111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

世界ジュニア選手権ペアTV観戦レポート

J-SPORTS、今週は世界ジュニア選手権を放送しています。今夜はペア。全部見ていると、いくら時間があっても足りないので、時間的に見られる部分だけ、つまみ食い的に観戦することにしました。というわけで、今夜見たのは、何組かのフリー演技。ペアの結果はこちらです。

ジュニアの試合でも、女子・男子シングルはシニアと遜色のない選手がいたりしますが(たとえば浅田真央選手、ユナ・キム選手)、ペアの場合はそうはいきません。ジュニアはやっぱりイマイチ。具体的には、転倒が多い、スピードがない、リフトやツイストの高さがない、2人の動きが合わない、など。そして、まだペアを組んで日が浅いことが多いし、若いから人間ができていないし…ということで、失敗が多かったカップルは、キス&クライですごく険悪な雰囲気をあらわにしたりすることも(汗)。なんというか、とってもドラマチックです。でも、これから応援できそうなカップルを見つけたいし、どの技のどこがどう難しいのかがよくわかって、勉強になったりもします。

Kristina KABATOVA / Martin HANULAK (スロバキア)15位
15位というのは最下位です。転倒は確か1回だけでしたが、とにかくスピードがなかった。もたもたしながら相手と動きを合わせている、という感じがしました。でも、なかなか雰囲気のいいカップルではありました。
Ni AN / Yiming WU (中国)14位
転倒が2回あり、自己ベストを大幅に下回ってしまいました(と解説の樋口さんが言っていました)。得点が出たとたん、男性(というか男の子)のほうだけ、さっさと先に引き上げてしまいました(汗)。
Amanda RIBEIRO / Stuart CHUTTER (カナダ)10位
スピンが合わず、しかも速度がゆっくりで、途中で止まってしまいそうでした。リフトもちょっと重そう。でも、この2人は仲がよくて、演技が終わったとき、抱き合っていました。ただ、解説の樋口さんは「女性に重量感があって、リフトで持ち上げるのが大変そうでしたね。もう少し痩せてもいいかも」とか言ってました(汗)。一般的な基準では、全然太ってないんですよ。ペアの女性はやはり、小柄じゃないとダメなのね。
Ekaterina VASILIEVA / Alexander SMIRNOV (ロシア)6位
ここから最終グループで、SP2位のカップルが1番滑走でした。ロシアにどんな若手ペアが育っているのかと、おおいに注目したのですが、ソロジャンプで女性が転倒。しかも飛ぶタイミングもばらばらでした。キス&クライでは、見るからに険悪な感じというのではないんだけど、お互いにひとことも口をきかず、結果が出たら、このカップルは女の子のほうがさっさと行ってしまいした(汗)。まあ、SP2位だったのに、総合6位ですからねえ。
Angelika PYLKINA / Niklas HOGNER (スウェーデン)5位
女性はロシア出身なのだとか。女性が赤、男性が黒のコスチューム。ソロジャンプで女性が転倒し、スロージャンプはただ男性が女性を投げただけというか、女性が全然回転できずに終わってしまいました。でも、リフトはきれいで、解説の樋口さんも褒めていました。
Kendra MOYLE / Andy SEITZ (アメリカ)2位
今シーズンから組んだカップル。それで2位とは立派ですね。なんというか、男の子の髪型が独特でした。暴走族っぽいというか、そこまではいかなくても、ブイブイいわせてる感じというか。えーと、そのことばかり気になって、実は演技をあまりちゃんと見ていませんでした。
Julia VLASSOV / Drew MEEKINS (アメリカ)1位
1位のカップル。うーん、あれで1位ですかあ…。まあ、確かに転倒もしなかったし、それ以外でも大きなミスはなかったですが。それと、スピンはきれいに合っていました。ただ、「うわあ、さすがにうまいなあ。すごいなあ」という感じではなかったです。どうしてもシニアの演技と比べてしまうので、仕方ないんですけどね。でも、1位が決まったとき、さすがにうれしそうで、心からの笑顔を見るのはいいものだなあと思いました。同じアメリカの2位のカップルもキス&クライにやってきて、抱き合ってお互いを祝福していました。

個人的には、スウェーデンのAngelika PYLKINA / Niklas HOGNER 、樋口さんに「もっと痩せたら」といわれたカナダのAmanda RIBEIRO / Stuart CHUTTER 、それともう1組、やはりカナダのペア(カナダは3組出場していて、残り2組のどっちのペアだかもわからない…)で、ソルトレークのときに繰り上げ同時金メダルになったサーレ・ペルティエ組のような雰囲気のペアがいて、その3組がわりと印象に残りました。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-03-28 22:57 | フィギュアスケート | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/3098219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 愛知大学軟式野球部 at 2006-03-31 11:47
タイトル : 真央シリーズ ここまでのおさらい
 ここまでこの連載(?)が長くなるとは 正直、自分でも思っていませんでした。  休憩がてら復習を兼ねて、 これまでの記事を読み返してみて下さい。  実は管理人自身も 「そういやぁこんなことも書いたっけ?」と ちょっと懐かしくなるような内容です(無責任?...... more
Tracked from 愛知大学軟式野球部 at 2006-03-31 11:48
タイトル : 真央シリーズ ここまでのおさらい
 ここまでこの連載(?)が長くなるとは 正直、自分でも思っていませんでした。  休憩がてら復習を兼ねて、 これまでの記事を読み返してみて下さい。  実は管理人自身も 「そういやぁこんなことも書いたっけ?」と ちょっと懐かしくなるような内容です(無責任?...... more
Tracked from エルミタージュジャパン at 2006-04-06 18:39
タイトル : エルミタージュジャパン公式サイトオープンのお知らせ
T.B失礼いたします。私共"エルミタージュジャパン http://hermitage-japan.com/"では、ロシア国立エルミタージュ美術館の優れた芸術コンテンツや美術館内の様々な情報を日本へ向けて発信し、エルミタージュ美術館とみなさまとをつなぐ日本公式サイトをオープンいたしました。 まだ立ち上がったばかりのサイトですが、当サイトならではの情報を更新すべく、ロシアスタッフと共に鋭意執筆中ですので、この機会に是非お立ち寄り下さい。... more
Tracked from 愛知大学軟式野球部 at 2006-04-25 12:30
タイトル : やっぱり浅田真央が世界最高に可愛い
 総集編です。 タイトルは「浅田真央〜」ですが、 彼女に限らず日本のフィギュアスケート界 並びに一部冬季競技を 独自の書法であらやる視点から捉えた連載、 前回までに全31回でとりあえず完結。  初めての人はもちろん これまで何度か目にしてきた人も ぜひ....... more
<< 世界ジュニア選手権アイスダンス... エキシビションTV観戦レポート >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧