111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは! 全日本は..
by noma-igarashi at 11:23
こんにちは。 現地観戦..
by sasha_2006 at 14:07
いらっしゃいませ。 コ..
by noma-igarashi at 17:43
いつも楽しく拝見させてい..
by かのこ at 14:53
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

2014年 06月 19日 ( 1 )

PIWで太田由希奈さんが滑った「ラ・ワリー」について

PIWで太田由希奈さんが滑ったオペラ「ラ・ワリー」のアリア「さようなら故郷の家よ」、恥ずかしながらこのオペラのことをまったく知らなかったので、この機に調べてみました。

「ラ・ワリー」は、イタリアの作曲家アルフレード・カタラーニ(
18541893)のオペラで、「さようなら故郷の家よ」は第1幕で歌われるアリアだそうです。YouTubeに、日本語の対訳付きで、マリア・カラスが歌っている動画がありました。



ただ、これではあらすじがわからないので、次にあらすじを調べてみました。こちらのブログがくわしかったです。
「ラ・ワリー」のあらすじ

なんというか、いかにもオペラらしい極端なストーリー(汗)。「さようなら故郷の家よ」は第
1幕のアリアだということなので、「彼女は彼と結婚するくらいなら家出した方がましだと言って出て行ってしまう。」というところで歌われるのでしょうね。

で、さらに調べたところ、「さようなら故郷の家よ」は、映画「ディーバ」で使われた歌なのだそうです。この映画はフランス語を習っている頃に見ましたが、全然気がつきませんでした。映画「ディーバ」は、「郵便配達員ジュールはオペラ歌手シンシア・ホーキンスのファンで、パリ公演にやってきた彼女のリサイタルを隠れて録音する。」という始まり方をするのですが、ジュールがこっそり録音したのが「さようなら故郷の家よ」というわけです。




ありがたいことに、その場面の動画もYouTubeにありましたので、これも貼り付けてしまいます。懐かしい。確かに歌っていますね。



[PR]
by noma-igarashi | 2014-06-19 00:20 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧