111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

魔笛・オン・アイス(パミーナ、心変わりを嘆く)

次の場面に進みますね。だんだん終わりが近づいてはいるのですが、物語のセオリー通りに進んでくれないオペラなので、「起承転結」のどの段階にいるんだかよくわからない感じです(というか、そもそも起承転結などあるのか?)。まずは、この場面に該当する動画をご紹介します。パミーナのアリア「Ach,ich fühls」が中心です。

Ach,ich fühls
ああ、私にはわかっています
メトロポリタン歌劇場 おすすめ度:★★★★★
個人的な好みとして、キャスリーン・バトルのパミーナはイマイチしっくりこないのですが(雰囲気が濃すぎるような…)、歌はさすがにうまいし、全体的な演出も好きなので、おすすめ度は満点としました。左手にパパゲーノ、右手にタミーノを配した構図がいいです。パミーナのアリアでありながら、ところどころタミーノをアップにするところだとか、それに合わせたタミーノの芸の細かさだとか、お芝居として楽しめる工夫がされていると思います。

グラインドボーン音楽祭 おすすめ度:★★★☆☆
これ、よかったらぜひ(↑)メトロポリタン歌劇場の動画と見比べてみてくださいませ。演出家が同じなので、衣装や人の配置、演技の仕方がメトロポリタン歌劇場とそっくりなんです。そうでありながら、全体としてはメトロポリタン歌劇場のほうがずっと好みなので、評価は辛目にしました。パミーナの歌は悪くないと思います。

チューリッヒ歌劇場 おすすめ度:★★★★★
このパミーナ、これまできちんと聴く機会があまりなかったですが、なかなかいいじゃないですか。声のきれいな人ですね。感情の込め方もいい感じだし。というわけで、演出的にはイマイチですが、パミーナがいいので、おすすめ度は満点にしてみました。

ザルツブルク音楽祭2006 おすすめ度:★★★☆☆
アリアの前の台詞が入っているので、場面を説明するときにちょうどいいなと思って、リストに加えてみました。おすすめ度は、主に映像としての評価です。タミーノもパパゲーノも、視覚的にイマイチかなあ…。



今回は先に、場面の説明を済ませてしまいます。じゃないと、お遊びの意味がわかりにくそうなので。タミーノとパパゲーノのいる試練の場に、さっきからいろんな人たちが訪ねてきていますが(謎の老婆=パパゲーナ、3人の童子)、今度はパミーナが姿を見せました。タミーノの吹く魔笛の音色を聞きつけ、やってきたのです。

上でもリンクしたザルツブルク音楽祭の動画からわかるように、このシーンではパミーナがタミーノに向かって長々と台詞をしゃべったあと、アリアを歌います。台詞と歌の内容はこんな感じです。(参考:荒井秀直訳「魔笛」)

パミーナ「ここにいらしたのね。笛の音が聴こえたので、来てみたのよ」
ザルツブルク音楽祭の動画を見ると、後ろからタミーノを目隠ししたりして、だいぶはしゃいますね。タミーノに会えたので、うれしさいっぱいという感じです。でも、タミーノはそれに応じる様子がありません。なぜなら、沈黙を守るようにと神官(弁者)にいわれているからです。

タミーノに無視され、たちまち表情を曇らせるパミーナ。しかも、タミーノは「あっちに行け」とでもいうような身振りまでするではありませんか。
パミーナ「ひどいわ…。どうしておそばにいてはいけないの? もう私のことを愛してはくださらないのね」

というわけで、パミーナは嘆き悲しみながら歌い始めます。歌詞の意味は、上記の台詞をもっとくどくどと、ポエム風味で訴えているような内容です。
「ああ、私にはわかっています。愛の幸せは永遠に失われてしまったのです。ご覧になって。この涙はあなたひとりのために流されているもの。あなたの愛が戻ってこないのなら、私は死んで安らぎを求めるしかありません」

歌い終えると、泣きながら立ち去るパミーナ。かわいそうといえばかわいそうですけど、なんかヘンですよね。ザラストロの命令で、タミーノとパパゲーノが試練を受けている最中だというのは、パミーナだって承知しているはず。夜の女王がやってきたとき、「あの方(タミーノ)は神に仕える人たち(ザラストロや神官たち)に身を捧げてしまわれました」と説明しているし。だったら、タミーノが口をきいてくれないのは、何か事情があるのだろうと察してもいいのでは。

それに、3つ前の動画「ザラストロ、パミーナを慰める」の場面では、(この記事では説明が抜けていますけど)ザラストロはパミーナに対して、「あの若者(タミーノ)が固い決意を貫くだけの勇気と不屈の精神を身につけたら、そのときおまえ(パミーナ)は彼と結ばれて幸せになれるのだ」とも言っているんですよ。タミーノが試練の場にとどまっている以上、「固い決意を貫くだけの勇気と不屈の精神」を得ようとしているのだとわかってよさそうなものなのに、なぜそうも簡単に「もう私を愛していないのね」と決めつけて嘆くのさ。

…というあたりが、つねづね疑問(というかツッコミを入れたくなる箇所)の1つだったのですが、「魔笛・オン・アイス」でこの疑問について考察してみることにしました。

e0073856_22413940.jpg
------------------------
(6/28更新分)

例によって「魔笛・オン・アイス」のバックステージ。休憩室のソファで、パパゲーナゆかりんが老婆のお面を脱ぎ、団扇でパタパタと顔を扇いでいる。そこへタミーノ高橋とパパゲーノ織田がやってくる(実際には、ここでこの2人がバックステージに下がってくるような時間の余裕はないんだけど、そのへんの整合性はこれまでもいい加減なので、今回も無視します)。

パパゲーナゆかりん:2人とも、お疲れさま~。
パパゲーノ織田:ゆかりんこそ。あんな扮装してたから、暑かったんやない? (写真参照。右が老婆の姿をしたパパゲーナ)
タミーノ高橋(老婆のお面に目を向けて) それ、さっきのかぶりもの?
パパゲーノ織田:あ、僕、かぶってみてもいい? (お面をかぶってみる)
タミーノ高橋:僕も僕も。 (パパゲーノからお面を受け取り、かぶってみる)
パパゲーノゆかりん:はい、こっち見て~。 (ケータイで写真を撮る) これ、3人の侍女役の人たちにあげちゃおうかな~。
パパゲーノ織田:こういうの、ミキティも好きそうだけど、今はそれどころじゃないかな。
タミーノ高橋:あいつ、役にのめり込んでたからなあ…。 (お面をはずして) いま下手に話しかけたら、世界が壊れるとか言って、ぶっ飛ばされそうだよな。
パパゲーナゆかりん:私もモニターで見てたけど、パミーナが歌うところの演技、すごくよかったね。
パパゲーノ織田:うん、めちゃめちゃ真に迫ってたねえ。

-----------------------
(6/30更新分)

タミーノ高橋がモノスタトス宮本に呼ばれて行ってしまったので、残されたパパゲーノ織田、パパゲーナゆかりんが2人で会話を続けている。

パパゲーナゆかりん:私ね、パミーナが歌うあのシーン、ずっと疑問だったんだ。
パパゲーノ織田:疑問って?
パパゲーナゆかりん:だって、パミーナは、タミーノが試練を受けているのを知っているはずでしょ? 彼が返事をしなかったり、すげない態度を取ったりしたら、試練の最中だから仕方ないんだろうなって、想像がつきそうなものじゃない。なのに、いきなり「もう愛が冷めてしまったのね」なんて言い出すから、「えっ!?」と思っちゃって。
パパゲーノ織田:それは僕も思った。あのシーンのパミーナは、ちょっとわがままちゃうかなって思ってた。
パパゲーナゆかりん:でも、さっきの美姫ちゃんの演技を見て、わかった気がする。というか、あのシーンの前に、美姫ちゃんが「パミーナをどう演じていいのかわからない」って、すごく混乱してたじゃない? あれでわかったというべきかな。
パパゲーノ織田:どういうこと?
パパゲーナゆかりん:パミーナは、さっきからずーっと混乱してるのよ。母親やモノスタトスから無理難題を吹っかけられて、美姫ちゃんも言ってたけど、いちばん試練に耐えているのはパミーナみたいなものでしょ。きっと、どうしていいのかわからない状態がずーっと続いているんだと思うの。
パパゲーノ織田:確かに、どの問題も全然解決してないものね。
パパゲーナゆかりん:信成くんは、どうすれば解決すると思う?
パパゲーノ織田:え、難しいなあ…。母親を説得するのかなあ…。でも、夜の女王って、そう簡単に怒りを静めそうにないしなあ…。
パパゲーナゆかりん:私は、タミーノにやさしくされることだと思うの。
パパゲーノ織田:え?
パパゲーナゆかりん:もちろん、それで具体的に何かが解決するわけじゃないわよ。でも、タミーノがやさしく抱きしめてくれたら、その間だけは余計なことを忘れていられるし、何があっても頑張ろうっていう勇気も湧いてくると思うの。
パパゲーノ織田:………。
パパゲーナゆかりん:だけど、タミーノは口もきいてくれないじゃない? パミーナは絶望的な気持ちになって、普通だったら理解できることも、理解できなくなっちゃってるんじゃないのかな。だから、いきなり「もう愛が冷めたのね」なんて言い出して、どんどん自分を追い込んでしまっているんじゃないかと思うの。
パパゲーノ織田:そっか…。そういうふうに言われてみると、パミーナの気持ちも納得できるし、気の毒にも思えるねえ。
パパゲーナゆかりん:うん。私も美姫ちゃんの演技を見てて、そう思えるようになった。美姫ちゃんは、パミーナと同じように困惑して、パミーナの気持ちにシンクロしちゃったじゃない? だから、パミーナの言い分はヘンだなとか思わず、すごく自然に演じられたんでしょうね。役にのめり込んでいて、すごく説得力があったと思う。
パパゲーノ織田:うん、確かに真に迫ってた。そばで見てて、表現力がすごく向上したなーって思ったもん。
パパゲーナゆかりん:美姫ちゃんがパミーナを演じたのは、効果絶大だったということね。
パパゲーノ織田:みんな、着々と成果を出してるのになあ… (ため息をついて、ひとりごとのように) 。僕はどうしたらいいんやろ。僕がパパゲーノを演じる意味って、何なのかなあ…。

そのころ、モノスタトス宮本に呼ばれたタミーノ高橋は…。

------------------
(最終更新分)

タミーノ高橋がモノスタトス宮本のところへ行ってみると…。

モノスタトス宮本(レポート用紙を広げ、必死に○を文字で埋めながら) 頼む。あとでラーメン奢るから、手伝ってくれ。
タミーノ高橋:何なの、これ? (手近にあった用紙を1枚取り上げ、読み上げる) えーと…。「版画家王子」「半ガキ王子」「半額王子」…?
モノスタトス宮本:実は、かくかくしかじか、こういう事情なんだ。「ハ○カ○王子」まで終わったけど、まだまだ先は長い。おまえ、「ハニカミ王子」のバリエーションのほうを担当してくれないか?
タミーノ高橋:ええ~?
モノスタトス宮本:頼むっ! この通り! (手を合わせて拝む)
タミーノ高橋:う~ん…。だけどさ、こんな地道な作業、そもそも宮本さん向きじゃないよ。王子の名前を考えるのなら、もっとひらめきを大事にしたほうがいいんじゃないかな。
モノスタトス宮本:そうしたいのはやまやまだけど…。手抜きだとか非難されそうだしなあ…。
タミーノ高橋:大丈夫じゃない? 3人の侍女役の人たちだって、いいネーミングさえ思いつけば、「ハンカチ王子」「ハニカミ王子」にこだわらなくてもOKだと思うよ。ここは発想を変えて、3つで1セットになったものをそのまま当てはめちゃえば?
モノスタトス宮本(興味を引かれたようで、ペンを置く) たとえば?
タミーノ高橋:うーん…。「ブー、フー、ウー王子」?
モノスタトス宮本:張り倒されるぞ。
タミーノ高橋:じゃあ、「見ざる、言わざる、聞かざる王子」。
モノスタトス宮本:論外だ、論外!
タミーノ高橋:フランス風に「自由、平等、友愛王子」は?
モノスタトス宮本:先の2つよりはずっといいけど、ちょっと硬すぎないか?
タミーノ高橋:じゃあ、侍女役の人たちの世代に合わせて、「秀樹、五郎、ひろみ王子」。
モノスタトス宮本:彼女たち、たのきんトリオの世代かもしれないからなあ…。下手に年上扱いすると、ヤバイよな。
タミーノ高橋:あ、でも、「魔笛・オン・アイス」の作者は、御三家のファン世代らしいよ。
モノスタトス宮本:待て! 御三家は「舟木一夫、橋幸夫、西郷輝彦」で、「秀樹、五郎、ひろみは」新御三家だ。御三家と新御三家では、軽く10歳は違うから、混同するとどやされるぞ。
タミーノ高橋:ふーん。
モノスタトス宮本:年齢がバレる系のは、やっぱり避けたほうが無難だろうな。うーん。フランス風に戻って、トリコロール王子にするとか…。そうなると、順番に「青王子、白王子、赤王子」だな。でも、フランス風にする必然性がまったくないけど…。
タミーノ高橋:いいじゃん、トリコロール王子で。僕、そろそろ次の出番だから、もう行くね。
モノスタトス宮本:あ、こら待て! 適当な相槌だけ打って、おれを見捨てるつもりか!?

タミーノ高橋(モノスタトスの声を背中で聞きながら) 見捨てるって、人聞きが悪いなあ…。出番はすっぽかせないじゃない。でも、かわいそうだから、許してあげるようにって、3人の侍女役の人たちに頼んでおくかな。

(次の記事に続く)
[PR]
by noma-igarashi | 2007-06-26 23:53 | オペラ・オン・アイス | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/5977757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニルギリ at 2007-06-29 17:11 x
この場面のツッコミどころを考えながら、女(パミーナ)はいつも、男(タミーノ)を試しているのかなあと、いつものように深読みしてました(苦笑)。女は天使になるけど、悪魔にもなるのよ、場合によっちゃあ天使の顔した悪魔にもなるのよ、ウフフ…なんちゃってね。
COI大分のニュース映像で宮本さんがべらべらしゃべってて、このブログ的になんてタイムリー!
リンクサイドの彼って、(良く知らないんですが)これからプロレスの実況する人みたいですよね。声がよく通るし。

今頃なんですが、半額王子いいですよね、庶民的で。ついでに半分王子はいかかでしょうか?純度100%の王子は今時ちょっと生きづらいので、50%位がちょうどいいんじゃないかということで(笑)
Commented by NOMA-IGA at 2007-06-29 21:17 x
>ニルギリさん
>この場面のツッコミどころを考えながら、女(パミーナ)はいつも、男(タミーノ)を試しているのかなあと、いつものように深読みしてました(苦笑)。

こんばんは~。「魔笛・オン・アイス」としての読みは、のちほど本文中で書くつもりですが、実際には、あんがいつまんない理由かもしれないですねえ。
つまり、「パミーナはお姫さまなのに、ここに至るまで出番が少ない(というか歌が少ない)→やはり若いソプラノ歌手が歌わないと、客の入りに響く可能性大→そんなら、ここらでパミーナに何か歌わせるか→どうせ歌わせるなら、やはり悲劇的な恋愛の歌のほうがウケるんだよな」みたいな作者の意図だったりして。(^^;
Commented by NOMA-IGA at 2007-06-29 21:18 x
(続き)
>COI大分のニュース映像で宮本さんがべらべらしゃべってて、このブログ的になんてタイムリー!
>リンクサイドの彼って、(良く知らないんですが)これからプロレスの実況する人みたいですよね。声がよく通るし。

思わず、「リンクサイド」→「リングサイド」と読んでしまいましたですよ。(^^;
宮本さん、ホントに近ごろ、お友だちのような気がして困ってしまいます。ただの妄想だと思うと、「ああ夢だったのか…」みたいながっかり感が…。
話し方がTV向きだし、振付師としてはもちろん、解説者としても、ますます活躍されそうですね。

>ついでに半分王子はいかかでしょうか?純度100%の王子は今時ちょっと生きづらいので、50%位がちょうどいいんじゃないかということで(笑)

ほんとだ~。どの王子も、半分ぐらいでちょうどよさそうですね。
Commented by 美輪@brownycat at 2007-07-01 00:43 x
こんばんは~(^o^)丿。
パミーナの心理の解釈、なるほどなあと思いました。私にも若干身に覚えがあります(苦笑)。これは女の子独自というか、男には分かりづらいでしょうね。
それにしても「青王子、白王子、赤王子」はないでしょう(笑)。宮本くんセンスないな~(←だから現実じゃないってば)。

それはさておき、「魔笛」の曲ってクラシックに疎い私でも意外と知ってる曲が多いんだなあと改めて思いました。「夜の女王のアリア」も、このパミーナの歌も、歌は知らなかったんですが「あ、この曲聴いたことある!」って思いましたもん。でもどこで聴いたのかはまったく定かでありません(笑)。

ところで上の動画ですが、2つめの「グラインドボーン音楽祭」のが開けませんでした。他の動画の関連のところからは開けたので、もしかしてアドレスが違うのでは?
Commented by NOMA-IGA at 2007-07-01 11:48 x
>美輪さん
>それにしても「青王子、白王子、赤王子」はないでしょう(笑)。宮本くんセンスないな~(←だから現実じゃないってば)。

あっはっは。宮本さんの名誉(?)のために、何かいいのを見つけたかったのですが、いざ探してみると、なかなか難しかったです。

>それはさておき、「魔笛」の曲ってクラシックに疎い私でも意外と知ってる曲が多いんだなあと改めて思いました。

オペラの曲って、単独で使われることが多いから、そういうことってあんがい多いですよね。「カルメン」なんか、知ってる曲だらけだし。なじみがなくて、全然知らないと思っていたオペラでも、「あ、これは知ってる!」というのが一曲でもあると、とたんに身近に感じられたりしますよね。
Commented by NOMA-IGA at 2007-07-01 11:49 x
(続き)
>ところで上の動画ですが、2つめの「グラインドボーン音楽祭」のが開けませんでした。他の動画の関連のところからは開けたので、もしかしてアドレスが違うのでは?

ほんとだ。確かにリンクが切れていますね。別の動画から入って、リンクしなおしてみました。
事情はわからないのですが、こういうケースって、けっこうあるんですよね。最初にリンクしたURLではつながらないし、そのとき検索したキーワードで再検索しても出てこないし、当初は動画が削除されてしまったのかと思っていたのですが、ひょんなところで遭遇することもあって、「????」という感じです。なぜか、そういうケースはフィギュアではまだ経験がなく、オペラばかり。謎は深まります。
<< 新たに見つけた高橋選手の動画 動画、アップされていました >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧