111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

フィギュア「カルメン」比較--カタリナ・ビット

フィギュアスケートで「カルメン」は人気のプログラムですが、ここでは女子シングルに絞って、歴代の「カルメン」プログラムを取り上げてみたいと思います。女子シングルに限定するのは、ペアやアイスダンスの場合、(前にも書きましたけど)男性がエスカミーリョの格好をしながらドン・ホセを演じているらしい点が、個人的にどうもなじめないこと、男子シングルの場合も、エスカミーリョのつもりなのかドン・ホセのつもりなのか、あるいはどちらでもないのかわかりづらく、評価の基準を見つけにくいことが理由です。その点、女子シングルの場合は、皆さんカルメンになったつもりで演技しているものと思われ、この演技はカルメンらしいとか、カルメンらしくないとか、あれこれ書きやすいです。

さて、女子シングルで「カルメン」といえば、やはりカタリナ・ビット様(旧東ドイツ)を忘れてはならないでしょう。カルガリー五輪のフリーで「カルメン」を演じ、見事に金メダル。その後、アメリカにわたってプロスケーターになってからは、「カルメン・オン・アイス」という映画でもカルメンを演じています。「トゥーランドット」が荒川静香なら、「カルメン」はカタリナ・ビットといっていいのでは。

というわけで、最初はカタリナ・ビットの「カルメン」を取り上げてみます。
青字の「カルメン」(↓)をクリックしていただくと、YouTubeの動画をご覧いただけます。

カタリナ・ビットの「カルメン」 1988年カルガリー五輪フリー
【曲の構成】
時間:曲名
0.00~:鐘の音、前奏曲の一部?
0.30~:第4幕への間奏曲(アラゴネーズ)
1.40~:ハバネラ 
3.00~:第2幕フィナーレの合唱
3.30~:あんたね、俺だ(ホセが復縁を迫って切々と歌う部分)
3.50~:第1幕への前奏曲

う~ん、こうかな? ちょっと自信のない部分もありますが。特にオープニングの30秒ほどは、音の状態がよくないこともあって、今ひとつ聞き取れませんでした。いきなり鐘が鳴るなど(最後も鐘で終わりますね)、このプログラム用に編曲されている可能性もありますし。いずれにしても、思い違いもあるかもしれないので、もし「ここは違っている」と気づかれた方がいらっしゃいましたら、どうぞご指摘くださいませ。

(追記 ↓この段落、出だしの1行が抜けてました。失礼しましたっ)
カタリナ・ビットのカルメンですが、なんといってもきりっとした男顔の美人だし、女王様っぽい雰囲気もあるから、ぴったり。曲に合わせて自然に滑っているだけで、十分にカルメンらしさが出ていると思います。

最後に倒れるのは、ドン・ホセに殺されて息絶えたところで幕、ということなのでしょうね。最初と最後の鐘は、カルメンの死を暗示する教会の鐘という演出なのかな? オペラで鐘が鳴るのは聴いたことがないですが、フィギュアの演技時間は短いですから、最初と最後に鐘の音を配することによって、全体の構成がピリッと締まっていると思います。

ただ、いかにもカルメンっぽいビットではありますが、映画版「カルメン・オン・アイス」のカルメン役はイマイチでした。この映画の感想は、以前にも書いたことがあり(こちら)、読み返してみると、訂正したい部分もないではないのですが、大筋では今も同じです。

要は、ビットはシングルの選手なので、ドン・ホセやエスカミーリョという相手役を与えられても、技に限りがあって、物足りないんです(相手と密着した滑りができない)。それに、だいぶ音楽がはしょってあるとはいえ、1時間以上の長さはあったので、見ているうちに飽きもきてしまうし。ただまあ、それはビットのせいじゃなくて、企画のせいというべきでしょう。1人で踊っていたほうが、よほど完成度の高いカルメンになっていたと思います。

------------------------------
(追加リンク)
くわしくはコメント欄をご参照ください。
http://www.youtube.com/watch?v=hXzpO8vjVzs&search=Olympics%201998%20figure
[PR]
by noma-igarashi | 2006-07-23 22:49 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/3858337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ak-G at 2006-07-25 16:47 x
「カルメン・オン・アイス」シアターテレビジョンで八月にやるみたいです。
http://www.theatertv.co.jp/
シアターテレビジョンは110にはないんで私は見れませんが・・・。

先日書き込ませていただいた時、実はエスカミーリョとドン・ホセについてというか「カルメン」を、私けっこうあいまいに認識してて、フィギュアで男性がどう演じてようが、無頓着だったし、「白のファルーカ」読んでてもそうでした・・・。反省してます。
そのあとここのブログも含めて、多少勉強したつもりですが・・・。
先日、長野オリンピックのビデオが見つかりまして、
久しぶりにクリロワ&オフシアンニコフの「カルメン」を見てたんですが、あれはちゃんとドン・ホセの格好でドン・ホセを演じてるんですよね。(女性側の衣装から赤い布を引っ張って殺したのを表現したやつです。)
この頃と今のアイスダンスが全くと言って良いほど違うので、びっくりしました、今のはエレメントをこなすのに、プログラムに流れがなくなったような・・・
Commented by NOMA-IGA at 2006-07-25 19:52 x
おおおお。うれしい情報をありがとうございます!
クリロワ&オフシアンニコフの「カルメン」、ドン・ホセでしたか。長野の頃は、私もまだオペラに関心がなく、それこそドン・ホセでもエスカミーリョでもいいじゃん、という状態だったので、まったく気がついていませんでした。さっそくyouTubeで調べてみたところ、ありましたありました(コメント欄はリンクが効かないので、この記事の最後にリンクを貼りました)。確かにこれはドン・ホセのようですね。これならぜひ、今回の話題の一環として取り上げてみたいです。

シアターテレビジョンというのは、残念ながら私も見られないのですが、見られる方で、「カルメン・オン・アイス」に興味のある方はぜひ。あまりよく書かなかったので、見る気をそいでしまったかもしれないですが、一見の価値はあると思います。
Commented by ak-G at 2006-07-26 18:00 x
上の書き込みした後、もう一度見てみたんですが、殺されてるのは男性の方なんですよね。やっぱエスカミーリョなのかなぁ?多分にもれず「ハイブリッド君(?)」なんですかね。

この2人のコーチはリニチュクなんですよね。
長野のフFDのキスクラにはカルポソノフしかいませんが、EXにはリニチュクも映ってます。でもなぜか今のほうが若く見える気が・・・

ちなみに、長野のビデオは、CDやODは録っておらず、FDもメダリストだけでした。
Commented by NOMA-IGA at 2006-07-26 19:59 x
あ、でも、これはやっぱりドン・ホセではないかしらん。最後のシーンは紛らわしいというか、いろんなふうに解釈できそうですけど、殺されたのはカルメンのほうだと思います。

せっかくですから、この「カルメン」について、記事を書かせていただきますね。しばらくお待ちくださいませ。
Commented by ak-G at 2006-07-26 22:21 x
訂正:
フリーダンスの表記を途中カタカナからアルファベットに書き直したのが残って
「フFD」
になってました!!ごめんなさい!
Commented by NOMA-IGA at 2006-07-26 23:03 x
あは。どうぞお気になさらずに。
例によって途中までですが、クリロワ&オフシアンニコフの「カルメン」について書き始めてみました。
Commented by sasha_2006 at 2006-08-03 10:58
カルメンは私ももちろん大好きなプログラムです。
オーケストラなどで演奏されると聴くと、必ず聴きに行きますし。

おっしゃるとおり、カルメン=ビット 静香ちゃん=トゥーランドット
だと思いますね、それはもう絶対に。
あともう一つのカルメンが私の中にはあって、
サーシャコーエンを初めて見た時に、またこれもカルメンだな・・と。
ソルトレイクシティで魅せた(見せた)顔の表情、身のこなし。
ビットにも決してひけをとらないな・・・と思いました。
Commented by NOMA-IGA at 2006-08-03 21:56 x
あ、実はコーエンの「カルメン」も取り上げる予定で、すでにソルトレークのときの動画を確保しています。来週には書けると思いますので、ぜひお楽しみに~。
Commented by sasha_2006 at 2006-08-04 11:14
ホントですか!!それは楽しみにしてます!!
昨日、DOI見てふと思ったのですが、
太田由希奈ちゃんがカルメンをやっても
面白いんじゃないかって・・・
日本人にカルメン、ってあまりピンとこなかったのですが、
彼女の卓越した表現力を見て、そう思いました。
Commented by NOMA-IMA at 2006-08-04 20:30 x
なるほど~。あんがい面白いかもしれないですね、太田由希奈選手の「カルメン」。村主選手にしても、イメージ的にはカルメンという感じじゃないのに、演技力であそこまで楽しませてくれるわけだし。太田由希奈選手が演じたらどんなふうになるか、確かに興味を引かれますね。見てみたいです。
Commented by NOMA-IGA at 2006-08-05 00:20 x
ひゃ。上の書き込み、名前が間違ってますね。
「NOMA-IMA」だって。(^^;;;
後半、正しくはイガラシの「IGA」です。
<< フィギュア「カルメン」比較--... 引き続き、デュマ・フィス「椿姫... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧