111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

COI仙台公演のTV放送レポート

COI(チャンピオンズ・オン・アイス)仙台公演のTV放送、見ました。1時間の番組にしては、満足できる内容だったのではないでしょうか。荒川静香さん中心の構成でしたが、もともと仙台の放送局の番組なのだから、それは納得できるし、まったくOKでした。

おおよその内容としては、こんな感じでした。まず、日本人選手と現役選手を中心にした7人の出演者(本田武史、中野友加里、ランビエール、荒川静香×2.5回、ベレズナヤ・シハルリドゼ、スルツカヤ、コーエン)については、演技をまるごと放送してくれたほか、演技前に簡単な紹介ビデオ、演技後にインタビューがありました(インタビューはランビエール選手、ベレズナヤ・シハルリドゼ組を除く)。それ以外の出演者(ドロビアツコ・バナガス、アニシナ・ペーゼラ、アクロバットのベセディン・ポーリショク、ペトレンコ、ボナリー)については、まとめてダイジェストでの紹介。さらに、荒川静香さんに関する映像が随所に少しずつ組み込まれていました。

こうして並べてみると、1時間にこれだけよく入れ込めたな、という気もしますね。大健闘では。逆にいうと、スタジオトーク入りの番組の場合、いかにトークに時間を取られているかがよくわかります。演技前の紹介ビデオおよび演技中の解説は、その出演者の実績や得意技を紹介するもので、いい内容だと思いました。

以下、まるごと演技が放送された出演者について、簡単に演技の感想を(敬称略)。

本田武史(アランフェス)
選手紹介のときに昔の映像が流れて、すごく懐かしかったです。若いというより子どもの顔をしていて、今見るとびっくり。仙台は彼にとっても地元ということで、気合が入っていたんじゃないでしょうか。春ごろ、プロに転向したての時期はふっくらしていましたが、今回はすっきりした体型で登場。演技も3Aを飛ぶなど、見ごたえのあるものでした。演技後のインタビュー「これからもジャンプを見せていきたい」とのこと。楽しみですね。見られる機会がたくさんあるといいのですが(←アイスショーをTVでどんどん放送してほしい、の意)。

中野友加里(SAYURI) 
すでにお馴染みになってきたプログラム「SAYURI」。演技中の笑顔がすごく自然で、思わず見とれてしまいました。演技とは関係ないことながら、先日、文庫本で「さゆり」を読んでしまいました。先入観があったので、中野選手が映画音楽をプログラムに使わなかったら手を出さなかったと思うのですが、予想外に面白かったです。

ステファン・ランビエール(Fix You) 動画
演技や放送内容については、動画の通りです。このプログラムは、このところ立て続けに見ているので、久しぶりに「四季」のほうを見たかったかも。

荒川静香(アヴェ・マリア)
最初の演技は、白い衣装バージョンの「アヴェ・マリア」。COIに参加したことで、演技の見せ方について学ぶことが多く、COIに行く前と行った後とでは、演技が変わったと思う、とのことでした。

ベレズナヤ・シハルリドゼ組(チャップリンメドレー)
個人的に、今回は彼らの演技がいちばん見たかったので、放送してもらえてうれしいです。実際にアイスショーを見に行かれた方々のレポートで、期待が高まっていた「チャップリンメドレー」、すごくよかった~。演技の終わりごろだったか(リプレイのときかも)、実況のアナウンサー氏が「いいものを見せてもらいました」と言っていましたが、激しく同感。見ていて楽しいし、もっともっと見たいと思うプログラムです。スロージャンプやリフトも健在でした。

イリーナ・スルツカヤ(ユー・プロミス・ミー) 動画
噂に聞いていた通り、ちょっとふっくらしていましたね。かわいい。スルツカヤ選手、なんと静岡公演と仙台公演の合間にロシアまでいったん帰ったそうで、ネットでそれを知ったときは心底びっくりしましたが、解説でもそのことを紹介していました。さすがにちょっとお疲れかな、という演技内容でした。

サーシャ・コーエン(黒い瞳) 動画
演技や放送内容については、動画の通りです。演技後のインタビューも見られます。コーエン選手、喋り方はけっこう大人っぽいんですね。

荒川静香(ユー・レイズ・ミー・アップ)
この番組のCMで、ケルティックウーマンが何回も登場していました。もうすぐ来日するんですね。フィレンツェ歌劇場の来日公演「トゥーランドット」ですら、なんと大入りになったぐらいだから、きっと大盛況なんだろうなあ。それこそ、ゲストで荒川静香さんが登場したりするのでは。

荒川静香(アンコール)
「ユー・レイズ・ミー・アップ」の演技のあと、拍手が鳴り止まずにアンコール。「ユー・レイズ・ミー・アップ」の青い衣装のまま、「トゥーランドット」の一部を披露してくれました。イナバウアーから3連続ジャンプ、そしてスピンと、トリノ五輪のフリーが思い出されます。会場にいた人たちにとっては、ほんとに最高の贈り物ですよね。うらやましい。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-09-28 23:28 | フィギュアスケート | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/4225416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Dotaの(o^_’b .. at 2006-09-29 22:09
タイトル : チャンピオンズ・オン・アイス(COI)のTV放送を今観ま..
朝起きて・・・ビデオを再生っ!(さすがに夜中の3時頃観る気力は・・・(^^;;)... more
Tracked from 亀田三兄弟に負けるな!家.. at 2006-10-07 18:24
タイトル : ケルティック・ウーマン クリスマスソング 試聴
2006年トリノオリンピックのフィギュアスケートで金メダルを受賞した荒川静香さんが... more
<< 行ってきました、「トスカ」 ザルツブルグ音楽祭「魔笛」DVD >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧