111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

ロンバルディア&U.S.クラシック(男子)

ロンバルディアの感想を書こうと思っているうちに1週間が経ってしまったので(汗)、U.S.インターンナショナルクラシックと一緒にまとめて書くことにしました。まずは男子から。

ロンバルディアトロフィー結果 
USインターンナショナルクラシック結果

宇野昌磨選手 ロンバルディア優勝 86.68+172.25=258.93

SPは「ラベンダーの咲く庭で」。曲名を聞いたときは、ショーマに合うかなという疑問もあったのですが、予想以上によかったです。フリー「ブエノスアイレス午前零時」とはまた違う雰囲気だから、メリハリがあって効果的なのでは。フリーのほうは、プログラム終盤にボーカルが入ると、まだボーカルに押されているという印象。ジャンプが決まり、技術力と表現力の両方であの曲を滑りこなせるようになれば、ひとつの世界をカッコよく構築できると思います。
とにかく、シーズン初めの試合なので、高難度のジャンプはこれからという感じでしたね。4FはSP・フリーの合計3回、いずれもきれいに決まらず。4Tは、SPでは着氷がおっとっと。唯一、フリーの単独4Tが加点のつく出来栄えでしたが、4Fの失敗があるから、「クワドはまだ本調子ではない」という印象になってしまいました。でも、本当にまだシーズンに入ったばかりなのだから、徐々に調子を上げていけばいいと思います。

無良崇人選手 U.S.クラシック2位 82.55+169.65=252.20

技術的にはシーズン初めから好調でしたね。4回転は、SPで4T、フリーで4T-2Tと4Sを跳び、いずれも成功!(SPの4TはGOEで若干のマイナスでしたが) 
ただ、GOEとPCSがシブい! 試合のせいもあるんでしょうかねえ。PCSは、昨シーズンの四大陸(5位)ではSPで42.14点だったのに、今回は36.85点、同じくフリーで85.96点だったのに、今回は79.30点。そりゃまあ、ジェイソンと比べると、あんなに細部まで凝った演技ではないとは思うけどさ。
かなり乱暴に言ってしまうと、ロンバルディアではショーマ、ジェイソンに対して、アーロンがPCSでかなりの差をつけられていた(SPで約5点、フリーで約10点)。で、こっちの試合では、ジェイソン、アダムに対して、無良君がアーロン的な点数に抑えられていた、とまあ、こんな図式のようにも思えます。

ジェイソン・ブラウン選手 ロンバルディア2位 81.58+ 174.91=256.49
                U.S.クラシック優勝 83.18+ 170.86=254.04


やっぱり魅力的な演技をする選手ですねえ。今さら改めて書くようなことでもないですけど。SPもフリーも、細部にわたって細かな動作がちりばめられていて、本当に見ごたえがありました。彼は物語性のある曲(「トリスタンとイゾルデ」のような)よりも、音楽そのものを表現するタイプのプログラムのほうがずっといいなと思います。
ロンバルディアと今回の点数を比べると、ほぼ同じくらいなんですね。ある意味、安定してる? どちらの場合も、4Tは転倒。その部分のマイナスを、他のエレメンツでGOEをガンガン稼いで埋めている(というかお釣りがくる)という図式かな。ただ、彼の演技を見ていると、あのGOEはやはり当然だと思えますよね。4回転なしでクリーンな演技をしたほうが、点数はもっと出るだろうけれど、300点近いような点数までは出せない。堂々と勝負に加わるために、転倒しても4回転を取り入れていく。胸が熱くなりますね。

アダム・リッポン選手 U.S.クラシック3位 87.86+ 160.38=248.24

アダムはSPの動画しかまだ見られていないです。個性的な曲を使ったプログラムでしたが、振付があの曲に合っているのかどうか、イマイチわかりませんでした。もっと個性的な動きとか、速い動きをしてもいいような気がしたんだけど。でも、素敵な演技でした。ほぼノーミスの無良君(クワド入り)を5点も上回る高得点で、点数だけ比較するとちょっと釈然としないんですが、彼の演技を見ると、やはり納得してしまうところはあるんですよね。
フリーでは4回転ルッツに挑戦するも、回転不足だった様子。トリプルアクセルの調子もよくなかったのかな? あとで動画を探して、ちゃんと演技を見たいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2016-09-17 19:26 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/24664029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< U.S.クラシック、知子ちゃん優勝! 「078:旗」~「081:臍」の歌 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧