111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

昨夜のニュース

1日遅れですけど、オペラ+フィギュアのブログとしては、今日の話題はやはりアレですかね。荒川選手と小泉首相の「トゥーランドット」観賞。ちょっと調べてみたら、記事によってタイトルがいろいろです。つまり、小泉さんが主役か、荒川選手が主役か。首相が主役=<小泉首相>荒川静香選手とオペラ鑑賞まだ運がついている 首相、荒川選手とオペラ鑑賞、荒川選手が主役=荒川さんと首相、フリーの曲「トゥーランドット」鑑賞

e0073856_20335043.jpg今回の「トゥーランドット」の詳細はこちら。前にも書いたことがありますが、この「トゥーランドット」はホールオペラとのことで、本式のオペラではないです。サントリーホールはコンサートホールであって、オペラハウスではないため、オペラの上演はできないので。

コンサートホールとオペラハウス、どこがどう違うかというと、見てすぐわかるのは、オーケストラピットがあるかないかでしょうかね。オーチャードホールのように、コンサートもオペラもできるホールでは、コンサートのときにはオーケストラピットをふさいで客席にしますけど、サントリーホールはたぶんそれができないはず。だから(実際に見たことがないので推測ですけど)、ホールオペラを上演するとき、オーケストラは舞台の上にいるのでは。だとしたら、当然のことながら舞台が狭くなりますから、それだけを取っても、本式のオペラは上演できないです。

また、コンサートホールとオペラハウスでは、バックヤードもずいぶん違うらしいです。オペラハウスには稽古のためのスペースもあるらしいし、お芝居なので、舞台に仕掛けができるようにもなっているし(小さなホールの場合は十分ではないでしょうけど)。

そんなわけで、コンサート専用ホールであるサントリーホールでの「トゥーランドット」は、多少のセットが組んであり、登場人物がそれらしい衣装を身につけ、多少の演技をしながら歌ったのかな、と推測します。TVニュースで映像をちらっと見たらしいジョルジュ(仮名、日本人)によると、「それほど豪華な衣装じゃなかった」とのことですが、サントリーホールでの上演ですから、歌手のレベルは相応に高かったはず。きっといい舞台だったのではないでしょうか。

一方、荒川選手のオペラ観賞用ファッションは、シックでなかなか素敵でしたね。日本ではオペラを見に行くといっても、欧米ほどみんなが着飾っているわけではないですが、荒川選手の立場を考えれば、あのくらいの装い方は当然でしょう。美人金メダリストをエスコートできたわけですから、そりゃあ首相としては「まだ運がついている」と思うでしょうよ。


ところで、いちばん上の記事でふれている100首詠のイベントに、「063:オペラ」という題があり、参加者のおひとりがこんな歌を投稿されていました。

063:オペラ しなやかに、したたかに、無責任に・・・西中眞二郎雑記帳)
宰相はオペラを好むと聞きしよりオペラに行くも少し疎まし 西中眞二郎

おまけに、宰相は短歌もたしなまれるようなんですけど、どうよ(涙)。>歌人の皆さま
[PR]
by noma-igarashi | 2006-04-04 20:31 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/3150706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 西中眞二郎 at 2006-04-05 10:22 x
 粗歌をお取り上げ下さって光栄(?)です。短歌として出来の良いものとは思いませんが、正直な心境ではあります。なお、小泉さんが「短歌らしきもの」を口にされるのは「抑制」と「羞恥心」を欠いた彼の言動の典型だとしか思えませんが・・・。
Commented by 西中眞二郎 at 2006-04-05 10:24 x
 粗歌を御紹介賜って光栄(?)です。あまり出来の良い短歌だとは思いませんが、正直な心境ではあります。なお、小泉さんが短歌らしきものを恥ずかしげもなく口にされるのは、「羞恥心」と「抑制」を欠いた彼の言動の典型だとしか思えませんが・・・。
Commented by 西中眞二郎 at 2006-04-05 10:27 x
 操作ミスで、似たようなものを再信してしまいました。2度も3度も似たようなものだと思い、釈明のための3信を致します。どうもお邪魔しました。
Commented by chako at 2006-04-05 10:35 x
私も「トゥーランドット」はオケ(素人ですが)でよく聞いていてとてもすきな曲の一つです。短歌には私も!なんて思ってしまいました・・・が相手がもっと素敵な人ならね(笑)最近日本でもお姫様気分になれるイベントがたくさんあって母娘で参加されていますが、欧米でのはこういう素敵な文化はうらやましい限りです。
Commented by NOMA-IGA at 2006-04-05 22:36 x
西中さん、こんばんは。わざわざお越しくださって、どうもありがとうございます。
お歌、「うんうん、そうそう」と共感してしまう内容でした。「宰相」という言葉の選び方もいいですね。「首相」や「総理」では字数が合わないというだけでなく、ここは「宰相」でなければならない、というだけの説得力を感じました。
私はまだまだ「オペラ」の題までは進んでいませんが、どんな歌にしようかなと、今から楽しみであり、怖くもあります。悩みそう~。
Commented by NOMA-IGA at 2006-04-05 22:43 x
chakoさん、いらっしゃいませ。総理と同じ趣味かと思うと、なんかちょっとヤだなあという感じ、ありますよね。(^^;;;
オペラ観劇にはやはりハレの雰囲気があって、ああいう場に身を置くのも、たまには悪くないなあと思います。
<< タグ機能 ウィーン国立歌劇場再開50周年... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧