111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

今さら、ユーロ男子の感想

風邪を引いてしまい、ユーロ男子の感想がすっかり遅くなってしまいました。主な選手だけ、フリーの滑走順に書いてみます。

6位 モリス・クヴィテラシビリ(ジョージア) 238.20点
SPも見ているはずなんですが、まったく印象に残っていませんでした(すまん。後で見直してみます)。フリーでは第3グループの1番手として登場し、すごくいい演技を見せてくれました。冒頭の3Aを鮮やかに決めたかと思うと、4S、4Tも軽々と成功! しかも、後半になるや、今度は4T-3Tを決めた~! うわお、すごいじゃないですか。「難しい名前ですが、こんなに素敵な演技をする選手なのだから、名前憶えなくちゃいけませんね」と小林千鶴さん。うんうん。ちょっとハードルが高そうですが、「絶対に無理!」と思った「ゲデヴァニシヴィリ」もいつの間にか覚えられていたんだから、何とかなるでしょう。最終グループ2番手のコリヤダに抜かれるまで、ずっと彼が1位。最終的に6位という成績でした。

8位 アレクサンドル・サマリン(ロシア) 230.87点
ジュニアとかけもちで、JGPファイナルでは2位になった選手。冒頭の4Tでは両手をついてしまいましたが、続く4T-3Tは成功! なかなかいい演技でしたが、まだジュニアだからか、印象に残りづらいかな、と思いました。もっとたくさんミスをしても、演技が印象に残る選手っているんですよね。まだこれからかな。

11位 アレクサンドル・マヨロフ(スウェーデン) 217.98点
あああ。「もっとたくさんミスをしても、演技が印象に残る選手っているんですよね」と書いたとたん、次がマヨでした(汗)。冒頭、4Tを狙ったジャンプは2Tに。3A-2Tは何とか降りたものの、フリップが2回転になり、4T→2Tになったせいで2Tを3回も跳び、残念な出来になってしまいました。それでも彼の演技を見ていると、何だか幸せな気持ちになって大好きなんですが、演技後、本人としてはやはりがっかりした表情でした。つらい。なんと、ユーロは6回出場中、実に5回も11位なんですね。11位の呪い…?

7位 デニス・ヴァシリエフス(リトアニア) 235.20点
彼もまだ発展途上ですが、大好きな選手。別にランビがコーチだからじゃないですよ(そもそも、熱烈なランビのファンだったわけではないし)。冒頭のジャンプが1Aになってしまい、あっちゃ~! と思いましたが、続く3A-2Tは成功。それ以降のジャンプもミスなく決めていきました。ただ、彼の魅力は、むしろジャンプ以外の部分なんですよね。スケーティングも素敵だし、姿勢のよさにもうっとり。確認したら、スピン、ステップ、すべてレベル4なんですね。さすが!

3位 ミハル・コリヤダ(ロシア) 250.18点
SPでは3A→1Aになってしまい、成功していれば10点前後になっていたものを取り逃がしてしまいました。ただ、それでもSPは83.96点で4位。これはフリーの出来次第でメダルもあり得る? そのフリーでは、果敢に4Lzに挑戦! 転倒こそしたものの、回り切っていたので、9.60を獲得。3Aより高得点なんだから、これは大きい。続く4Tはステップアウト。しかし、3A-3T、3Lz-2T-2Tはきれいに成功! できればこの後はすべてきれいに決めてほしかったですが、後半最初のアクセルが1Aに。それでも、彼も見せてくれる選手ですよね。スピン、ステップ、これまたすべてレベル4でした。

1位 ハビエル・フェルナンデス(スペイン) 294.84点
ユーロでは負ける気がしないですね。実際、強かった! SPでは、失敗したかに見えた4Tに、きっちりセカンドをつけたことに驚嘆。あんな沈み込んだ姿勢から、3T…。いやはや。底力が違いますね。フリーの演技は、ものすごーくきれいな4Tからスタート。GOEで2.71点ものプラスがつきました。確認したところ、男子フリーの全選手中、最も高い加点でした。それも納得の美しさでしたね! ただ、その後はちょこちょことミスがありました。後半の単独4Sでは転倒。エキシを欠場したそうですけど、あの転倒の影響かしら。たいしたことがないといいですけれど。…とまあ、ミスはありましたが、それでもTESはダントツの98.29点。余裕の優勝でした。ユーロ5連覇、おめでとうございます!

2位 マキシム・コフトゥン(ロシア) 266.80点
SPはクワドを2本とも決め、堂々の2位発進。フリーは結果を先に知っていたので、演技を見るまで、パーフェクトな出来だったのかと思っていました。見てみたら、コフトゥンらしく(?)、2回転になったジャンプもあったのね。でもまあ、GOEでマイナスのつく失敗ではないし、ノーミスではありました。例年、ユーロではいい結果を出せているから、次の課題は、世界選手権でも安定した成績を残せるようになることかな?

5位 アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル) 239.24点
これまた先に結果を知っていたので、フリーはもっとダメダメだったのかと思っていました。出だしはよかったですよねえ。4T-2Tは決めたし、単独4Tも頑張ったし。後半も、見るからに失敗したのは3Aの転倒だけでしたが、コンボにできなかったために点数が低くなったこと、3連続の3つめが3S→2Sになったことに加えて、スピードがなくなってしまったのが痛かった。スピンがレベル1しか取れなかったのも、多分、そのせいですよね。2年連続の表彰台はならず。ひそかに応援していたので、残念でした。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-02-04 14:17 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/25286533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by noma-igarashi at 2017-02-04 23:00
今になって、書くつもりでいたのに抜けている選手がいたことに気づきましたが(しかも複数名!)、書くだけの余力がないので、これでゴメンナサイ。
<< ロシア女子をめぐる個人的な雑感 「001:入」~「004:のど... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧