111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
ちなみに、総括記事は男子..
by noma-igarashi at 23:20
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

全米男子TV観戦記

フリーの滑走順にいきます。主な選手だけでごめんなさい。

9位 マックス・アーロン選手 227.80点
SPではメダル候補者の中で最も早い滑走。それだけに、彼の出来にはおおいに注目していましたが、ピリッとしない演技で点数も伸びず。その結果、フリーでは第2グループの1番滑走として登場。「こんなに早く滑るのか」と今さら驚くことに。そのフリーでも、SPのミスを挽回できず…。冒頭の4Sは2Sになり、次に跳んだ4Sこそ決まったけれど、後半はスピードもなくなり、勢いに乗れない演技となりました。うーん。

8位 ショーン・ラビット選手 228.02点
日本大好きなラビット選手。SPでもフリーでも、キスクラで日本語をぺらぺら喋っていましたね。フリーはマンボメドレー。ダイスケの演技と比べてしまうとアレですが、いい演技でしたね! 3Aは転倒したものの、大きなミスはここだけ。後はマンボのリズムに乗って、おおいに会場を沸かせてくれました。演技が終わって、うれしそう。会場もスタオベ。おお、そして、キスクラで点数を見て大喜び。こちらまで幸せな気持ちになる演技でした。

15位 樋渡 知樹選手 196.09点
フリーは「道」。ダイスケをつい思い出す曲が続きます。冒頭の4T、転倒。めげずにすぐさま2回目に挑戦するも、再び転倒。岡部さんの解説によると、2回目の4Tは、本来、3Aの予定だったみたいですね。1回目の失敗が悔しくて再トライしたのかな。攻めますね。すごく一生懸命に滑っているのが伝わってきましたが、余裕がなくて、いっぱいいっぱいだなとも感じました。まだ若い。これからどんどん伸びていってほしいです。

6位 アレクサンダー・ジョンソン選手 233.39点
第3グループ2人目の滑走。第3グループになったとたん、どの選手も滑る姿勢がきれいで、「ああ、1ランク上の選手たちが出てきたんだな」と感じました。ジョンソン選手もその1人。滑りがスムーズで、ジャンプの前に身構えることなくスッと跳び、着氷にも流れがありました。とてもいい感じで演技をしていたのに、最後の最後に2Aが1Aになってしまい、もったいない~! と思っていたところ、あれはあえて1Aにしたのだろうと岡部さん。最初の3Aが2Aになってしまったことで、最後に2Aを入れると跳び過ぎ、ノーカウントになってしまうから。あらま~。そのせいか、本人は演技後に浮かない表情をしていましたが、とてもよかったですよ!

11位 アンドリュー・トルガショフ選手 225.35点
お、カッコいい選手が登場しましたよ。まだ15歳? うわお、今後が楽しみですねえ(←技術的に、ですよ!) でも、現時点でもなかなかのものでした。3Aはちょっと着氷が乱れたものの、4Tは成功! ジャンプだけでなく、つなぎの部分にもいろいろな動きが入っていて、楽しませてくれました。演技が終わって、ガッツポーズ! うんうん、いい演技でしたよ~。



3位 ジェイソン・ブラウン選手 254.23点
さあ、ここからは最終グループ。まずはジェイソンの演技です。素晴らしかった~! ケガのことを知らずに見ていたら、ケガをしているなんて思いもよらないような演技でした。冒頭の3A2本、気迫のこもった、それでいて彼ならではの美しいジャンプでした。鳥肌立ちましたよ。スピンでもステップでもつなぎの部分でも、動く動く、踊る踊る、これでもかというぐらい見ごたえのある動作があふれんばかり。こえrぞジェイソン。彼にしかできないスケート。なんか、泣けてきました。最後のコンボで3Lzが2Lzになってしまいましたが、そんなのは取るに足りないことに思えました。PCSの高いこと! でも、それも当然です。素晴らしい演技をありがとう!

4位 グラント・ホクスタイン選手 248.31点
SPでは4回転の予定が2回転になってしまい、ジャンプ1つ分がノーカウントに。そのため点数が伸びませんでしたが、それでも最終グループでの滑走は立派。フリーは悔いのない演技ができますように。冒頭の4T、斜めになりながらも何とか着氷。3A -2T、4T-2Tと、大技を決めていきます。いいよいいよ~! 後半の3Aで手をつくも、それほど大きな原点にはなりませんでした。しっかりした滑りをしますね、やはり。うまいです。終わって小さくガッツポーズ。頑張りました!

5位 ロス・マイナー選手 233.39点
SPは素晴らしかったですが、問題は、フリーと2本そろえられるかどうか。このところ、なかなかそれができていないからなあ…。冒頭の4S成功! いいぞ~! と思ったのに、次の3A、踏み切りのときに滑ったような格好になり、跳び損ねてシングルに。あちゃー。後半の3Aでは転倒。3連続ジャンプは稼ぎどころの1つ目と3つ目が1回転ずつ少なくなってしまいました。2本そろえるという課題克服ならず。うーん、つらい。

1位 ネイサン・チェン選手 318.47点
SPで100点越え、フリーで200点越え、総合で300点越え! SPで2本、フリーで5本、合計7本のクワド成功! いやはや、いやはや、すごかったですねえ。この試合で彼が跳んだジャンプのうち、いちばん点数の低いジャンプが3Lzで、次が3A。うっひゃ~。3Aが2番目に簡単なジャンプですってよ。なんかもう、「すごい」しか言葉が出てこないです。とりわけ、フリー後半の4Sにはしびれました。お見事でした!

2位 ヴィンセント・ゾウ選手 263.03点
ネイサンの宇宙点に会場全体が沸き返る中、最終滑走者としてリンクに登場。やりにくかったと思いますが、立派な演技を見せましたね! 冒頭の3Fこそミスがありましたが、続く4S-3Tは見事に成功。後半にも4Sを決めて見せました。終わってみると、263.03点で2位。これだけの点数が出たのだから、滑走順がネイサンと逆なら、もっと盛り上がっただろうにねえ。いや、でも、ネイサンの後に滑ってこれだけの点数が出せたことに価値がある、ともいえますね。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-01-25 19:29 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/25234914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今さらユーロ順位予想(集計結果) 全米女子、テレビ観戦記 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧