111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

ナフカ・コストマロフ組の「トスカ」

ナフカ・コストマロフ組の「トスカ」
2005年世界選手権フリーダンス
トスカ度★★☆


3日ぶりの更新です。留守中もアクセス数が全然減っていなくて、うれしかったり、びっくりしたり。どうもありがとうございます。今日はご挨拶程度にとどめておこうかとも思ったのですが、いろいろと予定が立て込んでおりまして(?)、さっそく話題を再開しますね。

フィギュア版「トスカ」シリーズ、本日はナフカ・コストマロフ組の「トスカ」を取り上げます。2004-2005年シーズンのフリーダンス。動画は2005年世界選手権のものです。演技内容としては、それほどオペラ「トスカ」のストーリーを意識したものには思えなかったですけど、男女で演じると、やはりそれだけで雰囲気が感じられますね。ごく自然に、ナフカ=トスカ、コストマロフ=カヴァラドッシとして見ていました。トスカは気の強いところがある女性なので、ナフカの雰囲気に合っているのでは。一方のカヴァラドッシは、情熱的なトスカに押され気味のところがあるから(特に序盤)、コストマロフのほうもキャラ的にしっくり来ました。

ただ、昨シーズン、彼らのフリー「カルメン」をTVで見ていたとき、解説の人がこんなふうに言っていたんです。「昨シーズンの『トスカ』は女性が主役という感じで、男性があまり目立ちませんでした。それと比べると、今シーズンの『カルメン』は男性の衣装も華やかだし、2人とも主役という感じで、素敵ですね」

うーーーーん。でも(しつこいですけど)男性が闘牛士ルックの「カルメン」って、男性が演じているのがエスカミーリョなのかドン・ホセなのか、よくわからないじゃないですか。エスカミーリョだとしたら、取り立てて感情移入できる要素がないし、ドン・ホセだとしたら、闘牛士の格好をしていることに違和感がありすぎるし。どんなに技が高度でも、衣装が豪華でも、そこに引っかかって、見ていて落ち着かないんです。私としては、「トスカ」のほうがずーっといいなと思います。

それに、「トスカ」のときのコストマロフの衣装は、十分に豪華だったと思います。オペラのカヴァラドッシは、それほど華やかな服装では登場しません。最初はいかにも画家の作業着らしい、絵の具で汚れてもよさそうな格好をしているし。次は拷問をうけているので、血まみれになって出てくるし。最後は処刑前だから、とても簡素です(ペトレンコの記事の動画参照)。

というわけで、衣装からいっても、演技内容からいっても、ナフカ・コストマロフ組が演じているのは、オペラ「トスカ」に描かれた不幸に見舞われる前のトスカとカヴァラドッシというところでしょうか。オペラの筋書きに沿ったフィギュア版「トスカ」も、ぜひ見てみたいものです。ドラマチックだろうな。誰かやってくれないものかしら。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-08-27 19:10 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/4057219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ak-G at 2006-08-28 18:30 x
ちょっとお久しぶりです。ナフコス「トスカ」が不幸に見舞われる前とおっしゃられていましたが、「カルメン」もそうですよね。幸せな頃のカルメンとエスカミーリョのラブラブっぷりを、4分半に渡り延々とやってたと私は解釈しております(笑)。
いずれもナフコスの売りは「明るさ」なのであえて「ひとときの幸せ」な部分をフィーチャーしてるのでしょうか。
個人的には「トスカ」をオリンピックでやったほうが良かったんじゃないかと思ってます。「カルメン」はなんかコメディっぽくみえてしまって・・・。
Commented by NOMA-IGA at 2006-08-28 20:09 x
なるほど~。ホントにそうですね!>カルメンとエスカミーリョのラブラブっぷり
盲点でした。まさかそういう設定の演技があるとは思ってもみなかったのですが、あってもいいわけで、おっしゃる通りだと思います。自信家同士のラブラブ状態。そう思って見てみると、とても納得のいく「カルメン」です。オペラでいうと、第4幕の出だしあたりのイメージなんでしょうね。

私も、どうせなら「カルメン」より「トスカ」で金メダルを取ってほしかったな。
Commented by 槻矢 at 2006-09-29 23:22 x
こんにちは、はじめまして!
槻矢(つきや)と言います。
昔の記事にコメントで申し訳ないのですが、一つ気になったことがあったので書かせていただきます。
ナフコスの「カルメン」ですが、昨年のGPFのインタビューで「我々は他の選手とは違ったことをやりたい。カルメンとホセではなく、カルメンと牛のキャラクターを演じ、パワフルなところを出したいと思っている。」と言っていました。
アドレスはこちら:http://www.tv-asahi.co.jp/figure2005/japanese/report/index.html

カルメンと"牛"・・・。

ということで、これが何かの冗談か翻訳者の間違いでなければ彼らは「カルメンと牛」を演じているようです。
Commented by 槻矢 at 2006-09-29 23:24 x
>続きです。

バレエのアロンソ版「カルメン」では"牛=運命"として、カルメン×ホセ、エスカミーリョ×運命(牛)の2組の交錯を描いた見事なプログラムなのですが、ナフコスがこの話を知っていたか、牛にそういう意味があるのかは「?」です。

フィギュアスケートを見ていると、映画、オペラ、バレエなどの「背景」を持つ曲が多用されていますが、それらの背景をどこまで加味して見るべきなのかちょっと悩むときがあります。音楽としてなぞっているだけなのか、そのキャラクターを演じているのか。フィギュアスケートはスポーツだということを考えるとどちらの立ち位置が正しいか一概には言えませんけど、「カルメン」のような「背景」が有名なものに関してはそれにそった形で演じてもらった方が私個人はしっくりきます(逆を言うと背景を知らない曲なら、曲想にあっていればそれでいいってことになるので我ながら首尾一貫していないですね^_^:)

長々と失礼しましたm(_ _)mオペラは詳しくはないのですが好きなので、また寄らせていただきますね♪
Commented by NOMA-IGA at 2006-09-30 10:36 x
いらっしゃいませ!
こちらこそはじめまして…といいつつ、アイスショーの後などに、ちょくちょく槻矢さんのブログを拝見しているので、あまり初めてという気がしていなかったりして。来てくださってうれしいです。

GPFのサイト、さっそく見てきました。GPFのころに何度も利用していたのに、このインタビューには気がついていませんでした。カルメンと牛。確かにそう書いてありますね。牛ですか、牛…。それって、アイスショーでおなじみの、アクロバット2人組の「カルメン」のようですね。

翻訳ミスのほかに、ナフコスがつい言い間違えてしまったとか(何語でインタビューしたのか不明ですが、ロシア語ではなかったとして)、HP作成者のテキスト打ち込みミスなども可能性として考えられるなあ…と思いつつ、だんだんと、コストマロフ=牛というのが、ミョーにしっくりくるように思えてきたりして(汗)。
Commented by NOMA-IGA at 2006-09-30 10:37 x
(続き)
フィギュアスケートの演技に、オペラや映画音楽が使われる場合、私も槻矢さんと同じように、有名なもの(例:カルメン、ロミオとジュリエットなど)についてはキャラを重ねて見てしまいがちですが、それ以外はあまり頓着せずに見ることが多いです。

演じる側のことを考えてみると、有名なオペラや映画音楽を使うと、キャラに助けられる面がある一方で、やれカルメンらしくないとか、ジュリエットにしては老けすぎているとかいわれがちなので、メリット・デメリットが半々かもしれないですね。
<< ラブラブ「カルメン」 アレクセイ・ヤグディンの「トスカ」 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧