111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

カテゴリ:フィギュアスケート( 1441 )

ユーロ、アイスダンス一言ずつ

ユーロのアイスダンス、やっと見終わりました。四大陸が始まる前に見終わってヨカッタ~。主なカップルだけ、簡単に感想を書いておきますね。

13位 ウルタド・ハリャヴィン組(スペイン) 141.36点
スペインのアイスダンスのカップルが解散して、残念に思っていたら、組み替えで新たなカップルが生まれていたんですね。うれしい! FDではちょっとミスもありましたが、「お!」と思うようなリフトがあり、バッチリ印象付けられました。これからどんどん素敵になりそう。

5位 ステファノワ・ブキン組(ロシア) 166.93組
SDもFDもすごく素敵でした。なのに、FDはステップでレベルが取れていなかったんですね(レベル2とレベル1の判定)。解説・滝野さんの「ロシア選手権に比べて勢いがなかったですね」というのは、確かにそうだったかもしれないけど、キビシイ~。慎重になりすぎたのかな。素人目にはすごくよかったですよ。

10位 シニツィナ・カツァラポフ組(ロシア) 154.51点
FDではリフトでミスが出たのに加え、男性がツイズルに失敗。ミスは仕方ないとして、挽回する姿勢を見せればいいのに、まったく何もしなかったのはどうかと思うよ。何だかなあ…。このカップル、私はずっとピンとこなかったんだけど、演技を見たいという気が失せてきてしまいました。

6位 ギニャール・ファブリ組(イタリア) 163.68点
リフトで転倒したのは知っていたから、見るのが怖かったです。が、演技が始まるや引き込まれ、いざ転倒するまですっかり忘れてしまっていました。あああ~。痛いいい~。どんどんよくなって、今季はメダルだって狙えそうな勢いだったのに(涙)。その後の情報を収集していないのですが、ケガはしなかったんですね? ワールドでは頑張ってほしいです。

3位 ボブロワ・ソロビエフ組(ロシア) 186.56点
持てる力を出しきったFDでしたね。やっぱりうまいです。ただ、個人的な好みとして、今季はプログラムが今ひとつなのと(昨シーズンほど見ていて燃えないのでした)、高難度の技が満載ではあるものの、この2人が従来からやっている技が多く、「わ、こんなことやっちゃうんだ!」という驚きはそれほどなかったかな(要求が多くてゴメン)。

2位 カッペリーニ・ラノッテ組(イタリア) 186.56点
FDはチャップリン。彼らによく合ったプログラムですねえ。解説・滝野さんの「見ていて幸せな気分になれますね」という言葉に、うんうんとうなずくばかり。珍しくアンナちゃんがツイズルでミスをしてしまったものの、それでもTESカウンターはボブソロを上回る点数。順位も、ボブソロを上回って暫定1位。キスクラのアンナちゃん、「信じられない!」というような喜び方でした。

1位 パパダキス・シゼロン組(フランス) 189.67点
SDは3位発進。が、このカップルはFDで逆転優勝するパターンも少なくないので、あまり心配していませんでした。実際、今回もそうなりました。ここ3シーズン、彼らのFDはよく似た雰囲気だけど、シーズンごとに新しい動きがたくさん入っているので、まったく見飽きないです。いつも、見るたびにぐんぐん引き込まれてしまいます。で、今回も、あっという間に終わってしまいました。素晴らしかった~。
これでユーロ3連覇。この調子だと、この先どこまで勝ち続けるかわからない感じですが、個人的な希望としては、ジュニアのころに競い合ってきたステファノワ・ブキン組とまた優勝争いをするようになるといいな。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-02-15 22:51 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

四大陸、全カテゴリー順位予想

フランスのフォーラムで行われている四大陸の順位予想、例によって集計結果をお知らせします。ただ、時差の関係もあるのか、ユーロの選手が出ないとなると、やはりイマイチ盛り上がらないのか、今のところ、予想参加者は7人だけ。でも、各カテゴリーでどの選手が有望視されているか、大体の傾向はわかるんじゃないかと思います。

【男子】
1位
羽生結弦 6票
宇野昌磨 1票
2位
ネイサン・チェン 4票
宇野昌磨 2票
羽生結弦 1票
3位
宇野昌磨 3票
ネイサン・チェン 2票
ボーヤン・ジン 1票

男子は当然のように、羽生選手がぶっちぎりの1位。2位はネイサン。ショーマとネイサンを比較すると、ネイサンのほうが4回転の本数が多いし、ジャンプの難度も高いし、やはりネイサンのほうが上になるんだろうなあ。ショーマ、負けるな。
ボーヤンは3位に1票しか入っていないですけど、ボーヤンの調子も気になりますよね。昨シーズン並みに4回転が決まれば、メダルの有力候補ですから。
で、パトちゃんの名前がまったく出てこない! 4位以下も予想している人がいて、それを見ると、4位に3票、5位に1票入っています。うーむ。確かに、全員が4回転をきれいに決めたとすれば、そういう順位になるのかなという気はするけど・・・
私の予想(希望)順位は、1位:ゆづ、2位:ショーマ、3位:ボーヤンでお願いします。

【女子】
1位
ケイトリン・オズモンド 7票
2位
ガブリエル・デールマン 3票
樋口新葉 2票
本郷理華 1票
三原舞依 1票
3位
カレン・チェン 4票
ガブリエル・デールマン 1票
本郷理華 1票
長洲未来 1票

女子の予想は、ケイトリンが満票の1位なんですね。確かに今季の彼女は素晴らしい。ただ、仮に優勝するにしても、かなり混戦になりそうな気がします。
知子ちゃん欠場で、日本勢の評価はイマイチでしょうかね。評価が高くないというより、知名度がまだあまり高くないためだと推測。わかばちゃんも舞依ちゃんも、がんがん活躍して、どんどん知名度を上げてほしいです。
私の予想(希望)順位は・・・難しいですね。希望優先で、1位ケイトリン、2位わかばちゃん、3位舞依ちゃん。

【ペア】
1位
デュハメル・ラドフォード 5票
スイ・ハン 1票
ユー・ジン 1票
2位
スイ・ハン 4票
デュハメル・ラドフォード 2票
ユー・ジン 1票
3位
ユー・ジャン 4票
スイ・ハン 2票
ペン・ジン 1票

ペアの予想はデュハメル・ラドフォードが圧倒的な1位ですが、満票ではないんですね。彼らと中国勢の争いになりそうですが、スイ・ハンがどんな状態なのかが気になります。ペン・ジンはプログラムを見るのが楽しみ~。
私の予想は、1位:デュハラド、2位スイハン、3位ユージャンとしてみます。

【アイスダンス】
1位
ヴァーチュー・モイア 7票
2位
シブタニ・シブタニ 7票
3位
チョック・ベイツ 6票
ウィーバー・ポジェ 1票

アイスダンスは、この予想しかなさそうな気はしますね。私の予想も、1位:テッスコ、2位:シブタニズ、3位:チョクベイで。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-02-15 00:06 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

見終わりました、ユーロペア

フリーの滑走順に、主なカップルだけ簡単に感想を。

14位 ジョーンズ・ボヤジ組(イギリス) 143.42点
昨日も書いた、女性ジョーンズが37歳・2児の母という驚きのカップル。SPは「一生懸命やってます」感がひしひしと伝わってきたけど、フリーはリラックスして演技しているように見えました。ミスもあったとはいえ、ワールドのミニマムをクリアできるだけのしっかりした演技でした。

7位 ドゥシュコヴァー・ビダジュ組(チェコ) 189.09点
まだ17歳同士のカップル。覚えにくそうな名前に思えましたが、「ドゥシュコヴァー」→「ドゥスコワ」ぐらいに覚えておけば、そんなに大変でもないか? SP、フリーともにいい演技でした。ソロジャンプのそろい方がお見事。地元開催の試合とあって、技が1つ決まるたびにものすごい歓声。このまま順調に伸びていってほしいですねえ。ワールド、今季はシニアに出るのかしら? それともジュニア?(もうチャンピンになっているんだし、シニアに出てほしいな)

6位 マルケイ・ホタレク組(イタリア) 191.93点
この2人、組んでもう3シーズン目になるんですね。ユーロでの順位は、4位→5位→6位と徐々に下がっているのですが、点数はというと、182.61点→182.61点→191.93点と伸びているんですね。つまり、彼らよりも周りのほうが、高難度になっていくスピードがはやいということかしら? 確かにそれはあるのかなあ…。3年やってきて、ペアとして安定してきたわけだから、ここらでもう一皮むけるといいな。他のカップルにはない濃い味わいのある2人だから、期待したいです。

5位 ザビアコ・エンベルト組(ロシア) 200.75点
ユーロ初出場のカップル。ロシアのペアは有力カップルが多いから、なかなかチャンスが巡ってこなかったわけですね。でも、いざ出場すれば、200点台を出して5位に入るだけの実力がある、と。さすがロシア。雰囲気のある2人で、なかなか素敵でした。ちなみに、女性のザビアコはエストニアの出身で、エストニア代表としてソチ五輪の出場枠を獲得したものの、そのとき組んでいた男性のほうがエストニア国籍を取れずに出場できなかったとのこと。ええ~? ということは、あれですね、そのおかげで成美ちゃんたちがソチ五輪に出場できたわけですよね。そっかー。女性はあのときのカップルだったんだ。

2位 サフチェンコ・マッソ組(ドイツ) 222.35点
SPはかわいらしく、フリーは情感たっぷりに。どちらも素敵なプログラムで、本当に見入ってしまいました。SPではステップでサフチェンコの思わぬ転倒もありましたけど、そんなこともまったく気にならないぐらい。ゾルコビーと組んでいた頃のプログラムにも好きなものがたくさんありましたけど、マッソと組んで以降、また新たな世界を見せてくれていますよね。「この2人なら、もっといろいろなプログラムを見せてくれるんじゃないか」という解説の杉田さんの言葉に深くうなずくばかり。ケガ明けなので、難度を落としたプログラム構成でしたが、それでもフリーは148.59点で、サフチェンコと組んでいた頃のPBすら上回ってしまいました。平昌五輪にピークが合うといいなあああ。そして、五輪が終わってからも、ぜひ競技を続けてほしい。じゃないと、競技プロはあと1シーズン分しか見られないことになるもの。イギリスのジョーンズ選手だって、37歳で競技をやっているんだし、ぜひお願いします!

4位 ストルボワ・クリモフ組(ロシア) 216.51点
今シーズンはケガで出遅れ、年末のロシア選手権が初戦だった2人。それでも、ロシア選手権で優勝してユーロに乗り込んできたわけだから、メダル獲得は間違いなさそうに思っていたのですが…。SPでもフリーでも、スロージャンプで転倒。このミスが響き、表彰台を逃してしまいました。大きなミスはそこだけだったけど、今回はジェームス・シプレ組がよかったですからねえ。フリー、すごく雰囲気があって、また見たいなと思うプログラムでした。もうシーズン後半で、見られるチャンスがあまりないのが残念!

1位 タラソワ・モロゾフ組(ロシア) 227.58点
ずっと「ロシアの3番手カップル」という捉え方をしていましたが、今季はファイナルで優勝、そして、今回のユーロも見事に制しました。どこかがすごくよくなったとか、大技を身につけたとかいうのではなく、全体的にレベルアップしたということかな。実際、今回の試合でも、SP、フリーともにほとんどミスのない演技でした。ただ、そつがないというか、「このカップルと言えばこれ!」というような持ち味を思いつかないというか、カップルとしての味わいがもうちょっとあるといいな、という気もしました。

3位 ジェームス・シプレ組(フランス) 220.02点
今回、いちばん楽しみにしていたのがこのカップルの演技。これまで特別熱心に応援していたわけではないけれど、メダルに縁のなかった中堅カップルがいっきに開花する、という展開はやはりうれしいし、試合としても盛り上がります。SPはパーフェクトと言っていい演技で、堂々の2位。SPもフリーもヴァネッサが黒の衣装で、すごく素敵でした。最終滑走で迎えたフリーは、結果を知っていても、ちょっとドキドキ。ツイスト、3連続のソロジャンプと来て、おお~! スロー4Sに挑戦してきましたね! 両足着氷になってしまったものの、回り切っていたし、何よりもこの場面で攻める気持ちがうれしい。ダンスリフトを取り入れたりしながらの、見どころ満載の演技。デススパイラルも低くてカッコよかった~。そして、最後はこのカップルならではのリフト。決まった~! 演技が終わってから、TESカウンターが上がったり下がったりして、結果を知らない状態で見ていたら、ドキドキでしたね。初の銅メダル、おめでとう!
[PR]
by noma-igarashi | 2017-02-12 19:43 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

やっと見られた!ユーロペア(近況報告と年齢談義)

やっと見ました! ユーロペア!(といってもまだSPだけ)
試合の流れの中で見たくて、JSPORTSの放送まで我慢すること2週間。やっと見られる、先週来の風邪もちょうど治ってバッチリ~! と思ったら、なんてこったい、思わぬ落とし穴が…。水曜の夜、テレビの前にすわって、「あ、メモを取ってこなくちゃ」と腰を上げたとたん、いきなりぎっくり腰に! ひえーん。

数えたら、3年半ぶりでした。前になったとき、思い切ってエアウィーヴを購入し、以来、快適だったのですが、予防効果まではなかったみたい(でも、例えば1年後にまたなっていたかもしれないところ、エアウィーヴのおかげでここまでもった、という可能性がないとはいえませんが)。

こうなると、テレビを見るどころではなく、その夜は撃沈。翌日は仕事を休み、前回もお世話になった駅前のペインクリニックに。ブロック注射をしてもらい、1日ゆっくり休んだところ、よたよたしながらも何とか自力歩行できるところまで回復。今日は朝から、へばっていた間にたまってしまった仕事をやっつけ、やっと再びテレビの前に。うれしー!

まだSPしか見ていないので、くわしい感想はフリーの後に書きますが、せっかくなのでちょっとだけ。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2017-02-11 17:36 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

ロシア女子をめぐる個人的な雑感

twitterはユニバーシアードやらロシアのジュニア選手権やらで盛り上がっていますが、やっとユーロ男女を見終わった私は、目下、ロシア選手権の録画を見ているところです。噂には聞いていたし、噂を聞かずとも容易に想像できたことだけど、ロシア国内の女子の争い、すさまじいですね。ファイナルのときにソツコワが「ロシア選手権はライバルがファイナルの倍になるから、ロシア選手権のほうが大変」と言ったというのも納得です。

優勝したのは、パーフェクトな演技で常勝街道を爆走中のメドベデワ。2位は、そのメドベデワをTESで上回った(注:フリーのみ)ザギトワ。彼女はセカンドループをもっているのが大きいですね。そして、3位がソツコワで、4位がポゴリラヤ。ラジオノワ(2015年世界選手権2位)は5位、トゥクタミシェワは8位。ついでに言えば、ソトニコワ(ソチ五輪優勝)、リプニツカヤ(2014年世界選手権2位)の姿はナシ。ちょうど1年ほど前、「ロシア女子を取り巻くユーウツ」という記事を書いて、それなりのアクセスをいただいたのですが、そこで書いたことを思い出してしまいました。

今回2位になったザギトワは14歳ですが、オリンピックに間に合う14歳だとのこと。出場資格を持っているなら、出るんだという意思を持って努力し、出られるといいなと思います。なぜなら、ソチ五輪に間に合わなかったラジオノワは、その後、ジュニアで初の2連覇を果たしたのに、平昌五輪に出られるかどうか危うい状態になっていると思うから。女子の体型は4年で大きく変わります。何がどうなるかわからない。取れるメダルは取れるときに取っておかないと。ジュニアのうちにピークを迎え、シニアに上がる前に失速してしまう選手すらいるのだから。ザギトワはまだ子どもの体型なので、1年後ならともかく、2年後、3年後となると、ちょっと心配です。

メドベデワが安定した強さを発揮しているのも、体型変化がないからですよね。身長は157センチだそうですが、見た感じ、もう大きくは伸びないのでは。一方、ソツコワはすでに170センチ、ポゴリラヤは167センチあるから、もう心配しなくてよさそう。ロシア女子の最大の敵は、自らの体型変化かもしれないですね。

フィギュアファンとしては、ロシアの女性形の名字ばかりをやたらと覚えることになっている昨今。前述「ロシア女子を取り巻くユーウツ」で書いたように、いろいろと思うところはありますが、もうロシア女子はこういうもの(=入れ替わりが激しいのが当たり前)だと割り切って、つきあっていくしかないでしょうかねえ。今年のユーロでは、29歳のコストナーが銀メダルを獲得しましたが、ロシア女子は彼女のことをどんなふうに思ったのかな。ちょっと聞いてみたいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-02-05 10:51 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

今さら、ユーロ男子の感想

風邪を引いてしまい、ユーロ男子の感想がすっかり遅くなってしまいました。主な選手だけ、フリーの滑走順に書いてみます。

6位 モリス・クヴィテラシビリ(ジョージア) 238.20点
SPも見ているはずなんですが、まったく印象に残っていませんでした(すまん。後で見直してみます)。フリーでは第3グループの1番手として登場し、すごくいい演技を見せてくれました。冒頭の3Aを鮮やかに決めたかと思うと、4S、4Tも軽々と成功! しかも、後半になるや、今度は4T-3Tを決めた~! うわお、すごいじゃないですか。「難しい名前ですが、こんなに素敵な演技をする選手なのだから、名前憶えなくちゃいけませんね」と小林千鶴さん。うんうん。ちょっとハードルが高そうですが、「絶対に無理!」と思った「ゲデヴァニシヴィリ」もいつの間にか覚えられていたんだから、何とかなるでしょう。最終グループ2番手のコリヤダに抜かれるまで、ずっと彼が1位。最終的に6位という成績でした。

8位 アレクサンドル・サマリン(ロシア) 230.87点
ジュニアとかけもちで、JGPファイナルでは2位になった選手。冒頭の4Tでは両手をついてしまいましたが、続く4T-3Tは成功! なかなかいい演技でしたが、まだジュニアだからか、印象に残りづらいかな、と思いました。もっとたくさんミスをしても、演技が印象に残る選手っているんですよね。まだこれからかな。

11位 アレクサンドル・マヨロフ(スウェーデン) 217.98点
あああ。「もっとたくさんミスをしても、演技が印象に残る選手っているんですよね」と書いたとたん、次がマヨでした(汗)。冒頭、4Tを狙ったジャンプは2Tに。3A-2Tは何とか降りたものの、フリップが2回転になり、4T→2Tになったせいで2Tを3回も跳び、残念な出来になってしまいました。それでも彼の演技を見ていると、何だか幸せな気持ちになって大好きなんですが、演技後、本人としてはやはりがっかりした表情でした。つらい。なんと、ユーロは6回出場中、実に5回も11位なんですね。11位の呪い…?

7位 デニス・ヴァシリエフス(リトアニア) 235.20点
彼もまだ発展途上ですが、大好きな選手。別にランビがコーチだからじゃないですよ(そもそも、熱烈なランビのファンだったわけではないし)。冒頭のジャンプが1Aになってしまい、あっちゃ~! と思いましたが、続く3A-2Tは成功。それ以降のジャンプもミスなく決めていきました。ただ、彼の魅力は、むしろジャンプ以外の部分なんですよね。スケーティングも素敵だし、姿勢のよさにもうっとり。確認したら、スピン、ステップ、すべてレベル4なんですね。さすが!

3位 ミハル・コリヤダ(ロシア) 250.18点
SPでは3A→1Aになってしまい、成功していれば10点前後になっていたものを取り逃がしてしまいました。ただ、それでもSPは83.96点で4位。これはフリーの出来次第でメダルもあり得る? そのフリーでは、果敢に4Lzに挑戦! 転倒こそしたものの、回り切っていたので、9.60を獲得。3Aより高得点なんだから、これは大きい。続く4Tはステップアウト。しかし、3A-3T、3Lz-2T-2Tはきれいに成功! できればこの後はすべてきれいに決めてほしかったですが、後半最初のアクセルが1Aに。それでも、彼も見せてくれる選手ですよね。スピン、ステップ、これまたすべてレベル4でした。

1位 ハビエル・フェルナンデス(スペイン) 294.84点
ユーロでは負ける気がしないですね。実際、強かった! SPでは、失敗したかに見えた4Tに、きっちりセカンドをつけたことに驚嘆。あんな沈み込んだ姿勢から、3T…。いやはや。底力が違いますね。フリーの演技は、ものすごーくきれいな4Tからスタート。GOEで2.71点ものプラスがつきました。確認したところ、男子フリーの全選手中、最も高い加点でした。それも納得の美しさでしたね! ただ、その後はちょこちょことミスがありました。後半の単独4Sでは転倒。エキシを欠場したそうですけど、あの転倒の影響かしら。たいしたことがないといいですけれど。…とまあ、ミスはありましたが、それでもTESはダントツの98.29点。余裕の優勝でした。ユーロ5連覇、おめでとうございます!

2位 マキシム・コフトゥン(ロシア) 266.80点
SPはクワドを2本とも決め、堂々の2位発進。フリーは結果を先に知っていたので、演技を見るまで、パーフェクトな出来だったのかと思っていました。見てみたら、コフトゥンらしく(?)、2回転になったジャンプもあったのね。でもまあ、GOEでマイナスのつく失敗ではないし、ノーミスではありました。例年、ユーロではいい結果を出せているから、次の課題は、世界選手権でも安定した成績を残せるようになることかな?

5位 アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル) 239.24点
これまた先に結果を知っていたので、フリーはもっとダメダメだったのかと思っていました。出だしはよかったですよねえ。4T-2Tは決めたし、単独4Tも頑張ったし。後半も、見るからに失敗したのは3Aの転倒だけでしたが、コンボにできなかったために点数が低くなったこと、3連続の3つめが3S→2Sになったことに加えて、スピードがなくなってしまったのが痛かった。スピンがレベル1しか取れなかったのも、多分、そのせいですよね。2年連続の表彰台はならず。ひそかに応援していたので、残念でした。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-02-04 14:17 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(1)

ユーロ女子の感想

8位 イベット・トート(ハンガリー) 172.65点
SPは3T-3Tを決めて6位発進、フリーで堂々の最終グループ入りを果たしました。フリーも決して悪くはなかったですが、残念ながら順位を下げてしまいました。冒頭の3Lz+1Lo+3Sで、3Sが乱れたのが痛かった。得点源のジャンプなので、あそこがクリーンに決まっていればなあ。

7位 ロリーナ・ヘンドリクス(ベルギー) 172.71点
ヨリク・ヘンドリクスの妹さんなんですね。お兄ちゃんも大活躍でしたが、彼女も頑張りました。フリーの演技、冒頭の3Lzは両手タノ。続く3F-2Tは3Fが片手タノで、2Tが両手タノ。できることを目いっぱい盛り込んだ印象のプログラムでした。ミスもありましたが、大健闘。この点数、PBを大幅に更新したのだとか。

6位 ニコル・ラジコワ(スロバキア) 179.70点
彼女のフリーもいい演技でした。冒頭のコンボは、SPでも取り入れていた3Lz-2Lo。あまり見ない組み合わせなので、印象に残りますよね。後半はジャンプミスもありましたが、それでも持てる力を出しきった演技だったのでは。最後、曲がちょっと余ってしまったのはご愛嬌。笑顔のガッツポーズを見て、こちらまでうれしくなりました。

5位 ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス) 188.10点
今回は同じフランスのメイテ選手が不調(16位)で、その分まで彼女が大活躍。SPでもフリーでも、3Lz-3Tを成功させました。この組み合わせが跳べるのは大きいですよね。SPに限れば、基礎点はメドベデワより高いのだから、たいしたものです。跳び上がった瞬間は、軸が危うそうに見えるんだけど、ちゃんと降りてしまうのがすごい。衣装もおしゃれで、見ていて楽しいです。

4位 マリア・ソツコワ(ロシア) 192.52点
今回のユーロ、メドとポゴのメダルは堅いとして、あと1人は彼女とカロちゃん、どっちになるだろうと思いながら見ていました。結果はカロちゃんがメダルで、彼女が4位。カロちゃんが素晴らしかったのがいちばんの理由だけど、フリーで彼女にミスが出たのも大きかったですよね。ただ、ミスがあってもこの点数。昨シーズンは世界ジュニアで日本の2選手と競い合っていたのに、今シーズンは差を広げられているようで、うーむ、ちょっと焦ります。

3位 カロリーナ・コストナー(イタリア) 210.52点
素晴らしかった~。ジャンプの難易度こそまだ低めですが、見ごたえ十分の演技にうっとり。戻ってきてくれて本当にうれしいです。彼女の復帰で、ロシア女子の表彰台独占は2シーズンでいったん途切れました(なんか、もっと長かったような気がしていました)。ルカヴァリエやラジコワ、ヘンドリクスもいい感じだし、今後もいろんな国籍の選手が混じった表彰台になるといいな。あと、29歳のカロリーナがあれだけ素晴らしい演技をしてくれたことで、浅田真央選手にもいい影響があるといいな、とも思いました。

2位 アンナ・ポゴリラヤ(ロシア) 211.39点
強くなりましたね。ずっと「ロシア3番手の選手」という印象でしたが、昨シーズン、1つ上に這い上がり、今回のユーロでは、何が何でもその地位を守るんだという気迫を感じました。ミスもありましたが、そのミスを自らねじ伏せての銀メダル。おめでとうございます!

1位 エフゲニア・メドベデワ(ロシア) 229.71点
今回もすごかった。なんかもう、負ける気がしないですよね。自分の持っている技を常にパーフェクトにできるようになると、余分なジャンプを跳ぶとかしないことには、モチベーションを保てないのかな(ロシア国内の試合ならともかく、国際大会ではやらないほうがいいんじゃないかと思うけど…)。3Aやクワドは、無理に挑戦する必要はないと思うけど、何かもっと、さらなる高みに到達できるような、具体的な目標があるといいのかな。最高の演技を常にパーフェクトにできるようになると、同じことを繰り返すしかないわけで、そういう状態なのかなと思うと、なんかちょっと息苦しさも感じてしまいます(というか、今回初めてそのように感じました)。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-01-31 23:23 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

ユーロ、各カテゴリー一言ずつ

ユーロ、JSPORTSの放送を録画だけして、まだ半分も見られていない状態です。感想は見終わったらゆっくり書くとして、まずは、各カテゴリーについて一言ずつ。

女子
カロちゃん、お帰りなさい~! 長らく試合から遠ざかっていたことで、世界ランキングが低くなり、SPの滑走は第2グループ。日本時間の午後8時前からだというので、仕事が終わるや、飛ぶような足取りで帰ってきましたよ。ジャンプの難易度ではロシア女子たちに及ばなかったとはいえ、本当に美しくてうっとりするような演技でした。結果もついてきて、なおうれしい! 銅メダルおめでとう!!

男子
イスラエルのサモヒンは、昨シーズンも世界ジュニアチャンピオン。1つ下の記事で紹介したフランスの順位予想でも、メダル候補として名前が挙がっていました。なのに、何という悪夢。跳ぶジャンプ、跳ぶジャンプ、すべてすっぽ抜けてしまいました。4Tは3Tになり、セカンドをつけられず。4Sは2Sになり、3Aは1Aになり、点数が入ったのはかろうじてジャンプとして成立した3Tだけ。TES15.80点は、出場選手中最も低い点数でした。twitterの情報によると、ロストバゲッジでスケート靴が届かず、足に合わない靴での演技だったのだとか。ああ~。

ペア
ジェームス・シピエ組、銅メダルおめでとう! 朝、twitterを見て、彼らのメダル獲得を知りました。ユーロ初メダルですね。動画を探せばすぐに演技を見られるんだけど、試合の流れの中で見たくて、まだ我慢しています。JSPORTでの放送は2月14日。待ち遠しい~。JSPORTを見終わったら、これも我慢中のスケ速も楽しみたいです!
[欧州選手権2017]ペアFS:良演技続出!!タラモロが初優勝!サフマソ2位、ヴァネシプが涙の初表彰台に 実況まとめ

アイスダンス
アイスダンスもまだ見ていない状態です。わりと見やすい時間帯にFDのライストをやっているのは知っていたのだけど、風邪気味だったので早く寝ようと思い、最後にツイッターをチェックしたところ、演技を終えたファブリが泣いている写真が。え? え? 何かあったの? と思って、TLをさかのぼったところ、なんと、リフトで女性のギニャールが転倒しちゃっていたのですね。ファブリ、責任を感じてあの表情だったということみたい。うわあ・・・ ペアほどじゃないにしても、アイスダンスも危険なんだなあ。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-01-29 20:10 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

今さらユーロ順位予想(集計結果)

すでにメダルが確定したカテゴリーもある中、今さらですが、フランスのフォーラムで行われていた順位予想の集計結果をお届けします。


【男子】

1

フェルナンデス 18

2

コリヤダ 17

ビチェンコ 1

3

ビチェンコ 11

サモヒン 5

ベセリエ 1

コリヤダ 1


【女子】

1

メドベデワ 18

2

ポゴリラヤ 18

3

ソツコワ 8

コストナー 8

ルカヴァリエ 2


【ペア】

1

タラソワ・モロゾフ 7

サフチェンコ・マッソ 6

ストルボワ・クリモフ 5

2

ストルボワ・クリモフ 7

サフチェンコ・マッソ 5

タラソワ・モロゾフ 5

ジェームス・シピエ 1

3

サフチェンコ・マッソ 7

タラソワ・モロゾフ 6

ストルボワ・クリモフ 3

ジェームス・シピエ 2


【アイスダンス】

1

パパダキス・シゼロン 18

2

ボブロワ・ソロビエフ 14

カッペリーニ・ラノッテ 4

3

カッペリーニ・ラノッテ 11

ボブロワ・ソロビエフ 4

ステファノワ・ブキン 3





[PR]
by noma-igarashi | 2017-01-28 01:09 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

全米男子TV観戦記

フリーの滑走順にいきます。主な選手だけでごめんなさい。

9位 マックス・アーロン選手 227.80点
SPではメダル候補者の中で最も早い滑走。それだけに、彼の出来にはおおいに注目していましたが、ピリッとしない演技で点数も伸びず。その結果、フリーでは第2グループの1番滑走として登場。「こんなに早く滑るのか」と今さら驚くことに。そのフリーでも、SPのミスを挽回できず…。冒頭の4Sは2Sになり、次に跳んだ4Sこそ決まったけれど、後半はスピードもなくなり、勢いに乗れない演技となりました。うーん。

8位 ショーン・ラビット選手 228.02点
日本大好きなラビット選手。SPでもフリーでも、キスクラで日本語をぺらぺら喋っていましたね。フリーはマンボメドレー。ダイスケの演技と比べてしまうとアレですが、いい演技でしたね! 3Aは転倒したものの、大きなミスはここだけ。後はマンボのリズムに乗って、おおいに会場を沸かせてくれました。演技が終わって、うれしそう。会場もスタオベ。おお、そして、キスクラで点数を見て大喜び。こちらまで幸せな気持ちになる演技でした。

15位 樋渡 知樹選手 196.09点
フリーは「道」。ダイスケをつい思い出す曲が続きます。冒頭の4T、転倒。めげずにすぐさま2回目に挑戦するも、再び転倒。岡部さんの解説によると、2回目の4Tは、本来、3Aの予定だったみたいですね。1回目の失敗が悔しくて再トライしたのかな。攻めますね。すごく一生懸命に滑っているのが伝わってきましたが、余裕がなくて、いっぱいいっぱいだなとも感じました。まだ若い。これからどんどん伸びていってほしいです。

6位 アレクサンダー・ジョンソン選手 233.39点
第3グループ2人目の滑走。第3グループになったとたん、どの選手も滑る姿勢がきれいで、「ああ、1ランク上の選手たちが出てきたんだな」と感じました。ジョンソン選手もその1人。滑りがスムーズで、ジャンプの前に身構えることなくスッと跳び、着氷にも流れがありました。とてもいい感じで演技をしていたのに、最後の最後に2Aが1Aになってしまい、もったいない~! と思っていたところ、あれはあえて1Aにしたのだろうと岡部さん。最初の3Aが2Aになってしまったことで、最後に2Aを入れると跳び過ぎ、ノーカウントになってしまうから。あらま~。そのせいか、本人は演技後に浮かない表情をしていましたが、とてもよかったですよ!

11位 アンドリュー・トルガショフ選手 225.35点
お、カッコいい選手が登場しましたよ。まだ15歳? うわお、今後が楽しみですねえ(←技術的に、ですよ!) でも、現時点でもなかなかのものでした。3Aはちょっと着氷が乱れたものの、4Tは成功! ジャンプだけでなく、つなぎの部分にもいろいろな動きが入っていて、楽しませてくれました。演技が終わって、ガッツポーズ! うんうん、いい演技でしたよ~。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2017-01-25 19:29 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧