111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
ちなみに、総括記事は男子..
by noma-igarashi at 23:20
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

NHK杯 高橋選手の演技について

NHK杯、せっかく生観戦してきたので、高橋選手の演技についてだけでも感想を書いておくことにします。現地観戦は、生でしかわからないことがある反面、テレビなら当然のように見えていることが、見えていない場合もあります。そんな事情につき、観戦した位置を書いておくと、SPの日は南側(ジャッジ側)の右端のほう、クレーンカメラの先端あたりの席でした。S席だったので、けっこう前のほうの席です。テレビの録画はまだほとんど見ていないのですが、画面に映っていたと聞いたので動画で確認してみたら、確かにちらっと映っていました。

フリーの日は同じく南側で、今度は左端のほう。関係者席に近くて、ミヤケンさん、美姫ちゃん、ゲデちゃん、トマシュ君、バーチュー・モイア組のモイア君などを肉眼で確認いたしました。表彰式では、表彰台がけっこう近かったです。試合では、高橋選手がすぐそこで転倒してしまいました。



【SP「白鳥の湖」の演技】
まずSP。6分間練習のときから、なんとな~く不安な感じがしました。表情が硬いんじゃないかなあ(これは大型スクリーンで確認しました)とか、ジャンプの調子がどうなんだろう? とか。ジャンプについては、たまたま隣同士で観戦した某氏も言っておられたのですが、高橋選手が調子のいいときのジャンプって、ふわ~っと浮くような感じに見えるんですよね。スケアメのSPのジャンプがまさにそんなふうでした。すごくきれいで、まったく転びそうな気がしません。それが、この日はどうも、ふわ~っという感じがしなくて。

そして、本番。いい演技を見せたトマシュ君のあと、最終滑走者として登場しました。練習は練習、本番は本番だから、本番で決めてくれれば問題ないじゃない、と思っていたのですが…。最初のコンビネーションジャンプを見て、またも不安に。練習のとき同様、ふわっ~という感じがしないんですよね。でも、ちゃんと降りているから、別にいいのか。SPのジャンプは3回だけだし、ふわ~っとしていようがいまいが、乗り切れるかも。

…と思っていたら、2つめのジャンプ(3A)でお手つき。ぎゃあああ! ど、どうよ、どうよ。スケアメのフリーでも3Aで転倒したし、ああ、もう。はらはらドキドキ。それでも、そのあとの演技がよければ、お手つきぐらいは気にならなかったと思うんです。実際、翌日のフリーでは転倒したのに、最後には迷わずスタオベをしてしまったほどでしたから。

ただ、SPの演技は、その後も精彩を欠いていたように思えました。生観戦した日米対抗のエキシビションや、テレビで見たスケアメと比べると、有無を言わさず見る者を引きずり込むようなパワーがなかったです。ただひたすら、これ以上失敗しないで演技を終えてほしいと祈るばかり。私の席からは、最後のスピンのぐらつきは見えなかったんですが、あとで知って納得してしまいました。SP2位。PCSの得点が高くて、トマシュ君に大きく離されなかったのは、本当に幸いだったと思いました。

【フリー「ロミオとジュリエット」の演技】
翌日のフリー。SPの出来がイマイチで、おまけに美姫ちゃんのことがあっただけに、本当に心配でした。自宅で留守番をしているジョルジュ(仮名、日本人)にメールしたところ、「男女ともにダメだということは確率的に考えても少ないから、きっと大丈夫」という返事。そ、そうかな? あ、でも、去年のファイナルの例があるじゃないさ~!

前半グループが終わり(秘蔵王子改め、名古屋王子グリャーゼフが結果を出せなかったのが残念)、後半グループの6分間練習が始まりました。高橋選手、表情は…まあまあかな? ジャンプは、どうお? 今日も隣で観戦の某氏は「ふわっとしてないなあ」とのコメント。う~ん、やっぱりそうかなあ。ちゃんと降りてはいるんだけどねえ。…と見守っていたら、練習終了1分前ぐらいに、コンビの第2ジャンプで転倒。うぎゃ~! これはもう、お祈りモード全開だなあ。4位以上でいいから、とにかく全力を尽くして~。

後半グループの演技もどんどんと進み、4人目のキャリエール君まで終了。キャリエール君の得点を待つ間に高橋選手がリンクに登場。ウォーミングアップに何回かジャンプを跳んで、すべて成功していたから、少しホッとしました。と、とにかく4位以上でいいんだからねっ。ここまで、総合200点を超えた選手はまだいないんだから、1、2回は転んでも平気だからねっ。(キャリエール君の得点が出て、今日初めての200点越え)

さあ、固唾を呑んで見守るなか、いよいよ高橋選手の演技の始まりです。出だしのポーズを取っただけで、やはり、ここまでの選手とは格が違うなという感じがしました。ひいき目なしで、この大会、ダイスケとトマシュ君だけはやはり別格。この2人が1回ぐらい転んでも、転ばずに滑ったほかの選手は勝てないと思わせるものがありました。実のところ、技術的なことはよくわかっていないんですが、そんな人間にさえ見ただけでわかるのが、その選手の持つ強さなんだろうなと思います。

音楽に乗って滑り出し、最初の4回転ジャンプ。うわ~! 転倒! でも、これはそんなに心配しませんでした。1回ぐらいは転んでも大丈夫だと思っていたし、すぐに起き上がって演技を続けたし、4回転で転ぶより3Aでミスするほうがショックなので。だから、3つめで3Aが決まったときは「よし!」と思いました。い、いけそう。

このあとしばらくは、ステップやスピン。力強くて見ごたえがあり、最初に転倒したことは次第に忘れていきました。相変わらず緊張して見守ってはいるんだけど、SPのときみたいに悲壮じゃなくて、自然と演技に引き込まれていきました。そして、後半の5連続ジャンプ。3Aからのコンビネーション、きれいに成功! いける、これはいけるよ! 次のジャンプも成功。次も成功、次も、次も成功。ああ、もう、カッコいい~!!!!

最後、フィニッシュのポーズを取ったのに、音楽がちょっと余り気味だったのはご愛嬌。音楽が終わるや、ひざ掛けやら座布団やらをかなぐり捨てて、立ち上がりましたとも。よくやってくれました。感動しました。トマシュ君がこれよりいい演技をしても、それはもう構わないです。たとえ転倒しても、それを跳ね除けられるだけの強さを持った滑りでした。

生で観戦した印象としては、トマシュ君に対しては、ジャンプ以外の部分で勝ったのだろうと思っていました。高橋選手のほうが、ジャンプ以外の部分の印象が強かったので。ところが、プロトコルを詳細に比較してくださっていた方のブログによると、ジャンプの得点差で勝ったのだそうで、ちょっと意外でした。でも、高橋選手の後半のジャンプは、確かにすごかったですからね。トマシュ君のほうは、4回転をきれいに成功させたにもかかわらず、後半の3Aが1Aになってしまったのが痛かった。でも、お互いに全力を出しきってくれて、本当にいい試合でした。生で見られてよかった。ありがとう!
[PR]
by noma-igarashi | 2007-12-05 00:42 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/6894995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 春紅葉 at 2007-12-05 17:03 x
こんにちは。
生観戦ホントにとても楽しかったです。最終日しか行けなかったけど生ゲデちゃんも間近に見られてラッキーでした。
クワドを目の前で観られる席って喜んでいたのに転倒してしまったのは残念だったけど、すぐに起き上がってあっという間にトップスピードに戻ったのできっと大丈夫って思いました。何しろ胸騒ぎしなかったものですから(笑)。
トマシュ君にはジャンプで勝ったなんて確かに意外。でもNOMA-IGAさんのおっしゃるようにトマシュ君も1A以外大きなミスなく演技してくれて良かったです。

それから今メールしようとしたら再び不調なので、こちらでお礼させていただきます。
写真を送ってくださってありがとうございました。間違い探し(笑)ですが、私の手が左右違いま~す。
それから元を送ってくださったクッツさんにもこちらをお借りして、どうもありがとうございました。お会いできて嬉しかったです。

そういえば余韻楽しまない組が帰ったあと、クッツさんがぽつんと「サラちゃんいいなぁ」とつぶやいていらっしゃいました。ヨロ選表彰台のうち2人を目の当たりにしてヨーロッパ美女に目覚めた模様です。
Commented by NOMA-IGA at 2007-12-06 00:35 x
春紅葉さん、こんばんは~。
生観戦は、見る場所によってずいぶん印象が違いますよね。今回のように端っこのほうの席だと、対角線上の演技がはるか彼方という感じで、どうなっているのかわかりづらいです。そういう意味で、私は2階席から見るのも嫌いじゃありません。小さくなっても、全体が見渡せるから。
それと、テレビ観戦と生観戦とでは、やはりずいぶん印象が違うようで、SPの演技はテレビで見ると、そんなに悪くないようにも思えました。なぜだろう。解説が盛り上げているからかしら?

>そういえば余韻楽しまない組が帰ったあと、クッツさんがぽつんと「サラちゃんいいなぁ」とつぶやいていらっしゃいました。

らしいですね~。別の場所でもそんな話題が出ていました。
かくいう私も、トマシュ君が前よりずっと好きになっちゃいましたけど。
春紅葉さんも別の記事にいただいたコメントにも書いておられましたけど、トマシュ君に、NHK杯にまた来てほしい、でも、そのためには世界選手権の表彰台を諦めてもらわなきゃいけないから、それも申し訳ない。なかなかツライところですね。
Commented by ニルギリ at 2007-12-06 17:32 x
TBCの動画見ましたよ。忘れてましたがシンボルアスリートでしたね。北京組の中になぜかバンクバー(予定)が一人…(苦笑)
あの集合写真、一番小柄な柔ちゃんの存在感がすごい…まあわかるけど。で、ダイスケの隣が大柄な北島っつうのはどーよ…と思ったけど、たくましいレディのそばで華奢が際だつよりましか…などど思いました。しかしこの中では、一番はかなげな感じですね。別に女性的とも思いませんが、回りがたくましすぎるんですよね。
ダイスケ超素敵!と思った方に、水差すようですが、アハッ!なんだか笑っちゃって〜。白が久しぶりってのもあるかも。アップだとホスト、引くと氷川きよし(舞台衣装みたいで、あっちは演歌界のプリンスだし)、集合だと柴田嶺君?みたいに見えましたよ。
Commented by NOMA-IGA at 2007-12-07 00:03 x
ニルギリさん、こんばんは!
TBCの動画、なかなかにビミョーですね。体格差もありますけど、競技ごとのコスチューム(?)の差がなんというか…。あの中にあって、フィギュアの衣装は、やはりちょっと異質な感じなんですよね。
ダイスケのあの衣装、白という色はいいとして、デザインがどうなんでしょう。なんか、「フィギュアといえばフリフリにしとけ」というイメージだけでつくったような…。氷川きよしかあ…。ニルギリ様に対抗するのも恐れ多いですが、私の印象としては、臆面もなくプレスリーのマネをしていた昭和の歌手、という感じかなあ。具体的に誰、というわけではないけれど。
半裸の人までいるんだから、ダイスケの衣装もいっそ、もっとスケスケでもよかったのにね。あ、いま改めて集合写真を見て気がつきましたが、ダイスケの衣装は、もしかして、柔ちゃんの柔道着とセットの扱いにされた?
<< 太陽にほえろ!オン・アイス――... ファイナルの日程 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧