111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

ヴィクトール・ペトレンコの「トスカ」

ヴィクトール・ペトレンコの「トスカ」
1996年アイスショー「Ice Wars」での演技
トスカ度★★★


「Ice Wars」って、こういう形式のショーをテレビで見たような覚えが…という程度なので知識が怪しいですが、確か出場者が2チームに分かれて、チーム対抗で点数を競い合うんですよね。動画の冒頭で、ペトレンコと並んで顔写真が映るのが、対戦相手の選手だと思います。また、ペトレンコの演技後に拍手を送っているのは、同じチームの選手たちなのでしょう。一応は点数を競い合うかたちのため、アイスショーにしてはマジにジャンプを飛んだりして、「アイスショーの華やかさ+高度な技」が楽しめたような記憶があります。J-SPORTSで見たのかしら。今もやっているのなら、ぜひまた見たいです。

…というような話はともかく、ペトレンコの「トスカ」についてです。いやあ、すごい演技力ですねえ! これはまさに「トスカ」のカヴァラドッシ。「おおお!」とか内心で叫びながら、思わず見入ってしまいました。いかにも絶望した人のように顔を覆ったり、祈りを捧げるようなポーズを取ったりと、明らかに役柄を意識した演技もうまいですが、スピンなどの技をこなしながらも、ちょっとした表情や腕の動きなどで感情を表現しているのがお見事です。

前回も書いたように、カヴァラドッシはこのオペラの主人公であるトスカの恋人です。政治犯の友人を匿った罪で、死刑を宣告されてしまいます。処刑を翌朝に控え、独房でトスカを思いながらせつせつと歌うのが、このプログラムのメインに使われている曲「星は光りぬ」です。オペラのこの場面、ちょっと見てみてくださいませ(こちらの動画。歌っているのはニコライ・ゲッダ)。ペトレンコがいかにカヴァラドッシになりきっているか、よくわかると思います。

オペラでは、独房へトスカが会いに来たり、いったんは助かることになったと思ったら、結局は騙されて銃殺されたりと、細かい展開がいろいろとありますが、この演技ではそういう部分はすっ飛ばして、「死刑を宣告されたカヴァラドッシが、死を前にして恋人を思い、自分の運命を嘆き、今さらながらに生を愛しみ、処刑されて息絶える」というわかりやすい展開になっていると思います。おおまかに、こんな感じでしょうかね。

00:30~ 膝をついたポーズで演技開始
00:48~ 顔を覆って絶望感を表す
00:57~ 両手を高く掲げて祈るポーズ
01:05~ 嘆きや悲しみ、絶望を表現
       一方、ジャンプなどの激しい動きは生への愛着を感じさせる
02:05~ 恋人を思い、生を愛しみ、それゆえにさらに絶望感を募らせる
04:25~ 処刑(銃で撃たれる)
04:27~ 胸から血を流し、苦しみながら最後に絶命

「カルメン」の話題のときに見たクリロワ&オフシアンニコフ組の演技で、スカーフを使って流血を表現していたのも面白かったですが、ペトレンコのも考えましたね。というか、これは1996年の映像ですから、クリロワ&オフシアンニコフ組の演技(1998年)よりも先ですが。小道具を使わずに、うまいこと工夫したなあ~と感心しました。

いや、ほんと、「トスカ」の最後のシーンを堪能しました。とてもよかったです。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-08-23 22:36 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/4037826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sasha_2006 at 2006-08-24 13:16
いや~~凄いものを見せてもらいました。
ペトレンコと言えばフリフリブラウス・・・って、そっちかい!(^^;)
さすがに年齢を考えてか?控えめでしたが、
かつてのご本人や、ウルマノフを思い出させました。
と言っても、まだ彼が現役の時には、男子シングルには
女子ほど興味がなく今思えばもったいないことをしたものです(--)

この演技力を見たら、プルシェンコもさすがに負けますね。
まあ、人生経験豊富な分、内面からにじみ出るようなものを感じると言うか・・・
ビットや有香ちゃんが拍手してる姿も印象的でした。
Commented by sasha_2006 at 2006-08-24 13:21
トスカは女性よりも、男性が演じた方があってるような気がします。
初めてトスカを見たのは、ソルトレイクシーズンでのスルツカヤバージョンですが、
彼女が演じてるとそんなにいい曲だと思えなかったんですよ。
ペアでも使ってるのを見たことはありますが、同じく。
でも本田君が引退前のプログラムで滑ってるのを見て、
「トスカってこんなにいい曲だったっけ?」と驚いたんです。
完璧な滑りではなかったけど、とても胸に響きました。
プルシェンコのも良かったですし、今回見せてもらったペトレンコも然り。
この哀しい表現は、私には男性特有のものに思えて仕方ないのです。
Commented by NOMA-IGA at 2006-08-27 21:31 x
気に入っていただけてうれしいです。おかげさまで、探してきた甲斐がありました。(^^)/ YouTubeで見つけられた範囲では、この演技がダントツでよかったです。

「トスカ」は女性より男性のほうが合っているというのは、私もすごく感じました。カヴァラドッシに比べると、トスカは役柄として演じにくいということもあるのかもしれません。トスカも最後に死ぬわけですけど、その経緯や心情は、カヴァラドッシよりずっと複雑だと思うし、フィギュアスケートの4、5分の演技には要約しきれないのかもしれないですね。だから、女性の演じる「トスカ」を見ていても、べつだんトスカを演じているとか、トスカの世界を表現しているとかいう気はしなくて、有名できれいな曲だから使っているだけ、という印象を受けることが多いです。
<< アレクセイ・ヤグディンの「トスカ」 「ドリーム・オン・アイス」の追加動画 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧