111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

突発的オペラクイズ

Q この写真は次のどのシーンでしょう?

e0073856_174703.jpg


(1)「ニーベルングの指環/ラインの黄金」で、巨人族(後)に詰め寄られるヴォータン(前)

(2)「トリスタンとイゾルデ」で、瀕死のトリスタン(前)を訪ねてきたマルケ王(後)

(3)「椿姫」で、父親ジェルモン(前)と争うアルフレード(後)

(4)「トゥーランドット」で、王子カラフ(後)に助け起こされる父ティムール(前)

(5)「カルメン」で、闘牛士エスカミーショ(後)と争うドン・ホセ(前)

というか、「どれが正解だったらいちばんイヤか?」という質問にしたほうがよかったりして?(^^;;;



e0073856_17573822.jpg
お察しかとは思いますが、正解はこちら。

(4)「トゥーランドット」で、王子カラフ(後)に助け起こされる父ティムール(前)

このDVDの1シーンです(→)。ザルツブルク音楽祭2002で上演された「トゥーランドット」。
これでもし、トゥーランドット役がアレッサンドラ・マルク嬢だったら、さらにすごそうですね。

ちなみに、個人的には、(5)だったらいちばんイヤかな。(^^;;;

(第1幕) 謎解きに挑戦するため、王宮の銅鑼を鳴らす王子カラフ
e0073856_1815148.jpg

[PR]
by noma-igarashi | 2008-08-30 17:59 | クイズ&投票 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/8541282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2008-08-31 03:57
タイトル : 「トゥーランドット」最高の名盤
このオペラの録音中、最高の顔触れを揃えた屈指の名盤だ。 ... more
Commented by 春紅葉 at 2008-08-30 20:41 x
確かに(5)もイヤだけど、私は(3)が一番イヤ。たとえヘタレでダメダメなアルフレードでも、私にとっては姿は美しくなきゃ許せないもの(笑)。
そういえば先日「椿姫」の舞台を第2次世界大戦中のフランスに翻案したミュージカル「マルグリット」の日本版が、来年上演されると知りました。
主演が春野寿美礼さんなのでちょっと興味があるのですが、個人的理由から観に行って切なくなってしまうかも知れず悩みどころです。もちろん切なくなるかもしれないのはあくまで個人的なことで、アルマン役はなかなかイケメンのようです。
Commented by 美輪@brownycat at 2008-08-31 18:38 x
年齢的にどうなんでしょう、このカラフとティムール王の関係って(^_^;)。
まぁね~、オペラの場合主人公は歌がうまくなくちゃ困るでしょうけど、それにしたって……(^_^;)もうちょっと外見とか年齢とか考慮してキャスティングできないもんでしょうか、とオペラ素人は考えてみる。
Commented by NOMA-IGA at 2008-08-31 18:52 x
>春紅葉さん
>確かに(5)もイヤだけど、私は(3)が一番イヤ。

春紅葉さんは、本当に「椿姫」がお好きなんですねえ。というか、思い入れがあるのかな。

このクイズの正解は(4)だけど、カラフもアルフレードもテノールの役柄なんだから、この人(ヨハン・ボータという歌手です)、アルフレードを演じたこともあるかもよ、と思って、公式サイトを探して確認していきました。今のところ、アルフレードを演じたことはないようです。おめでとうございます!(←ひどい言い様…)

ちなみに、今、アルフレード役でいちばん人気なのは、ネトレブコとのコンビで人気が出たビリャゾンのようです。いつ見ても濃いわ~。
(ネトレブコと一緒のCDジャケット)
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/2524464
(ザルツブルク音楽祭2005「椿姫」の舞台写真)
ttp://www.salzburgerfestspiele.at/Default.aspx?TabID=135&collectionId=66&ArchivYear=2005
※ご覧になるときは、先頭に「h」をプラスしてくださいませ。

ところで、このクイズ、できれば正解以外には、(1)のような選択肢を揃えたかったのだけど、知識不足で思いつかず。ちょっと悔いが残ります。
Commented by NOMA-IGA at 2008-08-31 19:31 x
>美輪さん
>年齢的にどうなんでしょう、このカラフとティムール王の関係って(^_^;)。

ああ~、その不自然さはねえ…。
オペラファンとしても、「こんな親子ありえな~い!」と思うケースは多々あるんですが、おっしゃるように、やむを得ない面もあるんですよね。というのは、オペラの主役はたいていテノール。一方、父親役はバスかバリトンということが多いのですが、テノール歌手がみんな若く、バス・バリトン歌手がみんな年配、ということはありえないので。

ひどいときには、息子のほうが年上、というケースも見たことがあります(これ、写真が見つかれば、クイズにできるかもしれないですね)。見た目的にもありえない親子を、親子として受け入れなければいけない悲しさ…。いや、面白いっちゃ面白いんですけど。(^^;;;

なお、この機会に調査してみたところ、この写真のカラフ役ヨハン・ボータは1965年生まれで、この写真のときは37歳。父ティムール役のパータ・プルチェーゼは1955年生まれで、同じく47歳だったようです。オペラファン的には、許容範囲かな。
Commented by 春紅葉 at 2008-08-31 21:24 x
「椿姫」はつい容姿にこだわっちゃいますが、オペラでは少しは我慢(?)しなければならないっていうことも理解しようと思ってはいるんです。実際素晴らしい歌声を聴けば、気にならなくなるものですし。ただし限度はあります(笑)。

でもNOMA-IGAさんが調べてくださった、このお二人の歌手の年齢ってどうなんでしょう。ティムール役の人はまあ納得できるとして、カラフ役の人はとても30代に見えないんですけど。
私個人としてはエンターテイメントに携わる人は、外見にもこだわってほしいのでそういう点でNGだな。もちろんそれはイケメンというんじゃなくて、清潔感とかあまり老け込まないとか太り過ぎないとか、ファンとして夢を壊してほしくないという観点からです。
というわけでアルフレードを演じたことがないのは幸いでした。(←さらに追い討ちかけてる)

今人気のアルフレード役の人はホントに濃いですね。これはこれで苦手かも。
これBSで放送したのが家にあるんだけど、なにしろ変な演出なので私は観ていないんです。そのうち気が向いたら(向くんでしょうか?)観てみます。歌がよいなら大丈夫かも、自信ないけど…。
Commented by NOMA-IGA at 2008-08-31 22:17 x
>春紅葉さん

ああ、かわいそうなヨハン・ボータ(涙)。←わざとらしい
YouTubeを調べたところ、こんな動画がヒットしました(私の名前をクリック)。「フィデリオ」のフィナーレ部分をステージで歌っています。

最初に歌う(~1:00)のがトマス・ハンプソン。ちょっと自信がありませんが、たぶん、大臣の役だと思います。ハンプソンは、例の「椿姫」で父ジェルモンの役を演じています。息子よりカッコいいです。(^^;;;

2番目に歌う(~1:35)のがデボラ・ポラスキー(だと思う)。彼女はフィデリオ(レオノーレ)でしょう。獄中の夫を救うために、男装して活躍する役です。

そして、3番目に歌う(~1:53)のがヨハン・ボータ。前述レオノーレの夫で、無実の罪で投獄されているフロレスタンの役だと思います。ステージだからまだいいけど、獄中でやせ細っているであろう人物がこれでは…。いや、ここはやはり歌声をお楽しみくださいませ。私としては、4:53~5:22の歌声が好きです。
ここ2、3年ぐらいの間に収録された映像じゃないかと思いますが、ということは、ヨハン・ボータ、40歳くらいですよね? 40歳の風貌としては、こんなものでは? どうでしょ。
<< トゥーランドット・オン・アイス... ご参考までに >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧