが、印象に残った演技について感想を書いてみたいと思います。

アイスダンスEクラス
このグループ(最終組)はフリーダンスなので、見ていて楽しかったことを思い出し、このグループに間に合うようにと慌てて出かけました。どの組も衣装が華やか。そして、リフトもちゃんと組み込まれています。女性を男性の膝の上に乗せるリフトとか、ローテ―ショナルリフトとか。
折原雅子・折原誠組はご夫婦のカップル。そして、女性が78歳、男性が83歳! この組は去年も出場されていて(というか、全組そうかも)、すごいなあと思ったものですが、今年も出場されていました。パンフレットに出場者のひとことコメントが載っていたので、ご紹介してみますね。女性「マスターズ大会が日々の練習の励みになっています」、男性「今年も二人で滑れるのが楽しみです」。で、プログラムの曲名が「エンドレスラブ」とは、ごちそうさまです~。

Hクラス女子Ⅰ(40代、46歳以上)
この組で印象に残ったのは、まず、速水有美子さん。曲は「Fly me to the Moon」。オレンジの衣装に黒の手袋がおしゃれでした~。動作が大きくて(腕の動かし方などがはっきりしているというか)、見栄えがしました。
そしてもう一人、これはお伝えせずにはいられない、岩崎れい子さん。ウォーミングアップのときから、一人だけ男装だったので(単にパンツスタイルの衣装というより、まさに「男装」でした)、そのときから目を引いてはいたんです。滑走順が来て、男装の理由がわかりました。曲が「エデンの東」で、町田君のプログラムをなぞった振付になっていたんです。「ああ、そうそう、ここでグッとこぶしを握るのよね」「うんうん! ここでこのポーズなのよ、そうなのよ!」と思いながら観戦。町田君の演技がよみがえりました。しかも、演技後のお辞儀の仕方まで町田君スタイルだったのがお見事!

Gクラス女子Ⅰ(50代・53歳以上)
「53歳以上」とは半端な分け方だなと思って確認したところ、40代女子は「45歳以下」=26名、「46歳以上」=25名というふうに半々に分けてあるけれど、50代女子は「52歳以下」=21名、「53歳以上」=19名という分け方。ふむ。ちなみに、20代、30代は1グループしかないです。つまりは、40代から50代初めにかけて、子育てなどが一段落し、体もまだ動くから好きなフィギュアスケートを頑張ろう、という層の人たちが多いんでしょうね。
皆さん、思い思いの曲、思い思いの素敵な衣装で演技を披露してくださいました。パンフレットを見ていたら、片岡令子さんという方の一言コメントに、「毎年同じ曲ですが、毎年コスチューム新しくするのが楽しみです」とあり、やっぱり! と思ったことでした。ちなみに、片岡さんのプログラム曲は「If We Hold On Together」。

Fクラス女子(60代以上)
60代以上は出場者9名と少なくなりますが、見ごたえがありました!
まず、1番滑走の南三江さん。曲はチャップリンの「ライムライト」。裾の広いパンツスタイルで、チャップリンらしさの感じられる振付。この方も動作が大きくて、見栄えがしました。思うに、滑りのうまい人は、足もとに気を取られずに演技ができるので、上半身を大きく動かせるということなのかも。惜しくも1コケでしたが、すかさず手を挙げるポーズで、それすらも振付のように見せてしまう余裕っぷり。いい点数、出ましたよ~。2点台の人が多い中、技術点で3.0、芸術点で3.7も! パンフレットを確認したら、2年連続で優勝されている方なんですね。やっぱり。
しかし、その南さんの3連覇をはばんだのが、最終滑走の岡村真貴子さん。この方、去年まで50代のGクラスで10連覇(全戦全勝!)しておられた方なんですね。去年見たとき、バツグンにうまかったので、今年は出場されていないのかしら…とお名前を探したところ、60代のクラスに移られているのを発見。ああ、そうなのか。でも、そんなお歳とはとても思えない。青の衣装に、ワイルドなロングヘア。今年も見せてくださいました~。何がすごいって、この方だけ、ジャンプがちゃんとしたジャンプなんです(…って、伝わるかしらん)。圧倒的な実力で、技術点、芸術点ともに、4.0台が出ていました!

長くなったので、ここでいったんアップしますね。これ以降(男子のFクラス、Gクラス)はまた改めて。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-05-21 13:05 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

ショーマの「3A-1Lo-3F」について

投票システムを使って、ただいま開催中の「宇野昌磨選手のジャンプの中であなたが好きなのは?」(投票ありがとうございます! まだの方はぜひどうぞ)。これまでのところの票を見ると、ダントツの人気は「3A-1Lo-3F」なんですね。4Fや4Loともうちょっと競るかと思っていましたが、圧倒的に「3A-1Lo-3F」が票を集めています。

今さら言うまでもないことかもしれないですが、「3A-1Lo-3F」が彼のプログラムに組み込まれるようになったのは、4Fの成功と抱き合わせでした。4Tしかクワドが跳べなかったころは、「3A-1Lo-3F」じゃなくて「2A-1Lo-3F」だったんですよね。

フリーでは、①ジャンプを8回跳ぶことができて、②2種類のジャンプをコンボかシークエンスで繰り返すことができて、③コンボ、シークエンスは3回まで、というルールだから、4Fのない状態で4T×2回、3A×2回を組み込むと、残り4回のうち1回は2Aを跳ばざるを得ない。というわけで、去年の世界選手権のジャンプ構成は以下のようなものでした。2015-2016年シーズンはどの試合でもほぼこのジャンプ構成となっています。

世界選手権(2016年)のジャンプ構成
4T
2A+1Lo+3F
3Lz
3Lo
3S
4T+REP
3A
3A+3T


これを「2A」「3A-1Lo-3F」とすることはできたわけだけど、「3A」「2A-1Lo-3F」でも「2A」「3A-1Lo-3F」でも点数は同じなのだから、跳びやすくて見栄えも悪くない「3A」「2A-1Lo-3F」にしていたのかなと思います。

しかし、その後のチームチャレンジカップでは、4Fを組み込んだため、次のようなジャンプ構成になっています。

チームチャレンジカップ(2016年)のジャンプ構成
4F
3A-3T
3Lz
3Lo
3S
4T
4T-1T
3A-1Lo-3F


出ました、「3A-1Lo-3F」! ここで初めてお目見えです!
ありがたいことに、米国のサイトは、現に実行された演技構成のほかに、予定されていた演技構成も見ることができるんですよね。それによると、この試合でショーマが当初予定していたジャンプ構成は次の通りです。

4F
3A-3T
3Lz
3Lo
3S
4T
3A-2T
2A-1Lo-3F


これだと、まだ「2A-1Lo-3F」なんですね。3Aは2回ともコンボにしているけれど、4Tが1回だけという構成なので。4Tを2回にしたことで、「3A-1Lo-3F」が可能になりました。

ただ、ちょっとクヤシイのは、「3A-1Lo-3F」「3S」という組み合わせも、ほかの選手が跳んでいる「3A-1Lo-3S」「3F」という組み合わせも、点数は同じだというところ。コンボの点数は、単体のジャンプの合計でしかないから。せっかく難しいことをしてるのにねえ。

ただ、今季のショーマは、4Fのほかに、4Loまでもプログラムに組み込みました。その結果、今シーズンの世界選手権フリーのジャンプ構成は次のようになっています。

世界選手権(2017年)のジャンプ構成
4Lo
4F
3Lz
3A-3T
4T
4T-2T
3A-1Lo-3F
3S

4Loが増えたのに、3Sがなくならないのはなぜ? と思ってよく見たら、3Loが消えているんですね。これって、あれかな。ループは4Loとして跳んでいるけれど、サルコウは3Sを跳ばなければプログラムからなくなってしまう(全種類のジャンプを跳んでいないことになる)から、あえて3Loよりも点数の低い3Sを組み込んでいるのかしら。

だとしたら、潔い判断だと思う反面、ちょっともったいないかなという気も。基礎点を比べると、3S=4.4点に対して、3Lo=5.1点。0.7点差で勝敗が決することも近ごろは珍しくないですから。4Sが跳べれば解決するんだろうけど、サルコウ、あまり得意ではなのかな?

※ルールの説明で間違っている部分があったら、どうぞお知らせくださいませ。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-05-04 12:09 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(4)

国別対抗(女子フリー第2グループ)現地観戦記

やっとここまでたどり着きました。最後は神演技続出の女子フリー第2グループです。ペアのジェームス・シプレの演技を見た段階で、「これが見られただけでも、今日のチケット代は元が取れたなあ…」などと思ったことでしたが、女子フリーではお釣りまで来ました。いやあ、すごかった~!

6位 アシュリー・ワグナー選手(アメリカ) 133.26点
まずはワグナー。終わってみると6位という結果でしたが、十分素晴らしかったです! プロトコルを見ると、3連続ジャンプの回転不足とルッツのeマークで、ちょっとずつマイナスされているんですね。ただ、見た目にはわからないようなことですから、しっとりとした演技にただ見入るばかり。SPのカッコいい姐さん的プログラムもいいですが、こういう大人の女性路線のもいいですねえ。じーんとくる感じ。

3位 樋口新葉選手(日本) 145.30点
来たこれパーフェクト!!! すごいっ!! うわーん、泣けるうう~!! 怒涛のような拍手と歓声。素晴らしかったあああ! …とまあ、演技後のことから書いてしまいました。そうメモしてあったもので。
今季、どこかで何かしらのミスが出ていたフリー「シェヘラザード」。東京ブロックでは2つ目のループがパンクし、東日本では後半のフリップがパンク、GPSフランス大会ではそれが後半のルッツになり、全日本では3Sで転倒、四大陸では全般に精彩を欠き…というありさまだったので、ジャンプが1つ決まるたびに「よし!」とこぶしを握り締め、「パーフェクト行けそう!」という雰囲気になっても、最後まで気を抜かずに見守っておりました。本当にすごかった! これだけのことをやってのけられる選手なんですよねえ。シーズン最後にそれを証明して見せれくれて、本当にうれしい。個人的に、国別対抗いちばんの興奮は、彼女のこの演技でした。

4位 ガブリエル・デールマン選手(カナダ) 142.41点
演技が始まる段階では、「デールマンも頑張れ~!」という気持ちと、「わかばちゃんの高得点があっさり過去のことになってしまうのはちょっと淋しいな…」という思いと。ただ、いざ滑り出すと、やはり応援モードに。最初の3T-3T、今日も迫力ありました~! 彼女もすごくいい演技。3Loの着氷が若干スムーズでなかった以外は、すべて加点がつきそうな出来(実際、加点がついていました)。ステップも存分に見せてくれました。さて、点数はどうか? 3Loがマイナスになっているであろう分、TESはわかば様が上回っていそうだけど、ワールド銅メダリストのPCSがそれを補うか? 142.41点で暫定2位。わお、わかば様のほうが上だ~。

2位 三原舞依選手(日本) 146.17点
うおおおおお! 舞依ちゃんも来たああああああ! すごいっ! 幸せパワー爆発!!(←あ、幸せは爆発するとまずいのか?) いやいやいや、素晴らしかったです~。ほんっと危なげない演技。失敗する気がしなかったです。冒頭の3Lzから最後の3Sまで、お見事でした。146.17点というスコアは、歴代日本女子1位なんですね。というか、まずわかば様が145.30点で歴代1位になり、その2人後に舞依ちゃんがソッコーで記録更新。いやはや。翌日の新聞で、舞依ちゃんばかり大きく取り上げられ、わかば様が隠れてしまったのはちょっと不憫でしたが、舞依ちゃんはこのスコアだけじゃなくて、四大陸やワールドで日本女子の柱になってくれていたんだから、扱いが大きいのは当然ですよね。来季は大人っぽいプログラムも見てみたい~。

5位 エレーナ・ラジオノワ選手(ロシア) 133.28点
こうなると、神演技の連鎖を期待したいところでしたが、残念ながらラジオノワはちょっとつまずいてしまいました。SPがよかっただけに、ここはぜひとも2本そろえてほしかった。演技後半の2Aまではノーミスだったものの(ただし、プロトコルを見ると、3Lzで回転不足を取られていました)、ここで着氷が乱れてしまいました。日本女子にもデールマンにも及ばず、暫定4位、最終的に5位。SP終了時点では、五輪の代表争いに大威張りで加われると思いましたが、うーむ。どうなりますか。

1位 エフゲニア・メドベデワ選手(ロシア) 160.46点
今日もパーフェクトな演技で、なんと、男子並みの160.46点をマーク。ごめんなさい、勝手なもので、ちょっとお腹いっぱい感も。すごいのは本当にすごかったです。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-05-01 23:52 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

国別対抗(女子フリー第1グループ)現地観戦記

試合からすでに1週間。第1グループはテレビの放送もなかったため、記憶が薄れがち。メモとプロトコルを頼りに、少しずつ書いてみたいと思います。

12位 マエ・ベレニス・メイテ選手(フランス) 105.58点
途中まではすごくよかったんですよね。2A→3F-3T→3Lz-2Tと、ほぼノーミス。スピン、ステップをはさんで、2A-3T→3LoもOK。ただ、2つめの3Lzがパンクして1Lzになり、3Sで転倒し、動き自体も鈍くなってしまいました。しかし、最後まで頑張った~!

10位 ロリーヌ・ルカヴァリエ選手(フランス) 107.43点
SPは見逃してしまったので、彼女の演技は初の生観戦。とてもキュートな演技でした。衣装チェンジもお見事! 近くの席の人たちが「おお~!」とウケていました。後半に入って、3Loで転倒してしまったものの、最後まで勢いがなくならなかったです。

11位 アレイン・チャートランド選手(カナダ) 107.15点
私の中ではこれまで、彼女とデールマンはほぼ同格のイメージだったのですが、今季はちょっと差がついてしまいましたね。今回のフリーは冒頭の3Lzで転倒。ただ、大きなミスはそこだけで、後はよかったです(と思いましたが、プロトコルを見ると、エッジエラーや回転不足であれこれ差っ引かれていたんだなあ…)。最後に跳んだ2Aからのコンボで、セカンドジャンプが2Loだったのが印象に残りました。

7位 ジジュン・リー選手(中国) 128.30点
うわ~! ジジュンはすごくいい演技でしたよ。冒頭の3F-3Tを決め、続く3Lz、2A-3T-2Tの3連続ジャンプも成功! 波に乗って、残りのジャンプも次々と決めていきました。ここまでの3人にちょこちょこミスが出ていたから、見ているほうとしても、「ノーミス行け~!」と前のめり。プロトコルを見ると、冒頭の3F-3Tが回転不足を取られたり、2つめの3Fも若干のマイナスがついたりしていますが、見た目の印象としてはノーミス達成。やりました! 会場も盛り上がりましたが、本人としても達成感があったように見えました。

9位 カレン・チェン選手(アメリカ) 108.62点
うーん、ちょっとミスが多かった。冒頭のルッツがすっぽ抜けてしまい、ほかにも転倒(またはそれに近いミス)が2、3回。プロトコルを見ると、3F、3Lz、2Aにマイナスがついているので、これらのジャンプにミスが出たのだと思います。ただ、スピードがあったし、決まったジャンプは素晴らしかった。安定感を出すのが来季の課題ですね。

8位 シァンニン・リー選手(中国) 115.61点
この位置で滑るということは、SPもよかったんですね。フリーもなかなかの演技でした。転倒が1つあったものの、ほとんどのジャンプはクリーンに決めていました。プロトコルを見ると、3Fが2回ともうまく行かなかったんですね。で、1回はコンボにできなかったから、ここで点数を取り損ねている。ただ、SPで3F-3Tを跳んでいるから、本来は3Fが得意なんだけど、今回はうまくいかなかったということかな。これからどんどん洗練されていくものと思います。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-04-30 23:38 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

国別対抗(ペアフリー)現地観戦記

須藤・ブードロオデ組、ペン・ジン組については、1つ前の記事で取り上げたので、残る4組の演技の感想を書いておきますね。

5位 ケイン・ルデュック組(アメリカ) 104.23点
うわー、びっくりした! 何でもないところで、2人そろって転倒。危ない~。帰宅後に録画を見てみたら、お互いのエッジがぶつかってしまったんですね。これは演技を中断するかなと思いましたが、数秒後には、何事もなかったかのように演技再開。すごい~。細かいところを言えば、ツイストのキャッチで女性が男性に接触したり、3S-2Tのコンボやスロー3FもGOEでマイナスがついたりしていますが、見た目の印象としては、大きなミスはあの転倒だけでした。

2位 タラソワ・モロゾフ組(ロシア) 142.38点
なんと、第1グループにタラモロ登場。男子フリーのゆづみたい。SPではミスが続きましたが、フリーはこの2人らしい演技を見せてくれました。最初のソロジャンプこそ、タラソワが3S→2Sになってしまったけれど、2つ目の3T-2Tは成功! スロージャンプは高さも幅もあり、迫力満点でした。スタオベ多数。

4位 ムーアタワーズ・マリナロ組(カナダ) 130.09点
終わると同時に、ムーアタワーズのガッツポーズが飛び出す好演技でした。ノーミスだと、やっぱり見ごたえがありますねえ。今回のスコアは彼らのPBだったんですね! モスコビッチと組んでいたソチ五輪シーズンの点数にはまだ届かないけれど、あと少しというところまで持ってきました。あとは、このカップルとしての個性がもうちょっと出てくるといいのだけれど。

1位 ジェームス・シプレ組(フランス) 146.87点
すごかった~!! SPもPBを更新して1位でしたが、あの時点ではまだ、「タラモロがミスをしたからね」というぐらいに受け止めていました。しかし、フリーではタラモロもいい演技だったのに、またもやこの2人がPBを更新して1位! というか、他のカップルと比較してどう、という話じゃなかったです。ただひたすら、2人の演技がすごかった。唯一のミス(?)はスロー4Sが両足着氷になったことだけ。でも、4回転に挑戦して、着氷がスムーズにいかなかったという程度なのだから、ミスのうちに入らないですよね。後は本当に素晴らしいの一言。息を止めて見入ってしまいました。あの迫力といったら! 「サウンドオブサイレンス」の歌声とも相まって胸に迫ってきて、何だかもう、うるうるしてしまいました。演技が終わるや、会場総立ち。花束は飛ぶわ、フランス国旗は打ち振られるわ、何だかもう、すごい雰囲気でした。彼ら、日本でいっきにファンを増やしましたよね。ツイッターを見ていると、これまでペアにあまり興味がなかった人が、彼らの演技を見ていっきにハマっちゃった、という印象。フリーで146.87点、SPと合わせた総合で222.59点というスコアは、先の世界選手権に当てはめれば3位に入れる点数。うわ~。来年のオリンピック、いったいどうなっちゃうんだか!
[PR]
by noma-igarashi | 2017-04-29 00:34 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

国別対抗(女子SP)現地観戦記

ここで、見た範囲になりますが、初日・木曜日の女子SPの感想を挟み込んでおきますね。金曜日は休みを取ったものの、2日続けては休みづらかったので、初日は5時まで仕事をして会場へ。男子SPだけ見られればいいやと思っていたのですが、女子の第2グループもカレン・チェン選手から見られました。

ただ、よく考えてみたら、1日だけ休むなら木曜日に休み、仕事帰りに観戦するのは金曜日でもよかったかもしれないですね。木曜日は14:30からオープニングセレモニー、15:15から試合開始だけど、金曜日は16:00と遅めの開始だったもの。2年後に観戦の機会があれば、そのときは木曜休みの方向で考えたいです(←果たして覚えていられるか?)。

8位 カレン・チェン選手(アメリカ) 60.33点
会場に入ったら、カレン・チェン選手の演技が始まろうとしていたので、立ったまま観戦(立ち見観戦、ごめんなさい)。このプログラム、素敵ですよね~。冒頭のコンボは、セカンドジャンプが2回転になったものの、きれいな着氷でした。ただ、後半の単独ジャンプがパンクしてしまい、3Lo→1Loに。SPでジャンプが1つなくなるのは痛い。PBより10点ほど低い60.33点。

4位 ガブリエル・デールマン(カナダ) 71.74点
カレン・チェン選手の得点を待つ間に、急いで自分の席へ。デールマン選手の演技はすわって観戦できました。世界選手権で銅メダルを獲得したばかりとあって、自信に満ち溢れているように見えました。冒頭の3T-3T、迫力ある~! 3Lzはちょっと危うかったかな。プロトコルを見ると、マイナスがついていますね。しかし、それでも70点台に乗せる高得点。

そしてここで、「ただいまの順位は第2位です」というアナウンスがあり、はっと気がつきました。1位は誰? ロシア勢はまだ滑ってないよね? ということは、もしかして、もしかして…。会場に表示が見当たらなかったので、慌ててスマホで確認。うわお! 舞依ちゃんが1位! わかばちゃんも3位! つまり、さっきまで日本女子がワンツーだったわけですよね。しかも、2人そろって70点台なんて、すご~い! 見たかったああ。帰ったらすぐに録画をチェックしなくっちゃ!

2位 エレーナ・ラジオノワ選手(ロシア) 72.21点
こうなると、日本女子2人に3位以内をキープしてほしいなと思いましたが、ラジオノワが素晴らしい演技で舞依ちゃんを上回ってしまいました。うーん、残念。でも、ラジオノワがいい演技をしたのもうれしい! 彼女、今季は世界選手権を逃してしまったわけだけど、72.21点というスコアは、世界選手権の3位に匹敵する高得点。これは平昌五輪に向けて、ロシア国内の代表争いがますます混沌としそうですね!

6位 アシュリー・ワグナー選手(アメリカ) 70.75点
ポニーテールをふりふりしながら、カッコよく踊るこのプログラム、すごく好き~。パーフェクトな演技に見えましたが、3F-3Tのセカンドが回転不足だったんですね。それでも70点台とはお見事。いや、70点台なのに、なんと6位。どうなってんだか。世界選手権で70点を超えたのは上位3人だけだったんですよ~。国別対抗、恐るべし!

1位 エフゲニア・メドベデワ(ロシア) 80.85点
ほんっと、ミスしないですねえ。加点もりもりで、ついに80点台に乗せました。点数が発表されたとき、客席から悲鳴のような声が上がっていましたよ。わかる~(でも、2日後のフリーではさらにすごいことが起きようとは…)。何度滑ってもパーフェクトだと、ちょっと面白みがないような気もしつつ、すごいのは本当にすごい。恐れ入りました。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-04-25 23:32 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

国別対抗戦(男子フリー第2グループ)観戦記

3位 パトリック・チャン選手(カナダ) 190.74点
感想を書くに当たって、試合結果を確認し、「そっか、3位はパトちゃんだったんだ」と初めて気がつきました。いい演技だったものね! 冒頭の4T-3Tは今日もお見事! おお、4Sも成功したよ! 3Aはちょっと手をついた。そして、後半には2回目の4Tにトライ! これもちょっと手をついたけど、大きなミスじゃない。クワド3つ、入りました~! ああ、しかし、2回目の3Aがパンクして、1A-2Tになっちゃった。惜しい~。あそこだけ悔やまれますが、後はいい演技。美しい滑りで最後まで魅せてくれました。

6位 ジェイソン・ブラウン選手(アメリカ) 179.35点
ジェイソンも1ヵ所だけ惜しかった。演技の後半、3Loが1Loに。しかし、美しかった~。とにかく美しかった~。滑り出すと同時に、もううっとり。「どこまで開くんだ、あの脚!?」という振付け。次から次へと魅力的な動きが繰り出され、しかもそれがすごく自然に流れていく美しさといったら。最初から最後まで見入ってしまいました。素晴らしかった~。迷わずスタオベしましたよ!

5位 ミハイル・コリヤダ選手(ロシア) 184.04点
フリーの冒頭は、いつものように4Lzに挑戦! どうだ!? ああ~、惜しくも転倒。もうちょっとなんだけどなあ。しかし、ミスはそこだけ。4Tはきっちり決めたし、2本の3Aやコンボもきれいに成功。SPとはまた違ったユニークな動きの数々で、存分に楽しませてくれました。コリヤダ君、結構好きかも。

6位 ボーヤン・ジン選手(中国) 179.35点
ぜひとも生で見たかったボーヤンの4Lz。SPは2階席だったので、高さをイマイチ実感しづらく、1階席で見るのを楽しみにしていました。さあ、演技スタート。スピード出てきたよ。よっしゃ、行けー! ああああ~、パンクしちゃったああ~! なんてこったい、ちょっとフェンスに近づき過ぎじゃないの? とは思ったんですよ。高さだけじゃなくて、幅だってかなりあるんだから、あんなに近づくと、降りたときフェンスにぶつかっちゃうよと思った矢先でありました。ショック・・・。それ以外のジャンプも、着氷が乱れるものが多く、ちょっと残念な出来になってしまいました。でも、楽しい演技で会場を盛り上げてくれましたよ~。

4位 ネイサン・チェン選手(アメリカ) 185.24点
フリーでも4Lzは外していたんですね。ケガのせいだとテレビで知りました。そうはいっても、クワドてんこ盛りの演技でした! 4F×2本に4T×2本。パンクして2Sになったものの、4Sだって跳ぼうとしていましたからね。すご~。これは高得点が出るだろうなと思っていたのですが、意外と低めの185.24点。近くの席からも「ええ~?」という声が上がっていました。TESは100点を超えているんだけど、ゆづやショーマに比べると、PCSがまだ低めなんだなあ。でも、ジャンプだけの選手だとは思わないから、実績を積んでいけばきっと高くなっていくよね。確認したら、昨シーズンのショーマのPCSもそんなもんでした。

2位 宇野昌磨選手(日本) 198.49点
最終滑走はショーマ。見たかった4Lo、見事に決まりました~! ゆづの4LoがGOE+2.57で、ショーマが+2.29点。どっちもきれいな4Loが見られて満足! 次の4Fはおっとっと(ちょっと乱れた)。今回はさらに、後半にもう1回4Fを跳ぶ予定だとか。まずは、無音のところの3A-3Tをバッチリ決めて(GOE+2.86!←今回の男子フリーでいちばん高いGOEでした)、さあ行け、2回目の4F! ああ~、転倒! 回転不足(ダウングレード)になり、セカンドジャンプをつけられず、この4Fで得た点数はわずかに1.98(転倒による減点1は除く)。それでも次の4Tを決め、3A-1Lo-3Fをきれいに成功させたことで、いい印象を残して演技を終えたのだけど、勝負という意味では4Fの失敗(特にコンボにできなかったところ)が痛かった。パンクなら1点ぐらいにはなるけど、跳べなかったジャンプ(4Fにつけなければいけなかったセカンドジャンプ。多分、2T)は点数にならない上に、ファーストジャンプの点数を目減りさせるわけで…。ゆづとショーマを比べた場合、見た目の印象としては、1回もパンクしなかったショーマのほうがいい演技に思えたものの、TESだけを比較してもゆづの勝ち。というわけで、ショーマのフリーは、4F×2回に挑戦したことはよかったと思うけど、コンボを入れ損ねるという今季の課題を最後にまたも繰り返した形になりました。来シーズンは全部跳んでね~。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-04-24 22:37 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

国別対抗(男子フリー第1グループ)現地観戦記

私の現地観戦は昨日で終わったので、ここからはゆっくり感想を書いていきますね。男子フリーが行われた2日目は、南側(ジャッジサイド)の1階Hブロック、選手席に比較的近い場所での観戦でした。

第1グループ、ここにまさかの羽生さま。6分間練習に入る前の選手紹介のとき、リンク中央に出て行くのが遅れたゆづは、滑走順に並んでいるのがわからなかったのか、最初、第1滑走のケビンの横をうろうろ。しばらくして正しい位置に移動していました。

6分間練習のようすはテレビでも放送されていましたね。生観戦していると、6分間練習では「誰を見ていいのか迷う~!」という状態になりがちですが、今回はやはり自然とゆづに注目することに。4Loを含め、素晴らしいジャンプをいくつも決めていました。

9位 ケビン・レイノルズ選手(カナダ) 150.41点
冒頭の4S、決まった~! 4T-3Tも成功!(プロトコルを見ると4Tは回転不足の判定でしたが) 続いて、2A-3T。あれ、2Aなんて組み込んでいましたっけ? 構成変更? 3Aが2Aになっちゃった? スピン、ステップをはさんで後半のジャンプ。4Tはまずまず。あ~、しかし、3Aで転倒! そっか、前半に2Aを跳んだのは、無理をせずに4回転を4本→3本にするための代替措置だったのね、きっと。ミスもありましたが、まずまずの演技でした。

10位 マキシム・コフトゥン選手(ロシア) 148.29点
う~ん、ちょっとジャンプのミスが目立ったかな。冒頭の4Sで転倒。続く4Tは決めたものの、3Lzで回転不足(ダウングレード)。改めてプロトコルを見ると、後半に3Aを2回きれいに決めているし、パンクがなかった分、それなりに点数を稼げているんだけど、転倒を含むミスが前半に続くと、今ひとつ精彩を欠いた印象になってしまいがち。ケビンに及ばず、暫定2位。

12位 タンジュー・リー(中国) 125.32点
高難度のジャンプがないなりに、SPではできることをしっかり決めて9位という成績でしたが、フリーになると、やはりついていくのが厳しかったかな。冒頭の3F+3Tはきれいに決めましたものの、続く3Lzでは転倒。3連続ジャンプは2A-1Lo-2Fという構成でした。将来的にはこれが2A-1Lo-3Fにできるといいよね(2A→3Aにできたらもっといいけど)。やはり大技なしだと点数は伸びず、125.32点にとどまりました。

11位 ケビン・エイモズ(フランス) 127.43点
メモを見ると、「クリーンに跳んだジャンプがほとんどなかった…」と書いてあります。「ほとんどなかった」は言い過ぎではあるのですが、印象としてはそんなふうでした。クワドを組み込んでいなくて、3Aも失敗してしまうのなら、せめて、それ以外のジャンプはきれいに決めないと。点数が稼げないから勝てないし、見ているほうとしてはプログラムに入り込めないです。演技前の選手紹介で、「独特の世界観で日本にもすでに多くのファンを持つ選手」というようなアナウンスがされていましたが、ジャンプミスで印象がぶつ切れになってしまうプログラムでは、私には世界観は伝わってこなかったです(もっといい出来だった演技もネットで見てはいるのですが、ここは厳しめに…)。

8位 シャフィク・ベセリエ選手(フランス) 157.46点
SPに続き、フリーでもPBを更新するような演技を期待したいところ。滑り出しは素晴らしかったです! 4T、4S、3Aと、高難度のジャンプを次々に着氷。ぜひこのまま神演技を…と願っていましたが、残念ながら、後半に入ってちょこちょこと乱れるジャンプがありました。しかし、総じていい演技で、渾身のステップには胸が熱くなりました。わずかではありましたが、PB更新も達成しましたよ~。

1位 羽生結弦選手(日本) 200.49点
さあ、結弦さまです。ワールドで見せた神演技の再来なるか? 固唾を飲んで見守る中、冒頭の4Lo、成功~!! よっしゃ~! が、続く4Sがパンク~! あっちゃ~! しかし、しかし、ここからがすごかった。3Fをはさんで、後半のジャンプに突入。4S-3T、決まった~! 4Tも降りた~! 3A-2Tはまったく問題ナシ。そして、次ですよ、次。4T降りたと思ったら、ええ~? 1Lo-3Sですと~!? うっひゃ~! 来たこれ、後半にクワド3回で、そのうち1つが4T-1Lo-3S。しかも最後から2つ目のジャンプでっせ。なんちゅーリカバリー。「ユーリ!!! on ICE」かいな(←興奮のあまり、なぜかいきなり大阪弁) このリカバリーで、3Aがまだ1回だったことから、最後のジャンプに3Aだ~! と思ったら、パンクして1Aだ~! ああ~、惜しい! しかし、それでも後半に3回のクワドの威力、そして(ショーマの結果と対比して、後からしみじみ思ったことだけど)、パンクしても1Aの点数は入ってくるおかげで、堂々の200点越え! お見事でした~。
                                                                                
[PR]
by noma-igarashi | 2017-04-23 13:45 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

国別対抗アイスダンスFD観戦メモ

第1グループ
5位 ローリオ・ルギャック組(フランス) 92.92点
まだ20歳と21歳の夫婦カップル。そっか、フランスは彼らが来てくれていたんですね。名前だけではピンと来ていなかったです。パパシゼが見られなかったのは残念だけど、これから活躍しそうな若いカップルが見られたのはうれしい。身体から離れた位置で男性が女性をくるくる回すリフトがすごかった~!

6位 村元・リード組(日本) 92.92点
世界選手権では披露できなかったFD。今季最後のポエタは渾身の演技でした。素晴らしい~!! プログラムの終盤、曲調が速くなってからの迫力といったら! 会場はスタオベの嵐。ああ、それでも、「現在の順位は第2位です」ということは、フランス組には勝てなかった(多分、最下位)のね・・・ 改めて点数を見ると、すごーく僅差ではありますが。ううう。

4位 ワン・リュー組(中国) 94.33点
彼らもよかったです。おしゃれなプログラム。男性、背が高いなと思っていたら、190センチもあるんですねえ。女性は163センチ。

第2グループ
3位 ボブロワ・ソロビエフ組(ロシア) 104.55点
明らかに第1グループとはレベルが違う第2グループの面々。トップバッターはボブソロ。十分素晴らしい演技でしたが、ここへ来て他の上位カップルと点差が開くようになってきたような気が…。個人的に、今季はプログラムも今ひとつだったので(彼らでなくても演じられそうというか)、来季に期待したいです。昨シーズンのようにロマンチックなものか、何シーズンか前のようなヘンテコな路線か。

1位 ウィーバー・ポジェ組(カナダ) 113.83点
彼らはボブソロとは逆に(という言い方でいいのかな)、一時はトップ争いから置いていかれてしまったかに見えて、ちょっと心配していたのですが、今回はすごかった~。気迫が伝わってくる演技でした。カッコいい~。なんと、PBを3点以上更新! アイスダンスのこのレベルの選手で、いっきに3点はすごいですよね。

2位 チョック・ベイツ組(アメリカ) 109.96点
こうなると、優勝はウィバポジェかチョクベイか、というところに興味が集中。が、なんと、何でもないところでベイツさんがよろめくミス。ええ~、珍しい。これはさすがに勝負あったな。というわけで、演技終了後、点数を待たずに席を離れたのですが(トイレ行列がすごいことになってしまうので)、ウィバポジェにはさすがに引き離されたものの、ボブソロに5点以上も勝っているんですね。うーむ。ここはやはり、ボブソロの奮起を促したい。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-04-22 09:27 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧