111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

手持ちの「魔笛」DVD&Blu-rayリスト(後半)

手持ちの「魔笛」DVD&Blu-rayリスト、長くなってきたので前半と後半に分けることにしました。
後半は、今世紀になってからの上演分。感想が空欄になっている部分は、順次、埋めていきます。

e0073856_1128583.jpgパリ王立歌劇場「魔笛」 評価:★
収録:2001年
指揮:イヴァン・フィッシャー
演奏:パリ国立歌劇場管弦楽団
タミーノ:ピョートル・ベッチャーラ
パパゲーノ:デトレフ・ロート
パミーナ:ドロテア・レシュマン
夜の女王:デジレ・ランカトーレ
ザラストロ:マッティ・サルミネン


このジャケット写真は、現在普通に買えるDVDのものですが、私が実際に購入したのは、世界文化社「珠玉の名作オペラ」の第1弾として発売されたもの(コチラ)。パリ・オペラ座の舞台で、配役も悪くないし、演出もなじみやすいし、もっと高評価にしてもいいようなものですが、ちょっと辛めの評価にしてしまいました。

なんていうのかな、及第点の舞台ではあるのだけど、今ひとつ特徴がなくて、「この魔笛はここが楽しみ!」という箇所を思いつかないんですよね。タミーノ役のベチャワ(ベッチャーラ)があまり王子らしくなく、視覚的に萌えないというのもあるし(汗)。同じベチャワのタミーノでも、1つ上のチューリッヒ歌劇場の「魔笛」のような演出なら、王子らしくなくてもOKなんだけど。

なので、まだ1枚も「魔笛」を持っていない人がこのDVDを買うのはありだと思うけれど、ほかの盤をすでに持っている場合(特に、それがオーソドックスな演出の「魔笛」の場合)は、別にこの盤まで買わなくてもいいんじゃないか、という気がして、1つの評価としてしまいました。

----------------------------------------------------------------

e0073856_11232965.jpgロイヤルオペラハウス「魔笛」 評価:★★★
収録:2003年、コヴェント・ガーデン王立歌劇場
指揮:コリン・デイヴィス指揮
演奏:コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団
タミーノ:ヴィル・ハルトマン
パパゲーノ:サイモン・キーンリーサイド
パミーナ:ドロテア・レシュマン
夜の女王:ディアナ・ダムラウ
ザラストロ:フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒ


実際に購入したのは、「魔笛」「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」の3枚セット(コチラ)。これ、絶対にお得ですよ~。おかげで、いずれ買いたいなと思いつつ、なかなか手を出せずにいたこの「魔笛」をやっと自分のものにできました。

充実した配役で、聴きごたえのある「魔笛」です。いちばんの魅力は、ダムラウが演じる夜の女王。ジャケット写真がそれなのですが、何ともエキセントリックで、行っちゃってる感じの女王を熱演しています。ダムラウは、1つ下のザルツブルク音楽祭の「魔笛」でも夜の女王を演じているので、見比べてみると、こちらの盤の迫力が実感できること請け合い。女王との対比で、パミーナ役のレシュマンも、母親に振り回される娘の苦悩を好演しています。

男性陣もそれぞれよかったですが、女性陣に食われてしまっている面はあったかな。パパゲーノ役のキーンリーサイドは、あまりこの役に向いていないのではないかと思っていましたが、パパゲーノらしい情けない感じも出ていて、意外と悪くなかったです。
何にしても、「魔笛」の魅力を十分に味わえる1枚。評価は★★★としました。

----------------------------------------------------------------

e0073856_113074.jpgザルツブルク音楽祭「魔笛」 評価:★★
収録:2006年、ザルツブルク音楽祭
指揮:リッカルド・ムーティ
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
タミーノ:ポール・グローヴズ
パパゲーノ:クリスティアン・ゲルハーヘル
パミーナ:ゲニア・キューマイアー
夜の女王:ディアナ・ダムラウ
ザラストロ:ルネ・パーペ


e0073856_020037.jpg
私が見に行った翌年のザルツブルク音楽祭、モーツァルトイヤー(生誕250年)の「魔笛」。見に行った舞台がこれじゃなくてよかった。演出が日本人の方なので、歌舞伎ふうの衣装で踊る人が出てきたりして、その部分はまあいいんだけど、この写真(↑)のような舞台セットがどうも私は今ひとつ。

e0073856_0202893.jpg特に色彩が生理的にダメで、見ていてイライラしてしまって。夜の女王(←)もまるで野菜のよう。配役を考えるともったいない話ですが、あまり繰り返して見る気がしないです。

ただ、気にならない人は気にならないかもしれないし、歌手と演奏のことを考えて、評価は★★としてみました。

----------------------------------------------------------------

e0073856_1132194.jpgメトロポリタン歌劇場「魔笛」英語短縮版 評価:★
収録:2006年、メトロポリタン歌劇場
指揮:ジェイムズ・レヴァイン
演奏:メトロポリタン歌劇場管弦楽団
タミーノ:マシュー・ポレンザーニ
パパゲーノ:ネイサン・ガン
パミーナ:イン・フアン
夜の女王:エリカ・ミクローサ
ザラストロ:ルネ・パーペ



英語で、しかも短縮版。タイトルからリンクしたHMVのサイトによると、「英語で歌われ、しかも作品の聴き所を2時間弱にまとめたコンパクトな上演は、ミュージカル『ライオンキング』で知られるジュリー・テイモアの楽しい演出によって、一躍メトの人気演目となりました」だそうな。普段あまりオペラを見ない人とか、子ども向けなんでしょうか。

e0073856_9355813.pngこれでもかというほどカラフルで、賑やかで、ザラストロ役のパペなどは素の顔がわからないぐらいの扮装。デーモン小暮閣下のようでした(という記憶があったのですが、改めて確認したら、顔はまあわかりますね。(←)





e0073856_9361888.jpg素の顔がわからないのは、むしろ夜の女王のほうだったかもしれないです。(→) 1つ上のザルツブルク音楽祭2006の「魔笛」じゃないけど、これも歌舞伎ふう?

こういうのもたまにはいいかもしれないけれど、私としては、1回見れば十分かな。録画しか持っていないですが、ディスクまではなくてもいいかなと思います。



----------------------------------------------------------------

e0073856_168213.jpgミラノ・スカラ座「魔笛」 評価:★★
収録:2011年、ミラノ・スカラ座
指揮:ローラント・ベーア
演奏:ミラノ・スカラ座管弦楽団
タミーノ:サイミール・ピルグ
パパゲーノ:アレックス・エスポージト
パミーナ:ゲニア・キューマイヤー
夜の女王:アルビナ・シャギムラトヴァ
ザラストロ:ギュンター・グロイスベック



この「魔笛」は、GW前に買ったばかりの「モーツァルト・オペラ・ボックス~7つのオペラ全曲」に入っていました(コチラ)。上から2つ目に書いたモーツァルト3枚組もお得感がありましたが、このセットもなかなかのもの。といいますか、単純に値段だけ比べると、こっちのほうが上手です。6枚(6作品)で、会員価格だと6070円だから、1枚当たり約1000円! 

買ったばかりにつき、「魔笛」はまだ1回見ただけで、しかもワインで酔っ払って途中からうとうとしてしまったため、くわしい感想は改めて書きたいと思います。上2つのド派手でカラフルな「魔笛」に比べると、正統派の演出に思えました。

----------------------------------------------------------------

e0073856_11344325.jpgザルツブルク音楽祭「魔笛」 評価:★★
収録:2012年、ザルツブルク音楽祭
指揮:ニコラウス・アーノンクール
タミーノ:ベルンハルト・リヒター
パパゲーノ:マルクス・ヴェルバ
パミーナ:ユリア・クライター
夜の女王:マンディ・フレドリヒ
ザラストロ:ゲオルク・ツェッペンフェルト


これもわりと最近買った「魔笛」で、そんなに回数を見ていないので、くわしい感想はまたの機会に。マルちゃん(マルクス・ウェルバ)がパパゲーノ役で出演しています。

----------------------------------------------------------------

e0073856_11392841.jpgバーデン・バーデン復活祭音楽祭「魔笛」 評価:★★
収録:2013年、バーデン・バーデン復活祭音楽祭
指揮:サイモン・ラトル指揮
演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
タミーノ:パヴォル・ブレスリク
パパゲーノ:ミヒャエル・ナジ
パミーナ:ケイト・ロイヤル
夜の女王:アナ・ドゥルロフスキ
ザラストロ:ディミトリー・イヴァシュチェンコ


これはプレミアムシアターで放送されたものを録画しました。多分、レコーダーの空き容量を早急に増やさなくてはいけなくて、慌ててダビングし、すぐに見るつもりがいつの間にか放置状態になり、この記事を書くきっかけになった「魔笛」を見たときに、こんなところにも「魔笛」があったじゃないかと気がつきまして(汗)、まだ出だししか見ておりません。すみません、この「魔笛」の感想もまたの機会に。
[PR]
by noma-igarashi | 2016-05-10 22:40 | わが家のDVDリスト | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/24370304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 手持ちの「フィガロの結婚」DV... 手持ちの「魔笛」DVD&Blu... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧