111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

国別対抗現地観戦メモ(男子SP)

(第1グループ)
10位 タンジュー・リー選手(中国) 65.24点
これが初めてのシニアの試合なのだとか。それにしては頑張っていましたよ。4回転や3Aといった大技はなかったものの、自分にできることをきちんきちんと披露していました。これだけの観客の前でノーミスの演技は立派。

9位 ケビン・エイモズ選手(フランス) 67.23点
3Aは着氷が乱れ、コンボは間にターンが入り、単独ジャンプの3Loもきれいに決まらず。というわけで、残念ながら、すべてのジャンプが減点対象になってしまいました。それでも70点ぐらいは出るかしらと思っていましたが、及ばず。

12位 ケビン・レイノルズ選手(カナダ) 61.88点
お、「ケビン」が2人続きましたね。日本でも人気のある選手だけに、ひときわ大きな拍手。4Sは着氷が乱れ、4Tはコンボにならず(とメモしていましたが、プロトコルを見ると、4Sのほうがコンボの扱いでした)。3Aだけは何とか決めましたが、それにしては点数が低くて、会場全体が「ああ~」という残念モード。3Aも含めて、すべてのジャンプが回転不足を取られていた模様。キビシ~。

8位 シャフィック・ベセリエ選手(フランス) 81.93点
いい演技でした。冒頭の4T-3T、きれいに成功。迫力ありました~。3Aも問題なし! 単独の3Lzも決めた~! さいたまの世界選手権でもそうでしたが、日本ではいい演技を見せてくれますね。81.93点はPB。うれしいな。

2位 ネイサン・チェン選手(アメリカ) 99.28点
ネイサン、今日はクワドの難度を下げて、4F-3T、4Tという構成だったんですね。私、てっきり4Lzと4Fを跳んだと思っていて、点数が出て初めて「あれ??」となりました(汗)。でも、難度を下げたといっても4F-3T、4Tですよ? 100点出してもよかったんでは? 何にしても、減点になりそうな要素がまったくない、気持ちがいいくらいクリーンな演技でした。

4位 ミハル・コリヤダ選手(ロシア) 95.37点
このSP、2階席から見ても十分楽しかったです。意表を突くコミカルな動きの数々、やっぱりいいなあ。このプログラム、好き。彼もパーフェクトな演技でした。クワド1つだからネイサンには及ばなくても、いい点数が出そうだなと思っていたら、来ました、95.22点。PB更新!

(第2グループ)
11位 マキシム・コフトゥン選手(ロシア) 64.62点
あっちゃ~。第1グループ最後のほうは神演技が続いていたのに、第2グループに入ったとたん、やらかしてしまいました。4Sがパンクして2Sになり、4Tも大きく乱れてセカンドジャンプをつけられず。ダメ押しとして、3Aは2Aに。くうう。コフトゥン、あかんかったです。ヒッチハイク失敗の巻。

3位 ボーヤン・ジン選手(中国) 97.98点
待ってました、ボーヤン! 見ました、驚異の4Lz! ただ、今日は2階席だったので、テレビで見るほどには高さを実感できず。もうちょっと下から見たほうがよさそうです。でも、予想していたより幅もあり、十分すごかった。幅がありすぎて、セカンドジャンプを降りたとき、フェンスにぶつかりそうになったほど。3Aがちょっと乱れたため、PB更新はならず。でも、会場を盛り上げる楽しい演技でした。

5位 ジェイソン・ブラウン選手(アメリカ) 94.32点
1つ前の記事に、「ジェイソンを生で見るのは今回が初めて」などと書きましたが、違いました。2年前の国別対抗で見たことがありました。スミマセン。たまアリの世界選手権のときだったか、見られると思っていたのに見られず、すごく残念に思った気持ちだけをなぜか執念深く記憶にとどめていたようです。
4回転なしでも美しいジェイソン。今日も素晴らしかったああああ。堪能。4回転なしでもここまで出せる!という点数をまたも更新しました。

6位 パトリック・チャン選手(カナダ) 85.73点

冒頭の4T-3Tは、すっごくきれいに決まったんですよお。が、次の単独ジャンプでおっとっと。3Aで転倒。単独ジャンプは3Sだったんですね。あれは4Sを跳ぼうとしたの? テレビで何か解説してくれているかしら。というわけで、ジャンプにはミスが出ましたが、いつもながらの素晴らしいスケーティングで会場を魅了してくれました。

1位 宇野昌磨選手(日本) 103.53点
ただ1人の100点台で、SP1位。が、内容的には「ちょっとどうかな」と思う部分もありました。4Fは着氷がきれいじゃなかったし、コンボのセカンドは2Tだったし。ただ、3Aは美しかったああああ~。なんと、GOE+3だったんですね。お見事! 後半の演技がよければ、全体としていい印象にはなるものの、点数としてはどうだろう。セカンドジャンプが2Tだったのに、ネイサンを上回るのも何だしな、などと思っていたら、出ました100点台! うれしいのはうれしいけど・・・いいのか? 後でプロトコルをしっかり見てみます。

7位 羽生結弦選手(日本) 83.51点
ぐわあああああ! 満場のゆづファンが熱い視線で見守る中、やらかしてしまいました。冒頭の4Loは1Loになり、ノーカン。次の4Sは乱れてセカンドをつけられず。今季最後に、今季初のパーフェクトなSPになりそうだという前評判はいったい・・・。それまで気づかずにいましたが、私の周りは軒並み、ゆづファンだったことが判明。隣のおねーさんは「70点台も覚悟した」とつぶやいておりました。ジャンプが1つノーカンになっても、4Sがそれなりの点数になったし、最後の3Aは素晴らしく美しかったし、スピンやステップでも点数を稼げる人だからね。ここはやはり、フリーで怒涛の追い上げを見せてもらいましょう。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-04-21 00:42 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/25712148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 国別対抗現地観戦メモ(ペアSP) ここが楽しみ!国別対抗 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧