111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
ちなみに、総括記事は男子..
by noma-igarashi at 23:20
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

GPシリーズ(個人的)注目の大会

フィギュア関係のブログ、昨日はどこも大変な賑わいだったみたいですね。フィギュア人気、衰えず。気合を入れて応援すればするほど、スポーツはつらい思いをすることもありますけど、だからこそ燃えてしまうわけでして、06-07シーズンもおおいに盛り上がりたいものです。

昨日は簡単な感想しか書けなかったので、GPシリーズについて、もうちょっとだけ書いてみます。各大会のエントリーを見てみて、個人的に注目したいなと思ったのは、次のような大会です(もちろん、6大会すべて楽しみですけど)。

●男子シングル
アメリカ大会:南里、織田、ライサチェックほか
カナダ大会:バトル、高橋、ランビエール、ウィアーほか
中国大会:サンデュ、李、ライサチェックほか
フランス大会:バトル、ジュベール、小塚、南里、クリムキンほか
ロシア大会:サンデュ、ジュベール、柴田、ウィアー、クリムキンほか
NHK杯:李、小塚、織田、高橋、ランビエールほか

カナダ大会がすごい顔ぶれですね。強豪ぞろい。バトル、ランビエール、ウィアー、高橋選手と、トリノ五輪の最終グループが4人も揃っています。この顔ぶれの中で、高橋選手、表彰台に上れるかどうか。激戦が予想されるので、とても楽しみです。

それ以外では、フランス大会にも注目したいです。バトル、ジュベールがエントリーする中、日本からは小塚選手、南里選手が参戦します。ジュニア世界選手権優勝の実績を引っさげて、小塚選手がこの面子の中でどこまでやれるか、おおいに期待したいところです。

NHK杯は、お楽しみ度としてはビミョーかなあ。世界選手権優勝のランビエールに、高橋、織田、小塚3選手が挑む、というかたちですね。GPファイナル進出のことを考えず、この試合単体で見るとしたら、日本人3人が直接対決するのは興味津々ですが。

●女子シングル
アメリカ大会:コルピ、安藤、浅田(舞)、浅田(真)、マイヤー、ヒューズ、マイズナーほか
カナダ大会:ロシェット、ポイキヨ、恩田、村主、キム(ユナ)、シズニーほか
中国大会:ゲデバニシヴィリ、セベスチェン、中野、澤田、ソコロワ、ヒューズほか
フランス大会:ロシェット、ポイキヨ、コストナー、安藤、キム(ユナ)、マイズナー、
ロシア大会:コルピ、セベスチェン、恩田、澤田、ソコロワ、マイヤー、シズニーほか
NHK杯:ゲデバニシヴィリ、コストナー、浅田(真)、中野、村主ほか

浅田真央選手とユナ・キム選手の直接対決は、ひとまずないんですね。GPファイナルで実現するかしらん。その代わりといってはなんですが、アメリカ大会で浅田真央選手とマイズナー選手が対決します。アメリカ大会はさらに、コルピ、ヒューズ、安藤美姫選手など、有望な若手が勢ぞろい。女子シングルは、この大会がいちばん楽しみかな。

それ以外では、フランス大会が激戦になりそうな予感。安藤、ロシェット、ポイキヨ、コストナー、ユナ・キム、マイズナーですよ。わ、すごい顔ぶれ。この大会も目が離せないですね。安藤選手、どこまでやれるか。

あと、女子シングルに関しては、ゲデバニシヴィリ選手の名前を覚えなくっちゃ(汗)。まだうろ覚えで、書くときはコピペしている状態です。頻繁に実況を耳で聞けば、覚えられるんじゃないかなと期待しています。

●ペア
アメリカ大会:龐清・佟健、プラ・ボヌール、井上・ボールドウィンほか
カナダ大会:マルコー・バンタン、張丹・張昊ほか
中国大会:龐清・佟健、申雪・趙宏博、サフチェンコ・スコルビーほか
フランス大会:プラ・ボヌール、ペトロワ・ティホノフ、井上・ボールドウィン、オベルタス・スラフノフほか
ロシア大会:若松・フェクトー、サフチェンコ・スコルビー、ペトロワ・ティホノフ
NHK杯:マルコー・バンタン、若松・フェクトー、申雪・趙宏博、張丹・張昊、オベルタス・スラフノフほか

ペアは、知らないカップルがやけに多いような…。引退したのはトト・マリくらいしか思いつかないんですが、知らないだけで、かなり世代交代があったのかしら。

実のところ、ペアに関しては、ソルトレーク以降、今ひとつ気持ちが盛り上がりません。美しい演技を見せてくれるペアが好きなんですが、ソルトレーク金メダルのベレズナヤ・シハルリドゼ組を最後に、これはと思えるペアにお目にかかれなくて…。ひとまず、井上・ボールドウィン組、若松・フェクトー組などを応援したいと思っています。

●アイスダンス
アメリカ大会:デンコワ・スタビスキー、カー・カー、渡辺・木戸、ドロビアツコ・ヴァナガス、マシュー・ザボジンほか
カナダ大会:デュブレイユ・ローゾン、ファイエラ・スカリ、ドロビアツコ・ヴァナガスほか
中国大会:ビアー・ビアー、チャイト・サフノフスキー、ドムニナ・シャバリン、ベルビン・アゴストほか
フランス大会:デンコワ・スタビスキー、デロベル・ショーンフェルダー、ファイエラ・スカリほか
ロシア大会:デロベル・ショーンフェルダー、カー・カー、ドムニナ・シャバリン、ベルビン・アゴスト、マシュー・ザボジンほか
NHK杯:デュブレイユ・ローゾン、ビアー・ビアー、チャイト・サフノフスキー、渡辺・木戸ほか

アイスダンスはどの大会もすごく楽しみです。強いていえば、アメリカ大会、ロシア大会が特に注目かな。NHK杯も捨てがたいす。なんにしても、デンコワ・スタビスキー、デュブレイユ・ローゾン、チャイト・サフノフスキーなどのベテラン勢が引退せずにいてくれるおかげで、彼らの演技を楽しみながら、若手カップルにも目を配れるのがウレシイです。

あとは、どうかビールマンのリフトが少なくなりますように(切望)。昨シーズンはリフトといえばあればっかりで、女子シングルのビールマン以上に辟易としました。新採点システムにもよさがあると思いますけど(一発逆転がありうる点などはスリリングで面白い)、各カップルが個性を発揮できるようなルールにしてほしいです。ソルトレークのときの金メダル銀メダルの演技を動画で見ていたら、もう、あまりにも今のアイスダンスと演技の内容が違うので、愕然としてしまいました。今は、技をこなすのが大変で、メッセージ性のあるプログラムまでは望めない気がします。

(ところで、この段階からの選手の変更って、どの程度生じるものなんでしょう。去年までは、大会が始まったらTVで見るというだけで、ネットで事前に情報収集することもなく、実際のところを知らないのでした)
[PR]
by noma-igarashi | 2006-06-28 20:59 | フィギュアスケート | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/3718110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 芸能情報 at 2006-10-19 17:19
タイトル : 芸能情報
芸能界のイロイロ... more
Tracked from 芸能界の噂バナシ at 2006-11-07 13:07
タイトル : 芸能界の噂バナシ
芸能界の噂バナシ... more
<< 知っているようで知らないNHK杯 GPシリーズ各大会の出場者発表! >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧