111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

第23回マスターズチャレンジカップ観戦記(1)

twitterで情報を得て、今年もマスターズを見てきました。去年に続き、これが2回目の観戦です。試合自体は、午前9時から午後10時15分まで、実に半日以上にわたって行われていたようですが、私が見てきたのは午前11時前から午後4時過ぎまで。アイスダンスの最終組に間に合うように出かけ、夕飯の支度に間に合う時間までに帰ってきました。以下、簡単ですが、印象に残った演技について感想を書いてみたいと思います。

アイスダンスEクラス
このグループ(最終組)はフリーダンスなので、見ていて楽しかったことを思い出し、このグループに間に合うようにと慌てて出かけました。どの組も衣装が華やか。そして、リフトもちゃんと組み込まれています。女性を男性の膝の上に乗せるリフトとか、ローテ―ショナルリフトとか。
折原雅子・折原誠組はご夫婦のカップル。そして、女性が78歳、男性が83歳! この組は去年も出場されていて(というか、全組そうかも)、すごいなあと思ったものですが、今年も出場されていました。パンフレットに出場者のひとことコメントが載っていたので、ご紹介してみますね。女性「マスターズ大会が日々の練習の励みになっています」、男性「今年も二人で滑れるのが楽しみです」。で、プログラムの曲名が「エンドレスラブ」とは、ごちそうさまです~。

Hクラス女子Ⅰ(40代、46歳以上)
この組で印象に残ったのは、まず、速水有美子さん。曲は「Fly me to the Moon」。オレンジの衣装に黒の手袋がおしゃれでした~。動作が大きくて(腕の動かし方などがはっきりしているというか)、見栄えがしました。
そしてもう一人、これはお伝えせずにはいられない、岩崎れい子さん。ウォーミングアップのときから、一人だけ男装だったので(単にパンツスタイルの衣装というより、まさに「男装」でした)、そのときから目を引いてはいたんです。滑走順が来て、男装の理由がわかりました。曲が「エデンの東」で、町田君のプログラムをなぞった振付になっていたんです。「ああ、そうそう、ここでグッとこぶしを握るのよね」「うんうん! ここでこのポーズなのよ、そうなのよ!」と思いながら観戦。町田君の演技がよみがえりました。しかも、演技後のお辞儀の仕方まで町田君スタイルだったのがお見事!

Gクラス女子Ⅰ(50代・53歳以上)
「53歳以上」とは半端な分け方だなと思って確認したところ、40代女子は「45歳以下」=26名、「46歳以上」=25名というふうに半々に分けてあるけれど、50代女子は「52歳以下」=21名、「53歳以上」=19名という分け方。ふむ。ちなみに、20代、30代は1グループしかないです。つまりは、40代から50代初めにかけて、子育てなどが一段落し、体もまだ動くから好きなフィギュアスケートを頑張ろう、という層の人たちが多いんでしょうね。
皆さん、思い思いの曲、思い思いの素敵な衣装で演技を披露してくださいました。パンフレットを見ていたら、片岡令子さんという方の一言コメントに、「毎年同じ曲ですが、毎年コスチューム新しくするのが楽しみです」とあり、やっぱり! と思ったことでした。ちなみに、片岡さんのプログラム曲は「If We Hold On Together」。

Fクラス女子(60代以上)
60代以上は出場者9名と少なくなりますが、見ごたえがありました!
まず、1番滑走の南三江さん。曲はチャップリンの「ライムライト」。裾の広いパンツスタイルで、チャップリンらしさの感じられる振付。この方も動作が大きくて、見栄えがしました。思うに、滑りのうまい人は、足もとに気を取られずに演技ができるので、上半身を大きく動かせるということなのかも。惜しくも1コケでしたが、すかさず手を挙げるポーズで、それすらも振付のように見せてしまう余裕っぷり。いい点数、出ましたよ~。2点台の人が多い中、技術点で3.0、芸術点で3.7も! パンフレットを確認したら、2年連続で優勝されている方なんですね。やっぱり。
しかし、その南さんの3連覇をはばんだのが、最終滑走の岡村真貴子さん。この方、去年まで50代のGクラスで10連覇(全戦全勝!)しておられた方なんですね。去年見たとき、バツグンにうまかったので、今年は出場されていないのかしら…とお名前を探したところ、60代のクラスに移られているのを発見。ああ、そうなのか。でも、そんなお歳とはとても思えない。青の衣装に、ワイルドなロングヘア。今年も見せてくださいました~。何がすごいって、この方だけ、ジャンプがちゃんとしたジャンプなんです(…って、伝わるかしらん)。圧倒的な実力で、技術点、芸術点ともに、4.0台が出ていました!

長くなったので、ここでいったんアップしますね。これ以降(男子のFクラス、Gクラス)はまた改めて。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-05-21 13:05 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/25788821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 第23回マスターズチャレンジカ... 和訳:ゆづとショーマの演技に対... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧