111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」TV観戦レポ

先日(3月30日)開催された名古屋フェス、さる方のご好意でTV放送を見ることができました! そこで、おすそ分け。簡単ではありますが、TV観戦レポを書いてみることにします。主な出場者については、すでに動画もUPされていたので、それぞれリンクしました。

1時間の番組だったため、時間の都合上ハイライトの紹介になってしまった選手もいましたが、地元の若手選手(今年ノービスからジュニアに上がるという女子4人)の演技をきっちり放送するなど、全体にいい内容でした。実況は小田島卓生さん、解説は“名古屋フィギュア界のゴッドマザー”山田満知子コーチ。ゴッドマザー云々というのは、実況アナが紹介のときに使った言い回しで、それを聞いた山田コーチは「わはは」と笑っておいででした。



(メモを取りながら1回見ただけなので、間違いがありましたらゴメンナサイ)

安藤美姫選手
欠場になってしまった安藤美姫選手の挨拶がちゃんと放送されていました。こういうのはうれしいですね。

武田奈也選手
新しいエキシビションナンバーだそうです。衣装も演技もキュートでした。…って動画を見ればわかりますね。実況アナによる紹介は「桜満開の名古屋で、武田奈也の笑顔も満開です」というもの。ちょっと某アナのような紹介の仕方ですけど(汗)、全然うるさい感じじゃなくて、むしろ好感の持てるものでした。人柄の問題?

浅田舞選手
プログラムは「ロミオとジュリエット」ですが、アイスショーにつき、ひらひらのマントを羽織って登場。ジャンプで転倒があったりして、まだすこおし元気がないかな、という内容の演技でした。でも、大学に通っているというお話を山田コーチがされていて、ふだんの生活が充実しているらしいのはいいことだなと思いました。

鈴木明子選手
プログラムは「タイタニック」。ベールをかぶって登場し、プログラム全体を通してベールが効果的に使われていました。この趣向はMOIなどでも見た覚えがありますが、今回はライトを使わないショーだったので、ベールの演出がより活きていたように思います。ライトを使うと、ベールの繊細さがライトに負けちゃうんでしょうかね。前に見たときは、エキシビションだから小道具を使っているのね、という程度にしか受け止めなかったのですが、今回はすごくいいなと思いました。鈴木選手の演技、なんだか引き込まれてしまいますね。見るたびに素敵さが増してゆくようです。

(ここで、太田由希奈、澤田亜紀、柴田嶺選手らの演技がハイライトで紹介されました)

松原彩華選手
さあ、ここからは若手の登場! 松原選手は13歳で、来シーズン、ノービスからジュニアに上がるのだそうです。水色の衣装で、プログラムは「島唄」。山田コーチの教え子だそうで、コーチによると「身長が伸びて、少し悩んでいるところ」なのだとか。キム・ヨナ選手みたいになりたいそうで、「そういわれればキム・ヨナ選手と雰囲気が似ていますね」と実況アナ。本人としてはやや不本意な出来だったようですが、素敵な演技でした。

村上佳菜子選手
村上選手も山田コーチの教え子だそうです。13歳で、やはり来シーズンからジュニアに上がる選手。オレンジ色のタンクトップに、ホットパンツ(死語?)ふうの衣装です。ボーイッシュでキュートな雰囲気。おお、演技に投げキッスが入ってますよ! そういうポーズがよく似合うタイプの選手でした。

日置檀選手
「檀」と書いて「まゆみ」、女子選手です。4月から中3になるそうな。彼女もホットパンツふうの衣装でした。上下とも黒で、上は黄色いシャツを重ね着している感じのもの。できたばかりのプログラムだそうで、ミヤケンさんの振り付け。おっと、彼女の演技にも投げキッスが…! ジャンプの転倒もありましたが、溌剌とした演技でした。

中村愛音選手
パンツスタイルが2人続きましたが、彼女の衣装はスカートでした。黒のスケスケふう。スカートの裾からベール状のものが伸びていて、それが右手首のところにくっついている、というデザイン(わかります?)。もともとは仙台出身で、荒川静香さんにあこがれているそうです。演技の最後にはヒップスピン(お尻でスピンするという、アイスショーならではの技)を披露してくれました。

小塚崇彦選手
アンコールで披露した高橋選手のものまねステップばかり話題になりましたが(私の周辺だけ?)、その前に滑った本来のプログラムは、今シーズンのSP「キャラバン」。最初の3-3コンビネーション、決まった~! と思ったら、次のアクセルの回転が少なくなってしまいました。でもまあ、凱旋公演的なショーですから、ご愛嬌のうちでしょう。表情がきりっとしてて、カッコよかったです。ものまねステップは、動画で見るよりエッジの動きがよくわかり、「やっぱりうまいなあ」と再認識しました。

中野友加里選手
白の衣装で舞う「白鳥」。うつくしい~。あれこれ感想を書き連ねるより、ともかくは動画をお楽しみくださいませ。実況アナの選手紹介、「うんうん」と頷いてしまいますよ。

浅田真央選手
このエキシビションナンバーも、これが見納めでしょうか(あ、まだカーニバル・オン・アイスがあるか)。今シーズンは競技用の2プログラムも、この「別れの曲」も、本当に素敵でした。何度でも見たい、そう思えるプログラムでした。そして、何度見ても、そのつど魅せられるプログラムでした。…などと、うっとり見入っていると、2Aを跳びまくったりして、参りました。すごいです。あっぱれ!
[PR]
by noma-igarashi | 2008-04-09 00:36 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/7702792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ESPNのステキ動画 これから行くオペラ(&アイスショー) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧