111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

全日本ジュニア男子フリー観戦レポ(上位5人のみ)

滑走順/結果

というわけで、全日本ジュニア2日目、バタバタと出かけ、バタバタと帰ってまいりました。明日はコンサートに行くので、時間もないし、新たな感動が上書きされてしまうに違いないので、簡単ではありますが、書けるところだけでも今日のうちに書いておくことにします。

佐々木彰生選手 フリー87.58 総合148.21 5位
最終グループ2人目に登場。待ってましたよ、彰生君! おねーさん(←ずうずうしい?)、はるばる君を見に来たんですよ。でも、調子悪いかもしれないな~、どうかな~、と思いながら見ておりましたところ、やっぱり…。3回転のはずが2回転になったり、2回ほど転倒したり…。でも、それまでの選手とはやっぱり動きが違うんですよね。彼の演技を見たい! と思わせるものがあるんですよ。これはすごいことです。ただ、やっぱり点はあまり出なくて、フリーだけだと87.58点。それでも、とりあえず暫定1位。ジュニア男子のトップ選手って、何点ぐらいが標準だっけ? これで優勝は厳しいかな?

村上大介選手 フリー107.50 総合173.45 3位
演技の序盤、2つ目のジャンプで転倒こそありましたが、後は次々とジャンプを決めていきました。彰生君の後で見ると、すっごく安定感があります(汗)。春ごろだったか、モロゾフが「(村上)ダイスケを次のジュニア・チャンピオンにする」と言っていたことがあって、「ええ~? 日本のジュニア男子は1枠しかないのに、村上君が日本代表になれるの?」などと思ったものでした。でも、もしかしてこの演技なら、ジュニア・チャンピオンになるための最初の関門をクリア? ドキドキしながら得点を待っていたら、ああ、桁違いの得点…。フリーで初の100点越えです。総合だと、彰生君に25点ほど差をつけているじゃありませんか。ダメだ、こりゃ。悔しいけど、ひとまず彰生は完敗です。

羽生結弦選手 フリー124.92 総合182.17 1位
さあ、ゆづはどうでしょうね。演技も楽しみだけど、勝負の行方にドキドキです。最初の3Aが乱れたものの、次の3-3はきれいに成功!(あとで聞いたところによると、3Aが失敗したので、とっさに3-3にしたらしい) スピンはとにかく素晴らしい。ジャンプの転倒もなし。どうだろう、この演技なら、村上君に対抗できる? でも、SPでの差があるし…。などと思いながら得点を待っていたところ、うっひゃ~! ひゃ、ひゃくにじゅうよん点! 100点越えで騒いでいる場合じゃありません。ゆづ、やってくれました! お見事!

中村健人選手 フリー112.51 総合166.49 4位
彼の演技は、東京ブロックでも見ました。そのとき同様、今日も3Aが高かった~! 東京でも感嘆の声が上がっていましたが、今日もすばらしかった。プロトコルを見たら、GOE+1ついてます。それ以降のジャンプもほぼ完璧に決めて(着氷がやや乱れたものはありましたけど)、フィニッシュのポーズを決めた瞬間、場内スタオベです~。ごめん、私は膝にいろんなものを乗せていた関係で、できなかったんですが、スタオベに値する素晴らしい演技でした。ゆづとタッキーの間にはさまれて、よくやった! 本人も感激!という素振りでした。いいですねえ、こういう場に居合わせられるって。得点が出てみると、その時点で3位。うーん、PCSが低かったのかな…などと思いましたが、あとで詳細を見たらそれほどでもなくて、SPの得点差が反映された結果のようでした。フリーだけだと2位。立派です~。

町田樹選手 フリー111.06 総合180.91 2位
さあ、タッキーどうか? ゆづを上回れるか? ジュニアワールドが1枠であることを考えると、場慣れしたタッキーが代表になったほうがいいような気もしつつ、そこはそれ、勝負の世界ですから、ともかく結果を出さなければ。曲は「白鳥の湖」で、なんとな~く、羽ばたきながらも、十分に飛び上がりきれない鳥のイメージが…。つまり、大きな失敗はなかったものの、マイナス評価になりそうなジャンプがいくつかあって、さあ、これはどういう結果になりますやら。SPで多少は差をつけているから、それで逃げきるか、さあ、どうか? 固唾をのんで見守っていたところ、得点出ました! 111点って、微妙…? SPと合計すると…? 2位…! タッキー2位! この瞬間、ゆづ優勝です!!

ひゃ~。特定の誰かを応援していたわけじゃないから言えることだろうけど(彰生君を応援してはいたけれど、あの得点だとあきらめもつくというもの)、面白い勝負でした。見ごたえがありました!
[PR]
by noma-igarashi | 2008-11-25 00:09 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/9058715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ラトル指揮+ベルリン・フィルコ... 女子の最終結果 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧