111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

1月中に読んだ本(それなりに頑張った感想付き)

カラマーゾフの兄弟 5 エピローグ別巻 (5) (光文社古典新訳文庫)

ドストエフスキー / 光文社

評価:★★
ちょうど去年の今ごろ、第4巻まで読み、もう終わったような気になって1年間放置。やっと第5巻を読みました。ただ、小説自体はすぐに終わってしまい、あとは訳者による「ドストエフスキーの生涯」「『父』を『殺した』のは誰か」、年表など。『カラマーゾフの兄弟』という作品全体が面白かったかどうかといえば、面白いとは思うものの、同じロシア文学ならトルストイのほうが女性向きでなじみやすいな、と改めて思いました。

悪と仮面のルール (100周年書き下ろし)

中村 文則 / 講談社

評価:★★

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)

中村 文則 / 集英社

評価:★★★
初めて読む作家さんでした。実は、朝日新聞のこの寄稿文「(選べない国で)不惑を前に僕たちは」を読むまで、名前すら知らなかったという。この文章に「共感した」というのはちょっと違う気がするし(同年代の人でないと「共感」はできないような気がします)、「感銘を受けた」というのも意味が違っていそうだな、ともかくは、印象の強い文章だったので、この作家さんの本を読んでみたいなという気持ちになったような次第です。

まずは、上のほうの本を図書館で借りてみました。出だしはいかにも「小説」っぽくてインパクトが強かったのだけど、そこから予想したほどには世界が広がっていかず。ちょっと物足りなさも感じたので、評価は星2つとしました。

次に読んだ下のほうの本は、上の本とは作風が違っているように感じられました。ちょっとしんどくなるような内容でしたが、かつて、人が人を裁くというのはどういうことなんだろうと思い、法学部で刑法のゼミを取っていた頃のことを思い出しながら読みました。こっちのほうがこの人の領分なんだろうか? 
この作家が好きといえるかどうかは、もうちょっと読んでみないとわからないです。あと何冊か読んでみたいと思います。

働かないの―れんげ荘物語 (ハルキ文庫)

群 ようこ / 角川春樹事務所

評価:★★★
『れんげ荘物語』の続編。40代でOLを辞め、仕事に就かないまま、OL時代の貯蓄を頼りに、おんぼろアパートで暮らす女性が主人公。今回は作中に震災や原発事故が出てきます。それでも主人公の日常は変化しないけれど、そこにかえってリアリティを感じました。

原発事故の後、こんなことが現実に起きてしまって、小説はこれから何を書いていくんだろう、読むほうはどうやって小説を楽しめばいいんだろうと思いましたが、結局はたいして変わっていないケースが多いんでしょうか。私自身は、小説を読むときは、なるべく3.11の後に出版された本を選ぶようにしていて、その作家さんなりの3.11の捉え方を作品の中に探すことが多いです。で、この小説の場合は、いかにもこの小説らしい盛り込み方がされていて、大変納得しました。こういう捉え方もいいな。

 *

ここで力尽きて、以下は評価のみ。

夏の庭―The Friends (新潮文庫)

湯本 香樹実 / 新潮社

評価:★★

レイクサイド (文春文庫)

東野 圭吾 / 文藝春秋

評価:★★

夜盗 (角川文庫)

なかにし 礼 / 角川書店

評価:★★
[PR]
by noma-igarashi | 2016-02-11 21:59 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nomaiga.exblog.jp/tb/24127229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ヨーロッパ選手権ペア、TV観戦記 「004:相当」「005:移」 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧