111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

6月中に読んだ本

バベル九朔

万城目 学 / KADOKAWA/角川書店

評価:★★
すっごく分厚い本だったので、わくわくしながら読み始めたのですが・・・ うーむ。この手の小説、私はイマイチかな。
主人公は作家をめざしている脱サラ青年で、引きこもって執筆に励んでいるものの、いまだ新人賞の一次予選も通らず。それでもめげずに、1000枚もの長編小説を書き上げたのだけど、応募する直前に事件(?)に巻き込まれ――というような設定。主人公が書いていたのがこの小説なのかな、と思わせる…というか、著者の万城目学もかつては新人賞に応募しまくっていて、この小説もアマチュア時代に書いたものが下敷きになっているのかな、と思わせる仕掛けですね。

ただ、この小説が新人賞の応募作だとして、自分が下読みをする編集者や外注スタッフだったら、一次予選に残すかどうかはビミョー。申し訳ない。万城目学の小説だと思うから最後まで読んだけど、そうじゃなかったら、途中で投げ出したかも。この手の小説(どの手の小説かはネタバレになりそうな気がするので書きませんが)、私はあまり得意じゃないもので。登場人物はそれぞれに魅力的なので、もっとみんなが活躍するような展開だったらな。

三人屋

原田 ひ香 / 実業之日本社

評価:★
初めて読む作者です。つまらなかったわけじゃないけど、この作者のものはもう読まなくてもいいかな、と感じたので評価は星1つ。

エンジェル・エンジェル・エンジェル (新潮文庫)

梨木 香歩 / 新潮社

評価:★★
この作者らしい素敵な小説でした。

デマとデモクラシー (イースト新書)

辻元清美 / イースト・プレス

評価:★★★
近くの図書館で、「気分転換に今回は新書を借りよう!」と思って、社会科学、政治、自然科学などの棚を回り、借りてみました。辻元さんはちょっと苦手なタイプだったのですが、面白かったです。しっかし、政治家も大変だなあ…。いや、いろんな政治家がいるから、みんながみんな、大変なわけじゃないかもしれない(または、大変さの方向性が人によって違うのかもしれない)ですけどね。

100語でたのしむオペラ (文庫クセジュ)

フィリップ・ジョルダン / 白水社

評価:★★★
上の本と同じ日に借りた新書。面白かったです! クセジュ文庫をこんなに楽しみながら読んだのは初めてかも。(^^:;; あ行の「挨拶」や「愛の二重唱」から、わ行の「笑いと涙」まで、100の題に沿って、オペラの話題が繰り広げられていくという構成。どの項目も興味深く読みました。まだ新しい本なので(去年6月の刊行)、新しい話題が混じっているのもよかったです。ただ、翻訳の本なんだから、50音順じゃなくて、原語付きのアルファベット順でもよかったのでは? 
[PR]
by noma-igarashi | 2017-07-05 22:30 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/25893147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 和訳:新シーズンにあなたが望む... 都議会議員選挙が終わりました >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧