111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

NHK杯観戦レポート(2日目②)

2日目の最後は、3日間の中で最も盛り上がった女子フリーです。この日は男子の試合がないことに加えて、女子の人気でチケットが取りづらく、当初は「もしも行けないなら、まあいいや」などと思っていたのですが、行けてよかった! あの場にいられてよかった! 中野友加里選手の演技も感動的だったし、鈴木明子選手の演技も素晴らしかったですが、ここはやはり、浅田真央選手の演技を中心に書いてみることにします。



浅田選手が登場する第2グループ、6分間練習からすごかったです。6分間練習は、やはり会場で見るに限りますね。テレビでは、カメラがとらえた個々の選手しか見られないから、あの迫力はなかなか伝わらない。もちろん会場でも、6人の全員を一度に見られるものではないので、特定の選手だけに注目してしまうことになるわけですが、私の場合、自然と浅田選手を目で追っていました。いやはや、ジャンプを跳ぶわ跳ぶわ。「今からそんなに跳ばないで、本番に取っておいて~」などと思ってしまいましたが、跳ばなければ跳ばないで「大丈夫かしら」と不安になるだろうし、調子がいいからこそ跳ぶのだと思えば、やはり跳んだほうがいいのかな。とはいえ、跳ぶたびにドキドキして、緊張感と興奮が高まるばかり。

ただ、前日のSPでいい演技を見せてくれていたので、それほど心配していたわけではないんですよね。あのドキドキ感は、試合ならではということなのだと思います。中野選手で感動し、鈴木選手で盛り上がり、この調子で進んだら、最後はいったいどうなっちゃうんだか…。期待が高まると同時に、ドキドキ感がさらに増していきました。

そして、いよいよ浅田選手の演技です。出だしから動きが美しい~。けど、ジャンプはどう? 最初のアクセルは…。成功! 次のジャンプは…うわっ! アクセルからのコンボで、しかもタノ付きっ! さらに、3-2-2の3連続ぅううう! 「ああ、これでもう大丈夫」と、この段階で、興奮しつつも安心したように思います。あとはもう、演技を楽しむばかり。…と思っていたら、サルコウ成功で、また大興奮。さらに次々と単独ジャンプを決めて(ひとつが3-3にならなかったのは、その場では気づかず、終わってから「あれ?」と思った)、いよいよ見せ場のストレートラインステップ~! ほんと、あのステップはゴージャス。すごく見ごたえがあります。そして、最後のスピンの後、ご愛嬌のよろり(笑)。もちろん、そんなのお構いなしに、すぐさま立ち上がりましたよ~!

この日のことで、真っ先に思い出すのは、スタオベしながら目にした光景。リンクに投げ込まれるお花のすごさといったら…! 降るわ降るわ。あのすさまじさはテレビでは絶対わからないです。中野選手のときもすごかったし、鈴木選手のときもたくさんの花が投げ込まれていましたが、浅田選手のときは、ほんとにリンク中がお花で埋もれるんじゃないかと思いました。

そして、帰りの電車の中でのこと。まだ興奮冷めやらぬ状態で、試合結果を友だちにメールしていると、後ろに立っていたおばさんたちが「そういえば真央ちゃんどうなったかしら」と話しているではありませんか! 「真央ちゃん、勝ちましたよっ! すごかったですよっ!!」と教えてあげたかった~。でも、まさかいきなり熱く語り出すわけにもいかないので、もちろんおとなしくしていましたが。「この時間ならスポーツニュースに間に合うわよ」「きっと勝ったわよね」というような流れで、別の話題に移り、やがて彼女たちは途中駅で降りていきました。
[PR]
by noma-igarashi | 2008-12-09 18:49 | フィギュアスケート | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/9172441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from blog オルシニアン at 2008-12-10 17:14
タイトル : NHK杯感想・女子シングル
結果はまさかの日本女子が表彰台独占という快挙、すごいですね。素直に喜んでいます。 でも、見所はそこだけじゃあありませんね。 アシュリー・ワーグナー選手は、間違いなく次の時代を担う選手だと感じます`..... more
Commented by 春紅葉 at 2008-12-09 23:55 x
こんばんは~。
いきなりブルーでびっくりしました。おしゃれな色で素敵ですね。

女子フリー、私的ハイライトはやっぱりあっこちゃんでした。真央選手はそもそも別格というか、それほど心配していなかったんです。いろいろ言われているけどきっとあっさり勝っちゃうんだろうなぁ、という気がしていたものですから。

フリーの演技で、鈴木明子選手は終盤のストレートラインステップに入る直前、東アリーナの観客に向けて満面の笑みを見せました。本当に素敵な笑顔でした。映像ではわかりにくいのですが、スピンのあとさらにくるくる回りながらリンク外側に向いて手を広げるところです。
あの笑顔を見られただけで東アリーナに座れて良かったと思い、そのあとのステップはもう鳥肌が立って涙が出てきました。だから演技を終えた時点で1位になった時、本当に嬉しかったです。

その後は真央選手のステップにも鳥肌が立ちました。だから二人が1位、2位で私的には順当な(感動した順)結果になり満足しています。もちろん真央選手はやっぱり別格でしたけど。
Commented by NOMA-IGA at 2008-12-11 00:37 x
>春紅葉さん
こんばんは~。テンプレート、変えてみました。季節に関係なく、ひまわりで通していましたけど、ちょっと気分転換です。

フリーの日の真央ちゃんは、勝つのは勝つだろうと思ってたんだけど、それでもつい緊張しちゃいました。きっと、それが試合なんでしょうね。
鈴木明子選手は、なんといっても大人だし、いい演技を見せてくれると思っていたので、わりと気持ちに余裕を持って演技を見られました。そういう意味では、春紅葉さんとは逆だったのかもしれないですね。

2日目、東アリーナで観戦されたんですね。ショートサイドの席って、向こうサイドに行かれると遠いけど、死角が少なそうだし、違った角度から見られて面白そうですね。ストレートラインステップも、向かってこられると迫力ありそう~。
実は、全日本の席がショートサイドのようなんです。どんな感じか、楽しみです。真っ先に、今度は無良君の3Aが見られるな、と思ってしまいました。
<< GPF女子フリーのジャンプ構成 NHK杯観戦レポート(2日目①) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧