111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
ちなみに、総括記事は男子..
by noma-igarashi at 23:20
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

7月中に読んだ本

おれは非情勤 (集英社文庫)

東野 圭吾 / 集英社

評価:★★
軽く読めるタイプの東野作品。主人公(男性)が非常勤教師として都内各地の小学校に赴任し、そこで出くわした事件を解決する、という設定の短編集でした。

春のオルガン (新潮文庫)

湯本 香樹実 / 新潮社

評価:★★★
小学校を卒業し、中学に通い始めるまでの春休みを舞台に、自分を取り巻く世界にもやもやした思いを抱きながらも成長していく少女の姿を描いた作品。

夜の木の下で

湯本 香樹実 / 新潮社

評価:★★
上記「春の庭」がよかったので、この作者の作品をもう少し読みたいなと思い、手に取りました。短編集で、冒頭の「緑の洞窟」がとてもよかったです。それ以外の作品も悪くなかったですが、手放しで「よかった!」というほどではなかったので、評価は★★としました。

とっぴんぱらりの風太郎

万城目 学 / 文藝春秋

評価:★★★
大坂夏の陣を舞台に、落ちこぼれ忍者の風太郎が活躍する物語。かなり分厚い本で、時間がかかりましたが、最後まで面白く読みました。この時代のことにくわしい人なら、「こんな切り口もあったのか!」という楽しみ方もできるんだろうな。ただ、くわしくない人間でも、はらはらしたり、ドキドキしたり、「この人はきっとあの歴史上の人物なのでは?」と推理を働かせたりしながら、楽しく(最後はせつないけど…)読むことができました。

亜米利加ニモ負ケズ

アーサー ビナード / 日本経済新聞出版社

評価:★★
都知事選で疲れていたので、癒されたいというか、勇気づけられたいと思って読みました。この作者は、私にとってはそういう存在なので。

まどろむ夜のUFO (講談社文庫)

角田 光代 / 講談社

評価:★★
今月もまた、この作者の本を読んでしまいました。好きなのかどうか、よくわからない。なんか、あまり手放しで「好きな作家」と言いたくない感じ。でも読んでしまう。我ながらややこしいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2016-08-03 23:34 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/24570779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「066:瓦」~「069:枕」の歌 虹が出ていました >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧