111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

アイスダンス(コンパルソリ)観戦記

渡辺心・木戸章之(日本) 17位(27.95)
テレビをつけるのがちょっと遅くなり、2組ほど見逃してしまいました。渡辺・木戸組の衣装は、女性が黄色っぽいドレス、男性が黒の燕尾服。衣装を見るのもアイスダンスの楽しみの1つです。コンパルソリでは男性が燕尾服ということが多くて、「ああ、アイスダンスは確かにダンスなんだなあ」と再認識することしきり。

グルシナ・ゴンチャロフ(ウクライナ) 5位(37.39)
コンパルソリで5位につけたカップル。3月に見に行く「Theater on Ice 2006」にやってくるというので、いつもより注目しました。2人とも白の衣装で、女性のほうは背中がスケスケ、男性のほうは結婚式の新郎か歌謡ショーのようでした。

ナフカ・コストマロフ(ロシア) 2位(38.20)
出ました、優勝候補のナフカ・コストマロフ組。女性は白のドレスでミニ丈。胸元に十字架。男性は黒の燕尾服。解説の人が「すごい衣装ですね」というので、ミニのことを言っているのかと思ったら(すごいというほどのミニではないし、ナフカにしてはおとなしい部類に入る衣装だから、ヘンだなとは思った)、そうじゃなくて、女性の衣装に細かいスパンコールが縫い付けられていることを言っていたのでした。スパンコールは普通すべて手縫いなので、手間がかかっている、という意味だったようです。得点は、この時点で1位。

ベルビン・アゴスト(アメリカ) 6位(37.36)
ナフカ・コストマロフ組と優勝争いを繰り広げると目されている2人。ただし、フーザル=ポリ・マルガリオ組の復帰で、やや情勢が変わりましたが。女性は白の衣装で、裾と袖に淡いブルーが入っていました。男性は黒の燕尾服。得点はこの時点で3位でしたが、2位グルシナ・ゴンチャロフ組とは僅差。

デンコワ・スタビスキー(ブルガリア) 3位(37.65)
応援しているデンコワ・スタビスキー組です。ここまでに登場したカップルが社交ダンスふうの衣装で、女性が白か赤、男性が黒か白といった色調だったのに対して、彼らの衣装は一味違いました。女性が深い草色のドレス、男性はそれと同色のシャツを着て、黒のズボンとベスト姿。この組らしい、シックで特徴的な色合いの衣装でした。思い返すに、初めてこの2人を見たとき、こういう色調の衣装にまず惹かれたのだったかもしれないです。解説の人が「この2年間で唯一、ナフカ・コストマロフ組を破ったことがあるカップル」だと紹介していて、嬉しかったです。おととしのNHK杯でしたっけ。得点はこの時点で2位。やった!

カー・カー(イギリス) 11位(31.58)
ヨーロッパ選手権をレポートしたとき、「兄と妹」と書いてしまいましたが、「姉と弟」だそうです。失礼しました。そして、ホッとしました。というのは、私の中で、「ハンサムな兄をもつ、普通の顔立ちの妹」は気の毒な存在なのですが、「ハンサムな弟をもつ、普通の顔立ちの姉」というのはうらやましい存在だからです。衣装は女性が白のドレス、男性が黒の燕尾服という普通のパターンでした。

フーザル=ポリ・マルガリオ(イタリア) 1位(38.78)
ソルトレーク五輪の銅メダリストで地元イタリアのカップル、しかも久しぶりにアマチュアの試合に戻ってきたとあって、登場したとたんに大歓声。見た瞬間、「あちゃ~、フーザル=ポリは老け顔になっちゃったなあ」と思いました。まだそれほどの歳じゃないのだろうけど(調べたら1972年生まれでした。34歳かな?)、かわいらしい感じの女性だったから、いっきにきちゃったのかも。でも、ダンス自体は決して老け込んでなどいませんでした。なんと、優勝候補の筆頭ナフカ・コストマロフ組を抜いて1位に! 会場はもう優勝が決まったような騒ぎ方。愛されているカップルなんだなあと思うと、なんだか幸せな気持ちになりました。衣装は、女性がサーモンピンクのドレス、男性が同色のシャツに、黒のズボンとベスト。

デュブリュイル・ローゾン(カナダ) 4位(37.44)
昨年のNHK杯で優勝したカップル。そのときの2位は、負傷から回復したばかりで、まだ本調子ではなかったデンコワ・スタビスキー組でした。衣装は、女性が淡いブルーのドレス。男性は黒の燕尾服。今日もしっとりと落ち着いた滑りを見せてくれました。

デロベル・シェーンフェルダー(フランス) 7位(36.44)
デロベル・シェーンフェルダー組は、コンパルソリが得意ではないのかしら? ヨーロッパ選手権でもコンパルソリで出遅れてメダルを逃していたし、有力カップルがひしめいていたとはいえ、今日も7位スタート。うーん、まあ7位なら悪くないのかもしれませんが、混戦になりそうだから、1点でも0.5点でも高い点数を取りたいところではありますよね。衣装は女性がピンクのドレス、男性が黒の燕尾服。

チャイト・サフノフスキー(イスラエル) 13位(31.07)
先に順位を見たとき、このカップルもコンパルソリが苦手だったのかしらと思いましたが、違いました。滑り出してみると、やはり十分にうまかったし、スピードがあって小気味いい滑りでした。なのに、あんなに順位が悪かったということは、何かアクシデントが…と思ったら、ああ、やっぱり! なんでもないシーンで、女性が転倒。うわああああ、気の毒。解説者が「落ちていたスパンコールを踏みつけるなどして、転倒につながることがありますが、そういう場合、踏みつけた拍子にスパンコールは砕けてしまっているので、原因がわからないんです」と言っていました。スパンコールの衣装を着ていたといえば、ナフカ様…。いや、もちろん、解説の人も一般論として、可能性の1つとして言っただけですが。オリジナルダンス以降、なんとか挽回してほしいですね。衣装は、女性が濃いブルーのドレス、男性が黒の燕尾服でした。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-02-18 19:06 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/2788071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マリンスキー「リング」とオリジ... アイスダンス(コンパルソリ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧