111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

なぜウィアー選手は負けたのか?(全米男子フリー)

今さらですけど、全米男子、すごかったですね! まさか、あんな結末が待っていようとは…。計算してもできないような、本当にドラマチックな展開でした。結果は結果として受け入れるにしても、個人的には、ジョニー君の勝ちでもよかったんじゃないかな、という気がしています。ひとつのプログラムとしての完成度が高かったし、あの滑走順、あの状況であれだけの演技を披露できたこと、それだけでも加点してほしいぐらいでした。

残念ながら2位になってしまいましたが、ドラマチックな幕切れの効果もあって、かえってジョニーの演技のほうが、より多くの人の記憶に刻み込まれたのでは? 記憶に残る演技という意味では、断然、ライサよりジョニーの演技だったと思います(ライサの場合、記憶に残る演技というと、トリノ五輪フリーなどのほうがずっと上だと思う)。

さて、TV観戦レポがすっかり遅くなってしまったので、ここは趣向を変えて、どうしてジョニーはライサに勝てなかったのか、フリーのプロトコルを分析してみることにしました。こういう面倒なことは、ダイスケ以外の選手ではやるつもりはなかったんですが、今回のジョニー君は特例。それだけ素晴らしい演技だったので。




総合得点
1位 エヴァン・ライサチェック SP82.05+162.72=244.77
2位 ジョニー・ウィアー SP83.40+FS161.37=244.77

フリー得点
1位 エヴァン・ライサチェック TES84.00+PCS78.72=162.72
2位 ジョニー・ウィアー TES82.23+PCS79.14=161.37(ライサとの差0.35)

フリーの得点、0.35とは僅差ですね。ちなみに、GPファイナルの1位ランビと2位ダイスケの差は0.16。それよりは開いていますけど、このくらいの差になるとどっちもどっちというか、「惜しいなあ…」という気持ちは同じくらいですね。

こうして並べてみると、PCSはジョニーが勝っているし、そもそもPCSは比較しようがないので、TESの詳細を見てみることにします。「ジャンプ」「スピン」「ステップ」別に得点を集計してみました。 ( )内はGOE

《ジャンプ》
ジョニー・ウィアー選手
4T 9.00(-1.29)
3A+3T 11.50(1.29)
3Lz 6.00(1.29)
3A 7.50(1.00)
3S 4.50(1.00)
3Lo 5.50 X(1.00)
3Lz+2T 8.03 X(0.43)
3F 6.05 X(-1.57)
合計58.08+3.15=61.23

エヴァン・ライサチェック選手
4T+3T 13.00(-1.86)
3A 7.50(-0.57)
3Lo 5.00(1.00)
3S 4.50(0.00)
3A+2T 9.68 X(-0.29)
3F+3T 10.45 X(-0.29)
3Lz 6.60 X(1.00)
2A 3.85 X(1.00)
合計60.58+(-0.01)=60.57

《スピン》
ジョニー・ウィアー選手
CoSp4 3.00(0.43)
USp3 1.80(0.43)
FSSp4 3.00(0.43)
CcoSp4 3.50(0.57)
合計11.30+1.86=13.16

エヴァン・ライサチェック選手
CcoSp4 3.50(0.64)
FCSSp3 2.30(0.50)
CoSp4 3.00(0.14)
FSSp4 3.00(0.50)
合計11.80+1.78=13.58

《ステップ》
ジョニー・ウィアー選手
CiSt3 3.10(0.64)
SiSt3 3.10(1.00)
合計 6.20+1.64=7.84

エヴァン・ライサチェック選手
CiSt3 3.10(0.64)
SiSt4 3.40(2.71)
合計6.50+3.35=9.85

このようになります。
ジャンプは、基礎点ではライサが上ですが、GOEも加えるとジョニーの勝ち(ジョニーを基準にして+0.66)。スピンは、基礎点が若干高かった分、わずかながらライサの勝ち(同-0.42)。ステップは、基礎点が高い上にGOEを稼いだライサの勝ち(同-2.01)。

つまり、いちばん差がついたのがステップですね。特にレベル4を獲得したSiStは、GOE2.71! レベル4は、条件を満たしていれば取れるとしても、そこまで加点されるほどすごいステップだったのかなあ…という気もしますが(ごめんなさい。ダイスケ・ファンとしては、多少のやっかみも入っているかも)、いずれにしても、ステップでいちばん差がついたので、ジョニー君はステップで負けた、という見方もできると思います。

ただ、ステップのGOE2.71は驚きだけど、すべてのGOEを合計すると、ジョニー君のほうが高いんですね。ジョニー君が「3.15+1.86+1.64=6.65」、ライサが「-0.01+1.78+3.35=5.12」なので。だから、一部の人が憶測でいっているように、ジャッジがライサを勝たせたかった(だから彼を高得点にした)というのは違うと思います。そもそもPCSもジョニー君のほうが高いんだし、ジャッジの裁量で決まる部分は、ジョニー君のほうが勝っていたわけです。

そうなると、ステップでは基礎点の差を上回るほど負けたけど、ジャンプでは基礎点の負けをひっくり返しているわけだから、五分五分ともいえるわけで…。うーん、敗因を特定するのは難しいですね。強いていえば、最後のジャンプである3Fの着氷が乱れたことでしょうか。ここでGOEがマイナス評価にならなければ…いえいえ、-1.0程度にとどめられれば勝てたわけですから。

こうなると、新採点って、ほんとに細部まで気が抜けないですね。全日本のとき、3位に入った南里選手が「ジャンプで失敗しても諦めずに、ほかの要素をしっかりやったのがよかったんだと思います」と答えていましたけど、本当にその通りだなあ…と今さらながらに実感。

今回はつくづく惜しい結果でしたが、ジョニー君が試合後のインタビューで大人の受け答えをしていたので、ホッと一安心。というより、またもや感動してしまいました。選手として一回りも二回りも大きくなったなあ…と感じることが多い今シーズンのジョニー君ですね。楽しみが増えた反面、これから四大陸、ワールドと、ダイスケ・ファンとしても油断できないです。
[PR]
by noma-igarashi | 2008-01-31 23:25 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/7168827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by クッツ at 2008-02-01 12:21 x
こんにちは。NOMA-IGAさんの分析興味深く見せてもらいました。
こうして分けていただくと、「なるほどねー」と思えますね。私も今回は遅ればせながら、おぼろげにジャンプの区別がつくようになり飛んだ瞬間に見極めようとしていました。(女子はそれどころではなかったのですが(涙))まだまだですけどね。

それともう一点。NOMA-IGAさんの3人の呼び方。ダイスケとライサは呼び捨てで、何故かジョニーだけ”君”付け。ダイスケとライサがNOMA-IGAさんにとって近い位置付けかというと、そうでもなさそうだし.(ライサだけ苗字!).そうなってくると、ジョニーから"君"が消えたら、ジョニーはNOMA-IGAさんのハートを掴んだ事になるのでしょうかね?
Commented by ニルギリ at 2008-02-01 15:51 x
こういう風に分析できるのが、新採点法のいいところですよね。いろいろ難はあるけれど、不正防止という当初の目的にも近いはず。
関係ないですが、国体は今年から新採点法と聞いていたのに、実際は旧採点。少年男子は町田樹君が優勝!と喜んでいたら、現地観戦した方の情報によると、町田君は不調、SPトップ優勝候補の佐々木彰生選手はもっと不調で、まあなんとか町田君優勝…だったとか(汗)
こういう時、新採点だと多少デフレ気味でも、得点やエレメンツの詳細で内容がわかるのでいいですよね。

四大陸エントリー、ジョニーからアボットに変わりましたね。全米の疲れとか…わかるような気もします。
最近のジョニーは大人になったのか、言動がまともで(失礼っ)…うれしいような寂しいような、いつまでも不思議ちゃんでいてほしいような…
(つづく)
Commented by ニルギリ at 2008-02-01 15:52 x
(つづき)全米選手の衣装がぱっとしない(わかってます、ジョニーを除くんですね)件ですが、体形もありますよね。
ユーロはなんだかんだいっても平均美形…でないと選手になれないのか?
対し北米はあらゆる体形にチャンスがある(汗)…ようにも見えます。
そういえば、チャンピオンは「王子」か「野獣」しかいないと聞いたことあります。野獣の出身地は、主に北米だよねと、そっとストイコ選手を思い浮かべてみたりして…。
しかし今年の全米、ナナフシ艦隊(年齢から順に、1号スミス、2号ライサ、3号キャンベルということで)には笑ってしまった。カクカクポキポキ音がしそう…なんでああも手足が長いのか、それがちっとも長所に見えないのが、もっと不思議です。食生活の結果でしょうか。でも2号ライサは、傑作だからいいのかな(笑)
Commented by あーン at 2008-02-01 16:46 x
こんにちは。
ライサ選手とジョニー選手の勝敗分析面白かったです。
ステップの加点ですがレベル4になるとGOEの点が倍になるのです。つまりGOEは最後のステップの加点自体は1.35位なのですが、ステップがレベル4と認定されるとそれが倍に加算されるということです。なのでライサ選手にとっては最後のストレートラインのステップがレベル4と認定されたのが大きかったですね~。後、ジョニーさんはコンビが2つしか入れられなかったのが痛いです。これはGPFの大ちゃんと同じです。多分最後の3Fのところがコンビのはずだったと思うのですが、それをその前のどこかに入れていれば・・・また3Fの前の3Lzのところでも3連続のコンビにでもしていれば勝てていたと思う。以前城田さんが最後僅差になった時コンビの2Tや2Loをきちんと入れることが勝敗を分けるって言っていたんですが、正にその通りの試合なのでは・・・またマニアックになってしまいました。スイマセン。
Commented by あーン at 2008-02-01 17:20 x
続きです。
ステップのGOEの加算はレベル1~3まではGOEがつけたプラスの点に X1倍の加算をするのですがレベル4になるとGOEのプラス点X2倍の点の加算となります。この係数はステップのみです。スピンについてはレベル4となってもレベル1~3までと同じ係数です。これはステップがスケート本来の技術の難しさを一番表す部分なのからかも知れません。でも女子のスパイラルについてはこのレベル4の認定が割と簡単なのが少し腑に落ちません
Commented by 春紅葉 at 2008-02-01 17:28 x
こんにちは。
ジョニーの演技見たいような怖いようなで逡巡していたので、YouTubeで今フリーしか見られなかったけどあんなに素敵だったとは…。多分ライサの演技は見ないと思うので比較はしないけど、たった1シーズンでここまで復活してきたことに感動しました。
そして丁寧な分析ありがとうございます。こうなってくると本当にどの要素も気が抜けないってことが良く分かりますね。今回の結果は北米の勝利の女神がよりアメリカンな方に微笑んだと思うことにします。そうでもしないと結果を受け入れられない感じです。
それにしても今季の世界選手権は昨年以上にミスが許されない戦いになりそうですね。フリーの出来が勝敗の分かれ目になりそうなので、ロミジュリの進化具合が気になってしまいます。ニコライを信じるしかないのかなぁ。気休めかもしれないけど一応私も神頼み(正確には川崎大師に行ったので弘法大師様頼み?)してきちゃいました。
とにかく四大陸で試合勘を確認し、世界選手権に向けて調子を整えてほしいです。そして英気を養ったジョニー、ヨーロッパチャンピオンのトマシュくんと3人で表彰台、なんてことになったらいいな。もちろん真ん中は大ちゃんで!
Commented by 春紅葉 at 2008-02-01 17:30 x
続きです。
ニルギリさん、こんにちは。
町田くんのこと直接分かるわけじゃないのですが、地元紙に載った佐々木くんのコメントを少し紹介させていただきますね。
まずインターハイ優勝後、フリーでは2位だったため「こんな演技で申し訳ないけど嬉しい」、最終滑走だったのですが「くじを引くときから最後がいいと思っていた」という頼もしい発言。序盤で失敗したコンビを後半に再度挑戦して跳ぶなどそれなりにまとめたらしいです。そのフリーでは町田くんが1位だったのですからまあ良い演技だったのでは? ちなみに佐々木くん「最終目標はオリンピックに出ること」とすでにシニアでの目標も掲げています。
翌週の国体では思うような演技が出来ず「ポンコツロボットでしたね」納得いく演技が出来なかったことがかなり悔しかったようです。
インターハイから国体まで数日しかあいておらずかなり疲労していたでしょうから、あまり良い出来出なかったとしても仕方なかったのかなと思います。
でも町田くん、無良くん、佐々木くんなど同年代にいいライバルがいるのだから、競い合って素敵な選手に成長していってもらいたいなと期待してます。
Commented by NOMA-IGA at 2008-02-01 22:19 x
クッツさん、こんばんは。
>NOMA-IGAさんの3人の呼び方。

選手の呼び方って、迷いますね。平等にいきたいときは、取り上げる選手全員、高橋選手とかウィアー選手とか書くことも多いです。

君付けで呼んでしまう選手としては、ほかに「トマシュ君」「織田君」などがいます。また、「ダイスケ」と「ライサ」は、同じ呼び捨てでも、格付け(?)がまったく違います。
私の中では、無意識のうちに以下のように格付けされているようです。

ダイスケ>君付け>名字の省略形

つまり、「ライサ」は遠い位置付けです。このランクには、ほかに「ランビ」「ジュベ」などがいます。プルシェンコを「プル」と書くことがありますが、「プルさん」と書くことも多く、気持ちとしては君付けに近いです。

…と、この機会に分析してみました。
Commented by NOMA-IGA at 2008-02-01 22:56 x
ニルギリさん、こんばんは。
>こういう風に分析できるのが、新採点法のいいところですよね。

そうなんですよね。新採点は、こうやって得点を計算したりして、見る側も参加意識を持てるところが好きです。おかげで、昔はただ演技を見ているだけだったのに、最近は技を見分けたいという意欲が高まってきました(まだまだですけど…)。

>四大陸エントリー、ジョニーからアボットに変わりましたね。

そうだそうですね。まあ、それでよかったのでは? ジョニー君にはワールドに備えてほしいし、アボット君(あれ? 彼は君付けでいいのか?)の演技、もう1回見たいなと思っていたし。

これで優勝争いは、ダイスケとライサの一騎打ちという感じになりましたね。あとは、小塚君(あ、こづかも君付けだ!)がどこまでやれるかですね。キャリエール君(君付けでいいのか?)が全米であんなにいい演技を見せていたんだから、小塚君も頑張ってほしいものです。「メダルを取る!」くらいの気持ちで臨んでほしい~。
Commented by NOMA-IGA at 2008-02-01 23:16 x
あーンさん、こんばんは。
>ステップの加点ですがレベル4になるとGOEの点が倍になるのです。

おお、そうでしたか。なんだかクイズダービーのようですね。
覚えておかなきゃ。メモ、メモ。

ということは、ステップでレベル4が取れるかどうかは、すごく大きいわけですね。
ダイスケにもぜひ頑張ってもらわなくちゃ。

>以前城田さんが最後僅差になった時コンビの2Tや2Loをきちんと入れることが勝敗を分けるって言っていたんですが、正にその通りの試合なのでは・・

ほんとですね~。演技の細部にまで気を遣って、GOEで0.1ポイント上乗せしたり、0.1ポイント取りこぼさないようにするより、2Tや2Loを入れて、その分の基礎点を稼いだほうが確実ですものね。特に今回は、もう1つコンビを入れられる余地があったわけですから。
ダイスケのフリーも、基礎点を確実に取れるかどうかが、ワールドのメダルの色を左右しそうですね。
Commented by NOMA-IGA at 2008-02-01 23:40 x
春紅葉さん、こんばんは。
>ジョニーの演技見たいような怖いようなで逡巡していたので、YouTubeで今フリーしか見られなかったけどあんなに素敵だったとは…。

はい、ほんとに素敵でした~! トリノ五輪のSPを最後に、なかなか彼のいい演技を見られなかったので、感動しました。しかも、あの滑走順ですもん。マジに、それだけで加点してほしいくらいでした。

>それにしても今季の世界選手権は昨年以上にミスが許されない戦いになりそうですね。

ですね。去年のメダル争いは、みんな少しずつミスが出た中での勝負だったので、客観的に考えると、すこ~し物足りなかった。今年はノーミス対決を期待したいです(…って、見るほうも胃が痛くなりそうだけど)。

>そして英気を養ったジョニー、ヨーロッパチャンピオンのトマシュくんと3人で表彰台、なんてことになったらいいな。もちろん真ん中は大ちゃんで!

賛成、賛成! これ、けっこう可能性高いのでは。

インターハイの情報も、ありがとうございました。
ライバルは本当に必要ですね。
<< 太陽にほえろ!オン・アイス――... 全米女子をTV観戦して >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧