111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

ゆかりん

すばらしい! 満場スタオベです!



今回、私がいちばん感動したのが中野友加里選手の演技でした。直後に滑ったサラ・マイアー選手の出来もすばらしかったし、実際、点数はマイアー選手のほうが上だったのだけど、個人的には中野選手の演技のほうが深く印象に残りました。日本人としての身びいきもあるとは思うんですが、オーラが見えるようなすばらしい演技でした。

最初に3Aを跳んだのを皮切りに、ジャンプは次々と決めるわ、スピンは美しいわ、おなじみの笑顔を振りまきながらひゅーんと滑っていくわ、演技がどんどんと進んでいって、「うわあ! 私たち今、イェーテボリのときと同じ演技を目の当たりにしてるんだ。日本の私たちの前でも、あのときと同じ演技を見せてくれてるんだ!」と気がついたとたん、じわ~んと胸が熱くなりました。

演技終盤のジャンプを降りたときから、会場はもう拍手が鳴り止みませんでした。中野選手が最後のポーズを決めるや、すぐさま立ち上がりましたとも。ほんとにすばらしかった!

今回、いちばんのお目当てだったダイスケがあの結果で、ガラのほうがずっと出来がよかったと聞いても、コンペのほうに行ったおかげで中野選手のあの演技を見られたわけだから、それで十分満足です。
[PR]
by noma-igarashi | 2008-04-20 15:14 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/7780153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by びえい at 2008-04-23 01:25 x
こんばんわ。
会場では色々とありがとうございました。
私も今回JOだけでした。行けるスケジュールではなかったのですが、友加里さんが参加するのでは?という某○ッツさんのささやきを聞いて即チケット手配でした。最後のFSを生で観たかったので。皆様ありがとうございました。

友加里さんは全力を出し切って演技してくれると思ってましたので期待感大大大でした。
おきな会場での地響き?イェテボリの雰囲気を感じました、凄かったですね。
思えばこのFSは、東京ブロック大会で観て以来の生でして、あの時衣装と見事に成功した3Aに感動して始まったのですが、今回観た時、更に鮮やかに観えた衣装、更にスペインの情熱的な雰囲気が増した演技に感動しまくりでした。最初と最後を観れてすごく幸せ。全日本も観れたらもっと幸せ、会社サボっとけばと今でも後悔(笑)
Commented by びえい at 2008-04-23 12:47 x
連投です。
できることならGALAも見たかったのですが、、特に多くの海外選手の演技を観れるチャンスは多くないので。

友加里さんのアリアは、お披露目のDOIの時の風をイメージした通りの演技が脳裏に焼きついていまして、衣装も演技もあの時のが大好きです。結局、衣装はあのDOI限りになっちゃいましたが。
最近のアリアは本当に白鳥になっちゃったですね。(笑)
と、観れるなかった負け惜しみを言っときます。(笑)
Commented by NOMA-IGA at 2008-04-23 20:38 x
びえいさん、こんばんは!
当日は、こちらこそいろいろありがとうございました。
もしかして、最初のコメントをいただいた後で、exciteブログがメンテナンスに入ってしまったでしょうか? ご迷惑をおかけしました。

ゆかりんの演技、本当に素晴らしかったですね! どなたかのブログ(掲示板?)で読んだのですが、彼女、イェーテボリでは「イェーテボリの恋人」と呼ばれていたとか。すばらしい! なんだか札幌オリンピックのときのジャネット・リンを思い出してしまいました。「札幌の恋人」とか「銀盤の妖精」とか呼ばれていましたよね。私たちがジャネット・リンを愛したように、スウェーデンの人たちもゆかりんを好きになってくれたのかなと思うと、うれしいです。感動。
来年はぜひ、ファイナルや世界選手権の表彰台にも上ってほしいですね! 個人的には、「SAYURI」のような和風のプログラムもまた見たいです。
<< サラちゃん 女子2人終了 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧