111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
ちなみに、総括記事は男子..
by noma-igarashi at 23:20
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

全日本選手権アイスダンス、ペア

全日本選手権、アイスダンスとペアの放送は地域限定、深夜の1時間、上位3組のフリーのみでした。放送してくれたこと自体は素直に感謝しますが(シングルとは別枠で放送できるだけの出場者がいたことも大きいですよね)、SPも放送するとか、放送地域を広げるとか、さらに改善をお願いしたいところ。

それと、アイスダンスとペアの放送には、TESカウンターは表示されていませんでした。そこまで手をかけられないということ? TESカウンター、画期的だったし、カップル競技にもあってもよかったのでは。

以下、放送順(フリーの滑走順)に感想を。

【アイスダンス】
1位 村元哉中&クリス・リード組 158.36点
NHK杯欠場で心配していましたが、素晴らしい演技を見せてくれました。ダンススピンが美しい~。村元選手のポジションがバッチリ決まっていました。ツイズルもそろってた! 最初のリフトで、女性が逆立ち姿勢になるところ、何度見ても「おお~!」と思ってしまう。村元選手は、どちらかというとあっさり目の顔立ちだけど、スパニッシュダンスを情熱的に演じてくれました。会場、演技が終わるやスタオベ~! あ、客席のキャシーが映った! スローでリプレイを見ると、ひとつひとつの姿勢、手の動き、指先までがしっかり演技していて、本当に美しい。総合158.36点で、文句なしの2連覇! 確認したら、去年のスコアは147.08点でした。

3位 小松原美里・ティモシー・コレト組 125.12点
昨シーズンまではイタリアで活躍していた小松原選手、今シーズンからパートナーを替えて、日本の所属になったんですね。男性のコレト選手はカナダでシングル選手として活躍していたのだとか。雰囲気があって素敵なカップル、小松原選手のちょっとしたポジションがすごくきれい。ツイズルはちょっとずれた。おっと、男性が転倒! リフトの態勢がすごいよ。男性、肩が凝りそう~(汗)。ミスもあったけど、美しかったです。今後に期待。頑張って~。

2位 平井絵己&マリオン・デ・ラ・アソンション組 140.97点
最初のカーブリフトがすごかった! スピンもきれい。次のリフトもアクロバティックで、工夫がありました。結成6年目なんだとか。一時期、ちょっと元気なく見えたこともありましたが、乗り越えたのかな。調べてみたら、昨シーズンは141.63点、2年前は136.80点、3年前は134.98点。3年前というと、ソチ五輪シーズン、さいたまスーパーアリーナでの試合。あのときは生で見て、キャシクリに迫ろうかという勢いを感じたものでした。もう一声、レベルアップを実感したい気もしますが、安定した力を身につけた、という言い方はできますね。

【ペア】
3位 小野眞琳&ウェスリー・キリング組 136.06点
ツイストは3回転! やっぱり3回転だと迫力があります~。リフトのポジションが個性的で面白い。スロー3Lo、きれいに成功! ソロジャンプはちょっとずつミスあり。スロー3Sオッケー。ソロスピンがそろわなかったのが残念でした。見るチャンスがなかったですが、この2人は去年も出場しているんですね。去年は133.22点。今季は得点が少し伸びました。

2位 須崎海羽&木原龍一組 146.25点
冒頭の3連続のジャンプ、きれいに決まった~! ジャンプを跳ぶタイミングも1つ1つよく合っていました。スロー3Sは着氷をこらえた。3Sのソロジャンプも成功。この2人はソロジャンプの成功率が高いのが強みですよね。「昨シーズンと比べたら、別のカップルかと思うぐらいレベルアップしました」と解説の小山さん。うんうん。調べたら、去年の点数は126.12点。ほんと、大きく成長しましたね~。
で、余談ながら、今回4位で放送されなかった成美ちゃん&嶺君のスコアが122.38点。ということは、成美ちゃんたちも頑張れば、このくらいにまでなれる可能性はあるということですよね。期待したいです!

1位 須藤澄玲&フランシス・ブードロオデ組 160.25点
ツイストは3回転、きれいに決まった~! ソロジャンプの3Sも成功! スロー3Loもよかった。2つ目のソロジャンプはコンボだったのだけど、ファーストジャンプで澄玲ちゃんが転倒。しかし、大きなミスはこれだけ。リフトは安心して見ていられました。デススパイラルもスピンもきれい~。見ごたえのある「シェルブールの雨傘」、チャンピオンになるにふさわしい演技でした。彼らは昨シーズン、149.55点。おお、しっかりステップアップしていますね!
[PR]
by noma-igarashi | 2016-12-24 17:41 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/25088427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 全日本、テレビ観戦2日目の感想... 全日本選手権、フランスでの注目度は >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧