111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

「魔笛」のあらすじ(2)

e0073856_23103184.jpg
ザラストロの城にたどり着いたパパゲーノは、タミーノよりも一足先にパミーナを見つけ、王子のタミーノが救いにきたことを伝えます。話を聞いたパミーナは、まだ見ぬタミーノに、早くも心を奪われた様子。恋人のいないパパゲーノは、タミーノとパミーナが惹かれ合うのが羨ましそうです。
e0073856_23105335.jpgそのころ、タミーノもザラストロの城にたどり着いていました(今回、ザラストロの城は、ひまわり畑の中にありました)。
どこからともなく城にもぐり込んだパパゲーノに対して、タミーノは正攻法で、神殿の入り口から中に入ろうとします。すると、そこには番人(弁者)がいて、ザラストロは悪者ではなく、それどころか高徳の人であること、むしろ夜の女王こそが悪者であることを告げます(悪者というか、女の浅知恵というか・・・)。なぜか、タミーノはあっさりその話を信じてしまいます。

一方、パパゲーノとパミーナも城から脱出して、さっきまでタミーノがいたひまわり畑に。しかし、そこへザラストロ(中央)が現われ、逃げ切れないと観念したパミーナは、泣きながら許しを請います。パパゲーノはひまわりの陰に隠れて、ただ震えるばかり。
e0073856_23122377.jpg

その後、この場にタミーノが現われます。パミーナとタミーノは、実際に顔を合わすのは初めてながら、すでに強く惹かれ合っていたので、ひしと抱き合います。

で、まあ、「魔笛」はヘンな話なので、辻褄の合わない点を抱えながら、このあといきなり、
タミーノはパミーナとの愛を成就させるため、パパゲーノと共に、ザラストロの与える試練を受けることになるのでした。かなり強引な展開です。

ここで第1幕が終了。第2幕は試練が話の中心になります。
[PR]
by noma-igarashi | 2005-09-16 23:14 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/972397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 滞在2日目(8月21日)・その4 滞在2日目(8月21日)・その3 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧