111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

カラフ当てクイズ(正解を発表しました)

「トゥーランドット・オン・アイス」終了記念のオペラクイズ、いってみます。3問ありますが、すべて同じ質問です。写真は各3枚ですが、選択肢は(a)~(d)まで4つありますので、ご注意ください。

Q1 次の3枚の写真のうち、「トゥーランドット」のカラフでないのはどれ?

(a)e0073856_042508.jpg

















(b)
e0073856_0195268.jpg












(c)
e0073856_1212012.jpg






















(d) 上記(a)~(c)は全員カラフである 

--------------------------------

Q2 次の3枚の写真のうち、「トゥーランドット」のカラフでないのはどれ?

(a)
e0073856_018711.jpg









(b)
e0073856_0191442.jpg










(c)
e0073856_028211.jpg












(d) 上記(a)~(c)は全員カラフである 

--------------------------------

Q2 次の3枚の写真のうち、「トゥーランドット」のトゥーランドットとカラフでないのはどれ?

(a)e0073856_0213077.jpg












(b)e0073856_0204058.jpg














(c)
e0073856_0394934.jpg













(d) 上記(a)~(c)はすべてトゥーランドットとカラフである 




では、正解の発表です。といっても、「トゥーランドット・オン・アイス」等で使用した写真を思い出していただくと、解けてしまう問題もあったかなと思います。
難易度は、Q1 、Q2、Q3の順だったかもしれないですね(つまりQ3がいちばんやさしく、Q1がいちばん難しい)。やさしいものから順に出題すればよかったなと、あとになって気がつきました。

Q1の正解:(c)

(a) は、ニコラ・マルティヌッチの演じるカラフ。本人の公式サイトに写真がありますので、よかったらご確認ください(こちら)。先日購入した「トゥーランドット」のDVDでも、この人がカラフを演じていました(この「トゥーランドット」は、ソウルのW杯スタジアムで収録されたもの。「チャン・イーモウ演出」といううたい文句に惹かれて買ったところ、なんと紫禁城公演とまったく同じ演出でした。出演者はだいぶ違うから、まあいいか…)。

e0073856_2224458.jpg(b) はフランコ・コレッリの演じるカラフ。このDVDのジャケット写真に使われています。

(c) は、サミュエル・レイミーの演じる「アッティラ」のタイトルロール。東洋的な衣装なので、引っかけの選択肢になるかなと思って選んでみました(写真の出所はこちら)。他の2人はテノール歌手ですが(そして、カラフはテノールの役)、この人だけはバス・バリトン歌手なので、顔さえわかれば正解にたどり着けたと思いますが、ちょっと難しかったかもしれないですね。

------------------------

Q2の正解:(d) つまり、全員カラフです。

(a)は、Marcello Giordaniの演じるカラフ。写真はこのサイトから拝借しましたが、06年フィレンツェ歌劇場の来日公演「トゥーランドット」も同じカラフでした。上記サイトの別の写真を「トゥーランドット・オン・アイス」で使用したので、カラフだとわかった方も多かったのでは。

e0073856_2219536.jpg(b) は、プラシド・ドミンゴの演じるカラフ。このCDのジャケット写真に使われています。このジャケットを見たことがあれば、 (d)が正解だとわかったと思いますが、3枚の中ではいちばん東洋的な衣装なので、かえって引っかけっぽく思えたかもしれないですね。

(C) は、ヨハン・ボータの演じるカラフ。「トゥーランドット・オン・アイス」の連載中に別の写真をご紹介したので、この写真については、すんなりカラフだとおわかりいただけたのではないかと思います。これ、ドミンゴとほとんど同じポーズなのが面白いですね。

------------------------

Q3の正解:(b)

e0073856_22252415.jpg(a) は、ホセ・カレーラスの演じるカラフ。このDVDのジャケット写真に使われています。

(b) は、メトロポリタン歌劇場「魔笛」のタミーノ。「魔笛・オン・アイス」の頃に、テレビで放映されましたよね(こちらを参照)。よく見ると、ちゃんと魔笛を手にしています。一緒に映っている女性(パミーナ)が、トゥーランドットにしてはかわいらしくて西洋的なので、「魔笛」の写真とわからなくても、正解にたどり着けたのでは。

(c) は、ソフィア歌劇場「トゥーランドット」のカラフ(出所はこちら)。「トゥーランドット・オン・アイス」の最後のほうに、同じ舞台の写真を使ったことがあります。さらに、ソフィア歌劇場「トゥーランドット」を紹介するこのサイトをリンクしたことも。
[PR]
by noma-igarashi | 2008-09-30 01:25 | クイズ&投票 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/8687473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニルギリ at 2008-10-02 17:59 x
やってみました。
NOMA-IGAさんの教育的指導のおかげで、2勝1敗、Q1で(d)と答えてしまいました。まあまあでしょうか?学習能力が足りないでしょうか?
トゥーランドット姫も(あえて)バリエーションが豊富ですが、同じ数だけカラフもいるってことですよね、こいういのに、だいぶ慣れました(笑)
先日、還暦のジュリーが歌い踊る姿に驚愕しましたが、慣れるとやっぱりジュリーはいい〜と思った次第で。ちょっと違うか。

前の記事のコメント欄で紹介していただいたメトロポリタンオペラ、おもしろそうなラインナップですよね。リアルタイムで見るのはちょっと難しいので録画、そうするといつ見るのだ?となるのが情けないところです。
全く関係ないですが、先月のカラヤン特集「カバレリアルスティカーナ」、以外にも(失礼)楽しめました。もしかして私、愛憎劇好きなのか?「ラインの黄金」はまだ半分しか見てない(汗)、こうして溜まっていくんですよね。
Commented by NOMA-IGA at 2008-10-02 23:29 x
>ニルギリさん
お疲れさまでした~。挑戦してくださって、ありがとうございます。
Q1は難しかったと思うので、2勝1敗なら上出来では。

ところで、あまりオペラ歌手の外見のことばかり書くのもどうかなと思って、いったんは自重してたんだけど、やっぱり書きたい気持ちを押さえきれず、ここに書いちゃいます。(^^;;;
Q1の選択肢に使ったニコラ・マルティヌッチ(いちばん上の写真の人)ですが、この人、だいぶ前に買った「アイーダ」のDVDにラダメス役で出演していました。そのときからなんとな~く気になっていたんだけど、先日、「トゥーランドット」にも出演しているのを見て、確信に変わりました。
実はこの人、あまり背が高くないようで、いつも厚底ブーツ(というか踵がすごく高い靴)で舞台に登場するんです。「アイーダ」のときは、たまたまそういうデザインの衣装なのかと思ったのですが、「トゥーランドット」で、丈の長い衣装からチラッと覗いた靴がやはり厚底。さらに、公式サイトで舞台写真を確認したり、YouTubeでほかの動画を見てみたりもしましたが、やっぱりそうでした。
Commented by NOMA-IGA at 2008-10-03 00:03 x
(↑)厚底ブーツがわかりやすい写真 (私の名前をクリック)

「アイーダ」の動画 
ttp://jp.youtube.com/watch?v=MZKgmtEEqQ4

「トゥーランドット」の動画 (上記「アイーダ」に比べると、歳を取っていることにも驚いた…)
ttp://jp.youtube.com/watch?v=_aIKZ_7WITw

※すべて、先頭に「h」をプラスしてください。歌はうまいから、動画を見る人は足元を確認するだけじゃなくて、歌も聴いてあげてね。

もちろん、オペラ歌手は、見かけは二の次。歌がうまければいいんです。いいんですけど、やっぱり気になる~。相手役がいると大変ですねえ…。
Commented by 春紅葉 at 2008-10-04 14:57 x
こんにちは。
オペラ歌手の外見のこと、私も常日頃「歌が第一なんだ」と自分に言い聞かせながらも気になって仕方ありません。ミュージカル鑑賞だと主役は美男美女で歌も上手というのが普通だったので、オペラ観始めた頃は特に受け入れるのに苦労しました(笑)。
ただ本当に素敵なダンスや味わい深い演技をする人だと外見は二の次で舞台を見るのが楽しかったので、いろいろなオペラを観ていくうちに好きな歌手が出来たらいいなと思っています。まあオペラ歌手は皆歌が上手なのは(多分)基本だから、私にとって好きになる条件は歌声が好みってことかな。もちろん以前から言っているように、外見にも許容範囲はありますよ。
でその歌声にかなり惹かれて今大好きになりつつある福井敬さんの出演する「トゥーランドット」のチケットが、やっと発売になったので早速購入。福井さんも外見としてはちょっとシークレットブーツが必要(ごめんなさい)なのかもしれませんが、そんなこと気にならないくらいの美声なので今から3月が楽しみです。

最後になったけど私も2勝1敗でした。まだ修行が足りなかったかしら。
Commented by 春紅葉 at 2008-10-04 14:58 x
さらに追加で…ちょっと宣伝っぽいけど、この「トゥーランドット」は来年の3月にびわ湖ホールと神奈川県民ホールで上演されます。二期会や藤原歌劇団など日本人の出演だからチケット代もお手ごろなので、お近くの方いかがですか? びわ湖ホールも補助金削減など存続の危機にあるらしいので、よろしかったらホールがつぶれないように協力して差し上げてください。
Commented by 春紅葉 at 2008-10-04 21:23 x
こんばんは。
さらに続けちゃって申し訳ないです。先ほどネット徘徊していて知ったのだけど、今日東京は「トゥーランドット」の日だったそうですね。何でも都内3ヶ所で上演されたらしいです。来日公演のソフィアとウクライナに新国で、そのうち新国は賛否両論の斬新な演出なんですって。
ニルギリさんはそもそも東京までオペラ鑑賞には来なかったでしょうが、無難な演出のキエフ・オペラに行くことにして(で合ってますよね?)良かったですね。
Commented by NOMA-IGA at 2008-10-05 10:46 x
>春紅葉さん
>ミュージカル鑑賞だと主役は美男美女で歌も上手というのが普通だったので、オペラ観始めた頃は特に受け入れるのに苦労しました(笑)。

あはは。ほんとにそうなんでしょうね。
私の場合、ミュージカルは全然くわしくないんですが、オペラになじんでからオペレッタをまとめて見たところ、出演者がみんなきれいだし、スタイルがいいし、歌ったり踊ったりできるし、驚いてしまいました。ただ、オペレッタの歌はやっぱり、オペラよりも歌いやすいものが多いように思うので、比較しちゃいかん、などと思ったり。

>まあオペラ歌手は皆歌が上手なのは(多分)基本だから、私にとって好きになる条件は歌声が好みってことかな。

ふむふむ。
これ、私の場合はどうかなあと、昨日から考えていました。特別に好きな歌手はまだいないんだけど、ちょっとお気に入り、という程度で考えると、演技力というのか、役のとらえ方に説得力がある人を気に入ることが多いかな? たとえば、Q1の選択肢に使ったサミュエル・レイミーとか。さほど見かけのいい人ではないですが、この人のエスカミーリョやドン・ジョヴァンニは味わいがあって好きだったりします。
Commented by NOMA-IGA at 2008-10-05 13:12 x
>春紅葉さん
>今日東京は「トゥーランドット」の日だったそうですね。何でも都内3ヶ所で上演されたらしいです。

そういえば、そんな話がありましたね。初台、上野、八王子、でしたっけ。だいぶ先のような気がしていましたが、昨日でしたか。もう10月ですもんね。新国もシーズンインしたんですね。

>そのうち新国は賛否両論の斬新な演出なんですって。

へえ~。前の演出も、なんだかSFっぽい雰囲気でしたよね。
試しに公式サイトに行ってみたら、早くも写真がUPされていていました(例によって、私の名前をクリックしてくださいませ)。

写真で見た印象だけだと、あんがい普通のようにも思えるけど、そうはいっても<12>の写真なんかは、妙に現代的ですよね。実際に見てみると、どんなふうなんだろう。あとで私も感想ブログを探してみようっと。
Commented by ニルギリ at 2008-10-06 11:56 x
ミュージカルの主役が美男美女だから…と言う春紅葉さんの言葉に、深〜くうなづいた私です(笑)
四季のこどもミュージカルから始まり、わりと小さいうちからミュージカルは見てたんですよ。オペラ歌手の容姿にツッコミ入れてしまうのはそのせいですかね?ミュージカルも子役を女性が演じたりで、ちょっとね…ということあるし、美貌で有名な方でも、歌いだすとありゃりゃな人が結構いて、さすがにそういうのはご勘弁願いたい私です。
あと舞台に立った時に支配力がある…というのもポイントかも、つまりオーラか?オペラだって、そういう部分はありますよね?以前浅丘ルリ子さんの舞台を見た時、彼女が出てきた途端、場が華やかになり、その吸引力のすごさにびっくりしました。

オペラは鑑賞初心者なので手探りです。もっと深く理解できるようになれば、好みもはっきりし、東京でもどこでも何がなんでもという公演もでてくるでしょうか?
キエフオペラは、私の地元公演なので、でも…事前にNOMA-IGAに相談した私です。だってチラシの写真が…だって姫と王子が…だって、だって…(以下自粛)
Commented by ニルギリ at 2008-10-06 11:56 x
どこに書いていいか迷ったけど、とりあえずここで。
のしさん、春紅葉さん、東京ブロックは、私もエントリー…もちろん観客で!
個人の好みですが、スター選手や目当ての選手がいない地方大会や国体もおもしろいですよ。以前国体を丸一日(朝から夜9時位まで)見た時も、ピンキリでビミョーな選手が続くと途中眠気が襲ってきたりするのですが(スマン)、飽きたとかそういうことは全くありませんでした。選手やコーチがとても近くに感じられるのもうれしい。でも地方開催の大会だからで、東京ではこうは行かないかもしれません。
当初は、途中で帰ったっていいのだから位に考えてましたが、楽しく過ごせる自分にある意味驚いたりして(苦笑)。
ただ一点、防寒だけは怠りなくです。
Commented by 春紅葉 at 2008-10-06 18:46 x
まあニルギリさんったら、今週末は東京にいらっしゃるんですね。
私、月曜日は一応「芸術の秋(笑)」だし来週母と小旅行なのでお目にかかれないのは残念だけど、土日は予定空いているものの自粛します。

私もニルギリさんと同じでミュージカルやストレートプレイの舞台で美男美女でも、それだけじゃ演技が心に響いてこないしやっぱり存在感って重要だと思います。オーラとかあるいは華があるっていう事かしら。
あと私の場合大ファンになって長く応援したい人の共通点としては、役柄が天から降りてくるタイプの人かしら。俳優に限らないけどそういった舞台上(もちろん氷上とか音楽でのステージとかも含めて)で、なりきった感じがする人が多い気がします。素顔と舞台上でのギャップがある人とも言えるかな。

オペラに関してはホントにまだ初心者だから、また観たいと思える歌手に出会えるといいなと思いながら観に行っています。福井さんは今のところその第一候補です。どうやら若いオペラ歌手にも人気がある人みたいなので、実際に観たら気に入る可能性は高いです。
NHK杯のチケット取れたらすっかり安心しちゃって、今オペラに心が向いているみたいですね、私…。
Commented by NOMA-IGA at 2008-10-06 22:44 x
>ニルギリさん
言いだしっぺの私が書くのもアレですけど、オペラ歌手は全員が容貌に問題を抱えているわけではありません(当たり前だってば)。ニルギリさんへのレスを考えているうちに、逆のケースもあることに気がつきました。
つまりですね、けっこうカッコいい人なのに、役柄や演出によって、とんでもない格好をして登場することがあるんですよね。前に見た例では、映画「魔笛」で渋いザラストロを演じていたルネ・パーぺが、メトの「魔笛」ではわけわからん衣装で登場したことがありましたっけ。
そのときの写真(↓)
ttp://archive.operainfo.org/images/zauber/flote7.jpg
さらに、それ以外の例も見つけましたよ。このネタはちょっと長くなりそうなので、あとで独立した記事にして、写真付きでご紹介します(もしかしたら明日になるかも)。

浅丘ルリ子さんの話は、カッコいいですね~。舞台に立つ人は、やっぱりそういうオーラというか華というか、存在感がほしいですよね。
そういえば、生で見たルネ・パーペは、はるか彼方の席から見ても、存在感バツグンでした。まあ、彼が登場するのを楽しみにしていたから、というのもあるかもしれないけど。
Commented by NOMA-IGA at 2008-10-06 23:10 x
>ニルギリさん
再びこんばんは。
東京ブロック大会、お目にかかれそうですね。初日にチラッとだけ中を覗いて、会場の寒さを確認してきます。

エントリーは本当に豪華ですが、果たしてどれだけの選手が実際に出場してくれますやら。中野友加里選手、出てくれないかしらん。過去2年は出場したとのことなので、ひそかに期待しているのですが、ファンサイトの情報から推測すると、微妙でしょうかねえ。

ワールド以来、1年半ぶりの千駄ヶ谷ですが、変化の激しい東京といえども、あのあたりはまったく変わっていないものと思われます。20年前も…いや、30年前もあんな感じでした。さすがにエクセルシオールカフェとかはなかったと思うけど。
Commented by NOMA-IGA at 2008-10-07 00:05 x
>春紅葉さん
こんばんは~。春紅葉さんはご旅行ですか。いいなあ。
あ、そうだ。忘れないうちに書いておくと、近いうちにメールを差し上げると思います。しばらくお待ちくださいね。

ところで新国の「トゥーランドット」ですが、手っ取り早いところで某巨大掲示板を覗いてみたところ、やはりなかなかに斬新な演出だったようですね。
「トゥーランドット」と直接の関係はないんだけど、その掲示板で、ちょっと面白い話題が出ていました。「斬新な演出のときは、ネタバレになってもいいから、事前におおよそのことを知っておきたい」という意見と、「見る前にバレてしまうなんて、つまらない」という意見が出ていて、私は前者の意見がわかるなあと思いました。普通の演出であれば、見てのお楽しみのほうがいいけれど、斬新な演出の場合だと、あらかじめ心構えをしておかないと、ショックを受けているうちに、舞台が終わってしまいそうで。せっかく見に行くのに、それではもったいないと思ってしまうのでした。
(なんか、話題が脱線してしまいましたが…)
<< 五輪チケット、NHK杯チケット ブロック大会スタート >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧