111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

東京ブロック観戦レポ(男子Jr、Sr)

東京ブロック観戦レポ、どんどん行きますよ~。今回は男子をまとめてお届けします。実際の競技でも、男子ジュニア、男子シニアが立て続けに行われました。ジュニア、シニアの体格差が女子ほど感じられなかったこともあり、第1グループ、第2グループというような感覚で観戦しました。出場選手はともに4人ずつ。ジュニアの日野龍樹くんの欠場が残念でした。

ところで、「つぶろぐ」でもつぶやきましたが、ジュニアの観戦レポを書いているうちに、全日本ジュニアに行きたくなってきました~。東京ブロックは女子のほうが見ごたえがありましたが、全日本では男子に興味あり。ワールド1枠を賭けた争いですからね。それに、町田、佐々木、村上、吉田、羽生など、上位に入りそうな選手の実力が拮抗しているという印象だし。ああ~、でも、フリーの日(11月24日)に行くとして、翌日はベルリンフィルのコンサートだし、週末からはNHK杯。それより何より、できれば韓国で行われるファイナルにも行きたいと思っているから、遠征費が~~~(泣)。

男子ジュニア結果(最終順位)
男子ジュニア結果(フリー)
男子ジュニアプロトコル(フリー)


男子シニア結果(最終順位)
男子シニア結果(フリー)
男子シニアプロトコル(フリー)




【男子ジュニア】
入場時に滑走順のリストをもらったところ、そこにSPの得点が書かれているのですが、男子ジュニアの選手は、女子ジュニアの上位選手より得点が低かったりして(汗)。女子のレベルの高さに、今さらながらに感じ入りました。ただ、フリーが終わってみると、さすがに男子の1位のほうが、女子の1位よりも高得点でした。

1. 和田由惟選手(中2)
この選手のプログラムは、ドラマ「SP」のテーマ曲だったそうです。というわけで、ガンホルダーをつけたこんな感じの衣装でした。東京ブロックを見に行く前の先入観として、ジュニアの選手だとジャンプの転倒も多いのかなと思っていたのですが、女子はほとんど転倒せず(パンクやステップアウトが多かった)、そんなものなのかと思っていたところ、男子になったとたん、転倒続出。彼は2回転んでいました。

2.加藤誠理選手(高1)
この選手は3回転倒していました。男子は失敗してもダイナミックだわ~などと思ったり。ただ、点数が伸びなかったのは、転倒よりも、コンビネーションジャンプを1回も入れられなかったことのほうが大きかったと思います。

3. 板井郁也選手(高1)
この選手の転倒回数は4回でした(汗)。冒頭に跳んだ「3T+2T+2T」のコンビネーションジャンプはなかなか迫力がありましたが、その勢いに乗れず。とはいえ、TESは先の2選手よりずっと高く、SPと合わせた総合得点は127.16でした。

4.中村健人選手(高2)
この選手は転倒なしです! というか、冒頭の3Aがきれいに決まり、客席もおおいに沸きました。4回転や3A、3回転-3回転といった技は、なんというか、花がありますね。とたんに、場がぱあっと盛り上がるといいますか。いいものを見た、という気持ちにさせられました。それ以外のジャンプも、失敗といえるのは中盤のルッツが1回転になってしまったことぐらい。SPと合わせて155.53という得点は、他のブロックの優勝者と比べても、立派なものだと思います。
終わってみると、この日の東京ブロック、試合で3Aを成功させたのは彼のみだったわけですね~(シニアで挑戦した柴田選手は転倒、中野友加里選手は回転不足)。


【男子シニア】
ジュニアの試合は、ムサシノFSクラブVS.神宮外苑FSCという雰囲気でしたが(この2つのクラブに所属する選手が多い。ほかには武蔵野学院、日本橋女学館など)、男子シニアは東洋大学VS.明治大学なんですね。柴田選手、鳥居選手が明治で、他の2選手が東洋大学。女子は早稲田が強いのに、男子の早大生はいないのかと、今さらながらに気づきました。

1. 田原久司選手(大1)
ジャンプの転倒2回を含め、ちょっと元気のない感じの演技でした。残念!

2. 遠藤雅人選手(大3)
転倒1回に加え、1回転になってしまうジャンプが2回あり、点数が伸びませんでした。ただ、好感の持てる演技だったと思います。

3. 鳥居拓史選手(大2)
転倒が2回あったのに加えて、コンビネーションのセカンドジャンプをうまくつけられなかったのが残念でした。あとは、スピンが1つ実施できなかったのかな? とはいえ、決めるところはきちんと決めて、SPとの合計134.47で2位。

4. 柴田嶺選手(大4)
この人が登場すると、ぱあっと氷上が華やかになりますね。こういう雰囲気の似合う人は、その世界を極めてほしい~。演技の冒頭で3Aに挑戦するも、回転不足で転倒。たまたまさっき読んでいた『Cutting Edge』に、本人の談話として、「3Aが跳べないと五輪どころか四大陸の代表にも届かないので、今シーズンは3Aのことだけを考えてやっていきたい」というようなことが書かれていました。結果は失敗でしたが、シーズン初戦から挑戦してきたことの意義は大きいと思います。試合の観戦時にはべつだん何とも思わなかったのだけど、『Cutting Edge』を読んでいて胸が熱くなりました。続く3Fも転倒したものの、それ以降は持ち直し、後半にはコンビネーションを立て続けに3回成功。これで点数も伸びました。中盤にはドーナツスピンを、終盤にはビールマンスピンを見せてくれて、「ああ、柴田選手の演技を見たなあ…」という気持ちになりました。
[PR]
by noma-igarashi | 2008-10-19 19:42 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/8786015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 春紅葉 at 2008-10-19 22:23 x
男子はやっぱり女子に比べて元々競技人口も少ないでしょうから、いくら東京といえどもシニア4人なのね。そして柴田選手はもう4年生なんですね。進路のことも考えなきゃならないから、国際大会に出たいのでしょうね。
ただ今シーズンはユニバがあるので、選択肢が増えるというかチャンスは1回多いです。個人的には大ちゃんユニバ3連覇をかけて出場しないかなという野望(?)はあるんだけど、さすがに派遣されないだろうと思うし…。

全日本ジュニア、名古屋なら日帰り出来るからこの際行っちゃいましょう(笑)。中国行かないんだから名古屋くらい大丈夫よ。
問題は何時に終わるかだけど、最寄り駅の笠寺から電車に乗れば10分くらい(だと思う)で名古屋駅に着くから、遠征には向いている会場だと思います。
でね、私は11月は結構多忙なので、佐々木選手を応援したい気持ちは十分あるけど、残念ながらお付き合いできません。←一応お断りいれとかないと、この前の「中国行きたい」の時みたいに泣きが入っちゃうかなと思って…。
Commented by NOMA-IGA at 2008-10-21 12:26 x
>春紅葉さん
こんにちは~。
東京といえども、男子はやはり少ないですね。ざっと見てみたところ、ジュニアだけなら関東ブロックがけっこう多くて、17人。ただし、シニアは1人だけでした。アイスダンスみたいに、男子も東京と関東を一緒にやってくれれば、佐々木彰生君も見られたのに~。(←自分の都合しか考えてない発言…)

全日本ジュニアは、ただいま着々と調査中。6:4ぐらいで行く気になっています。名古屋なら行きやすいし、国内の試合なら、行く気になれば自力で行くから大丈夫です~。
というか、海外でも、行きたい気持ちが強ければ、1人でも行っちゃうんですけどね。中国大会は迷いが大きかったので、ぐずってしまいました。(^^;;; 

次の課題はファイナル観戦ですが、いい日程のツアーがあるといいな~。「Cutting Edge」によると、高橋選手、日本ではやりたくないEXナンバーがあるというので、ぜひとも行きたいです! もちろん、韓国でそれをやってくれるかはわからないですけどね(厳密にいえば、高橋選手がファイナルに出場するかどうか、出場しても、EXに出演できるかどうかも…)
Commented by ニルギリ at 2008-10-21 15:10 x
男子ジュニアは日野君欠場が残念でしたね。昨シーズンまでは羽生弦君と競ってましたが、羽生君が頭一つ抜けたかという感じで、というかシニアに近づきつつある羽生君に対し、日野君は体形が幼い、こればっかりはしょうがないので、成長を待つか…で、今回の東京ブロックを楽しみにしてたんですが。

柴田選手は久しぶりに見ました。衣装含めて華がありますね(汗)
半魚人のようにも、鳳凰(五重の塔のてっぺんにあるようなアレ、あ、一万円札の裏にも!)のようにも見え、ゴージャスでした。
Commented by NOMA-IGA at 2008-10-22 23:52 x
>ニルギリさん
>男子ジュニアは日野君欠場が残念でしたね。

ほんと、残念でした。でも、東日本選手権のエントリーを見たら、東日本には出場するようですね。ということは、全日本ジュニアを観戦に行けば、見られる可能性高し?
名古屋行きは、だいぶその気になってきています。こだま利用のお得な乗車プランもあるようだし、フリーの日だけでも行けたらいいな。

全日本ジュニアの男子は、演技も見たいけど、勝負も見たい! 有力選手の実力が拮抗していて、男子シニアの(ジェフ君、ランビ引退前の)「11人もいる!」の状態に近い感じ。
ジュニアのあの顔ぶれの中で、闘争心がいちばん強いのは誰だろう? 「何が何でも1枠を自分が取りたい!」と思って試合に臨むのは、果たして誰か? 村上君(のコーチ)とか?(^^;;; 興味が尽きないです!
<< 東京ブロック観戦レポ(女子Sr... 東京ブロック観戦レポ(女子Jr... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧