111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

4月中に読んだ本

掏摸(スリ) (河出文庫)

中村 文則 / 河出書房新社

評価:★★
この人がどういう作家なのか、まだ十分につかみきれずにいます。

水声

川上 弘美 / 文藝春秋

評価:★★
川上弘美らしい作品だとは思うけれど、川上弘美作品としては今ひとつ、かな? 楽しい気持ちになる要素が少なかったのかも。

わりなき恋

岸惠子 / 幻冬舎

評価:★★★
リンク先のカスタマーレビューにつけられた「自伝なら興味深く、小説なら浮世離れ」というタイトルがこの作品をうまく言い表していると思います。酷評が多いようですが、私は楽しく読みました。小説なんだから、浮世離れしていてもいいじゃない。
話の筋とは関係ない感想ですが、国際結婚をして、娘が日本語を解さず、親である自分の書いたものを読むすべがない、というのは、自分の選択の結果とはいえ、淋しいものでしょうね。

プロのフィギュア観戦術 (PHP新書)

鈴木 明子 / PHP研究所

評価:★
あっこ姐さんのフィギュア本。出たばかりのときに買おうかなと思ったものの、何となく機会を逃してしまい、図書館にあったので、借りて読みました。正直な感想を書くと、ちょっと物足りなかったです。それと、ロシア女子の勢力図があっという間に変わってしまうこともあって、昨年末に出た本なのに、選手情報が古く感じられてしまうところもありました。

科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)

森博嗣 / 幻冬舎

評価:★★★
東日本大震災の直後に出た本。前書きによると、震災がきっかけで書かれたわけではないけれど、書きながら、震災の影響を大きく受けたようです。…といういきさつが書かれた前書きがいちばん興味深かったかも。震災の(というか原発事故の)影響を受けずに作品を書く作家がいたとして、私としては、信じがたい気がするので。
[PR]
by noma-igarashi | 2016-05-14 11:58 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/24379098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「039:迎」~「046:才」の歌 手持ちの「フィガロの結婚」DV... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧