111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

2017年 10月 29日 ( 1 )

スケカナ男子の感想

スケカナの感想は男子から。SP、フリーまとめて書きます。主な選手だけになりますが、最終順位の逆順で。

無良崇人選手
SP10位(74.82点)、フリー12位(111.84点)、総合12位(186.66点)
どう書いたものやら…。SP10位は、こういうこともあり得るかな、ちょっと運が悪かったな、というぐらいに受け止めていたのですが。
今日のフリー、冒頭の3Aを決めたときは、「よっしゃ! 行ける!」と思ったのですが、きれいに成功したのは、その3Aだけ。それ以降は、跳ぶジャンプ、跳ぶジャンプ、次々にパンク。ちょっと信じられない。しかも、最後の3Lzは3回目とカウントされて0点に。ああああ。何とか第2戦で調子を戻して、全日本に臨んでほしいです。

チャ・ジュンファン選手
SP11位(68.46点)、フリー8位(141.86点)、総合9位(210.32点)
今季からいよいよシニアですね! おおいに期待し、注目していたのですが、ちょっとほろ苦いGPSデビュー戦になってしまいました。一見そんなに悪くないのに、回転不足の嵐で、SP、フリーともに点数が伸びず。うーん。地元・韓国開催の五輪の年でさえなければ、もう1シーズン、ジュニアで頑張ってもよかったのかもなあ。でも、苦労しながら成長していけばいいのかな。ゆづだって、シニア1年目は悔しい思いをたくさんしていたものね。

キーガン・メッシング選手
SP5位(82.17点)、フリー10位(135.58)、総合8位(217.75点)
SPで見たときは、いったい誰が出てきたのかと思ってしまいました。髪型も含めて、上着を脱いだサラリーマン風。以前はあんなにワイルドだったのに。そのSPでは大技4T-3Tに成功! 2.00の加点がつく爽快な出来でした。イーグルでこけてしまったのは惜しかったけど、あそこは転倒による減点1だけで済んだのかな? 82.17点で5位につけました。
フリーも頑張りましたが、4Lz、4T×2回で、いずれも回転不足(それも<<)でコケてしまったのが痛かった(あ、でも、プロトコルを見ると、減点は-2なので、どれかは転倒扱いではないですね)。ほかにもいくつかミスがあり、残念ながら順位を下げてしまいました。

パトリック・チャン選手
SP2位(94.43点)、フリー7位(151.27点)、総合4位(245.70点)
SPは素晴らしかった~。成功したときの彼の4T-3Tは本当に流れるような美しさ。3Aこそ手をついてしまったものの、まったくといっていいほど気にならなかったです。フランスのフォーラムを覗いてみたら、SPの感想の中に「上位3人がそれぞれ個性を生かした演技をして、素晴らしかった」というものがあって、「うんうん!」とうなずいてしまいました。
ただ、フリーはちょっと残念な出来に。冒頭の4Tで転倒したのは仕方ないとして、3A-1Lo-3Sを予定していたのであろうところが2A-1Lo-2Sになってしまい、「ありゃりゃ」と思っていたら、その後も2回転になってしまうジャンプが次々と。事前予想で、「パトちゃんはジャンプミスでメダルを逃してしまう」みたいなことを書いたのだけど、何も本気でそうなると思ったわけではなくて、上位3人の中に無良君を入れるためにそういう想定をしただけであって、まさか本当にそうなろうとは(なのに、無良君がメダリストになるという予想のほうははずれてしまった…)。
パトちゃん、調整のためにNHK杯をパスするかもなんていう噂もtwitterで見かけましたが、どうするんだろう。気が揉めます。

アレクサンドル・サマリン選手
SP4位(84.02点)、フリー3位(166.04点)、総合3位(250.06点)
パトちゃんを逆転して、メダルを手にしたのがサマリン選手。SPは近未来SFのような衣装で、ボーカル入りの「月光」。歌詞なんてあるんだ。要は、平原綾香の「ジュピター」みたいなもの? 何にしても、ちょっと面白いプログラムでした。そのSPでは4Lz-3Tを、フリーでは単独4Lzをきれいに成功。あれは見ごたえがありましたね! 欲をいえば、フリーは4Lzや4Tを跳んでいるのに、2Aも組み込まれていて、あそこを何とかしてほしかった。なかったのはサルコウとフリップだけど、サルコウは跳び損ねた3連に入っていたのかな? フリップが苦手なのかしら。
何にしても、ロシア男子も実力の拮抗した選手が多くなりましたね。女子は言うまでもなく大激戦だけど、男子の代表争いも結構大変そう。

ジェイソン・ブラウン選手
SP3位(90.71点)、フリー2位(170.43点)、総合2位(261.14点)
SPもフリーもノーミスではなかったけれど、素晴らしかった~。このままずーっと見ていたい! と思うようなプログラムでした。本当に美しい。バレエジャンプの高さだとか、スピンの速さだとか、柔軟性を生かしたあんな動作、こんな動作、曲に合わせて動くわ動くわ。見どころ満載!
フリーは青い衣装でしたね。男子なのに、ちょっと乙女系だから? などと思っていたら、ショーマの衣装も青だったし、五輪シーズンのゲン担ぎが男子にも波及? そういえば、ソチ五輪のゆづはSP「パリの散歩道」のシャツが青でしたっけ。ソチで男子にも新たな伝説が生まれたのかもね。

宇野昌磨選手
SP1位(103.62点)、フリー1位(197.48)、総合1位(301.10点)
この面子ならショーマが優勝するだろうし、しなければならないと思っていましたが、いい内容できちんと勝ってくれました。そうこなくっちゃ! ロシア大会のネイサン(293.79点)より高得点だったのも、ちょっとうれしかったりして。
SPでは4F、フリーでは4Loと、ともに冒頭の4回転がきれいに成功しました。フリーでは4Loの直後の3Loがやや乱れてしまい、「何やっとるんだ」と思いましたが、織田君によると、4Loを跳んだ後で3Loだと、かえって難しいのだとか。なるほど。その3Loを含めて、ミスはいくつかありましたが、転倒してもパンクはしなかったこと、回転不足にならなかったこと、コンボを3つとも入れられたことが大きかった。点数の面では、特にコンボですよね。すべて後半に組み込んでいて、リカバリーしにくい構成ですが、取りこぼしをしない習慣をつけていってほしいです。優勝おめでとう! 
2戦目はロシアじゃなくて、フランス。フランスのフォーラムのコメントも活発になりそうなので、今から楽しみです。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-10-29 22:22 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧