111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

「報道ステーション」の感想

「報道ステーション」、見ました。荒川静香さんのCOIのようすを、ツアー最後の地ラスベガスから松岡修造さんが報告。公式サイトのご本人の手によるレポートに、映像がくっついてきた、という印象でしたね。

編集の手が入っているにしても、ビフォー・アフターが、ほんとに見事なほどにビフォー・アフターで、面白かったです。つまり、ショーの前に、これからショーを見ようと並んでいる人たちに「シズカ・アラカワを知っていますか?」と聞いても、「知らないわ」「その人、スケーターなの?」みたいな反応ばかり。ところが、ショーの後は「彼女はこれまでに見た中で最高に素晴らしいスケーターだわ」「誰よりもあなた(荒川さん)のサインがほしいと思ったのに、パンフレットに写真が載っていないなんて」というような反応に。

アメリカの観客が荒川静香さんをよく知らないのは、アメリカ人は自分の国が大好き、だからフィギュアスケートでも自国の選手のことしかくわしくない、というような面もあるのだろうとは思うんですけど、フィギュアスケートがさかんなアメリカでは、熱烈なフィギュアスケート・ファンというわけでなくても、気軽にアイスショーを見に来ているということなんだろうなあ…と思いました。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-08-31 23:35 | フィギュアスケート | Trackback(2) | Comments(5)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/4080649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from blog EVERGREEN at 2006-09-01 01:13
タイトル : 報道ステーション 荒川静香特集 オープニングBGMはダイ..
報道ステーション「荒川静香特集」を見て感想など まったく内容と関係ありませんが、このブログとしては最初に触れなければならないのが、特集のオープニングはダイアナ・ロスの「Ain't No Mountain High Enough」だったということですか秊。アメリカ、強い女性、..... more
Tracked from 川柳つれづれblog at 2006-09-01 04:25
タイトル : ニュースステーション
あ、今は「報道ステーション」だったっけ(笑) しーちゃん特集、何とか間に合いました(^-^)。 松岡修造がナビゲーター……。やっぱテレ朝ですね(汗) それはともかく、COIでのしーちゃんの悪戦苦闘ぶりが、短い時間の中でも伝わってきました。 「まずは名前を覚えてもらわないと」 これがしーちゃんの今年の目標だったことは、ずっと聞いていましたが、今回初めて知ったのが、コーチからのアドバイスです。 「目線を上に持っていくこと」 「歌詞を歌わないこと」 なるほど~と思いました。確かに、...... more
Commented by Alex at 2006-09-01 00:57 x
こんばんはTBありがとうございます。
>>熱烈なフィギュアスケート・ファンというわけでなくても、気軽にアイスショーを見に来ているということなんだろうなあ…と思いました。

ですねー私も同じこと思いました。きっと価格設定なども日本よりお求め安い価格で気楽にこれるんじゃないかなとか。日本じゃちょっと好きだから程度ではいけない価格設定ですよね。
Commented by NOMA-IGA at 2006-09-01 19:34 x
こんばんは! メッセージをいただいて、こちらこそありがとうございます。
たとえば日本でも、荒川静香さんのことは知っていても、ペアやアイスダンスの金メダリストが誰だったか知らない人は、一般的にものすごく大勢いると思います。日本では、そういう人がアイスショーを見に行くことはあまりなさそうですが、たぶんアメリカでは、そういう人たちまでが気軽に足を運ぶ機会があるんだろうな、それだけショーがさかんなんだろうなと思いました。うらやましいですね。
Commented by NOMA-IGA at 2006-09-02 18:34 x
5ドルですか。リハーサルとはいえ、信じられないくらいの安さですねえ。
正直なところ、オペラと比較したら、アイスショーの値段はまだ安いほうです。それでも、フィギュアスケートにあまり興味のない人を誘うには、ちょっと高すぎる。だから、同居人と過ごすのが好きな私としては、なかなかアイスショーには足を運べません。映画料金ぐらいで見られるなら、「行こうよ行こうよ」と気軽に誘えますけどね。
Commented by COS at 2006-09-03 01:45 x
COSです。

ごめんなさい!自分のコメントを修正できるかと思ったら、削除になっちゃったので、
再コメントします。

村主選手の「輝く女」を見た時、アメリカのCOIの公開リハーサルの入場料は、わずか5ドルでした。
僕は、日本にアイスショー会場がもっと増えて、プロ団体がたくさん出来、料金が下がり、映画館の様に、気軽に観賞できる環境になって欲しいです。
荒川プロの演技を、日本人よりもアメリカ人の方が多く、生で観ているという現実は、皮肉です。

(ここから、追加のコメントです)
オペラは、もっと高いのですか?こちらも、残念な現実ですね。荒川プロのトゥーランドットで、オペラに興味を持った人もいると思います。

また、僕のブログに来て下さいね。
Commented by NOMA-IGA at 2006-09-03 11:26 x
こんにちは。お手数をおかけしちゃって申し訳ない。このブログのコメント欄、訂正機能がないみたいなんです。

オペラの料金は、ものすごく高いです。一流の歌劇場(ウィーン国立歌劇場とか)の来日公演だと、いちばん安い席でも、アイスショーのSS席より高いかも。もう少しランクが下の歌劇場の来日公演や、新国立劇場のオペラだと、アイスショーよりもやや高い程度の料金設定でしょうか。

お金持ちでもないのに、こんなに不経済なものを好きになってしまったのかと、たまにがっくりしてしまいますが、それでも、見終わった後に「金返せ!」という気持ちになったことはないし、また行きたいと思ってしまうんですよねえ。
<< 本格的にシーズンイン 「ドン・ジョヴァンニはアリアを... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧