111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

誰も寝てはならぬ

ペアの話題もまだまだ書けそうですが、時間が押しているし、ほかのサイトでもくわしくレポートされているので、今朝書いた分だけにとどめておきますね。今夜(というか明朝)は男子シングルSPです。しかしながら、これについても、ほかのサイトで予想を含めていろいろ書かれているので、ちょっと趣向を変えてみます。

開会式でパバロッティが歌った「誰も寝てはならぬ」。日本のフィギュア・ファンにとっては、荒川選手のフリー「トゥーランドット」の曲だということで、とても縁起がいいような気がしました。そして、翌日から試合が始まってみると、寝不足の連続になり、なるほど、「誰も寝てはならぬ」というのはこういう意味だったのか~などと思った方も少なくないはず。実は私もそう思ったクチなんですが、さらに考えを進めてみると、この歌の歌詞、非常に意味深なんです。

こちらのサイトでぜひ歌詞の大意をご覧いただきたいのですが、歌の最後に「夜明けまでに私は勝つだろう」という意味の歌詞があります。それもそのはず、「誰も寝てはならぬ」は、カラフ王子が自分の勝利を確信して歌う歌なんです。

カラフ王子の勝利とは、トゥーランドット姫と晴れて結婚できることを指します。実際、その確信どおりに彼は勝ちますが、ただすんなりと勝つわけではありません。いったん負ける(処刑される)ことを自ら選ぶような行為に出るのです。その結果はどうだったか。彼は負けませんでした。それどころか、単にかたちだけトゥーランドット姫と結婚するのではなく、彼女の真の愛を得ることができたのです。

今朝の試合を思い出すにつけ、この歌詞は多くの示唆に富んでいるように思えました。ただすんなりと勝利をおさめるよりも、負けてもいいという覚悟で挑戦することが人の心を動かす。そういうことなのでは。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-02-14 19:55 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/2754310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 男子シングルSP、途中まで観戦 ペア・フリーTV観戦レポート >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧