111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

ナフカ・コストマロフの「カルメン」

織田選手、四大陸選手権で優勝。おめでとうございます! 一方、「Theater on Ice 2006」は、今日からチケット発売開始。混むかなと思って、私はプレオーダーで申し込んだのですが(S席にしました)、eプラスは全席、まだ大丈夫みたいです。チケットぴあは、SS席はすでに売り切れ、それ以外はOKのようです。

さて、今日の話題ですが、今シーズン、アイスダンスのナフカ・コストマロフ組(ロシア)が、フリー・プログラムで「カルメン」を演じていますよね。個人的に、ナフカ・コストマロフ組は今ひとつなのですが、このプログラムは華やかで、とてもいいなと思います。

男性コストマロフのコスチュームは、どう見ても闘牛士のもの。解説の人も「闘牛士の衣装が素敵ですね」と言っていたので、カルメンとエスカミーリョという見立てなのでしょう。そこで疑問なのですが、アイスダンスでカルメンを演じる場合、「カルメン&ドン・ホセ」という組み合わせと「カルメン&エスカミーリョ」という組み合わせ、どちらが一般的なのでしょう? 原作はともかくとして、オペラの「カルメン」では、カルメン、ドン・ホセ、エスカミーリョの3人はこんな関係にあります(ちなみに、原作にはエスカミーリョはほとんど出てこない)。
母親思いのまじめな青年ドン・ホセは、カルメンと知り合ったことから運命が急転落。愛するカルメンのために軍隊を脱走し、密輸業者の一味に入ってしまいます。しかし、恋多き女カルメンとの蜜月はそう長くは続かず、カルメンはやがてドン・ホセを捨て、闘牛士エスカミーリョと恋仲に。嫉妬に狂ったドン・ホセは、カルメンを刺し殺してしまうのでした。
つまり、このストーリーに沿って考えると、恋人同士の愛憎や感情の機微を描くには、「カルメン&ドン・ホセ」のほうが断然すぐれているといえます。「カルメン&エスカミーリョ」の組み合わせは、華やかではあるけれど、物語性はほとんどありません。アイスダンスで演じるのならば、「カルメン&ドン・ホセ」のほうがずっと表現しがいがあると思うのだけど、男性が軍服または山賊スタイルでは、見た目として、さまにならないんでしょうかね。

ところで、オペラ「カルメン」は、オペラファンならずとも知っている曲が満載だし、ストーリーも現代風でなじみやすく、おすすめです。フィギュアファンならば「あ、この曲は真央ちゃんのプログラムで使われていた」とか「この部分はライサチェックが使っていたはず」とか、探し出す楽しみもあります。ひとくちに「カルメン」といっても、有名な曲が多いので、フィギュアではいろんな組み合わせ方がされています。

e0073856_18594130.jpg「カルメン」のDVDについては、カテゴリーの「カルメン」をクリックしていただくと、どどっと出てまいりますが、いちばんのおすすめとなると、メトロポリタン歌劇場の盤かな。カルメン(アグネス・バルツァ)、ドン・ホセ(ホセ・カレーラス)、エスカミーリョ(サミュエル・レイミー)のすべてに満足できるので。舞台セットも豪華だし、視覚的にも楽しめる1枚です。

(←メトロポリタン歌劇場「カルメン」)

e0073856_19163243.jpg


ルックス重視でいくならコレ(もちろん歌が下手というわけではありません)。最近発売されたばかりの、英国グラインドボーン音楽祭の「カルメン」がおすすめです。


        (グラインド・ボーン音楽祭「カルメン」→)
[PR]
by noma-igarashi | 2006-01-28 18:54 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/2603651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Papalin at 2006-03-30 22:03 x
クラインドボーンのDVDは、Ms:マリア・ユーイングですか? アンネ・ゾフィー・フォン・オッターですか? 教えて下さい。
Commented by NOMA-IGA at 2006-03-30 22:27 x
この記事で紹介している「カルメン」は、マリア・ユーイングです。1985年グラインドボーン音楽祭のDVD。

一方、アンネ・ゾフィー・フォン・オッターの「カルメン」もDVD化されており、そちらは2002年のグラインドボーン音楽祭収録です。カテゴリ「カルメン」をクリックしていただくと、アンネ・ゾフィー・フォン・オッターの「カルメン」も出てまいります。興味をお持ちでしたら、ぜひご覧ください。

どちらの「カルメン」も捨てがたいですが、カルメンらしいカルメンとなると、マリア・ユーイングのほうでしょうか。
<< 四大陸選手権VSヨーロッパ選手権 「魔笛」と四大陸選手権 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧