111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

2017年 11月 14日 ( 1 )

NHK杯、男子フリーの感想

ナム・ニューエン選手
SPではクワドの転倒が続き、最下位になってしまったナム君。そのクワド、フリーではパンクが続き、2S、2Tに。あああ。しかし、後半に入って4S-3Tがきれいに成功! それ以降は見違えるほどいい演技になりました。フリー148.69点、総合214.51点。最終順位は10位。

佐藤洸彬選手
SPでは4Tを成功させるなど、大健闘。フリーではジャンプの数が多くなった分、ちょこちょことミスが出てしまいました。でも、「セビリアの理髪師」らしい楽しさに満ちた、素敵な演技でした。フリー123.25点、総合199.20点(あともうちょっとで200点!)。最終順位は11位。

ドミトリー・アリエフ選手
前半のジャンプは転倒にパンクと、ミスが続きましたが、後半になって、4T-3Tに成功! さらにもう1回、4Tに挑んだものの、これは転倒。フリーは素敵な雰囲気の曲なのに、ジャンプのミスが多いと、プログラムの世界に入り込めないのが残念。いつか覚醒してほしい。フリー145.94点、総合223.45点。最終順位は8位。

デニス・ヴァシリエフス選手
おしゃれなプログラムがよく似合いますねえ。演技の前半、2つめの3Aが1Aになってしまったものの、直後に再挑戦して、しっかりリカバリー。いい感じに進んでいたのに、3Fのところ1Fになっちゃった。クワドを入れないプログラムなんだし、3回転はちゃんと決めたいところ。今日もうるわしのキスクラ! フリー158.29点、総合234.80点。最終順位は6位。

ミハル・ブレジナ選手
演技の冒頭、4Sに挑むもでっかい2Sに。ああ~。3A-2Tを挟んで、もう1回、4Sに挑戦! 今度は転倒するも、ナイストライでした。コンボを1回しか入れられなかったのが点数的には痛かった。フリー145.94点、総合220.45点。最終順位は9位。

アダム・リッポン選手
ここから第2グループ。まずはアダムから。おおお! 4Lz、きれいに降りたー!! うわお、テンション上がる~! ほかのジャンプも次々に成功。いいよいいよ。ステップ、素敵だ~。後半の3Aも決めた! うわあ、素晴らしい。最後の3Lzも降りた~!(リッポンルッツじゃなかったね) 演技が終わって、本人も感激した様子。あ、でも、4Lz、回転不足を取られちゃったの? うーん、惜しい! でも、フリー177.04点、総合261.99点で、最終的に2位。銀メダルおめでとう!

キーガン・メッシング選手
フリーはチャップリン。前半の4T、すれすれでこらえた~! 後半にもういっちょ4T…のはずが、3Tに。「あ、これは要注意のパターンだよね」と、そのとき思ったんだよね。ただ、3Tを3回跳ぶようなことはなかったから、ホッとしたんです。が、3Tを跳びすぎてノーカンになるより、事態はもっと悪かった。2回跳べるジャンプは2種類までという規定に引っかかって、なんと、3Aがノーカンに。あちゃ~。フリー155.67点、総合235.80点。最終順位は5位。

友野一希選手
最初の4Sは両足着氷(回転不足も)、2つめは転倒。ドンマイ! それ以外はよかったですよ~。やっぱり4回転でミスをしても、ほかのジャンプはきちんと決めないとね。若さあふれる素敵な「ウエストサイド・ストーリー」でした。今回のNHK杯、彼自身にもいい経験になっただろうし、世界に向けてアピールできたのでは。少なくともフランスのフィギュアファンには、しっかりとその存在を印象付けていましたよ。フリー152.05点、総合231.93点。最終順位は7位。

セルゲイ・ヴォロノフ選手
ヴォロノフについては、すでに別記事やコメント欄で熱く語ったので、ここでは控えめに。「ミスはあったけどほかの選手より点数が高かったから」というのではなく、ノーミスの演技での優勝だったのが本当にうれしかったです。おかげで、試合としても盛り上がりました。あ、あと、アナウンサーさん、「30歳のスタミナがもつかどうか」みたいな実況はやっぱりちょっと失礼なのでは? だって、同じ30歳でも、カロリーナに対してはそんなことは言わないと思うもの。

アレクセイ・ビチェンコ選手
ヴォロノフがいい演技をしたからには、ビチェンコさんにも後に続いてほしい! 4回転を2本降りたときには「おおおおお!」と身を乗り出してしましたが、3つめのジャンプが2回転に。あちゃ~。さらに、後半1本目の3Aも乱れてしまいましたが、次の3Aにしっかり2Tをつけたあたりはさすが。フリー166.55点、総合252.07点で、暫定3位。メダルを取れるかどうかは、最終滑走のジェイソン次第ということになりました。

ジェイソン・ブラウン選手
この試合で表彰台に立てば、ファイナル出場がぐっと近づくジェイソン。パーフェクトな演技を披露すれば、優勝の可能性だってあったはず。というか、そういうことを度外視して、彼ならではの美しい演技が見たかった。ああ、しかし、しかし、3Aで2回とも転倒! 当然、どちらもコンボにできず。うううう。せっかく4回転を回避したのに~。フリー160.59点、総合245.95点で4位。ファイナル、どうなっちゃうだろう・・・
[PR]
by noma-igarashi | 2017-11-14 23:21 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧