111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

アメリカ代表決定

ううっ、我慢できないっっ! 「ワルキューレ」のレポートを終えるまで、フィギュアの話は控えておこうと思っていたのですが、ちょっとだけ。話題満載の全米選手権(というか五輪アメリカ代表決定)についてです。

順を追って書いていきますが、最初はなんたってペアの井上怜奈選手(井上・ボルドウィン組)。全米選手権で優勝して、見事にオリンピック出場を決めましたね。今回の報道で、井上選手が肺がんだったというのを初めて知り、本当に驚きました。スルツカヤの病気も難病らしいですけど、肺がんって…。そんな中で選手として活躍を続け、12年ぶりのオリンピック出場を決めるなんて、すごすぎ。五輪のペアには興味をなくしかけていたんですが、井上・ボルドウィン組、応援します!!
日本選手として出場したときには縁のなかったメダルも、今回はできたら取ってほしいなあ。だって、全米選手権で優勝ってことは、十分、五輪のメダルを狙える位置にいるのでは? 確認したところ、先のグランプリシリーズでは、アメリカ大会が164.44で2位、フランス大会が163.66点で4位。で、今回の全米選手権の得点が181.05点とのこと。国内大会なので、点が高めに出ているのだろうけど、ペアの得点としては悪くないです。ちなみに、GPファイナルで1位だったときのトットミアニーナ・マリニン組が193・60点、2位の張丹・張昊組が186.12点、3位のサブチェンコ・ゾルゴビー組が180.10点、4位のペトロワ・ティホノフ組が178.10点。…ということは、全米選手権と同じだけの演技ができたら、メダル、十分いけますよね。もちろん、順位に関係なく応援するつもりですが。

男子シングルは、ウィアー、ライサチェック、サヴォイと、全員オリンピック初出場の顔ぶれ。ウィアーはかわいいし、なんたって演技がきれいなので、楽しみです。優勝したぐらいだから、怪我をしていたのは、治ったということですね? ほかの2人のうち、ライサチェックはNHK杯に出ていたけど、サヴォイはよく知りません。ソルトレークで銅メダルだったゲーブルは、代表から落選したのですね。そういえば、アメリカの話題のさなかに唐突ですけど、中国の李成江はもういなくなっちゃったんでしょうか? いや、ゲーブルとか本田君とか、五輪の代表から消えた人たちのことを考えているうちに、李成江も最近全然見ないことに気がついたので。

女子は、全米選手権3位のエミリー・ヒューズを押しのけて、クワンが代表に選ばれたらしいですね。なんというか、めちゃめちゃ女王様なんだなあと、今さらながらに実感。でも、どうなんだろう。メダルを狙えるような状態なんですかね。

アイスダンスは、ベルビン・アゴスト組が余裕の優勝。魅力的なカップルだから、トリノが楽しみです。トリノ開幕でまで、もう1ヵ月を切ってるんですよね。早起きの練習をしといたほうがいいかしらん。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-01-16 00:05 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/2486695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sumire-hashi at 2006-01-16 11:46
スケートはフィギュアとスピード、ショートトラックはある程度わかりますが、アイスダンスはどの用に観戦したらいいですか。
Commented by NOMA-IGA at 2006-01-16 20:00 x
はじめまして。メッセージどうもありがとうございます。
アイスダンスは、フィギュアスケートの中の1種目ですが(フィギュアスケート=女子シングル、男子シングル、ペア、アイスダンスの4種目)、日本ではなじみが薄いし、シングルやペアと比べると、確かに観戦のポイントがわかりづらいですよね。思うに、どんな競技であれ、応援している選手がいると、観戦に身が入るもの。アイスダンスには、日本人選手として渡辺心・木戸章之組が出場します。彼らを応援しながら観戦されては? 彼らの演技を見るうちに、ほかの組の演技にも興味が湧いてくるのではないでしょうか。
<< 「ワルキューレ」 マリンスキー... 「ワルキューレ」 マリンスキー... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧