111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

ペア・フリーTV観戦レポート

ペア・フリー、見ました、見ました。いやあああ。井上・ボルドウィン組はメダルならず。…というのが遠い世界のことのように思えるほど、最後までいろいろありましたねえ!

順を追ってレポートすると、今朝は4時過ぎに起きました。体調や仕事のことを考えると、最初から見るのはちょっとつらかったので。ただ、TVをつけてみると(NHK総合)、まだスピードスケートの放送をやっていて、フィギュアスケートは4時半過ぎからでした。もちろんフィギュアの試合開始が遅くなったわけではなく、スピードスケートの試合が長引いてしまったのでした。スピードスケートは日本にメダルの期待がかかっていましたから、やむをえないですね。ちょうど日本人選手が登場したので、さすがに興味を持って見ていましたが、結局、メダルはならず。あちゃ~。日本のメダル獲得個数、これでは「スポーツイラストレイテッド」の予想(銅2個)よりも下回りそうな予感。まあそれも仕方ないですが、心配なのは、日本がこのままずーっとメダルを取れないと、女子シングルの選手にいっそうプレッシャーがかかってしまうのではないかということ。ねえ。すごく心配です。誰でもいいから、メダル、1個でも取ってほしい。

さて、がっかりしたり心配したりしているなか、ペア・フリーの放送が始まりました。第3グループでは、カナダの若手ザゴルスカ・シュデク組がよかったです。このペアはSPの演技も元気があってよかったし、2人そろってルックスも魅力的なので、しっかり覚えました。今後も注目したいです。

そして第4グループ。井上・ボルドウィン組は3番目の登場でした。はらはらどきどきしながら観戦しましたが、今日は3アクセルのスロージャンプが決まらずに転倒。結局、第4グループが終わって3位で、SPのときよりも順位を1つ下げてしまいました。残念! 第4グループでは申雪・趙宏博組が1位、サブチェンコ・ゾルコビー組が2位という結果でした。

いよいよ最終グループです。ヘンなところで予想が当たって、最初に登場したペトロワ・ティホノフ組は、やはりSPよりも順位を下げてしまいました。井上・ボルドウィン組がメダルを逃したからには、彼らに銅メダルを取ってほしかったのにな。悪くない演技だったと思うのに、いつものことながら点数が伸びませんでした。

次は龐清・佟健組。あまり特徴がないというか、私にとっては印象の薄いペアなんですが、今日の演技はよかったです。彼らが銅メダルならまあ仕方ないな、などと思っていたのですが、結局、彼らも点数が伸びず、申雪・趙宏博組を下回ってしまいました。つまりこの時点で、申雪・趙宏博組のメダル確定です。結果が出たとき、申雪・趙宏博組が映って、彼ら自身もちょっと戸惑っているような感じに見えました。

3番目に、本命トットミアニーナ・マリニン登場。いやあ、さすがにうまかったです。ここまで、他のペアがどこかしらミスをしていたのに対して、いつもの完璧な演技。滑っている最中から(というか滑る前から?)、彼らの金メダルはもう間違いないという感じでした。演技が終わった瞬間、勝利を確信したマリニンがガッツポーズを見せたのが印象的でした。

いよいよ最後の張丹・張昊組が登場です。普通に滑っていれば銀メダルは間違いなかろうという2人でしたが、逆転を賭けて4回転スロージャンプに挑戦するというので、固唾を呑んで見守っていました。演技が始まって30秒ぐらいだったでしょうか。勝負をかけたそのスロージャンプが失敗して、張丹が転倒。しかも、ケガをしたらしく、そのまま演技を中断してしまいした。うわあ、無理をしなければ銀メダルだったのに、棄権? そんな、もったいない。でも、リスクをおかしてまで4回転に挑戦したのは本当にすごいなあ…などとはらはらしていたところ、なんと、演技再開。会場から大きな拍手で迎えられました。再開直後、2人そろってソロジャンプを見事に決めて、いやはや、どういう精神力をしているんだかと、舌を巻きました。ツイストも、いつも通り驚くほど高かったし、転倒があったとは思えない演技でした。会場全体がスタンディングオーベーションで彼らの健闘をたたえたのは、当然のことだったと思います。

さて、しかし採点はどうなるのか。あの転倒と中断は、どの程度影響するのか。これで彼らが4位以下になったとして、2位が申雪・趙宏博組というのは、ちょっと納得しきれないかなーなどと思っていましたが、結局、転倒による減点はあったものの、彼らが2位で銀メダル。いやはや。普通に演技していても銀メダルだったでしょうけど、果敢に逆転に挑戦したことで、観客に忘れがたい印象を与えた張丹・張昊組でした。彼らの銀メダルは納得できたし、祝福したいです。一方で、金メダルが確定したトットミアニーナ・マリニンが抱き合っていたのも、とても素敵な光景でした。おめでとうございます。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-02-14 07:53 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/2750350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あやか at 2006-02-14 22:17 x
こんにちは☆はじめまして。最近、フィギュアスケート(特にペア)が好きで、今回のトリノオリンピック、フリーも楽しみにしており、録画した・・つもりでしたが、1番見たかった、好きなW張ペアの演技が見れませんでした>_<。初歩的な質問で大変申し訳ないのですが・・・再放送ってあるのでしょうか?(検索かけてネットで色々調べてますがよくわからなくて・・)
Commented by NOMA-IGA at 2006-02-15 02:50 x
あやかさん、はじめまして。
うわあ、それはショックですねえ…!
試合をまるまる再放送するかどうかは私もわからないのですが、
24日(金)、25日(土)に、全種目のハイライトを放送するので、
その中で取り上げる可能性は高いのではないでしょうか。
何か情報が得られそうな場所として、
以下のようなサイトをご紹介してみます。
参考にしてみてください。
フィギュアスケート通信 http://skate.jp/blog/
フィギュアスケートニュース http://figureskating.weblogs.jp/blog/
Commented by あやか at 2006-02-16 00:15 x
早速お返事いただきまして本当にどうもありがとうございます!来週ですね♪よーっし、楽しみにしてます☆今度はちゃんと録画時間まで確認しないとだめですね(^□^;)今後も楽しみですね☆☆
Commented by NOMA-IGA at 2006-02-16 19:42 x
あやかさん、こんばんは。
多少はお役に立てたようで、何よりです。
これを機に、どうぞまた気軽に遊びにおいでくださいね。
<< 誰も寝てはならぬ 井上怜奈・ボルドウィン組、銅メ... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧