111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

採点競技は難しい

※細かいところを何回か書き直してしまいました。ごめんなさい~。(8/20朝)

五輪観戦もだいぶお腹いっぱいになってきたな~などと思いつつも、なんだかんだとTVの前にすわっております。体操、トランポリン、シンクロなど、採点競技はふだんから試合を見ていないと、採点のツボがよくわからないですね。なんであの選手がこんなに高得点なのか、なんでこの選手がさほど評価されないのか、納得できることもあれば、納得しにくいこともあり…。今日見た中では、男子鉄棒もトランポリンも(全部じゃないけど)けっこう謎でした。

ひるがえって、フィギュアスケートはどう見えているのかな、と思ったりもします。旧採点の頃は、試合が始まる前から、ある程度の順位が決まっているように感じられるところがあって、個人的にはそこがなんとも歯がゆく、今ひとつフィギュアにのめり込めない理由でもありました。新採点になって、そういう面はだいぶ解消されましたよね。SPで失敗してもフリーで挽回できるようになったし、私としては、スポーツ競技として面白くなったんじゃないかと思っています。一方で、みんなが同じような演技をするようになったなど、デメリットもあるとは思うし、フィギュアにくわしい人ほど、新採点を評価しない傾向があるようにも感じますが。

そういえば、2つ前の記事に、フィギュアにも種目別とかあれば…などと書きましたが、体操の種目別を見ていて、種目別でメダルを取るのは簡単なことではないんだなと認識を新たにしました。メダルのチャンスは増えるにしても、決勝には8人しか進めないし、8人の実力差がそれほどない中で、たった1回の演技をきれいに成功させなければいけないわけだし…。もしもフィギュアにも種目別があったら、精神的・肉体的負担が増えて、かえって大変かも。

そんなわけで、フィギュアの種目別はあきらめましたが(いや、勝手に妄想して、勝手にあきらめているだけのことなんですけど)、団体戦はぜひやってほしい~。まずは、日本で来春行われる試合に注目したいですね。

【追記】
そういえば体操女子の種目別・跳馬で、ロシアのアンナ・パブロワ選手の2回目の演技が、なんと0点でした。あれはなぜ? 「実施が認められず0点でした」としか解説されなくて、なぜ認められなかったのかという肝心なところがわからずじまい。どなたかご存知でしたら教えてください~!

※「トゥーランドット・オン・アイス」、なかなか進みませんが、もちろん最後までちゃんと書き上げますので、どうぞ気長におつきあいくださいませ。
[PR]
by noma-igarashi | 2008-08-19 22:46 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/8490276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 美輪@brownycat at 2008-08-20 04:44 x
おはようございます~(^o^)丿 
採点競技は本当に難しいですね。素人目にはわからないところで得点が出たり出なかったり……。
今回、体操男子は日本には厳しい結果となってしまいましたが、これが旧採点だったら絶対的に日本有利だったと言われています。なんつーか、どの競技でも日本が強くなると……いや、これ以上は言いますまい(苦笑)。

さて、女子跳馬のパブロワ選手ですが、なんでも「スタートと認められる前に演技を始めてしまった」のだそうです。いわばフライングですね。しかし0点とは……やり直しがきかないというのは厳しいなあ……。
Commented by NOMA-IGA at 2008-08-20 21:10 x
>美輪さん
>女子跳馬のパブロワ選手ですが、なんでも「スタートと認められる前に演技を始めてしまった」のだそうです

こんばんは! 情報ありがとうございます。
ぬ、ぬわんと…。たったそれだけのことで、0点。かわいそう~~~。ほんと、せめて減点にとどめるとか、陸上みたいに、即座に走るのをやめさせるとか、何かもうちょっと穏便な対処法がないんでしょうか。気の毒すぎます。4年間、この日のために頑張ってきたんだろうに…。

シンクロも始まっていますね。シンクロはオリンピック以外でも、テレビで放送があればけっこう見るほうですけど、ロシアには勝てないというのが大前提になっているようなのが、なんとももどかしい。テレビの番組も、「また2位で残念」じゃなくて、「2位でおめでとう」というつくりだし…。選手が2位、3位でうれしいのなら、それでいいのかなー。
Commented by ニルギリ at 2008-08-21 18:32 x
オリンピック、いろいろ見たいけど、見切れるもんではないですね。
可能ならライブで、競技の経過も含めて見るのがベストですが、難しいですね。時差が少ないのはいいはずなんだけど、日中の競技って、仕事だと見られないわけだし、いっそ夜中にライブの方がまし…なんて、訳のわからないこと考えてしまいます。
体操もシンクロも好きですが、採点競技はホント謎が多いですね。にわかフィギュアスケートファンも、こんな感じなんだろなと思いました。

シンクロ、どんでん返しがおこりにくい競技なんでしょうが、日本のポジションは、すっかりメダル死守みたいな事になって、そりゃロシアはすごいさ…とは思うけれど、金狙うとか言っちゃ恥かくのかしら?
打倒中国が強調されてるのもね…。外国人コーチが当たり前のフィギュアスケートを考えると不思議ですね。

そうは言いつつも、シンクロ見応えありましたね(笑)。TRの時は、スケートの音楽表現に比べて物足りない…なんて思ったんですが、FRは作品として楽しめました。
で〜やっぱりロシアはすごい!と(苦笑)

Commented by NOMA-IGA at 2008-08-22 20:29 x
>ニルギリさん
>時差が少ないのはいいはずなんだけど、日中の競技って、仕事だと見られないわけだし、いっそ夜中にライブの方がまし…

それはありますね~。ただ、競技によってはライブだとドキドキするから、結果を知った上で見るほうが気楽でいい、というケースもあったりして。いろいろですね。

>シンクロ、どんでん返しがおこりにくい競技なんでしょうが、日本のポジションは、すっかりメダル死守みたいな事になって、

民放のスポーツ中継を見ていると、「金メダル、金メダルって言いすぎ」と思うことが多いのに、シンクロに関しては、「なんで金メダルを期待してあげないの?」という不思議な事態に…。
もちろんロシアはすごいと思うし、スペインもすばらしい。でも、とにかく順位が固定されているかの印象があるのが、スポーツとして今ひとつ魅力に欠けるな、という気がしてしまうんですよね。たまに変動があったと思うと、日本が抜かれてしまうというパターンなのがまた悔しいし…。
そういえば、今日のチームTRでは、中国が上にいってしまったようですね。頑張ってほしい~。
<< トゥーランドット・オン・アイス... トゥーランドット・オン・アイス... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧