111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

ビールマンスピン

月曜日の「報道ステーション」でフィギュアの話題を取り上げていて、その中で、デニス・ビールマンさんが元祖ビールマンスピンを披露していましたね。「元祖」といっても、最初にビールマンスピンを行ったのは別の選手で、ビールマン選手はそれを広めた人、ということらしいですが。
ビールマンさんのビールマンスピン、美しかった~。1962年生まれということだから、彼女はもう40代。今さらあのポーズを決めても、古臭く感じるんじゃないかと思ったのですが、どうしてどうして。片手で軽々と脚を持ち上げ、うっとりするような美しさでした。
彼女が選手として活躍したのは、1970年代後半から1980年代初めにかけて。そのころ、私はすでにほぼ大人でしたが、フィギュアにはまだほとんど関心を持っていませんでした。ただ、あのポーズが衝撃的で、だいぶ話題になったような記憶が…。時期的にいって、レークプラシッド五輪のときでしょうかね?(←いったい誰に同意を求めているんだか)

ビールマンスピン、私は完成形よりも、過程を見るほうが好きです。つまり、脚が完全に上がりきり、ポーズが決まった状態よりも、スピンのさなかに、徐々に脚が上がっていくようすが美しいなあと思います。からだが反って、手が脚に近づいていくところとか、コマ送りの映像を見ているような感じで、ほんとにきれい。だから、スパイラルのビールマンにはそれほど惹かれません。
今の選手で、脚が上がるまでの過程が美しいと感じるのは、女子選手よりもプルシェンコかな。新採点方式になってからというもの、多くの選手がビールマンスピンを取り入れるようになりましたが、過程まで美しいと感じる選手は少ないような気がします。ただ、新採点方式になったがゆえに、次々と技を繰り出さなくてはならず、過程にまで時間をかけていられない=手っ取り早く完成形に持っていかないと時間が足りない、なんてという事情はあるのかもしれません。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-02-01 20:21 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/2640066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< トリノのメダル予想 ワルシャワ室内歌劇場「後宮から... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧