111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

トゥーランドット・オン・アイス(33)

今回のネタは、今日になって急に思いついたものでして、「どうかなあ、どうしようかなあ…」と迷いつつも、せっかく思いついたので、採用してみることにしました。 「ええ~? それはどうなの?」という内容だったらゴメンナサイ。(…って、その部分をまだ全然書いていないので、意味不明ですが)
書き終えましたが、たいして深い意味があるわけではないので、さらっと読んでいただけたらウレシイです。

さて、この部分の動画として、3つ前の記事でミラノ・スカラ座の舞台をご紹介しましたが、ほかにもないかしらと探してみたところ、なかなかいいのが見つかりました。デル・モナコがカラフです~!

Che è mai?(いったい私に何が?)~フィナーレ
映像が少ない時代の人なので、動画というより写真の組み合わせですが、なかなかの力作です。なかには、「それはカラフじゃないでしょう!?」という衣装の写真も混じっていますけど、それはそれで興味深い。デル・モナコはやっぱりいいですね。外見的には、年齢とか髪型とか衣装とかによって、カッコよかったり謎だったり、けっこうバラツキがありますけど、それもまたご愛嬌。歌はほんとにうまいです。うまいし、品がありますね。

一方、トゥーランドット役の歌手インゲ・ボルクは、私はよく知らないのですが、この時代の有名なソプラノ歌手のようです。なかなか美人ですね。

今回の出演者 ヒップホップ(カラフ):高橋大輔、トゥーランドット:荒川静香



e0073856_22485046.jpg

引き続き、王宮の庭園――。

トゥーランドット静香:さあ、答えて。私に冷酷な心のままでいてほしいのか、優しい心にめざめてほしいのか、どっちなの!?
ヒップホップ高橋 (呆然)
トゥーランドット静香:さあ、早く答えて!
ヒップホップ高橋:あ、あの…。
トゥーランドット静香:どっちなの!?
ヒップホップ高橋:そ、そうじゃなくて…。あの、ちょっと待ってもらえないかな、と思って。
トゥーランドット静香:何のために?
ヒップホップ高橋:どうすればいいか、相談したい人がいるんだ。だから、待っててもらえるとうれしいんだけど…。
トゥーランドット静香:待つとしても、夜明けまでに戻ってこられるの?
ヒップホップ高橋:あ、うん。それは大丈夫。
トゥーランドット静香:それなら、いいわ。でも、誰に相談するの?
ヒップホップ高橋:ボス!
トゥーランドット静香:は…?
e0073856_19331631.jpgヒップホップ高橋:ボス。あ、といっても、缶コーヒーじゃないよ。
トゥーランドット静香:………。
ヒップホップ高橋:えっと、あの、姫は、シンコさん…なんだよね? ボスって、ほら、七曲署の――。
トゥーランドット静香藤堂さんのこと? あの顔で日本人の名前を名乗っていた、係長のこと?
ヒップホップ高橋:うん!
トゥーランドット静香:どうしてまた、いきなり彼が出てくるの? ここは古代中国で、彼は21世紀の人よ?
ヒップホップ高橋:それはそうだけど、タカヒコ君に頼めば、タイムスリップできるはずなんだ。ちょっとだけ21世紀に戻って、ボスに会って、またここに帰ってくる。大丈夫だよ。戻ってくる時間をちょうど今に設定すれば、全然問題ないはずだから。
トゥーランドット静香:そのことは心配してないけど…。でも、21世紀に戻っても意味がないと思うわよ。
ヒップホップ高橋:え?
トゥーランドット静香:七曲署に戻っても、ボスはもういないわ。だから、相談できないわよ。
ヒップホップ高橋:ボスが…、いない?
トゥーランドット静香:タイムスリップした拍子に、記憶の一部が飛んだのかしら? よ~く思い出してみて。あなたとゴリさんがタカヒコ君を訪ねていった日、捜査一係の部屋に、すでにボスはいなかったでしょう?
ヒップホップ高橋:そ、そういえば…。
トゥーランドット静香:あの時点で、彼はすでに異動していたの。別の署で、若手刑事のコンビを育てているらしいわ。
ヒップホップ高橋:若手刑事のコンビ?
トゥーランドット静香:ええ。なんでも、「トミーとマツ」の向こうを張って、「アダムとノブ」っていうらしいわよ。
ヒップホップ高橋:そ、そんな…。 (愕然)
トゥーランドット静香:別にいいじゃない。あなたはあなたで頑張ればいいだけのことだもの。
ヒップホップ高橋:で、でも…。 (おろおろ)
トゥーランドット静香:しっかりしなさいよ。忘れているのかもしれないけど、あの日、七曲署を出た時点では、あなたもボスの異動を納得していたわよ。
ヒップホップ高橋:でも…。こんなときこそ、ボスに相談しようと思ったのに…。いったいどうすれば…。 (おろおろ)
e0073856_19491766.jpgトゥーランドット静香:そのぐらいのこと、自分で考えなくてどうするのよっ!!
ヒップホップ高橋:………。 (びくっ!)

(びっくり!という表情の写真がほしかっただけで、猫の切手である必然性はないです)

(続く)
[PR]
by noma-igarashi | 2008-09-08 22:50 | オペラ・オン・アイス | Comments(2)
Commented by ニルギリ at 2008-09-11 12:06 x
いつもいつも選択と決断を迫られているダイスケ=ヒップホップ=カラフに「ご苦労様!」と言いたい(笑)

昨夜はダラダラと映画「オペラ座の怪人」を見ていました。ダイスケがFPの後半で使っていた「Point of No Return」を聴きながら、ここを越えてしまったら後戻りできない(大げさに言うと)人生のポイントって、フィクションの世界だとドラマチックだけど、意外と後から気がつくものかなあ?となんとなく思って見てました。
まあそういう積み重ねが、生きていくってことですかねえ。
ダイスケもまだまだ決断を迫られる事が多そう、ファンとしちゃ、なかなか慣れないんですけどね(苦笑)

ジェフの引退残念ですね。よく考えた上での決断、今は「お疲れ様でした」と言うしかないのかな?でも寂しいですね。
記者会見にバーケルコーチが同席していて、すごくいい信頼関係があるんだなと、ジェフらしいなと感じました。
Commented by NOMA-IGA at 2008-09-12 00:19 x
>ニルギリさん
>いつもいつも選択と決断を迫られているダイスケ=ヒップホップ=カラフ

そうですねえ。なんとな~く、作者のつじつま合わせの犠牲になっている、という気もしますけど…。(^^;;;
本来のカラフは、謎解きには苦労するものの、けっこうお気楽なキャラかも。少なくとも、さほど選択と決断に迫られるわけではないと思います。むしろ、後先考えずに行動しちゃうから、周りがいい迷惑。その犠牲になるのがリューですが、でもまあ、王子が奴隷と結婚できるものでもないだろうし、愛人にしちゃうのもどうかと思うし、やむを得ないかな。

>昨夜はダラダラと映画「オペラ座の怪人」を見ていました。

これねえ、やっていたのは知っていたんだけど、時間的に全部見られないと思ったので、パスしてしまいました。終わり近くになって、途中からでも(または切れ切れにでも)見ればよかったかな、とも思ったけど、後の祭り。近ごろの私の選択と決断は、このレベルです。やれやれ。
<< オペラ・クイズ(ダッタン人の踊り) チョン・ミョンフン指揮スカラ・... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧